ニューバランスを安く買う裏技| 海外版アマゾンの買い方

アマゾン・ドット・コム

どうも、チームサバイブの慎平です。

クリスマスも近くなり、新しい靴がほしいなあと思う今日このごろです。

 

靴といえば、ここ数年で「new balance」の靴を履いてる人がぐんと増えましたよね。

私はいまnew balanceの赤いスニーカーを探しています。クローゼットに暗い服が多いので、差し色として一足欲しいなあと以前から思っていたんです。

赤いnew balance

参考画像:http://favim.com/image/1328231/

こちらは女性の方ですが、かっちりとした服に赤のnew balanceを取り入れていて凄くオシャレです。真似したい!

 

ということで、みんな大好きAmazon.co.jpで探してみます。

Amazon jp

いいですね。私に履かれるために生まれてきたようなフォルムです。

 

しかしお値段は……、

お値段

……14,978円。

慎平
……。

15,000円弱と、ちょっとしたものですね。1,000円でもいいから安くしたいところです。

 

 

つづいてこちら。

Amazonus

こちら、同商品の海外版アマゾン(Amazon.com)の購入画面になります。見比べてもらえれば分かるのですが、全く同じ商品です。

 

値段を見てみましょう

74.93ドル

74.93……ドル

慎平
今のレートだと<1ドル =101.4円>(円高!!!)くらいだから、74.93ドルを約75ドルとして……。

75ドル×101.4円=7605円(2016.09.07現在)

 

……8152円!!!!

1万円切って、8000円まで切っちゃってるじゃん! 1000円どころの騒ぎじゃないよ。5000円以上安くなっちゃったよ!

 

せいきゅん
そりゃそうだよ、ぺーちゃん。
慎平
せいじさん!
せいきゅん
今回ぺーちゃんが日本Amazonで見つけたnew balanceの靴には【並行輸入品】って書いてあるでしょ?

並行輸入品

並行輸入っていうのは正規代理店ルートとは別のルートで、真正品を輸入すること。ぺーちゃんみたいな普通の人が個人輸入してAmazonで売っているんだ。

だからその分の手数料とか手間賃とか、売っている人の儲けとかもろもろがかさんで高くなるのは当然なんだよ。

慎平
勉強になるなあ(メモメモ)

あれ? それじゃあ私も自分で輸入しちゃえば安くすむんじゃないですか?

せいきゅん
いいところに気がついたね。もちろんその通りだよ!

海外Amazonの使い方なんて超簡単だから調べてみなよ。サバイブ人として生きていくなら、海外アマゾンの使い方くらい必須だからね。

 

ということで、今回は海外アマゾン(Amazon.com)の利用方法をご紹介します。

日本のアマゾンを利用している人ならば難しいことはほとんどありませんが、英語で不安なところもあると思いますので一つ一つ丁寧に解説していきます!

※日本のアマゾンのアカウントをお持ちでない方は、まずは取得してください。
Amazon.co.jp ヘルプ: アカウントの作成

 

Amazon.comでの商品購入方法

1.アクセスする

Amazon.comにアクセスします。

購入手順説明

直接打ち込んでも良いですし、日本版のアマゾンのフッター(一番下)にもリンクがあります。

 

2.商品をカートに入れる

購入手順説明

ほしい商品のページの右にある「Add to Cart」をクリックします。

検索して商品を探すなど、流れは日本版のAmazonと変わらないですね。

 

購入手順説明

完了すると、「Added to Cart」となり、無事にカートに商品は入りました。

一点の購入で問題なければ、そのまま「Proceed to checkout(1 item)」に進みましょう。

 

3.アカウントを作成する

続いてアカウントを作成します。

米Amazonの使い方

「Proceed to checkout(1 item)」をクリックすると、こちらの画面に進みます。

「Create your Amazon accout」をクリックし、アカウントを作成しましょう。

米Amazonの使い方

名前とメールアドレス、そして任意パスワードを入力します。(英語です)

パスワードは確認のため2回入力します。

登録について

続いて住所を入力します。

住所かんたん翻訳というサイトを参考にすると、コピペコピペで大変スムーズに完了します。

完了したら右下の「Continue」をクリックします。

 

4.購入手続きを進める

購入手順説明

先ほど入力した住所が並んでいますので、確認したのち、「Ship to this address」を選択します。

 

 

購入手順説明

ちなみに日本国内に発送できない場合は、クリック後このような画面になります。

日本に発送をしていない商品なので、素直に諦めましょう。

(※この画面、覚えておいてください)

 

配送速度の設定

購入手順説明

配送設定を聞かれます。到着日が早ければ早いほど送料が高くなります。

値段は購入前の最終確認画面で分かりますが、急ぎでなければ一番下の「Amazon Global Standerd shipping」を選びましょう。

 

カード情報の入力

購入手順説明

クレジットカード情報を入れます。アカウント同様、日本で普段使っているクレジットカードで大丈夫です。(VISA,MasterCard,JCBと、ほとんどのカードが利用できます)

入力後「Add your card」でカードを登録し、「Continue」に進みます。

 

