キャッシュレスとは?キャッシュレス決済を比較。ポイント高還元のオススメ

キャッシュレスとは?キャッシュレス決済を比較。ポイント高還元のオススメ
PayPayなど話題のスマホ決済アプリ(QRコード、バーコード決済)に、SuicaやWAONなどの電子マネー。シェア率No1のクレジットカードに、即時決済のデビットカード…… 世はまさに、大キャッシュレス時代! キャッシュレスの基礎知識、各種サービス&オススメの使い方、難易度と還元率に合わせた3つのキャッシュレス決済術を紹介

【最新情報】イオンカードに加入すると「一定の期間、利用金額の最大20%が還元される」スゴいキャンペーン実施中(おすすめはJCBデビット)↓↓
イオン銀行キャッシュ + デビット(JCB)|最大20%キャッシュバック
悩めるアラサーOL:うさ女
あたし、いつもニコニコ現金払い主義なんだけど……

「現金はオワコン。キャッシュレスにしないと損する」ってネットに書いてあったの。本当かしら?

キャッシュレス中島
荷物の受け取りで代引き手数料を払ったり、お金をおろすのにATM手数料を払ってるなら損してるね。

キャッシュレス決済にすれば、支払い額に応じてポイントが貯まったり、銀行やATMでお金をおろす手間やコストが省けたり…… 現金払いより得することがいっぱいあるよ。

うさ女
でも、カード払いは使い過ぎが怖いし

今まで極力現金で払うようにしてたから、キャッシュレスを活用できる気がしないわ……

中島なかじ
うさ女は明日からSuicaが使えませんって言われたらどうする?
うさ女
いちいち券売機に並んできっぷ買えってこと? チョー不便。
中島なかじ
そうだよね。

うさ女はSuicaの便利さを知ってしまったから、なかった頃には戻れない。

SuicaもICカード(電子マネー)っていうキャッシュレス決済手段のひとつ。キャッシュレス決済の便利さ&お得さを知ったら、みんなももっと使いたくなるはず。

私は2年前くらいから(どうしても現金で払わなきゃいけないとき以外は)キャッシュレス生活をはじめて、その良さを感じまくってる。

そこで今回は「キャッシュレスって気になるけど、よくわかんない」「どのサービスを使えばいいの?」って人向けに、以下の3点をお伝えするよ。

この記事でわかること

  • キャッシュレスの基礎知識やメリット
  • キャッシュレス決済手段の種類とおすすめのサービス
  • 難易度&還元率別! オススメのキャッシュレス決済術3選
うさ女
あたしにピッタリな決済手段があれば、使ってやってもいいわ!

「今すぐオススメのキャッシュレス決済方法が見たい」方はこちら

この記事を書いた人
中島 なかじ

親の破産、多額の奨学金(740万円)、金を貸したまま男にフラれる……など【お金で悩む人生】から抜け出すため、お金の使い方や増やし方を勉強中。

格安SIMなどの生活インフラの乗り換えで、年間10万円以上の節約に成功。
iDeCo で資産運用、IPO株と個別株で投資なう。【Twitterでフォローミー】@nakaji_55

キャッシュレスの基礎知識 ~キャッシュレス決済とは?~

キャッシュレスとは、現金(キャッシュ)以外の方法で支払いを行うこと

キャッシュレス(キャッシュレス決済)とは、現金(キャッシュ)以外の方法で支払いを行うこと。

中島なかじ
個人の消費支出のうち、イギリスや中国、韓国などはキャッシュレスの比率が50%以上。

でも、日本の比率は20%以下。

ATMの管理費やお金をつくって流通させる費用、店舗側の現金管理費用(レジの管理や締め作業、つり銭の準備、防犯対策)など、現金払いはコストがたくさんかかる。

またオリンピックや万博に向けて、外国人観光客により多くのお金を使ってもらうために、経済産業省が「2025年までに、キャッシュレスの決済比率を40%まで高める」という目標を立ててる。

うさ女
ニュースで見た!
中島なかじ
民間企業と国がタッグを組んで、本気でキャッシュレスを推進してる。

みんなに使ってもらいたいから、めちゃくちゃお得な大盤振る舞いが行われるんだ。

「キャッシュレスの大盤振る舞い」の例

例1:【終了】PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」

PayPayの100億円あげちゃうキャンペーン

画像出典:https://paypay.ne.jp/promo/10billion-campaign

スマホ決済アプリ「PayPay」で期間中に支払うと、決済利用金額の20%相当が還元されたり、20回または40回に1回の確率で決済利用金額の10万円相当まで全額キャッシュバックされたりする、すんごいキャンペーン。開始から10日で終了した。

中島なかじ
還元率20%って、空前絶後の高さだから!
うさ女
還元率ってなに?

ポイントには

・100円ごとに1ポイント=1%
・1000円ごとに5ポイント=0.5%

といった、貯まりやすさの度合い(還元率)があって、カードやサービスごとに異なる。

「還元率が高い」と言われるものでも1.2%とかだから、20%ってのはマジでありえない。
1万円使ったら2000円相当返ってくるって…… やりすぎ(笑)

中島なかじ
100億円あげちゃうキャンペーン第2弾」も5月中旬に終わっちゃった!

ポイント還元の優遇を受けられるのは、PayPayみたいなスマホアプリだけじゃない!

2019年の10月まで」に自分に合うキャッシュレスを選んでおいたほうがいい理由がコチラ↓↓

例2:増税から東京五輪までの9か月、キャッシュレス決済の還元率が5%に!?

