成田山で断食修行!3泊4日、水だけで生活した男

断食道場に行ってみた体験談。
ダイエット中のなかじ
目標体重まであと7kg……。このペースで今年中に間に合うかな?
断食とかやれば一気に痩せられそうだけど怖いしなあ……。

そうだ、今回は誰かに行かせて様子を見ることにしよう。

編集部から断食に行けそうな人を探すチームサバイブ

中島なかじ
う~ん、しんぺいも他のみんなも忙しそ……あれ?
奥になんかいる…。
danjiki2
中島なかじ
あの緑の頭は間違いなくヤマザキ!
何してるんだろう?

……

danjiki3

中島なかじ
うわ!本宮ひろ志(漫画家。代表作は『俺の空』、『サラリーマン金太郎』など)の漫画風に寝てる!!
仕事中だ!起きろ!スパーン!

ヤマザキOKコンピュータ
あいてっ
あぁ、おはよなかじ。どうしたの?
中島なかじ
どうしたもこうしたも、仕事中に変な葉っぱくわえて寝るやつがあるか!働け!
ヤマザキOKコンピュータ
働き続ける事がサラリーマンの宿命ってのもおかしいスよ
(「新サラリーマン金太郎」より引用)
中島なかじ
サラリーマン金太郎の名言で口ごたえするな!お前はたるみすぎだ!
お寺で断食修行でもしてこい!
ヤマザキ
OKコンピュータ
え~嫌だよ。おいらがガリガリなのに食欲は人一倍だってこと、なかじも知ってるだろ。
昨日もファミレスに一人で行って3000円ちょい食ってやったところよ。一日だって食事を我慢できるわけないよ。

gif3(過去の記事より転載)

中島なかじ
断食修行中ずっと出勤扱いでも?
ヤマザキOKコンピュータ
(え?寝てるだけでお金がもらえるってこと?いやまてよ…)
ヤマザキOKコンピュータ
でも交通費と宿泊費引いたら赤字になったりするんじゃないの?
中島なかじ
もちろんそれは取材費で出す。さらに、ちゃんと指定日数を終えて来たらヤマザキの大好物「豪華火鍋食べ放題」もおごってやる。
ヤマザキOKコンピュータ
え!火鍋!?行きます!!
中島なかじ
(よし、人柱確保)

最もストイックな断食道場

口コミで有名な成田山新勝寺の断食道場

中島なかじ
今回ヤマザキに行ってもらうのは日本一ストイックな断食道場“成田山 新勝寺”
ヤマザキOKコンピュータ
断食道場なんてどこもストイックでしょ。なんか違うの?
中島なかじ
電話したらわかるよ。ほいっ

ストイックすぎる禁止事項

ということで、さっそく成田山 新勝寺に直接電話していろいろ質問してみました。
わかったことをまとめてみます。

飲食物持込禁止

ミネラルウォーターすら持ち込んではいけない。
口にして良いのは新勝寺の水(井戸水を殺菌したもの)のみ。
もちろんタバコも禁止

薬やサプリメント持込禁止

持病などで常備薬の必要な人は参加できない。
なお、外用薬や化粧品などは問題ない。

スマホ・PC持込禁止

携帯電話、スマートフォン、ノートPCなどの電子機器は家に置いてくること。
デジカメは可だが、他の修行者やお坊さんの邪魔にならないように気を付ける。

仏教関連以外の本持込禁止

ビジネス書や、一般的な小説などは持ち込み禁止。

境内からの外出禁止

境内の散歩は自由だが、一歩たりとも門の外に出てはいけない。

風呂・シャワー禁止

体力を消耗してしまうため、お風呂やシャワーは入れない。
水道で頭や足を洗っても良いが、お湯は出ない。
絞ったタオルや、ボディシートなどで身体を拭き、清潔を保つこと。
石鹸や洗顔料の持ち込みは自由。

買物禁止

原則として、修行中の買い物も禁止されているので、お土産などは最終日に買うこと。
おみくじ、お供え物、お守りはOK。

他にわかったこと

・2泊3日~6泊7日まで選べる
成田山での修行の経験がない方は2泊3日~4泊5日まで。
3泊以上修行すると、最終日の朝にお粥が出る。
ちなみに、6泊7日の修行を終えた方には証書が授与されるらしい。

