食べ順ダイエットのやり方|ズボラ野郎が楽に痩せる方法

ダンディハウス

チームサバイブの慎平です。

ダンディハウス

【出典】http://www.dandy-house.co.jp/cm/

突然ですが、ダンディハウスさんの「ラクにカッコよく。」ってコピーいいですよね。私もラクにカッコよくなりたいものです。

慎平
ということで、今回私はスゲー楽なダイエット方法があると聞き、調査してきました。

ダイエットといえば、ツラくて苦しいイメージですよね?

チームサバイブの中島も、現在“減量の専門家”である元キックボクサー監修のもと、汗水たらしてダイエットを行っています。

中島なかじ
既に8kgも痩せました! えへん! 目標は -13kg!(2015年10月現在)

「食事制限と運動」という王道コースでダイエットを行っている様子ですが、遠くから見てるとなかなか大変そうです。(ただ、正攻法なので効果はてきめん……。すごい……)

でもそんな意志の強い人ばかりじゃない!

そこで今回、私は、私のような「ズボラ野郎」に向けた楽にやせる魔法のダイエット「食べ順ダイエット」について詳しく解説していこうと思います。

読むだけで今日からやせる?
ドン ミシット!

食べ順ダイエットって?

食べ順ダイエット

「食べ順ダイエット」「食べる順番ダイエット」「食べ順」などという言葉を一度は聴いたことがあるのではないでしょうか?

その名の通り、決められた食べる順番を守るダイエット方法です。それだけです。本当にそれだけ。

具体的には「野菜」「汁物」「タンパク質」「炭水化物」の順番に食べていきます。

慎平
まあ、ぶっちゃけこれだけ守ればOKなのですが、なぜこの順番なのか?どうして順番を変えるだけでダイエットになるのか? など、理論を知った上で実践する方が長続きするのではないでしょうか?

あと、ウンチクとして知っておくと女性との会話が弾むことは、このセクシー松本が保証します。

……ということで、こちらの画像をご覧ください。

食べ順ダイエット インフォグラフィックス
※拡大する

どうして食べる順番を変えるだけでダイエットになるのかを、(自称)日本で1番分かりやすく解説したインフォグラフィックです。

中島なかじ
客観的にみてもベスト3には入ってると思うよ!

この内容を見れば、太るメカニズムについても同時に理解することができます。インスリンの働きなどについて更に詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

あなたも私もよくなってしまう恥ずかしいあの現象も、実は血糖値が原因だったんですね〜。

食べ順ダイエットのやり方

さて、本題の食べ順ダイエットです。

画像では、「インスリンを急激に分泌させないこと」が大切だと解説されていますが、これこそが食べ順ダイエットの極意なのです。

インスリンの分泌を抑える食べ方、について、説明していきましょう。

先ほども説明したとおり、基本的には「野菜(果物)」「汁物」「タンパク質」「炭水化物」の順番を守ってもらえれば大丈夫です。

それぞれ解説していきますが、覚えるルールはたった2つだけ。

その1、以下の順番でたべること! 

その2、絶対に以下の順番で食べること!

①「野菜(果物)」

野菜

野菜や果物に多く含まれる食物繊維は、その後の炭水化物や脂肪の消化や吸収を緩やかにしてくれる働きがあります。そのため、真っ先に食べることで消化器官に準備をさせましょう。

②「汁物」

汁物

お味噌汁やスープのような汁物には多くの水分が含まれているので、食物繊維の後に摂るとお腹が膨らんで満腹感を得ることができます。

③「タンパク質」

たんぱく質

お肉や、魚、卵、そして豆腐などの豆製品もたんぱく質にあたります。更にその中でも大豆などの植物性のたんぱく質を先に、卵、肉、魚といった動物性のたんぱく質をより後に食べるようにします。

④「炭水化物」

炭水化物

そして最後は炭水化物です。炭水化物は糖のカタマリといっても過言ではないので最後に摂ります。

ベストなのは、この時点でお腹が膨れていること。おなかがいっぱいなら炭水化物を食べなくて済みますよね。

そのためにはこれまでの「野菜(果物)」「汁物」「タンパク質」をゆっくりと食べることが大切です。

それぞれひと口いれるたびに30回程度噛み、最初のひと口から炭水化物に到達するまでに20分以上はかけてください。

お友達や彼女とおしゃべりしながらダラダラ食べるほうが、太りやすさから考えると正解だったりします。

セクシーなあなたはゆっくり時間をかけて食べて、お食事もお話も楽しみましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか? 身体のメカニズムとともに、炭水化物ダイエットのやり方を理解することができたでしょうか?

もちろん順番だけを覚えていても良いのですが、なぜこうなるのか、を知っておいたほうが納得して行うことができるので、モチベーションの向上にも繋がります。

「セクシーな知識」で、ラクにカッコよくなりましょう!

それでは、Can you survive?

ABOUTこの記事を書いた人

松本 慎平

編集者/新卒でITコンサル会社に就職。ある朝「もうすぐ30歳だけど、ちゃんと将来設計あるの?」と自問自答を始めて嘔吐・下痢を繰り返す。その後、経済的自立を求め、実学を会得する記事を書くためサバイブにジョイン(ジョインって使いたがる輩にろくな奴はいない)。尊敬する作家は金城一紀。ファイナンシャルプランナーで弓道初段です。

▼詳しいプロフィール

▼過去に書いた記事

▼フォローすると気取った文章が読めるFacebook