2019年10月~20年6月末までの9カ月間にキャッシュレス決済すると、一定率のポイントを受け取ることができる。

中小事業主のお店:5%還元
大手企業のフランチャイズ店舗:2%還元

※大手企業は対象外
※政府がポイントの原子を補助金として決済事業者に支払い、消費者に還元される

「還元率が高い」って言われてるクレジットカードでも、高くて1.2%程度。

還元率5%=「100円使うと5円戻ってくる」って考えると「ショボい」って思うかもしれないけど

買い物や支払いを全部キャッシュレスにして、100万円使ったら5万円も戻ってくる。

うさ女
チリも積もれば山となるってことか……
中島なかじ
それにキャッシュレスのメリットは、ポイントがつくことだけじゃない!

キャッシュレス化する6つのメリット

  1. 支払いに合わせてポイントが貯まったり、キャッシュバックがもらえたりする
  2. 会計がスムーズになる(小銭やお札を数えなくて済む)
  3. 銀行やATMで現金をおろす手間やコストがなくなる
  4. お財布が軽くなる(持ち歩かなくてよくなるかも)
  5. お金の管理がしやすくなる(家計簿いらず、お金の流れを把握できる)
  6. お金を落としたり、なくす心配がなくなる
うさ女
でもキャッシュレスにしたら、お金を使い過ぎちゃいそう……
中島なかじ
私も最初は心配だったけど、そういう不安って「気持ちの問題」以外はだいたい解消できるんだよね。

キャッシュレス反対の理由ランキング

1位:浪費しそうだから
2位:お金の感覚が麻痺しそうだから
3位:お金のありがたみがなくなりそうだから
4位:現金は必要だから
5位:犯罪が多発しそうだから

出典:2017年12月15日公表 博報堂生活総合研究所「お金に関する生活者意識調査」

中島なかじ
キャッシュレス化した今は、現金払い時代よりもお金をしっかり管理できるようになったよ。

私が使ってるデビットカードなら、家計簿をつけなくても「どこで、いくら使ったか」のデータが残るし、「今月使っていいお金」を別口座にわけて、その中でやりくり(後払いでなく、即時決済)してるから、使い過ぎることもない。今月分の残高や利用履歴は、アプリでいつでも確認できる。

愛用するデビットカードを見せびらかすなかじ

愛用するデビットカードを見せびらかす中島なかじ

現金が必要になったときも手数料無料でATMからおろせるし、セキュリティーがしっかりしてるから犯罪に巻き込まれる可能性も低い(盗まれたり、使われても不正利用補償がついてる)。

中島なかじが愛用するデビットカードについては、こちら↓↓

住信SBIネット銀行ミライノデビット(Mastercard)と結婚したい

2019.06.01
中島なかじ
現金をたくさん入れた財布を持って歩くほうが、私は怖いよ。

なくすの怖いし、盗まれたら返ってこないし……

うさ女
あたしも財布にあんまりお金を入れてないや。

必要になったら、その都度ATMでおろしてる。

中島なかじ
「キャッシュレス=お金のありがたみがなくなる」っていうのは、ちょっとなに言ってるかわかんない……

キャッシュレスにしたら数字で管理できる分、収支もわかりやすいし、直接現金に触れる機会が減っても、価値は変わらないと思う。

現状維持バイアスといって、人の心は「未知なるモノ」や「変化によるリスク」を恐れて、現状維持しようとする傾向がある。

私も8年付き合った男と別れるとき「もう二度と彼氏ができないかも…… どうにか繋ぎ止めなきゃ」なんて思ってたけど、夫と出会ってからは毎日がハッピーで「もっと早く別れてもよかった」って思ってる。

現状維持バイアスを破って現金にサラバ!

現金 → キャッシュレスも同じ。最初は怖いけど、慣れたら便利&お得なほうがいい。早くやっとけばよかった!って思うようになるよ。

うさ女
行動経済学とめちゃくちゃ個人的な例をブチこんできたわね……

キャッシュレス決済には、どんなものがあるのかしら?

キャッシュレス決済の種類

中島なかじ
私的に、ざっくりわけるとこんな感じ↓↓
おなじみのキャッシュレス
→おサイフケータイ、クレジットカード、電子マネー

話題のキャッシュレス
→スマホ決済アプリ(QRコード、バーコード決済)、デビットカード、プリペイドカード

どっちがいいとか悪いってことはないんだけど、PayPayのようなスマホ決済アプリや、私が使ってるデビットカードは「まだ使ったことない」って人が多いと思う。

そこらへんのメリットや便利でお得なサービスをそれぞれ紹介していくね。

スマホ決済アプリ(QRコード、バーコード決済)とは?

スマホ決済アプリ(QRコード、バーコード決済)サービスの例

スマホ決済アプリ(QRコード、バーコード決済)サービスの例

スマホ決済アプリとは、スマートフォンのアプリとQRコード(バーコード)を使った支払いのシステム。

アプリに表示されるコードをお店のタブレットやバーコードリーダーで読み取ってもらうか、レジに貼られているQRコードをアプリで読み取って金額を入力すると、支払いができる。

画像出典:https://paypay.ne.jp

またクレジットカードやデビットカードを登録して、財布からカードを出さずに、スマホで支払いができる。

支払いのタイミングは3種類あり、サービスによって異なる↓↓

  • 事前に、銀行口座などからチャージしたお金で「前払い」
  • 銀行口座やデビットカードと連携して「即時払い(引き落とし)」
  • 登録したクレジットカードで「後払い」
うさ女
興味はあるけど、やったことないな~。
中島なかじ
さっきダウンロードしたPayPayを使ってみたら?

「ペイペイで払います」って言うのが、最初ちょっと恥ずかしいくらい。ファミマで使うなら、アプリに表示されたバーコードをレジで読み取ってもらうだけだから、カンタンだよ!

