LINE BITMAXとは?8つのメリット、始め方を解説

LINE BITMAXとは?8つのメリット、始め方を解説
【9月15日】LINE BITMAXに新規口座開設すると、現金3000円が即もらえるキャンペーン情報を追記しました
中島なかじ
2017年から仮想通貨(暗号資産)に投資している ※1 & 複数の取引所を利用している私が「LINE BITMAX」を使った感想やメリット・デメリットなどをわかりやすく紹介します。

画像つきの口座開設方法も載せているので「仮想通貨を買ってみたいけど、初めてで不安」という方のお力になれれば幸いです。

※1:といっても、興味本位で購入して寝かせていただけ。2021年から勉強と投資を再開

仮想通貨ビギナー:たかし
「LINEで、1円から仮想通貨が買える」って聞いたっす! それなら僕にもできそう。詳しく教えてほしいっす!
中島なかじ
LINE BITMAXは、玄人向けの難しい取引はできないけど、売り買いがめちゃカンタンにできて、画面もわかりやすいから仮想通貨デビューしたい人に超オススメ。

まず、ほかの取引所にはない良さから紹介していくね↓↓

この記事の著者、中島なかじのプロフィール



LINE BITMAXは、どんな仮想通貨取引所か? 8つのメリット

画像出典:https://www.bitmax.me

LINE BITMAXは、LINE(アプリ)でカンタンに取引ができる仮想通貨取引サービス。

LINEのグループ会社で、仮想通貨やブロックチェーン事業を展開する「LIME Xenesis株式会社」(旧:LVC株式会社)が運営しています。

※LINEが外国でサービスを行っている仮想通貨取引所「BITBOX」とは別物

LINE BITMAX|公式サイト

中島なかじ
LINE BITMAXは、金融庁から「決済資金法に基づく暗号資産交換業者登録」を受けています。

ネットに接続されていないコールドウォレットでユーザーの資産を管理しており、マルチシグによる運用管理を行い、仮想通貨を厳重に管理しています。

たかし
単語の意味はわかんないけど、セキュリティ体制が厳重だから安心して利用できるってことっすね。

1.LINEアカウントで仮想通貨を取引したり、保管できる

仮想通貨取引所のアプリをダウンロードしたり、ウォレットをつくって管理する必要がありません。

※LINEの「ウォレット」タブからアイコンをタップするだけでアクセスできる

LINE BITMAXを利用すると「LINE BITMAX Wallet」というウォレットが付与されます。

ビットコインやリンクなどの仮想通貨のほか、LINEのブロックチェーンを使ったNFTのアイテムを管理したり、NFT マーケットβで取引することも可能です。

LINE BITMAX NFTマーケットβの様子(資産性ミリオンアーサー)

NFTマーケットβの様子

マーケットで取引されているNFTの例:「ももクロメモリアルNFTトレーディングカード」、「資産性ミリオンアーサー」など
中島なかじ
「NFTをもらうために(LINE BITMAXの口座は開設してないけど)LINE BITMAX Walletだけ持ってる」って人もいるかも。

私も、いくつかのNFTがウォレットに入ってます。

たかし
しくみはわからないけど「NFT」といえば、トレンドワードっすよね。僕もほしいっす!

2.様々な仮想通貨を「1円」から購入できる

LINE BITMAXの取り扱い通貨

1.リンク【LN】
2.ビットコイン【BTC】
3.イーサリアム【ETH】
4.リップル【XRP】
5.ビットコインキャッシュ【BCH】
6.ライトコイン【LTC】

中島なかじ
中でもリンクは、LINEがつくった仮想通貨(暗号資産)。購入できるのは、LINE BITMAXだけ!