・他の道場に比べ、かなり安い
灯明料(とうみょうりょう:お布施のこと)、寝具使用料として2泊3日5000円、
4日目以降は追加1日につき1000円ずつ加算されます。
4泊5日なら、5000円+2000円=7000円
(一般的な断食道場だと1泊1万~1万5000円くらい)

・当日は健康診断書をもらってから来ること
当日の朝8:00~8:20の間に藤倉クリニック(成田駅から新勝寺の間にある)に行き、診察を受けねばならない(診察費3330円)。
ある程度健康な人のみ断食参篭修行に参加できる。

ヤマザキOKコンピュータ
以上ですね?他になければ大丈夫です!
じゃあ3泊4日で予約お願いします!
お坊さん
(想像図)
はいはい。
……あー、あとね、そうだ。
切れたジーパンとかやめてね。
ヤマザキOKコンピュータ
え…?
お坊さん
(想像図)
ほら、破れたジーパンとかあるよね。
あれは駄目だよ。修行だから。
ヤマザキOKコンピュータ
は、はい。もちろんです……。

断食の服装(駄目な例)
普段のヤマザキ

ヤマザキOKコンピュータ
(どこかから見られてるのかな…?)

そういえば、数年前に都内にある某お寺の座禅会に参加したしときも、

お坊さん
オダギリジョーみてえなジーパン履いてきやがって。
と怒られてる人がいました。

修行中はゆったりした控えめな服装が好まれるようです。

オダギリジョーのような恰好をして行くとまるで邪教徒のような扱いを受けるおそれがあるので気を付けましょう。

ヤマザキOKコンピュータ
今回のお寺も結構高圧的なかんじだな…。
追い返されても困るし、念のため髪も黒っぽくして行こ!

断食前の準備

外苑前 喜喜の鳥粥写真は断食前に食べた「粥麺楽屋 喜々」の鳥粥!美味しくてヘルシー。

急に断食すると頭痛や吐き気の原因になるとのこと。
よって、入堂の3日ほど前からご飯を減らしていかなければなりません。

私がおこなった減食の具合は以下の通り。

入堂3日前
なし
お弁当(普通)
人参、鶏肉
入堂2日前
なし
お弁当(ご飯少なめ)
鳥粥
入堂1日前
なし
お粥、サラダ
なし

普段のヤマザキは

しっかり
がっつり
こってり

ヤマザキの体重は50kg前後。
ボクシングならフライ級の体格ですが、食欲に関してはテレビチャンピオン級です。

友人や同僚から
「なぜ太らないのか」
「消化器官が死んでいる」
「胃腸の形状が直線なのでは」などと言われたことも。

とにかく食欲に忠実な生活を送っていたため、減食の時点で既につらかったです。修行開始前日の夜はお腹が鳴って眠れませんでした。

断食参篭修行の持ち物


まずは荷物チェック!
1.財布(修行費・診察費はお釣りの無いように)
2.地図
3.緊急連絡先のメモ
4.タオル・手ぬぐい
5.歯ブラシ
6.着替え(Tシャツ3枚)
7.筆記具
8.空のペットボトル(または水筒)
9.散歩用のカバン
10.本2冊
11.折り畳み傘
12.メガネ・コンタクトレンズ
13.カメラ
14.小型の三脚
15.ヒゲそり
16.読書用のライト

1~8まではほぼ必須。あとは必要に応じて用意するとよいでしょう。
石鹸・シャンプー・スキンケア用品・洗面具・日焼け止め・ボディシート・外用薬などを持ち込む方もいるようです。


ヤマザキ3泊4日 断食日記

ヤマザキOKコンピュータ
ここから先は、私が修行中に書いた日記をそのまま掲載しています。
途中何度か中島なかじの突っ込みがありますが無視してください。

断食1日目

成田山断食修行一日目朝4時半起きである。前日空腹で眠れなかったため少し眠いけどまだ元気。

修行中はスマホ・PC禁止。
まずは家族や親しい友人、会社の人に数日間連絡が取れなくなることを伝える。
(連絡がつかないと心配されるので必ずやっておこう)