スマホ決済アプリのメリット

  • 支払いに合わせてポイントが貯まったり、キャッシュバックがもらえたりする
  • 財布やカードを持ち歩かなくても、スマホさえ持っていればいい
  • 即時決済のサービスもある
    →銀行口座やデビットカードがあれば自分の口座から即引き落とされるので、クレカのように支払いを先延ばしにしないでいい
  • 審査不要

スマホ決済アプリの例

サービス支払い方法ポイント制度特徴
PayPay
前払い、即時払い、後払い
→銀行口座やヤフーカードからチャージしたり、登録したクレジットカードやデビットカードから支払い可能
PayPayボーナス
→支払い額の0.5%還元
・ファミマやミニストップ、ビックカメラやヤマダ電機、HISなどで使える。個人商店や飲食店の加盟店も続々増えている

・地図から「この近くで使えるお店」を探せる機能がある
LINE Pay
前払い
→銀行口座、セブン銀行ATM、LINE Payカードなどでチャージ可能
LINEポイント
→0.5~2%還元

※2019年7月末までバーコード決済だと+3%上乗せ
・ファミマやローソン、ウエルシアやサンドラッグ、阪急・阪神百貨店やロフトなどで使える

・LINEアプリ内から使える。一部の公共料金が払える。LINEユーザー同士の送金や割り勘が便利
楽天ペイ
前払い、即時払い、後払い
→楽天カードなどのクレジットカードやデビットカードを登録できる(楽天カードでチャージも可能)
楽天スーパーポイント
→支払額の0.5%還元

※楽天カードなら1.5%還元
・スーパーやコンビニ、ドラッグストアや書店、家電量販店、飲食店や百貨店など使えるお店がとても多い

・楽天カードを登録すると、カードとアプリそれぞれでポイントが貯まる
Origami Pay
即時払い、後払い
→銀行口座やクレジットカード、デビットカードを登録できる
Origami ポイント
→実店舗では使えない。アプリ内のオンラインショップで利用可能
・ローソンや吉野家、PARCOやアーバンリサーチなどで使える

・加盟店で使える独自の割引クーポンがある
うさ女
いろいろあるのね。
中島なかじ
今は各社が還元率を上げたり、ポイントを配ったり…… 競い合ってサービスを提供してる。

私たちユーザーにとっては、お得なチャンスがいっぱいだよ。

うさ女
セブンイレブンの「7Pay」、ファミマの「ファミペイ」ってどうなのかしら?
中島なかじ
あんまりオススメしないなぁ……
7Pay:200円(税抜)ごとに1nanacoがポイント貯まる。新規登録でおにぎりやコーヒーなどがもらえるキャンペーン実施中

ファミペイ:200円(税込)ごとに1円分のFamiPayボーナスが貯まる。ファミチキがもらえたり、期間中にチャージすると10~15%還元されるキャンペーン実施中

中島なかじ
コンビニペイは今のところ使える店舗が少ないし、チャージもしづらい。

無料のチキンやクーポン目当てにダウンロードして、使い続ける人は少なそう……

オススメのスマホ決済アプリ:PayPay

画像出典:https://paypay.ne.jp

提供元:PayPay株式会社(ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社)

支払い方法:銀行口座やヤフーカードからチャージした残高(前払い)、Yahoo!マネー(前払い)、登録したクレジットカード(後払い)やデビットカード(即時払い)から選べる

還元率:PayPay残高(銀行口座からチャージした残高)、Yahoo! JAPANカードなら3%還元、その他のクレジットカードなら0.5%還元(支払金額0.5%または3%相当のPayPayボーナスが、PayPay残高に加算される。月3万円相当まで)

使えるお店:ファミリーマートやミニストップ、ヤマダ電機やビックカメラ、HISやモンテローザ系の居酒屋、個人商店など。アプリ内の地図から「近くで使えるお店」を探せる

なかじオススメの理由:使えるお店が多くて、操作が簡単。地図が便利。登録したデビットカードやクレジットカードで払えば「カードのポイント + PayPayボーナス」ポイントを両取りできる

さらに6月1日(土)~ 20回に1回の確率で全額戻ってくるくじ「PayPayチャンス!」が始まる(最大1000円、PayPay残高・Yahoo! マネー・Yahoo! JAPANカードのみ)

デメリット:PayPay残高へのチャージが銀行口座とYahoo! JAPANカードのみ

PayPay – QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

PayPayはお店をやっている人にもオススメ

導入費用・決済手数料・入金手数料ゼロ円でキャッシュレス決済を導入できる。

※決済手数料:「読み取り払い」のみ2021年9月30日まで無料、入金手数料:ジャパンネット銀行なら永年無料。その他の銀行は2019年9月30日まで無料

お店にPayPayを導入したい方はこちら(詳細&加盟店申し込みページ)

うさ女
スマホ決済アプリって、Apple Payやおサイフケータイとは違うの?
中島なかじ
スマホ決済アプリもApple Payもおサイフケータイも「登録したカードをスマホで払える」のは同じだけど、決済のやり方が違う。

Apple Pay、おサイフケータイとの違い

  • スマホ決済アプリ:QRコード、バーコードを読み取って決済する
  • Apple Payやおサイフケータイ:スマホをかざして(タッチして)決済する

Apple PayやGoogle Pay、おサイフケータイは、携帯電話やスマホに埋め込まれた「FeliCa」というICチップを使う決済方法。非接触型決済(非接触IC決済)と呼ばれる。スマホの機種によって使えるものが変わる。

Felicaは、Suicaやnanaco、WAONのような電子マネーでも使われていて、セキュリティが高く、0.1秒という速さで決済できる(カードより会計がスムーズ)。

レジでよく見るタッチ決済端末。中央に描かれてるのがFeliCaマーク
画像出典:http://www.jrem.co.jp/product/e-money_terminal.html

おサイフケータイ

画像出典:http://ap.pitsquare.jp/osaifu/pc/index.html

携帯電話やAndroidスマホで使えるサービス。携帯電話やスマホに埋め込まれた、キャッシュレス決済手段のひとつ。

モバイルSuicaやiD、nanacoなどの電子マネーやポイントカード、航空券や会員証など、おサイフケータイに対応する複数のカードを登録して使うことができるが、日本でしか使えない。

Google Pay

画像出典:https://pay.google.com/intl/ja_jp/about

Androidスマホで使えるサービス。Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPayを複数登録して使える。またTポイントとdポイントを貯められる。

Apple Pay

画像出典:https://www.apple.com/jp/apple-pay

iPhoneやApple Watchなどで使えるサービス。SuicaやiD、QUICPayなどの電子マネーのほか、クレジットカード、プリペイドカード、搭乗券、ポイントカードやギフトカードを複数登録して使える。

Apple Payの便利さは、こちらの記事で紹介してます↓↓

アップルペイとは?iPhone+Suica+オートチャージでカードを減らす!