どんな仮想通貨か、どのように使われているかはあとで説明するね。

1円から購入できるので、少額からでも仮想通貨投資を始められて、好きなタイミングでちょいちょい買い足せます。

3.手数料無料で即時入金できる

入金手数料として数百円取られる取引所もある&入金のタイミングが遅い場合もあるので、コスト(手数料)をかけず、欲しいタイミングで即、仮想通貨が買えることは大きなメリットです。

LINE BITMAXは、LINE Payから無料で即時入金できる
中島なかじ
入金方法は「銀行振込」と「LINE Pay」があって、LINE Payを使うと(LINE Payに連携した銀行から)無料で即時入金できる。

超便利なので、やり方をあとで詳しく紹介しますね。

4.LINEの仮想通貨リンク【LN】が買える唯一の取引所

LINKは、LINE独自の暗号資産

画像出典:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3340

リンク【LN】とは、LINEが独自開発するブロックチェーン「LINE Blockchain」(以下、LINEブロックチェーン)で使用される暗号資産(仮想通貨)。

※仮想通貨「チェーンリンク【LINK】」とは(名前は似てるけど)別物

LINE BITMAXで購入できるほか、サービスに貢献したユーザーにインセンティブとして付与されることもあります。また、LINE BITMAXで日本円に交換(換金)できます。

※LINE PayやLINE証券などの利用でリンクがもらえる(ポイント制度のような)「LINKリワード」というプログラムもある

今後は、LINE関連のさまざまなサービスで、購入や送金、ゲーム内取引などにリンクを使えるようになるそうです。

中島なかじ
LINEは、なんらかの価値を提供した人に適切なインセンティブ(リンク)が支払われて、サービスとユーザーが一緒に成長できる「LINEトークンエコノミー」構想を進めているそうです。

これからリンクを使ったり、もらったりする機会が増えそう。楽しみ!

LINEトークンエコノミーのイメージ図(丸いのがリンク)

画像出典:https://bitmax-mag.line.me/archives/23552489.html

【2月4日 追記】オンラインの買い物でリンクが使えるようになる!

2022年3月16日(水)から、LINE Pay上でリンクでの支払いが可能になる「LINK支払い」が提供されます。

まずは、一部のLINE Payオンライン加盟店で利用でき、LINK支払いに対して10%のLINKリワード還元特典(5000円/月まで)もあるとか!

中島なかじ
LINE Payでの決済に対応しているオンラインのサービスといえば、ZOZOや出前館、コミックシーモアなどがある。ここらへんで使えるといいな~。

 

たかし
リンクって、いくらで買えるんすか?
中島なかじ
LINE BITMAXで2020年8月から購入できたんだけど、当時は、1リンク=2500円台で、2022年2月4日現在だと1万4300円台

現在のリンクの価格(リアルタイム)

たかし
そ、そんなに値上がりしたんすか!? 夢がひろがりんぐ!!
中島なかじ
とはいえ、2021年3月末の最高値(3万7000円台)からは、ガクンと下がってるからね。

仮想通貨取引は価格変動の幅が大きくて、損失がでるケースもある。冷静に、自己判断で、余剰資金の少額から少しずつね。

※LINE BITMAXなら、1リンク以下でも日本円で1円分から購入できる

5.画面が超わかりやすいから、仮想通貨をカンタンに買える

LINE BITMAXの取引画面は超わかりやすい
中島なかじ
今まで4つの仮想通貨取引所を使ってきたけど、ダントツでわかりやすい。

チャート(株価を表すグラフ)に馴染みがないと、ほかの取引所は画面にたくさん情報があって一瞬不安になるけど、LINE BITMAXは余計な要素をそぎ落としてシンプルにしてるから、どこを見て触ればいいか迷わない。

最初の取引の前には、上記のように取引画面の説明画像も出てくるし、いちいち親切で助かるよ。

複雑な注文やレバレッジをかけた取引はできなくても、初心者にはめちゃやさしい。

最初に使う取引所(仮想通貨取引サービス)に最適だと思う。

たかし
画面見て迷わないのはありがたいっす! UIやUXが優れてるLINEならではっすね。

6.予約注文機能があり「買いたい・売りたい価格」で売買できる

画像出典:https://bitmax-mag.line.me/archives/28802392.html

予約注文機能とは、各種仮想通貨の「買いたい・売りたい価格」、数量、金額、有効期間の条件を事前に設定し、その価格に到達したときに自動で取引してくれる機能です。

中島なかじ
たとえば「1リンク=2万円台まで下がったら、5000円分購入したい」って注文を設定しておけば、その価格まで下がったタイミングで自動で購入してくれる。

ずっとチャートを見てられないし(取引が成立すれば)好きな価格で購入できるから、すごく便利だよ。

たかし
買いたい価格になるまで、ずっとLINEにかじりついてなくていいんすね!

