自転車通勤初心者が選ぶべきクロスバイク6選

サムネイル

はい、チームサバイブの慎平です。
好きなたい焼きはカスタードです。

前回、自転車通勤についての記事を書きました。

セクシーな男たちが自転車通勤をしている5つのワケ

2015.07.23

こちらでは自転車通勤のメリットを書きましたが、今回は「じゃあ具体的に何に乗ったらいいの?」についてご紹介させていただきます。

結論から先に書くと、「通勤初心者はクロスバイクに乗れ!」です。

ママチャリじゃだめなの?

自転車通勤でシティサイクル(ママチャリ)はちょっと頼りない。そんな時選択肢に上がってくるのは、「クロスバイク」「ロードバイク」です。

この2つとママチャリは、本体が軽い、タイヤが細い、ギアが細かいの3つの点で大きく異なっています。

一般的なママチャリは20kg近くありますが、クロスバイクはその半分、10kg〜12kgほどの重さしかありません。(ロードバイクは軽いものだと5kg前後の物も!)10kgといえば、片腕で軽々持ち上げられる重さです。

軽ければ軽いほど漕ぐ力に直結するため、走り出しや加速が驚くほど違います。また、タイヤの細さも走行時の加速に輪をかけています。

ギアが細かいものが多く、24段変速なんてこともざらにあります。この多段変速により、上りの坂道から舗装された道路まで常に一定の脚力で走ることが可能になるのです。

ちょっとそこのスーパーまで、なんてシチュエーションではママチャリで十分ですが、5km〜20km先の職場までを考えると、選択肢は「クロスバイク」と「ロードバイク」に絞られてくると思います。

クロスバイクとロードバイク

ママチャリが通勤自転車から脱落したところで、残るは「クロスバイク」と「ロードバイク」の選択です。

ロードバイクは舗装された道路でのサイクルを前提としているため、タイヤがより細くなっています。細いタイヤは低速で安定性が悪くなったり、少しでもでこぼこな道では振動をもろに受けてしまったりと、街乗りには不向きな面も多くあります。

また、水牛の角のようなドロップハンドルは、前傾姿勢を強いられ、長時間の乗車には疲れづらいというメリットがありますが、荒れた街路などでは走行に不安があるでしょう。

一方クロスバイクは最高速度や舗装された道での快適性はロードバイクに劣るものの、少々荒れた道も難なく走ることができます。中距離にも遠距離にも多用途に使うことができるのです。

ロードバイクほどではありませんが、タイヤも細くスピードも出ます。ママチャリとロードバイクのいいとこどりな自転車、それが「クロスバイク」なのです。

値段の面でも差があります。クロスバイクは5万円程度から選択することができますが、ロードバイクはどんなに安くても10万円は準備したいところです。この価格になると、自転車通勤が続くかも分からないしと、ちょっと手が出ない方も多いのではないでしょうか。

しんぺい
これで、通勤初心者は「クロスバイク」で決まりです。

ロードバイクはクロスバイクを乗り回したのち、「もっとスピードがほしい」「もっと長い間乗りたい」となった際に改めて検討するべきシロモノでしょう。

自転車通勤初心者が選ぶべきクロスバイク6選

ジャイアント(GIANT)
ESCAPE R3

52,000円(税抜)
escapeR3
【出典】http://www.giant.co.jp/giant15/bike_datail.php?p_id=00000209

しんぺい
私はこれに乗っています。コスパ最高。

台湾の自転車メーカーであるジャイアントのESCAPE R3は、クロスバイクの大本命! 五万円代最軽量とみられる総重量10.2Kgは圧巻。24段階変速は様々なシーンに対応し、カラーリングも5色と豊富に取り揃えられています。日本製のシフターも高評価です。

特に強いこだわりがない方は、このバイクで間違いないと思います。強いて難点を挙げるとするならば、愛用者が多く街を走ると被ってしまうことでしょう。

ビアンキ(Bianchi)
CAMALEONTE 1 ALU

68,000円(税抜)
cameleonte1
【出典】https://www.cycleurope.co.jp/bianchi/bikes/sport/camaleonte/camaleonte_1_alu_altus_acera_8sp.html

しんぺい
チェレステはイタリア語で「天空」

ビアンキはイタリアの自転車ブランドで、現存する世界最古の自転車ブランドです。象徴的な車体カラーは「チェレステ」と呼ばれる緑に近い青色で、多くの車体がこの色に塗り込められています。