2019.06.01
中島なかじ
次は、私がいちばん愛用してるキャッシュレス決済=デビットカードを紹介するよ。

デビットカードとは?

デビットカードは銀行口座に直結していて、決済のたびに口座からお金が引き落とされるクレジットカードのようなもの。口座に入っている額(残高)=限度額なので、使い過ぎてしまう心配がない。

銀行とVisaまたはJCB、Mastercardが発行するデビットカードなら、世界中の加盟店で使える。

中島なかじ
スマホ決済はサービスによって使えるお店が限られてる(まだまだ少ない)んだけど

デビットカードはクレカOKの店なら、ほぼどこでも使える。

J-Debitと呼ばれるデビットカードは、利用できる店が少なく使える時間帯も限られているので、VisaデビットJCBデビットMastercardデビットを選ぶといい

デビットカードのメリット

  • 支払いに合わせてポイントが貯まったり、キャッシュバックがもらえたりする
  • 銀行口座からすぐにお金が引き落とされる(支払いが後回しにならない即時決済
  • 口座内にあるお金しか使えないから、使い過ぎない
  • 「いつ、どこで払ったか」や収支のデータが残るので、お金の管理がラクになる
  • 15~16歳(中学卒業後)から持てる。ほとんどのカードが審査不要
  • キャッシュカードの機能がついているので、現金が必要なときも銀行やATMからお金がおろせる
中島なかじ
クレジットカードに比べると還元率は低め(0.25%など)に設定されていることが多いけど、1%以上の高還元率のカードもあるの↓↓

高還元率なデビットカードの例

カードメリット
楽天銀行

Visa/JCB
おすすめはVisa
・還元率1%(100円で1ポイント)
楽天市場なら2%

・デビットカードでの支払い時に、貯めたポイントを使える(1ポイント=1円で50ポイントから)
住信SBIネット銀行

Mastercard
・還元率0.8%(月間利用額の合計1000円ごとに8ポイント)
→ポイントは現金に交換可能

・月2~15回までATM手数料無料他行宛の振込手数料も月1~15回無料
※上記のカードはすべて年会費無料。スマホやPCから発行できる
※JCBカードはPayPayやkyashに登録できない

オススメのデビットカード:住信SBIネット銀行のミライノ デビット(Mastercard)

住信SBIネット銀行のミライノ デビット(Mastercard)

住信SBIネット銀行のミライノ デビット(Mastercard)

発行元:住信SBIネット銀行 株式会社

支払い方法:住信SBIネット銀行の口座から即時決済(即引き落とされる)

還元率:すべての支払い方法で0.8%ポイント還元。付与されるのは「スマプロポイント」だが、1P=1円で500P以上から換金できる

使えるお店:Mastercardカードの加盟店(使えるお店)なら国内・海外問わず、どこでも(一部対象外の加盟店やサービスもある)

オススメの理由還元率が高めで、ATM手数料や振込手数料が無料になる回数が多い

デメリット:高速料金、ガソリン代、インターネットのプロバイダ料金など、一部デビットカードでは払えないサービスもある

中島なかじ
どれだけ還元率が高くても、貯まるポイントの使い道がなかったら意味がない。

貯めたポイントを「1ポイント1円」として換金できるから、無駄にならないんだ。

うさ女
「カードのポイントを使うために余計な買い物をする」ってよくあることだから、そのまま支払いに使えるっていいわね。

住信SBIネット銀行 ミライノ デビット(Mastercard)

なかじがミライノデビットを使って、その良さをまとめた記事↓↓

住信SBIネット銀行ミライノデビット(Mastercard)と結婚したい

2019.06.01

還元率の高さで言えば、楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)もオススメ。

楽天銀行ベーシックデビットカード

画像出典:https://www.rakuten-bank.co.jp

どこでも還元率1%(楽天市場で2%)になって、貯めたポイント(楽天スーパーポイント)をデビットカードでの支払いに使える。ただ、お金をおろすときや振り込むときに、住信SBIネット銀行よりも手数料がかかりやすい。

楽天銀行ベーシックデビットカード(Visa)|楽天銀行 公式サイト

プリペイドカードとは?

スーパーやコンビニで買えるiTunesカードやGoogle Playカード、いきなりステーキの肉マネーギフトなどは金額が決まっているプリペイドカード。

最近では、クレジットカードが発行できない若者向けの「LINEPayカード」や脅威の高還元率(2%)を誇る「kyash」などチャージ式のプリペイドカードが登場している。

財布に入れて持ち歩くリアルカードだけでなく、オンラインの買い物や支払いに使えるバーチャルカードを発行できるサービスもある。

プリペイドカードのメリット

  • 支払いに合わせてポイントが貯まったり、キャッシュバックがもらえるサービスもある
  • あらかじめチャージした金額分しか使えないので、使い過ぎない
  • クレジットカードやデビットカードを登録してオートチャージできるサービスもある
  • アプリと連携して「いつ、どこで払ったか」や収支のデータが残るカードもある
  • アプリと連携して、即時バーチャルカードを発行できるサービスもある
  • 審査不要で、何歳からでも持てる(保護者の同意が必要なサービスもある)