7.「暗号通貨貸出サービス」がある

LINE BITMAXの暗号資産貸出サービス

保有する仮想通貨をLINE BITMAXに貸し出すと、数量や期間に応じて利息のような「賃借料」がもらえます。

最短で当日に返還できるので、価格が変動したときに貸出をやめてすぐ売ることも可能です。

暗号通貨貸出サービスの種類

変動期間型
→ 貸出開始日の翌日から賃借料が毎日発生する。最短当日、最長で7日間以内に返還を受けられる。賃借料は最大2.7%

固定期間型
→ 30日、60日、90日から貸付期間を選択する。賃借料は最大12%

中島なかじ
たとえば、1リンクを30日間貸し出すと、8%の賃借料がもらえる。

普通預金だったら1年で0.001%とかなのに、すごいよね。

私も仮想通貨のレンディング(貸出)をしてみたかったけど、DeFiは勉強不足だし、ハッキングが怖かった。

LINEのサービスなら短期間でカンタンに利用できるので、手を出しやすい。

※ただし「暗号資産貸出サービス」に預けたお金は、預金保険の対象外かつ分別管理の対象外なので、トラブルが起きたら戻ってこない可能性がある

8.口座開設が超カンタンでスピーディー

LINE BITMAXの「LINEでかんたん本人確認」

LINE BITMAXなら、スマホで本人確認書類を撮影すれば、すぐ本人確認ができ最短当日に取引できます。

LINE BITMAX|公式サイト

中島なかじ
申し込みには、5分かからなかった。

申し込んでる人数やタイミングにもよるけど、私の場合、本人確認にかかった時間は、4時間半程度。

口座開設方法はこのあと画像つきでやさしく紹介するね。

たかし
いいとこばっかじゃなくて、残念なところも知りたいっす!

強いて言うなら…… LINE BITMAXのデメリット4つ

1.日本円を出金するときの手数料が若干高い

LINE BITMAXは、日本円の入金手数料は無料ですが、出金には手数料が発生します。

日本円の出金手数料

LINE Pay:110円
銀行口座:400円

中島なかじ
LINE Payなら110円だけど、若干扱いにくいよね。

LINE Payに連携してる銀行に出金するには、さらに1回220円の手数料がかかるし。

2.売買手数料が無料でも、スプレッドがかかる(販売所だけなので幅が広い)

一般的な仮想通貨取引所には、仮想通貨取引所から仮想通貨を販売する「販売所」と、ユーザー同士で仮想通貨を売買する「取引所」があります。

LINE BITMAXには、販売所しかありません。

仮想通貨を購入する場合「スプレッド」という、仮想通貨取引所に払う実質的な手数料のようなものが発生します。

※スプレッドは、場が急変するときに大きくなる傾向がある。急騰時や急落時ではなく、価格が落ち着いているタイミング購入するとよい

中島なかじ
ふだん取引所で仮想通貨を購入している人は、スプレッドが広いことを嫌がるんだよね。

販売所から買うのはめちゃカンタンだからいいんだけど。

でも、LINE BITMAXの売買手数料は無料だよ。

たかし
とりあえず仮想通貨を買ってみたいので、カンタンに買えるほうがありがたいっす!

3.仮想通貨の出庫に関する手数料が高め

仮想通貨をほかのウォレットや取引所に移す場合、ビットコインの場合0.01BTC、イーサの場合、0.005ETHの手数料がかかります。

そのほかの手数料について詳しくはこちら↓↓

4.複雑な注文やレバレッジをかけた取引ができない

仮想通貨で利用できる注文方法は、仮想通貨取引所によって変わります。

LINE BITMAXは販売所形式でしか取引できず、逆指値注文やFXで使われているような複雑な注文はできません。

また、保有する資金の2倍や4倍の金額で取引する、レバレッジ取引はできません。

たかし
実際に持ってるお金の何倍もの額を動かすなんて、慣れてもやりたくないっす……

メリットとデメリット、だいたい理解できたっす! 仮想通貨を買ってみたいっす!

