バイト辞める前に安室ちゃんから聴きなおせ|副業と独立についてヤマコンが考察

「バイトやめて何か始めたいけど、何したら良いかわからない。」
そんな質問に、速すぎる男、ヤマザキOKコンピュータ(投資家)がお答えします。

ヤマザキOKコンピュータのコラム
「時速1500kmの安全運転」
これは“サバイブの鉄砲玉”、“速すぎる男”など、スピーディーな異名を持つ筆者が、読者からの質問に対する回答や日頃思ったことをボヤき続けるコラムコーナーである。

バイト辞めたい・何か始めたい

寄せられた質問

「瀬戸内海の離島に住んでる友人がバイトやめて在宅の仕事もしくは何か始めたいと言ってるんですが、オススメの仕事、もしくはアイデアがあれば教えてください」

先日、ツイッターに質問箱を設置した際に頂いた質問である。

これに対する筆者の答えはタイトルにある通り。
「バイト辞める前に、安室ちゃんから聴きなおせ」である。

バイトを辞めても時間しか増えない

夢なんて見るモンじゃない
語るモンじゃない
叶えるものだから
誰も止められない、暴れ出した欲望!!

ーーー安室奈美恵/Chase the Chance

何か始めたいけど何したらいいかわからない
この気持ちはすごくよくわかる。

でも、何か始めるのとバイト辞めるのはあんまり関係ないので、そこは切り離して考えていただきたい。

現に筆者ヤマザキは会社員としてサバイブの運営をやりながら、個人的に他のサイト運営に関わったり、雑誌に投資の記事を書いたり、イベントで喋ったりもするし、通販サイトも作ったりする。
あと株取引もするし、グラフィックアートや音楽も作る。

それでも毎日8時間くらい眠れるし、ライフワーク的にバンド活動も続けてて、先日CDも出した。
先週なんか本を10冊も読んじゃった。えらい。

まだ新しいことを始める余裕がありそうなので、今年は本を書くか、先生になるかで考え中。

何か始めるってワクワクする。だからたくさん始めちゃう。
まさに暴れ出した欲望!!

このワードいいな。プロフィールに入れてみよう。

サバイブの暴れ出した欲望……
ヤマザキOKコンピュータ

88年生まれ東京育ちの個人投資家。バンドと会社は東京だけど、福岡に住んでます。
投資とパンクを両立した生き方で記事を執筆。
趣味は音楽と染髪と盆栽作り。文章書くのも楽しい。
FacebookTwitter質問箱
フォロー歓迎

時間を作る前に商品を作る

何かを始めるのに必要なのは「時間」じゃなくて「商品」
何をやれば良いかわからない段階でバイトを辞めるというのは賛成できない。

「商品」は物でも良いし、技術でも、情報でも、何でも良い。
ミニスカートの販売でも良いし、厚底ブーツの修理でも良いし、細眉にしてあげるサービスでも良い。
ただし、ある程度売れるところまで育てなきゃいけない。

ほとんどの人は、時間はあるけど、商品は持っていない。
でも、会社員やアルバイトとして経営者に「労働力」を売ることで生計を立てることができる。

労働力は時間とボディとソウルである

カール・マルクスの「資本論」っていう本に書いてあったけど
労働力は時間と体力と気力を組み合わせれば、健康な人間ならば誰でも作り出せる。

つまり、基本的には
労働力=時間×ボディアンドソウルである。

Body & Soul 太陽浴びて
Body & Soul 踊り出そうよ
同じステップの毎日じゃ生きてる事さえ
忘れちゃうそれじゃ張りがない!
Body & Soul!!!

ーーーSPEED/Body & Soul

会社員と経営者の違い

SPEED、それはマルクス。
この曲を一回聴くと、あの恐ろしく分厚い「資本論」を一回読んだのと同じことになるので、流しっぱなしにして寝ると良い。確証はない。

勘の良い読者は気づいているかもしれないが、安室ちゃんもSPEEDも、沖縄アクターズスクールの出身だ。
生命がアフリカから広がったように、大事なものはみんな南からやってくる。

それはどうでも良いけど、人から生まれた労働力は、商品へと流れて価値になる。

ボディは暖かいところでしっかり寝て、栄養価の高い食事を摂れば回復するし、適度な運動で長持ちさせられる。
ソウルの部分は人それぞれだけど、酒飲んだり、映画見たり、おいしいものを食べたり、とにかく脳をセロトニンやベータエンドルフィンで満たすと良い。

理論上、これで労働力を生み出し続けることができる。

労働者は時間とボディとソウルで「労働力」を売る。

経営者は素材と労働力で「商品」を売る。

ここに大きな差がある。

余談:お給料は報酬じゃない

経営者は、労働者に労働力を継続的に提供してもらわないといけないので
「普通、この仕事をしていたらこれくらい疲れるはずなので、回復するにはこれくらいのお金がかかるだろう」
という金額をお給料として支払っている。

つまり、お給料=報酬というのは間違いで、
お給料=ボディアンドソウル回復にかかる経費のことと考えるのが妥当である。

これを報酬だと思って頑張りすぎると、1000万円もらうために2000万円相当の労働力を作ってしまったりする。
すると必然的にボディやソウルに赤字が出る。
「それじゃ張りがない!!」どころか、過労や鬱の原因となるので、読者のみなさんには気を付けていただきたい。

無理、無理、無理、無理!
ダメージ!ダメージ!