例:LINE Payカード

なかじのLINE Pay カード。ブラウン(キャラ)がかわいい

なかじのLINEPayカード。ブラウン(キャラ)がかわいい

国内外のJCB加盟店で使える、JCBプリペイドのひとつ。LINEアプリからすぐに無料で発行できる。

コンビニや銀行口座からチャージでき、残高が設定された最低残高を下回った場合、口座から自動でチャージできるオートチャージ機能もある。

使うたびに0.5~2%のLINEポイントが貯まる。

中島なかじ
LINE Payは、2019年7月31日までQRコード/バーコード払いの還元率が上がるキャンペーンをやってる(3.5~5%)。

今ならカードより、QRコード/バーコード払い(LINEアプリ内のスマホ決済サービス)を使うほうがいい。

オススメのプリペイドカード:kyash

kyashのリアルカード

kyashのリアルカード

発行元:株式会社 Kyash

支払い方法:コンビニや銀行のATM(ペイジー)、セブン銀行のATMからチャージできるほか、クレジットカードやデビットカードを登録すれば不足分が自動的にチャージされる(カードで指定した金額をチャージすることも可能)

還元率:2%(1回の決済ごとに2%がキャッシュバックされる。一部対象外の取引もある)

使えるお店:Visaカードの加盟店(使えるお店)なら国内・海外問わず、どこでも(一部対象外の加盟店やサービスもある)

オススメの理由:リアルカードの還元率が2%キャッシュバック(ポイントを交換したり、使うお店を探すが必要ない)。審査不要でスマホアプリからすぐ発行できる。クレジットカードを連携するとオートチャージが使えて、ポイントの二重取りも可能。

デメリット:1回あたり利用限度額や月間・年間利用金額に上限がある(例:1回あたり、バーチャルカード:3万円 | リアルカード:5万円 まで)

※商品券や電子マネーなど一部キャッシュバック対象外になるものもある

ウォレットアプリ Kyash – いつものお支払いを2%お得に

中島なかじ
kyashは、Visaのプリペイドカードを発行したり、アプリでバーチャルカードを発行できるサービス。

利用額に制限があるけど、還元率がとても高い(2%)。クレカやデビットカードを連携させるとポイントの二重取りもできるから、めっちゃお得だよ。

うさ女
カードにカードを登録するって、なんかヘンな感じね。
中島なかじ
若干めんどくさいけど、2%以上に還元率が上がるメリットは、大きいよ。
うさ女
話題のキャッシュレスを3種類見てきたけど、なかじのオススメはどれ?
中島なかじ
今まで紹介したものの中だと

デビットカードkyashのリアルカードに登録して使うやり方!

住信SBIネット銀行のデビットカードをkyashに登録して使うやり方

住信SBIネット銀行のデビットカードをkyashに登録してポイント二重取り

kyashに住信SBIネット銀行のデビットカードを登録して払うと、住信SBIネット銀行(現金に交換できるポイント:0.8%)とkyash(キャッシュバック:2%)のポイントの両取りができる。

デビットカードは銀行口座から即引き落とされるから「カード払いは使い過ぎが心配」という人も安心。1日や1か月ごとに利用限度額を設定することもできる。

Visaカードが使えるお店やオンラインの支払いで、基本的にどこでも使える。

kyashのリアルカードは「24時間あたり5万円以下」「1回あたり5万円以下」「1か月12万円以下」という利用限度額があるので、限度額を超えた分はデビットカードで支払えばいい。

決済記録や口座にある残高をアプリで管理できるから、お金の管理がしやすくなる。決済のたびに利用通知が届くから、不正利用も気づきやすいし、アプリからすぐに利用停止できる。

ミライノ デビット(Mastercard)| 住信SBIネット銀行

ウォレットアプリ Kyash – いつものお支払いを2%お得に

うさ女
ポイントの両取りか~。すごいわね。
中島なかじ
クレカなら、もっと還元率が高くなるものがあるよ。

利用者数暫定1位のキャッシュレス決済=クレジットカードのことも振り返っておこう。

クレジットカードとは?

クレジットカードは、利用できる店舗数が多く、現状最もメジャーなキャッシュレス決済手段。ポイント還元やキャッシュバック、各カード独自の特典などが充実している。

銀行やカード会社、百貨店が発行するカードなど種類が豊富で、ポイントや優待もカードによって異なる。

発行には審査が必要で、原則的に18歳以上の社会人でないとつくれない。

クレジットカードのメリット

  • 支払いに合わせてポイントが貯まったり、キャッシュバックがもらえたりする
  • デビットカードより、還元率が高いカードがある
  • 財布や口座にお金がなくても、払える(支払いを先延ばしにできる)
  • 1回払いだけでなく、分割払いやボーナス払いなど支払い方法が選べる
  • ショッピング保険や旅行傷害保険などがつくカードもある
  • 独自の特典や優待サービスを受けられるカードもある
  • 「いつ、どこで払ったか」や収支のデータが残るので、お金の管理がラクになる
中島なかじ
いちばん大きなメリットは、還元率の高さかな。

カードによっては、デビットカードよりも高い還元率でポイントがつけられる。

高還元率なクレジットカードの例

カードメリット
JRE CARD

Visa/JCB/Master Card
Suicaへのチャージ(オートチャージ可能)で1.5%、駅ビルやJRE MALLでの利用で3.5%(JRE POINT:通常0.5%)

・Suica + Suica定期券 + JRE POINTカードの機能が1枚に
楽天カード

Visa/JCB/Master Card/American Express
・楽天市場での還元率3%(楽天スーパーポイント:通常1%)

・クレカ、楽天ポイントカード、楽天Edyが1枚にまとまる、新規入会でポイントがたくさんもらえる
リクルートカード

Visa/JCB/Master Card
・どこでも1.2%の高還元率(リクルートポイント)

・nanacoやSuicaにチャージしても1.2%還元。リクルートポイントをPontaポイントに交換可能
イオン銀行

Visa/JCB/Master Card
・イオングループの対象店舗で還元率1%(ときめきポイント:通常0.5%)