支払い方法の選択

購入手順説明

クレジットカードが認証されると支払い方法を聞かれますので、「My card is in Japanese Yen(JPY)」を選択し、日本円を利用しているということを明示します。

 

5.最終確認をする(注文確定)

購入手順説明

クレジットを入れなおしたことで配送先をもう一度聞かれる場合もありますが、もう一度確認ボタンを押せば問題ありません。これで終了です。最後の確認画面になります。

 

配送料も入れた最終金額が日本円で表示されます。表示価格がそのままクレジットの請求額になります。確認しましょう。

問題なければ震える手で「Place your order in JPY」をクリックすれば注文完了です。また、逆に言えばこれを押すまでは注文完了にならないので、ご安心ください。

 

問題発生、どうしよう。

さて、お気づきのかたもいるかと思いますが、説明画面の商品がお目当てのnew balanceの靴ではなくなっています。

何を隠そう、手続き中にこの画面に行き当たってしまったのです。

届かない問題

Sorry, this item can’t be shipped to your selected address.

そう、あの靴は日本への配送が不可の商品だったのです。

ちくしょう。ここまできて諦めるしか無いのか……。

ヤマザキOKコンピュータ
諦めるのはまだはやいよ!
慎平
ヤマちゃん! なにかいい方法ないかな?
ヤマザキOKコンピュータ
「代行輸入サービス」も試してみるといいよ!
慎平
「代行輸入サービス」……?

 

手の届かないがホントに届く、代行輸行サービス

Xボーダー

new balanceの靴を諦めきれない私は、「Xボーダー」というサイトにたどり着きました。

Xボーダーは海外(アメリカ)アマゾンの商品を簡単に購入できる代行輸入サービスです。日本語で商品を検索し、日本語で注文するだけというさっきまでの「海外アマゾン購入説明」が全部いらなくなるような超便利サービスです。

 

購入予定だったnew balanceの靴もちゃんと見つかりました。

new balance代行

合計金額
・13,074円

合計金額内訳
・商品価格 9,195円 ($74.93)
・国際送料 2,500円(0.93kg)
・Xボーダー手数料 1,379円

※2015.12時点の金額です
※円安の影響で商品価格が8080円($74.95)まで減少!(2016.04追記)

 

合計13,074円! 手数料や送料が引かれていますが、これでも元の14,978円に比べると2,000円弱も安くなりましたね!

 

Amazon.comでの個人輸入のリスク

ひどい梱包

破格で購入できる海外Amazonですが、リスクもあります。

商品到着後に初期不良などがあった場合に、海外の売り手が返品交換を受け付けてくれない場合があるのです。

また、現地の梱包が日本と比べると雑であり、商品が破損していることもまれにあります。海外からの発送による、商品が保証されないリスクがあるのです。

問い合わせようにも発送先は英語圏なので、言葉の壁も立ちはだかります。

 

しかしさきほどご紹介した「Xボーダー」で代行購入した商品は現地の日本人スタッフによって丁寧に検品・梱包されるため、配送による破損のリスクが激減します。

またその後の売り手(アマゾン)とのやり取りや配送手配は、全てXボーダーが代行してくれます。英語が苦手な方や煩雑な手間を省きたい方など、私のようなズボラニスタにはもってこいのサービスなのです。

 

Xボーダー

さらに「商品保証制度」があり、初期不良の場合は商品金額をXボーダー側が負担(返金)してくれます。

個人輸入のリスクを一手に引き受けてくれるサービスなんですね。

慎平
国際送料や国際手数料が通常よりも割高ではありますが、日本人スタッフに依る丁寧な梱包ということで、納得できなくはないと思います。そもそも並行輸入品を買うよりも2,000円ほど安いですしね。

選択肢の一つとしては十分考えられるサービスだと思いました。

>> Xボーダーはこちらから。
 

今回のまとめ

間違いなく世界最大級のECサイトであるアマゾン。取扱商品数は1億をゆうに超えます。

世界最大で最も利用されているECサイトと言っても過言ではないでしょう。そんなAmazonをこれまで以上に安く利用できるのであれば、そうしない手はありませんね。

 

いろいろな種類のnew balance

安いだけではなく、海外のAmazonには日本ではあまりお目にかけないひと味違った商品も多く取り揃えています。

他の人と被りたくない。個性的でいたい。他の人との差別化を図ることも、生存戦略的にいえば立派なサバイブ人なのではないでしょうか?(どうだろう

 

慎平
なんて小難しいことはいいですね。とにかく安くてイカしたnew balanceの靴を海外アマゾンで買おうぜ!

私からは以上です。Can you survive?

ABOUTこの記事を書いた人

松本 慎平

編集者/新卒でITコンサル会社に就職。ある朝「もうすぐ30歳だけど、ちゃんと将来設計あるの?」と自問自答を始めて嘔吐・下痢を繰り返す。その後、経済的自立を求め、実学を会得する記事を書くためサバイブにジョイン(ジョインって使いたがる輩にろくな奴はいない)。尊敬する作家は金城一紀。ファイナンシャルプランナーで弓道初段です。

▼詳しいプロフィール

▼過去に書いた記事

▼フォローすると気取った文章が読めるFacebook