昨日の昼から何も食べていない。普段ならあり得ない。早くも空腹だ。
水を飲みながら成田に向かう。

narita8:20
京成成田駅から10分ほど歩くと、右側に藤倉クリニックが見えた。
ここでは尿検査血圧の測定をするのだが、院内では飲み物が売っていないので、朝は水を飲んでから来ると良い。

私はここでコップから尿をこぼしてしまい、履いて来たスウェットパンツに少したらした。
先ほどの荷物の写真のとおり、着替えはTシャツしか無い。

9:30
藤倉クリニックから歩くこと数分。
成田山新勝寺の正面の門から入ってすぐ右側に断食参籠道場がある。

成田山の断食道場
ここで受付と注意事項の確認をする。
予約のとき電話に出たのはお坊さんではなく、断食参籠道場専門の世話人だったことがわかった。

今日から修行を始めるのは私の他に女性が2人。

世話人は壮年の男性2人が交代で務めているようだ。
ひとりはかなり高圧的で少しでも質問をすると、なぜか怒り気味で返答される。しかもこの男、断食をした経験が無いという。
早くも私の心の中に邪念が芽生える。

断食中のスケジュールと禁止事項を確認し終えると参篭道場(さんろうどうじょう:断食者が寝泊まりする場所)に案内され、水道や寝具の使い方の説明を受け、世話人は事務所に戻った。
こうして3泊4日の断食修行が始まった。

私は荷物を置いてから外に出て、することも無いので池の亀を小一時間ほど眺めてから部屋に戻った。

中島なかじ
亀好きだったっけ?

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

男性の居室。360°カメラのRICOH thetaで撮影した画像はマウスやスワイプでぐりぐり動かせる。

断食者の泊まる道場は男女で建物が違う。男性側のキャパは5~6人ほど。女性側も恐らく似た作りの模様。
同室にはHさんという男性が一人。

Hさんは夏休みを利用して断食修行をしている会社員。
挨拶と自己紹介をしてから楽しく会話した。普段なかなか交わらなそうな人と会話出来るのは旅のダイゴ味である(帰ったらダイゴミくらい漢字で書けるようになりたい)。