・「買い物代金5%OFFデー」「イオン銀行のATMが無条件で24時間手数料無料」「普通預金の金利アップ」など独自の特典が豊富

・今入会すると、一定期間の還元率が最大20%になるキャンペーン実施中
※JCBカードはPayPayやkyashに登録できない

カード選びのポイントは、大きくわけて3つ

  1. 年会費や発行手数料の低さ
    年会費が無料じゃなくても、ポイントで相殺して無料にできるテクがあったりする
  2. 還元率の高さ
    よく使う店で1%以上だと嬉しい
  3. 自分に合う特典や優待
    レジャー施設や映画館の割引、駐車場や空港ラウンジ、ロードサービスが無料になるカードも
中島なかじ
自分に合ったカードは、人や使い方によって変わるんだけど

JR東日本とSuicaユーザーならみんなにオススメできるのが、JREカード

オススメのクレジットカード:JREカード

中島なかじのJRE CARD

発行元:ビューカード(JR東日本グループ)

支払い方法:後払い(利用月の翌々月)

還元率:通常0.5%ポイント還元。Suicaのチャージで1.5%還元。アトレやグランデュオなど駅ビルやJRE MALLでの買い物は3.5%還元になる。付与されるのは「JRE POINT」で駅や駅ビルでの支払いやSuicaへのチャージに使える

使えるお店:国際ブランド加盟店(使えるお店)なら国内・海外問わず、どこでも(Visa、JCB、Masterのうち、いずれかを選ぶ)

オススメの理由電子マネーのSuicaにチャージすると1.5%還元、駅ビルで3.5%という高い還元率。Suica + Suica定期券 + JRE POINTカードの機能が1枚にまとまる

JRE CARD|ビューカード

中島なかじ
アトレやグランデュオなど3.5%還元になるところは、カード払い。

Suica払いができるところは、カードでチャージしたSuicaで払えば、1.5%還元。

定期券や電車やバスの切符(IC運賃)がお得に買えるのもいいよね。

しかも今なら、最大5000円相当のポイントがもらえるキャンペーン中。

なかじがJRE CARDのスゴさをまとめた記事はこちら↓↓

JRE CARDはSuicaユーザー必須!オートチャージできる最強クレカ

2019.06.01
うさ女
Suicaも電子マネーなのよね? ごっちゃになってきた……
中島なかじ
Suicaは私たちに最も利用されている電子マネーのひとつ。

もうちょっとで終わるから、がんばって!

電子マネー(ICカードなど)とは?

電子マネーの例

電子マネーとは、ICカードやおサイフケータイなどにお金のデータ(電子マネー)を記録して使うサービス。

ICカードやスマホで、タッチ(かざすだけで)決済が可能で、スマホ決済アプリやカードよりも支払いがスムーズ。

あらかじめチャージして使うプリペイド型が多いが、クレジットカードを連携させてオートチャージできるサービスも多い。

電子マネーのメリット

  • 支払いに合わせてポイントが貯まる
  • タッチ決済の早さが断トツ(サインレスだし、1秒で終わる)
  • 財布を持ち歩く必要がない(電子マネーはスマホやスマートウォッチなどに入れられる)
  • オートチャージ設定できるサービスもある

電子マネーの例

電子マネーメリットポイント
Suica
JRや地下鉄、バスなどの交通機関や駅ナカだけでなく街でも使える店が多い。ビューカードからチャージすると還元率が1.5%になる

JREカードなどビューカード(Suica一体型)を使うとさらにお得

決済音は「ピピッ」
JREポイント
→100円か200円ごとに1P

※JRE POINT WEBサイトでSuicaを登録しないと貯められない
nanaco
セブン&アイ・ホールディングス系列を中心にいろいろな店で使える。対象の店舗で5%オフ、ポイント2倍など独自の特典がある

セブン銀行やセブンカード・プラス(nanaco一体型)を使うとさらにお得

決済音は「シャウワピッ」
nanacoポイント
→100円ごとに1P
WAON
イオン系列を中心にいろいろなお店で使える。対象の店舗でポイント2倍や5倍などの特典を受けられる

イオン銀行やイオンカード(WAON一体型)を使うとさらにお得

決済音は「ワォンッ」
WAONポイント
→200円ごとに1P
楽天Edy
スーパーやコンビニなど全国の加盟店で使える。おサイフケータイとしても使える。ポイントプラス加盟店では還元率が1%になる特典がある

楽天銀行や楽天カード(楽天Edy一体型)を使うとさらにお得

決済音は「シャリ~ン」
楽天スーパーポイント
→200円ごとに1P
※上記は事前にチャージして使うもの(プリペイド式)。オートチャージも可能
中島なかじ
iDとQUICPayは、後払い方式の電子マネー。

Suicaやnanacoとは違うから、わけて説明するね。

iD

docomoと三井住友カードの電子マネーiDは、iD対応のクレジットカードやデビットカードを登録して支払う後払い(ポストペイ)型。チャージの必要がない(プリペイド型やデビット型もある)。

おサイフケータイやApple Pay、Google Payの対応機種なら、カード情報を登録してスマホで使える。iD搭載のクレジットカードでも使える。

カード払いできないお店でも、カードをiDに登録しておけば支払いができる。決済音は「タントン」。

QUICPay

JCBの電子マネーQUICPayもクレジットカードやデビットカードを登録して支払う後払い(ポストペイ)型。チャージが不要(プリペイド型やデビット型もある)。

おサイフケータイやApple Pay、Google Payの対応機種であれば、カード情報を登録してスマホで使える。QUICPay搭載のクレジットカードなどでも使える。

カード払いできないお店でも、カードをQUICPayに登録しておけば支払いができる。QUICPay払いにすると割引になるお店もある。決済音は「クィックペイ」。

うさ女
なるほど。Suicaやnanacoみたいに、それ自体が電子マネーになってるものと、iDやQUICPayみたいに登録したカードで払うものがあるのね。
中島なかじ
そうそう。電子マネーにはいろいろ種類があるけど、よく行くお店でポイントが貯まりやすいものを使うといい。

私はSuica一体型のビューカードを使ってるから、オートチャージで1.5%還元されるし、改札でも残高不足で止まらない。

ただのSuicaを使うよりは、さっき紹介したJRE CARDみたいにクレカや定期券の機能がついているもののほうが、便利だしお得だよ!