そんなビアンキのクロスバイク、CAMALEONTE(カメレオンテ)は乗りやすさだけでなくデザインでも頭ひとつ抜けている印象です。カラーも7色と豊富ですが、ぜひチェレステカラーで乗りこなして欲しいです。

【楽天】商品ページ

トレック(TREK)
7.2 FX

65,000円(税込)
72fx
【出典】http://www.trekbikes.co.jp/jp/ja/bikes/city/fitness/fx/7_2_fx/#

しんぺい
TREKで最も高価なモデルは165万円です。

アメリカの自転車メーカー、トレックのクロスバイク「7.2 FX」は、まさに自転車通勤初心者にオススメしたいモデルです。

特徴的なのは、他のクロスバイクよりもややタイヤが太い点。スピードはやや劣るものの、安定性が抜群に向上しています。サドルも他のバイクより幅広なものを採用していて、クッション性が高く長時間のサイクルでおしりが痛くなることもないでしょう。

ジオス(GIOS)
MISTRAL

51,000円(税抜)
mistral
【出典】http://www.job-cycles.com/gios/collection/detail/cyclocrosstouringurbanbikeseries/mistral/index.html

しんぺい
イタリアのペンキ屋さんにはジオスブルーというカラーがあるそう。

ビアンキと同じくイタリアの自転車メーカーであるジオス。50,000円強の価格帯や11kgピッタリの軽量さなど、冒頭に紹介したGIANTのエスケープシリーズと並んでMISTRAL(ミストラル)は自転車通勤入門機として双頭を成しています。

シンボルカラーは青。ジオスブルーとも呼ばれ、先のビアンキのように象徴的な車体カラーとして定着しています。

【楽天】商品ページ

ルイガノ(Louis Garneau)
LGS-BTN

72,000円(税抜)
LGS-BTN1
【出典】http://www.louisgarneausports.com/lgs-btn.html

しんぺい
フラットなトップチューブがエロい!

カナダを拠点とする自転車メーカー。自転車だけでなく、関連用品の品揃えが充実していることで有名です。そんなルイガノのクロスバイク「LGS-BTN」は、見ての通り抜群にオシャレです。ハンドルやサドル部分が全カラーブラウンという徹底ぶり。

サドルとハンドルをつなぐトップチューブの部分が水平に近いため、乗車時のシルエットも必然的に美しくなります。デザインだけでなく、タイヤもやや太いため乗り心地も折り紙つき。

【楽天】商品ページ

コルナゴ(COLNAGO)
Biscotti

99,000円(税抜)
BISCOTTI
【出典】http://www.colnago.co.jp/2015/product/biscotti/index.html

しんぺい
フェラーリとのコラボも発売される名門の品格を。

イタリアの自転車メーカー。随所にあしらわれたクラブのマークはロードレースを観る機会があれば目につくことでしょう。それもそのはず、コルナゴの自転車はこれまでに7,000勝以上も挙げたプロ御用達のブランドなのです。

そんなコルナゴのクロスバイクBiscotti。ビスコッティとは、イタリア語で「クッキー」のことで、女性や若者向けの自転車であることがうかがえます。とはいえ、細いタイヤや軽量なアルミフレームは、もちろん本気仕様。24段変則なので通勤にも対応することでしょう。

【楽天】商品ページ

まとめ

チームサバイブ調べでは上記のクロスバイクをオススメしましたが、正解はこの限りではありません。

値段や性能にややばらつきはあるものの、自分で調べ抜いたものや、一目惚れしたものを買うのがいちばん良いと思います。買うまでのあーだこーだ調べる時間も楽しいですしね。

それでは、Can you survive?

【関連記事】セクシーな男が自転車通勤するワケって?

セクシーな男たちが自転車通勤をしている5つのワケ

2015.07.23

【保存版】通勤自転車を買ったら一緒に買うべきものまとめ

2015.07.21

ABOUTこの記事を書いた人

松本 慎平

編集者/新卒でITコンサル会社に就職。ある朝「もうすぐ30歳だけど、ちゃんと将来設計あるの?」と自問自答を始めて嘔吐・下痢を繰り返す。その後、経済的自立を求め、実学を会得する記事を書くためサバイブにジョイン(ジョインって使いたがる輩にろくな奴はいない)。尊敬する作家は金城一紀。ファイナンシャルプランナーで弓道初段です。

▼詳しいプロフィール

▼過去に書いた記事

▼フォローすると気取った文章が読めるFacebook