Hさんも断食は初めてで
「仕事で関わったイスラム教徒がラマダン中だったことだキッカケで興味を持った。」
とのこと。
本日は参籠3日目で、明日の朝に帰るらしい。

今の体調や食欲の話を聞き、私は一人、境内散策にでかけた。
成田山の広さは東京ドーム約3.5個分。軽く一周といっても一時間はかかるだろう。

恐ろしい事に敷地内には飲食店もある。 敷地内というか、参籠堂(断食者が寝泊まりする所)の周りに集中している。

断食中の誘惑 一歩外に出ればうどん屋やうなぎ屋が見え、まるで縁日のように多数の屋台が出店している。

時間は昼12時。
最後の飯から24時間が経った。頭の中は食べ物でいっぱい。
視線も嗅覚も食べ物に向いている。

ちなみにHさんは、正門前の屋台でドライフルーツの試食を勧められたらしい。
財布のヒモが固い人向けのトラップも用意されているのだ。

私はそれらを無視して階段を上り、もういちど池の亀を小一時間ほど眺めた。

亀たちも心なしか元気がないぞ。

中島なかじ
めちゃくちゃ亀好きじゃん。

ふと、朝の出来事を思い出し、スウェットパンツを少し洗ってそのまま履いた。
一見、漏らしたように見えるが、あながち間違っていないので受け入れる事にした。

夜には乾いたので安心した。

そうだ。境内の地理を把握するために辺りを一周しよう。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA


成田山は空が広く、ダイナミックな仏閣も見応えアリ。

少し歩けば自然がいっぱいで景色も美しく、意外と虫も少ないので女性も安心だ。
外はまだ日差しが強く、歩けば汗をかく程である。

断食者は、参籠堂の水道水以外を口にしてはいけない。
水はペットボトルに入れて持ち歩いた。

成田の水は井戸水を殺菌したものだから東京の水より飲みやすいのだそうだ。

断食道場の水本来はこのヤカンに水を入れ、湯のみに注いで飲むらしい。飲んだ水の量は用紙に記入し、毎朝世話役に見せなければならない。

断食者の夜は早い。
18時以降は参籠堂から外出禁止で、消灯は22時。

その間4時間。
読書と会話以外にすることがないので、19時半には布団を敷いた。

布団は非常に硬くて重い。
布団があることを忘れるほど畳の感触を肌で感じる。
体感では0.02ミリほどしかない。

「こんな布団で寝れるかい!」
と思いながら目を瞑ると、次の瞬間には朝だった。

なんだ、心地よさまで0.02ミリじゃないか。

中島なかじ
お寺で修行中に下ネタとか最低だな。

断食2日目

成田山断食修行二日目
朝4時半、道場備え付けの目覚まし時計の音で目が覚めた。

2日も何も食べなかったのは初めて。
空腹のピークだ。早く帰って大戸屋に行きたい。

体調にも変化が出て来た。とにかく体に力が入らない。

朝の日課、健康チェックと護摩(ごま:密教の儀式)を終え、Hさんが帰宅した。

3泊以上修行した断食者にはお粥が出るのだが、Hさんは3杯食べたという。
目を輝かせて味の説明や口の感覚の話を熱心にしてくれる。

頼む、食べ物の話はやめてくれ。

朝10時。
身体が重い。立ちくらみもする。
外に出るのもしんどくなってきた。

そんなとき、世話人に連れられてAさんが部屋に入って来た。

Aさんは私が最も信頼する友人の一人で、
「断食修行に同行しませんか?」
と冗談半分に誘ってみたところ、二つ返事で「行く。」と答えた猛者である。

ちなみに、数年前の座禅会でオダギリジョーみたいなジーパンを履いて来て怒られたその男でもある

仕事の都合で2日目からの合流となったものの、私にとって非常に心強い存在である。

昨夜は「こんなに苦しくて、あと2回も夜を迎えられるのだろうか……。」
と、弱気になっていた私も、Aさんと会話する事でかなり気が紛れたようで、昼には散歩に出るほど気力が回復していた。

成田山の亀

この日の午前は本当にきつかったが後半は元気を取り戻し、密教座禅の講習を受けたり、池の亀を2時間近く眺めたりして過ごした。
亀を見ていると何かが満たされていくのを感じる。

中島なかじ
もう亀依存症だね。

19時
布団を敷いて横になると、自然と食べ物の話題になった。

今何が食べたいか。
終わったら何を食べようか。

話は尽きない。

最終的にAさんは、
「今なら中華丼のヤングコーンの周りなめるだけで450円払える。」
という言葉を残して眠りについた。

私より1日遅く来たくせに大した食欲である。

ちなみにこのとき私は、
「喫茶店のピザトースト(コーヒー・サラダ付き)には本来2200円の価値がある。」と本気で思った。

3日目

断食修行3日目未知の領域。顔にも疲れが見える。

朝の日課を済ませ、Aさんと散歩した。
体力がかなり落ちているのを感じる。頭痛も出て来た。

とにかく何の栄養も取れないので、きっと明日の朝まで回復しないのだろう。
体力を温存しなければ……。

歩くときは脱力を意識し、笑うときもエネルギーを消費していると自覚しながら笑う。

気合いを入れないと階段も上れないほど身体が重い。

成田山の亀たち

それでも亀を見る為に階段を上った。
悲しい事に、これ以外にする事が無いのだ。

まるでご老人のような思いで、震える足を持ち上げて階段を1段ずつ上り、亀の居る池に着いた。
そこで先月食べた亀の刺身のことを思い出しながら小一時間ほど亀を眺めた。

亀の刺身小笠原諸島、父島で食べた亀の刺身。おいしかったなあ。

中島なかじ
亀のことずっと食べ物として見てたんだ。
食欲すごいな…。

部屋で本を読んでも頭に入ってこない。
きっと脳に糖が足りていないのだろう。

いざという時は仏教図書館マンガ(手塚治虫のブッダ、火の鳥などがある)を読もうと考えていたのだが、本日は休館らしい。
(日・月・木・祝日は休み)