なかじがSuica一体型のクレジットカード「ビューカード」16枚を比較した記事はこちら↓↓

カッとしてSuicaにオートチャージできるクレカを比較した結果

2019.07.01
うさ女
ふぅ…… これで全部か……

キャッシュレス決済全体で、なかじのオススメはなんなの?

中島なかじ
「キャッシュレスをはじめてみたい」って人から「めんどうでも還元率が高いほうがいい」って玄人もいるだろうから、難易度別に3パターン紹介するね。

難易度&還元率別! 3つのおすすめキャッシュレス決済術

初心者にオススメ:デビットカード

住信SBIネット銀行のミライノ デビット(Mastercard)

住信SBIネット銀行のミライノ デビット(Mastercard)

「キャッシュレスデビューしたい」「ポイント二重取りとかめんどうなのはイヤ!」「カンタンで、どこでも使えるやつがいい」という人には、デビットカードがオススメ。

中島なかじ
私も「キャッシュレスが怖い」っていうか「後払い恐怖症」なの。

よく「カード払いは借金」って言われるけど、後払いのせいで、お金を使い過ぎたり、収支の計算がズレるのがイヤだった。

そこで、編み出したのがデビットカードを使った「デジタル封筒」やりくり術!

デビットカードを使った「デジタル封筒」やりくり術

中島なかじ
私は給料が出たら「今月使っていいお金」をデビットカード直結の銀行口座に入れてる。
なかじのやりくり術

デビットカードは、決済のたびに口座から引き落とされるから「今月使っていいお金」の範囲内でしか買い物できない(使い過ぎない)。

「それでも心配」って人は、1日や1か月ごとに利用限度額を設定することもできる。

割り勘とかカード払いできない店で現金が必要な場合は、ATMからお金をおろせばいい。

住信SBIネット銀行なら、利用できるATMがたくさんあって月2~15回までATM手数料無料。

自分の貯金や家族の貯金は、あらかじめ別の口座に入れてあるから、貯金分を使ってしまう心配もない。

中島なかじ
「使っていいお金を封筒にわけて使う」ってやりくり術があるんだけど、あれのデジタル版だね。

スマホで残高をすぐ確認できるし、使うたびに「どこで、いくら使ったか」のログが残る(メールも届く)から、お金の管理がめっちゃしやすくなったよ!

ミライノ デビット(Mastercard)|住信SBIネット銀行

うさ女
デビットカードなら「クレカは使い過ぎが怖い」「審査に落ちるからクレカがつくれない」って人でもイケるわね。
中島なかじ
そう! 「スマホ決済アプリとかカードとかいろいろあると、しんどい」って人は、デビットカードがいい。

ポイントが貯まるお得感とキャッシュレスの手軽さ、スムーズさが味わえるよ。

ひと手間かかってもいい人にオススメ:デビットカードをPayPayに登録して使う

PayPayにミライノデビットを連携してポイント二重取り

デビットカードを使うだけじゃなくて「もうひと手間かけてもいいから、還元率を上げたい」って人には、デビットカードをPayPayに登録して使うやり方がオススメ。

たとえば、PayPayに住信SBIネット銀行のデビットカードを登録して払うと、住信SBIネット銀行(現金に交換できるポイント:0.8%)PayPay(PayPayボーナス:0.5%)のポイントの両取りができて、還元率を1.3%まで上げられる。

中島なかじ
一見めんどくさそうに見えるかもしれないけど、PayPayにデビットカードを登録するだけで、還元率が高くなる。
うさ女
こういうのをコツコツやれる人が、お得を享受しまくれるのよね……

ミライノ デビット(Mastercard)|住信SBIネット銀行

PayPay – QRコード・バーコードで支払うスマホアプリ

とにかく還元率を上げたい人にオススメ:高還元率なクレカをkyashに登録 → kyashをPayPayに登録して支払う

高還元率なクレカ + kyash + PayPayの合わせ技で、ポイント三重取り

高還元率なクレカ + kyash + PayPayの合わせ技で、ポイント三重取り

「手間がかかってもいいから、高還元率なキャッシュレス決済がいい」という人には、高還元率なクレジットカード + Kyash + PayPay の合わせ技を紹介したい。

たとえば、還元率1.2%のリクルートカードをkyashに登録してから、kyashのリアルカードをPayPayに登録してスマホ決済すると ↓ のようにポイントを三重取りできる。

キャッシュレスの合わせ技でポイント三重取りの例

リクルートカードのポイント
→リクルートポイント(Pontaポイントやマイルに交換可能):1.2%

kyashのキャッシュバック
2%

PayPayのポイント
→PayPayボーナス:0.5%

=合計:3.7%

※ただしkyashはPayPayで「本人認証」ができないため、過去30日間で5000円までしか決済できない

PayPayが使えない店は、kyashで支払えばいい。kyashの限度額を超えたらPayPayに登録している高還元率なクレジットカードを登録して使えばいい。

うさ女
うへぇ…… 三重取り…… ここまでくると執念を感じるわね。

高還元率なクレジットカードって、どれがいいの? さっき勧めてたJRE CARDじゃダメなの?