ーーーDA PUMP/if…

ここで注意したいのは、経営者が支払うのは「予想される回復費の平均額」だという点。

つまり、同じ年齢・勤続年数・職務内容だとしても
疲れにくい人や、お金を使わずに回復できる人に有利な仕組みだ。

テレビや流行に敏感な普通の人は、収入ー支出=プラスマイナスゼロになる可能性が高い。
逆に普通じゃない人はお金が貯まったり、足りなくなったりする。

特にローンを組んで家を建てたり、カネ・オンナ・クルマにハマると大変だ。
この軸には上には上がいる。いくらでも。

ここに劣等感を覚えると
劣等感→ストレス→出費→仕事頑張る→給料は5%も増えない→ボディかソウルに赤字が出るという流れが予想される。

【参考:賃金の内訳】
年齢・勤続給/10.5%
職務・能力給/34.5%
業績・成果給/4.4%
総合判断/50.7%
(平成28年 賃金事情等総合調査/厚生労働省)

逆に、焚き火・野鳥・マンホールで楽しめる私のような人間は必然的に利益が出やすい。ある意味高スペックなのかもしれない。

そう言えば、私がフリーターだった頃の年収は200万円程度だったが、年間70万円くらいは黒字が出ていた。
特にライブハウスは楽しかったから、ストレス解消の必要が全然なかった。実家に住んでたのも大きい。

仕事選びってこの辺のバランスの取り方がキモみたい。
収入の多寡だけ見ると赤字が出る。1000円かけて作ったラーメンを500円で売るくらい馬鹿らしい。

労働者も収入から経費(ボディとソウルの回復費)を引いた値を計算しなきゃいけない。

ちょっと本題からズレてきたので、一回安室ちゃん挟んで本題に戻ろう。

教えこまれた協調性!
イイ子はイイ子にしかなれないよ
もうどうしようもないビンビン来てる
Just Chase the Chance!!

ーーー安室奈美恵/Chase the Chance

副業や独立のための商品を持とう

前項で解説したとおり、SPEED(またの名をマルクス)の理論では
給料=報酬の式は成り立たない。

もし長時間働いたとしても、回復に必要な食費や家賃ってそんなに変わらない。
だから1日に16時間働いてる人が8時間の人の2倍お給料をもらえるわけではない。

中には「サービス残業」をしてしまう人もいる。

その点、商品の売上で出た利益限りなく報酬に近い。
16個売れたときの利益は8個売れたときの倍か、それ以上になる。

その代わり賃金のような最低保証がないので、生活が成り立つかはやってみるまでわからない。
基本的には時給制のバイトや、基本給設定のある会社員をやりながら副業として育てていくことをおすすめする。

バイトを辞めるのは
仮説を立てて、試して、実証して、生活の見込みが立ったあと。
邪魔になったら辞めれば良い。

商品を手に入れる方法

問題は商品を手に入れる方法
でもこれは意外と簡単だった。

例えば筆者の場合、
・サイト制作
・記事制作のノウハウ
・資産運用のノウハウ
・通販サイト制作/運営
・グラフィックアート/デザイン
ほかにもいくつか持っている。

この中で明確に商品として手に入れたのは、25歳のときに覚えた「通販サイト制作/運営の技術」が1個目。

これは3人だけの小さい通販会社でバイトしたら、2か月で手に入った。簡単!

このとき、狙って小さな会社に入ったが、これがよかった。

何か始めたいなら、たとえ給料が安くても小さな会社に入ることをおすすめする。

例えば、もし世界一の通販会社Amazon に入社していたら、3倍のお給料がもらえたかもしれないし、家族も安心してくれたかもしれない。

その代わり商品ゲットまでの道のりは遠い。
会社がでかい分、仕事内容が細かく分担されているためである。

5年後には梱包の達人になれるかもしれないけど、この技術はいくら洗練されたところで「何か始める」には足らない。

でも小さな通販会社に入ったら
・仕入れ
・サイト制作
・集客
・商品管理
・注文管理
・メール対応
・梱包
・発送
まで、全部体験できる。
ひとつひとつが下手くそでも、一通りできるようになれば今すぐに丸パクリできる。

筆者の場合は「よし、全部覚えたし、売るものを探す旅に出よう!」と思った翌日、たまたま中島なかじとタコス食べに行って、その流れで今の会社にいるんだけど。それはそれで良いよね。
いまの仕事は気に入っている。

こうして会社員をやるにしても、商品があると役に立つことが多い。
1個持つと読書や旅行の吸収濃度が変わるし、何を見ても売るイメージが湧きやすくなり、商品の数が雪だるま式にどんどん増える。

ヤマコンのおすすめは記事制作と通販サイト

筆者のいまの手持ち商品の中では、記事制作通販サイトのノウハウは幅広いかたにおすすめできる。
汎用性が非常に高く、他の商品の販売にも活かしやすい。
会社員としても役に立つことが多そうだ。

結論としては、何か始めたい人は収入や勤務時間よりも、自分の商品が増えるかどうかを軸に仕事を選ぶと良い。
安室ちゃんが言っていたのはきっとそういうことだ。

今回はそんな感じで。
次回は移住についてがテーマ!

最近東京から福岡に引っ越した筆者が、移住について考察!
ということで、引き続き質問も募集中。
ヤマザキOKコンピュータの質問箱 | Peing -質問箱-

それではまた!
Can You Celebrate?

サバイブ運営方針はこちら


関連記事

ヤマコン
何かはじめる前に、格安SIMと節税で自分の経費を抑えよう!

iDeCoとは|1万人にiDeCoを始めさせた男【イラストで解説】

2016.09.16

5分で選べる格安SIM比較|ヤス石田のおすすめMVNOはこれだ!

2018.10.04