体調の悪さも相まって、退屈がひどく苦痛に感じる。
もう一度散歩にでかけよう。

成田山新勝寺の池成田山の境内にある公園はとても広くて緑豊か。
特に水辺の景色がきれいで癒される。健康な時に散歩したい。

結局、公園のベンチや池のほとりで寝転がって過ごした。

断食中に見つけた食料成田山にはキノコがいっぱい。私の顔面くらいのサイズのキノコも生えていた。写真は最も食えそうな雰囲気が出てたキノコ。焼いて醤油つけて食べたらおいしそう。

かれこれ72時間以上何も食べていない。

ここで気付いたことがある。
普段の生活において、昼飯と晩飯は生活リズムの大きな区切りの一つだったのだ。

断食者には睡眠と起床以外の区切りがほぼ無い。

すると、1日がとてつもなく長く感じる。

朝6時半には護摩が終わり、そこから22時の消灯時刻までほぼ何の予定もないのだから当然だ。
(毎日15時にお坊さんの話を聞く会があるが、結構3泊中2回も休みだった。)

この奇妙な感覚に関しては体験してみないとわからないかもしれない。

「そう思いませんか?」
Aさんに共感を求めたが全く刺さっていないようで、変な気を使わせてしまった。

最後の夜は、早く朝が来ることを願って19時に眠りについた。とにかく帰りたい。

夜中に目が覚めたとき、かなり眠ったような感触があったにも関わらず、まだ22時だったときに絶望した。
それを5,6回繰り返してようやく朝を迎える。

4日目

danijiki13最終日。お粥を目前にしてふざける余裕が出てきたらしい。

昨晩あたりから食欲が無い。
しかし朝方見た夢の中で私は、中華丼に飛び込み白米の中を泳いでいた。
とんでもない欲望だ。

yume

着替えを済ませ、重たい身体を引き摺って護摩に行く。

護摩の会場は大本堂で、参篭道場から長い階段を上って行かなければならないが、階段を上る元気がない。

だが、実は遠回りすればエレベーターがあるのでほとんど階段を上らずに大本堂まで行けるのだ!
(Hさん、情報提供ありがとうございます)

護摩が終わり、部屋に戻った。

朝あんな夢を見たくせに、おなかが重くて全然食欲が湧かない。

そんなとき、成田山に来てはじめての便通が!

濃い茶色と薄い茶色のツートンカラーの玉がいくつか出てきました。

90時間以上何も食べていないのに突然出るなんて不思議!

こうやって宿便(しゅくべん:腸内に長期間滞在した古いうんち)が出ると腸内環境がリセットされて病気の予防や健康に良いと聞いたことがある。これは得をした。

ウォシュレット付きのトイレに感謝して外に出る。

宿便

ヤマザキOKコンピュータ
汚い話、失礼いたしました。ここで一旦、おいしそうな食べ物の画像で頭の中をリセットしましょう。
中島なかじ
このタイミングでミックスソフトやめろ!

トイレから出てから、腹部に全く力が入らない。イキんだせいだろうか?

もうお粥もいらないような気がしてきた。
でもせっかくだから食べに行ってみる。

成田山の断食修行のお粥

お粥にしてはかなり水っぽい。
お米は少し沈んでいるだけで、あとはほとんど重湯(おもゆ)。

箸でお米を取ろうとすると米が泳ぐほどちゃぷちゃぷ。

付け合わせは焼き味噌梅干し

食べてみると、さっきまで食欲がなかったのに一気に一杯食べてしまった。
お粥のおかわりは自由で、オタマでセルフでよそって食べる。

舌が敏感になっているためか、焼き味噌も梅干しも、普段より塩気が強く感じられるし、米の甘みもしっかり伝わって来る。
でも一番おいしかったのはあったかい緑茶

ごちそうさまでした!