中島なかじ
JRE CARDは、Suicaのチャージや駅ビルでの利用で還元率が上がるけど、通常の支払いだと0.5%と還元率は普通(kyashやPayPayを通すと、還元率がアップできなくなる)。

年会費や発行手数料不要かつ、還元率の高さだけで考えるとリクルートカードがいいかな。

リクルートカードを持っている上司に「カードを見せて」と言ったらこうなった

リクルートカードを持っている上司に「カードを見せて」と言ったらこうなった

発行元:VisaとMaster cardは、三菱UFJニコス株式会社。JCBは、株式会社ジェーシービー

支払い方法:後払い(翌月)

還元率:すべての支払い方法で1.2%ポイント還元。付与されるのはリクルートポイント

使えるお店:Visa、Master card、JCBカードの各加盟店(使えるお店)なら国内・海外問わず、どこでも(一部対象外の加盟店やサービスもある)

オススメの理由どこでも高還元率(1.2%)なのに、年会費無料。海外旅行保険も利用付帯

デメリット:ポイントの使い道が少なめ。貯まるのは、じゃらんやホットペッパービューティーなどで使えるリクルートポイントPontaポイントに交換もできるけど、そのポイントが使える店も多くはない(ローソン、大戸屋、ケンタッキー、トモズ、ビックカメラ、マイルに交換など)。

リクルートのクレジットカード Recruit Card

中島なかじ
ふぅ…… 長かったけど、うさ女もキャッシュレスを試してみる気になった?
うさ女
う~ん。やってみようとは思うんだけど「PayPayでクレカの不正利用が相次ぐ」ってニュースを見たの。

そういうのって不安だわ。

中島なかじ
よっしゃ。ここまで来たら、キャッシュレス決済のデメリットも把握しておこう。

キャッシュレス決済の3つのデメリット(不安)は解消できる

1.カード盗難や情報の流出、不正利用が怖い

PayPayを使ったクレジットカードの不正利用事件が起きたのは、PayPayの支払い用に登録するクレカの情報のうち、3ケタのセキュリティコードの入力回数に制限がなかったから。

中島なかじ
・過去にカード情報が流出した人

・カード番号とセキュリティコードを総当たり方式で試されて当たっちゃった人

が被害に遭ったみたい。今は、数回間違えるとロックされるようになった。

今後は、PayPayだけじゃないキャッシュレス決済の不正利用対策も強化されると思う。

私たちにできるのは「明細をよくチェックする」こと。

カード利用ごとにメールが届く「利用通知サービス」を提供しているカード会社もあるから、確認してみて(住信SBIネット銀行のデビットカードは利用通知メールが届く)!

またクレジットカードやデビットカードは、盗難にあったり紛失してしまっても、すぐに利用停止できる。

損失の補償もあるから、現金を取られるより被害のリスクが少ないよ。

2.使い過ぎそうで怖い

プリペイド式(チャージ式)のものや、即時決済のデビットカードを登録できるサービスを利用すれば大丈夫。データが残るので、お金の管理がしやすくなる。

3.電源が切れたり、電波が届かないと使えない

2018年12月に起きたSoftBankの通信障害みたいに電波が届かなくなったり、電源が切れてしまうとスマホ決済アプリや、アプリ型の電子マネーは使えなくなる。

中島なかじ
だから私は、決済手段をスマホだけにはしない。

カードや現金も持ち歩くようにしてる。最近は、小さい財布も使い始めたんだ。

なかじが愛用する小さい財布。カード2枚とお札、小銭が入る

なかじが愛用する小さい財布。カード2枚とお札、小銭が入る

↑ は海外旅行のために買ったものなんだけど、カードたっぷりで重い長財布を持つのが面倒になっちゃって、たまにこれを使ってる。

小さいカバンにも入るし、持ち物がコンパクトになるのは気持ちいいよ。

うさ女
キャッシュレスがもっと世の中に浸透したら、小さい財布が流行るかもね!
中島なかじ
ね! 2019年はキャッシュレス戦国時代になると思うから、サバイブでも随時オススメを紹介していくよ!
この記事のまとめ

  • キャッシュレス=Suicaのスゴさに近い。使ったら戻れないくらい、便利&お得
  • キャッシュレス化を進めるため、還元率UPやポイントプレゼントなど、大盤振る舞いが行われている
  • 2019年10月~2020年6月までは、キャッシュレス決済の還元率がUPする(国策)
  • 手軽に始めたいならデビットカード住信SBIネット銀行のやつ)がオススメ
  • もうちょっと還元率を上げたいなら、デビットカードをkyashに登録して使うのがオススメ
  • 還元率を上げまくりたいなら、高還元率なクレカリクルートカード)をkyashに登録して、kyashをPayPayに登録して使うのがオススメ
  • スマホだけ持って財布を持たないのは、やめたほうがいいかも
  • 2019年はキャッシュレス戦国時代。お得な情報は、随時サバイブで更新しま~す
うさ女
記事で紹介したカードの情報は2019年7月時点のものです。仕様変更(改悪)などによって還元率などが変わる可能性があります。

当サイト(サバイブ)では、随時チェックを行い情報を更新しますが、カードを発行したり、サービスを利用したりする前にご自身で仕様を確認いただけると幸いです……

Can You Survive?

※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。

記事の参考にしたもの
サバイブ運営方針はこちら

この記事を読んだ人は、こんな記事も見ています

なかじイチオシのデビットカードを50枚以上を比較した記事(オススメは4枚だけ)↓↓

デビットカード比較|サバイブおすすめ、高還元率の最強カードはコレだ!

2019.07.16

電子マネー「Suica」をお得に使えるクレカは、JRE CARDだけじゃない! 16枚を比較した記事↓↓

カッとしてSuicaにオートチャージできるクレカを比較した結果

2019.07.01

キャッシュレスもお得だけど、格安SIMはもっとお得! スマホ代をカンタンに月8000円 → 2000円にしたやり方↓↓

SIMフリーiPhoneはキャリアで買うより得!格安SIMで最安運用術

2019.07.09