少ししか食べていないのに、間もなく走れる程まで体力が回復した。
自然と声も大きくなる。

中島なかじ
食べ物って凄い。

部屋に戻って荷物をまとめる。
シーツ・枕カバー・ヤカン・湯飲みを返却し、感想文を提出した。

世話人と池の亀たちにあいさつをして、Aさんと一緒に門を出た。

最後にもう一度お寺に一礼して帰路につく。

修行後

成田山断食の帰り道断食終わりの帰り道。寿司屋やうなぎ屋がたくさんあるが、朝7時なのでどこも開いていない。

Aさんは帰り道で3日ぶりにタバコを吸ったが、
「普通。」
と言っていた。期待していた答えではなかったが、オダギリジョーの言いそうなセリフではある。

1時間ほどかけて池袋に行き、2人で改めて食事をする。

一昨日からこれが楽しみだったのだ。

断食明けの食事

4日ぶりの飯。
2人で話し合った結果、初めにピータン豆腐を食べた。

感動するほどうまい。
「豆腐の中を舌が泳いでる!」とか、
「いま舌のどこの味蕾(みらい:味覚を感じる細胞)使ってるかわかるよな!」などと言い合いながら、異様なテンションで食べまくる。

いま考えると気持ち悪いが、そのときは2人とも真剣に思った事をぶつけあい、共感し合っていた。

中島なかじ
隣の席にこんな客がいたら嫌だな。

このピータン豆腐で火がついて、
朝の9時から14時まで、2人はとにかく食べまくった。

中華粥・うどん・餃子・コーヒー・トースト・ジュース・たこ焼き……

Aさんは瓶ビールとハイボールも飲んでいた。

私は、どさくさに紛れて禁じていたコーヒーも解禁した。

とにかく全てが輝いて見え、全てがとんでもなく美味しかった。

断食明けに食べてはいけないコメダ珈琲店の塩キャラメルジェリコ。久々に見た甘いものが嬉しすぎて写真もブレる。

散々言い尽されていることだが、食べ物が食べれるって事はこんなに幸せなことだったのか。

私はしきりに
「しゃーわせやあ、しゃーわせやあ…」
と言いながら笑顔で食べ続けた。

断食してみてわかったこと

成田山の断食参篭修行は、心身の鍛錬にはもってこいです。

また、泊まり込みにしてはリーズナブルな価格なので、ダイエットや体質改善目当ての方にも良いのではないでしょうか。

断食を終えたヤマザキOKコンピュータ断食後のヤマザキOKコンピュータ。

ヤマザキOKコンピュータ
私は元々痩せ形ですが、断食を終えてさらにガリガリになりました。
上の写真を見て頂けるとわかりやすいと思います。
中島なかじ
いや、画像おかしいでしょ。

実際は、4日間の断食でちょうど4キロ痩せました(50.0kg→46.0kg)。歩くだけで身体が軽くなったような感覚もあります。

修行から3週間経った今も47.0kg前後で安定しており、今のところリバウンドの兆候もありません。

とはいえ、成田山の断食修行は、実際この日記に書いたよりもさらに辛いです。
それ相応の準備と覚悟が必要となります。

私は幸い1人の時間が少なかったので、
人と会話する事でやりきれました。

しかし、1人の時間は本当に辛かったです。

密教座禅や阿字観(あじかん:瞑想の一種)、写経の講習などは、お坊さんの都合が合えば無料でやってもらえます。
しかし、当日の朝までに世話人に申し込む必要があり、自分から言わない限り、どんなイベントがあるかすら教えてくれません。

図書館はやたらと休みが多いし、本を読んでも頭に入ってこない。

よほどの仏像好きでもない限り、とにかくする事がありません。

ヤマザキOKコンピュータ
もし目の前にWindows 95があったら、朝から夜までソリティアをしていたと思います。それくらいヒマ。

断食を始めて2、3日もすると、まるで高熱が出たかのように身体が重くなり、頭痛や吐き気、立ちくらみがおきます。

する事が無い上に、体調が悪くなっていくので、「早く終われ~」という気持ちが日に日に強くなり、1人の時間がとてつもなく長く感じました。

本当にもう2度とやりたくないけど、同時に「やって良かった。」とも感じています。

この修行には、言葉や文字では伝えきれない程の発見がありました。

成田山 新勝寺は、ディズニーランド以上の非現実的空間です。

それでいて現実であるというところに魅力があります。

感じる事は人それぞれだと思いますが、私の場合は
食べ物、人、自然、そして生き物(主に亀)に改めて感謝しました。

新たな視点を一つ得たような感覚もあります。

とはいえ、散々苦行を積んだ釈迦も最終的には
「苦行じゃ悟れない。」
という結論に至りました。

私もそう思います。
修行による成長も過度に期待してはいけません。

断食修行は一つの経験としてオススメですが、何よりも健康が第一。

ダイエットデトックス修行も、無理のない範囲でチャレンジしましょう。

最後に、
本来断食後は断食日数と同じ日数をかけて
少しずつ普通の食事に戻していかなければなりません。

現に、私は中華料理屋で1度嘔吐してしまいました。
そのときは

断食直後のヤマザキOKコンピュータ
きたきたきたー!
これでもっと食えるぞオエーッ!!
という変態的思考で喜んで嘔吐していましたが、胃腸が休んでいたところで急に大食いしたり、消化の悪いものを入れたりするとお腹に大きな負担がかかってしまい、炎症や病気を引き起こす原因となってしまう恐れがあるそうです。

また、リバウンドの原因にもなるので、柔らかい野菜やお粥を中心にゆっくりと食事を戻していきましょう。

ヤマザキOKコンピュータ
断食に興味のある方は一度成田山に挑戦してみてはいかがでしょうか?
俺は2度とやらないけどな!!

断食の効果

中島なかじ
実は、断食には健康に良いとされる効果がたくさんあります。
  • 宿便などの老廃物が除かれることで腸内の善玉菌が増え、免疫力が向上する
  • 余分なたんぱく質が消化され、細胞が若返る
  • 骨折などの外傷が劇的に回復する
  • 精神的に安定し、鬱病に効果的
  • 体内に蓄積された有害な化学物質が排出され、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状が治まる(デトックス効果)
  • 血行が良くなり、冷え症や肩こりが改善される

この他にも、数え切れないほど様々な効果があると言われています。

中島なかじ
欧米では古来より断食が盛んで、

フランスには
「ファスティング(断食)はメスを使わない手術である。」

ドイツには
「断食で治らない病気は他に何をしても治らない。」

ということわざまであるそうです。

ヤマザキOKコンピュータ
おいらの切れ痔は治らなかったな。
何をしても治らないってことかな。かなしい。

断食の効果は一時的な美容や健康だけではありません。

一定期間の断食を終えると味覚が敏感になり、塩分の少ない健康的な食事が美味しく感じるようにります。
結果、断食以降は食生活が自然と改善されてゆくのです。

ヤマザキOKコンピュータ
これは本当にそのとおり!
断食終わってから質素な和食が一番おいしく感じるようになりました。

健康的な食事がおいしく感じるようになれば、食事制限のあるダイエットにも挑戦しやすくなりますね!

自宅や会社でも出来る酵素断食

中島なかじ
成田山新勝寺の他にも、断食道場は、たくさんあります!

断食道場は基本的に、健康的断食を補助する目的の施設です。

専門家の指示のもと断食に集中できるような環境やカリキュラムが用意されているので、
断食初心者も安全に挑戦出来ます。

成田山 新勝寺のような「水しか飲めないストイックな断食」は珍しく、酵素ジュース野菜スープを飲みながらのソフトな断食道場が多いようです。

ヨガ断食・温泉断食のようなポップなコースや、専門医のいる断食道場、県の運営する公的断食道場といった施設もあります。

また、わざわざ泊まり込みで道場に行くほど時間に余裕のない人には自宅で無理なく行える酵素断食などがオススメです。

中島なかじ
私は1時間も2時間も亀を眺めるのは嫌なので、家や会社でできる1日限りのプチ酵素断食に挑戦しました。
酵素ドリンクを水で割る女、中島なかじ

『1日限りのプチ酵素断食』のレポートはこちら!

中島なかじ
プチ酵素断食は、人柱を利用せず行いましたが、1日でも十分胃腸がリセットされ胃が小さくなりました。

断食すると、いつでも胃を小さくすることができるので、暴飲暴食が続く忘年会シーズンなどに取り入れることをオススメします。

ヤマザキOKコンピュータ
人柱って俺のこと?
中島なかじ
え?そんなこと言った?
あ、そうだ!火鍋行こうか!
ヤマザキOKコンピュータ
行きます!

ということで打ち上げが忙しいので今回はここまで!
それでは、Can You Survive?

池袋の美味しい火鍋

断食・食事制限に関する記事はこちら

ダイエットのための続けられる食事制限と手軽に摂れるたんぱく質

2016.12.02