中島なかじ
よっし。それじゃあ口座開設しよう。

LINEアカウントを持っていて、日本在住の満20~75歳なら、誰でも利用できるよ。



【画像つき】LINE BITMAXの口座開設方法

1.スマホで公式サイトにアクセス

2.利用規約に同意

利用規約に目を通し、チェックを入れて「同意する」をタップします。

3.「お客さま情報」を入力

国籍や居住国、投資の目的、投資の経験などを入力します。

4.本人確認

LINE BITMAXの「LINEでかんたん本人確認」

仮想通貨取引サービスを利用する際「申し込みをした人が本人かどうか」を確認するための手続きがあります。

※事前にLINE Payのサービスで本人確認していれば、この手続きは不要

本人確認書類

・運転免許証
・マイナンバーカード
・在留カード
・運転経歴証明書
・特別永住者証明書
・日本政府発行のパスポート(2020年2月3日までに申請されたもの)

中島なかじ
LINE BITMAXは、スマホと上記の本人確認書類(のいずれか)があれば、カンタンに本人確認ができる。

①本人確認書類を撮影

画像出典:https://bitmax-mag.line.me/archives/15216188.html

まず、スマホのカメラで本人確認に使う身分証の表面、厚み、裏面を撮影します。

②インカメラで自分の顔を撮影

画像出典:https://bitmax-mag.line.me/archives/15216188.html

次に、スマホのインカメラでセルフィーを撮ります。顔の正面&顔を動かして撮影します。

③本人情報を入力

最後に、氏名、氏名のフリガナ、生年月日、住所、職業(例:非上場企業の会社員など)、利用目的(例:個人利用)を入力します。

入力内容に間違いがないか、しっかり確認しましょう。

中島なかじ
これだけで、申し込み完了! 私は5分もかからなかった。

本人確認審査が終わると口座開設が完了し、すぐに取引できます。

5.口座開設完了

LINEBITMAXは、本人確認が完了したらすぐ取引できる
中島なかじ
おめでとう!! これで仮想通貨が買えるよ!

ただ、こっから日本円を入金 → 仮想通貨を選ぶ → 仮想通貨を買う…… って説明すると長くなるから、次回(別の記事)にするね。

たかし
フォーーッ! たのしみっす!
中島なかじ
今なら仮想通貨がもらえるキャンペーンやってるから、口座開設だけでもやっておくといいよ↓↓

おトクなキャンペーン情報|今なら仮想通貨がもらえる

【9月15日追記】LINE BITMAXのサービス開始3周年を記念して、新規口座開設で現金3000円を即もらえるキャンペーンがはじまりました!

LINE BITMAX 3周年記念限定キャンペーン

LINE BITMAX 3周年記念キャンペーン

画像出典:https://www.bitmax.me/campaign/202209.html

キャンペーン期間:2022年9月15日(木)12:00~10月14日(金)11:59

期間中にビットマックスに口座開設するだけで、現金3000円が即日もらえます。

LINEBITMAXの口座開設キャンペーンで3000円もらえたスクショ

編集部のヤス石田.が3000円もらえたスクショ

仮想通貨を買ってもいいし、手数料はかかるけどLINE Payや銀行口座への出金も可能です。

中島なかじ
スマホで本人確認書類を撮影すれば、すぐ本人確認ができ最短当日に取引できます。

今すぐやるっきゃない!

LINE BITMAXの「LINEでかんたん本人確認」

ビットマックスは口座開設がカンタン

口座開設|LINE BITMAX 公式サイト

また、下記のミッションをクリアすると「うるせぇトリ」の限定NFTがもらえます(NFTはLINEのプロフィールにも設定可能。二次流通もできる予定)。

ミッション1:ビットマックスの口座開設

ミッション2:ビットマックスのLINE公式アカウントを友だち追加

ミッション3:3万円以上の暗号資産(仮想通貨)購入

ミッション4:1~3までのミッションクリアでもらえる

LINE BITMAX3周年記念キャンペーンでもらえたNFT

2種類のNFTが届いた

中島なかじ
私は、ミッション1と2をクリアしていたので2種類のNFTをゲットしました。

LINE BITMAX はじめてみようキャンペーン

画像出典:https://www.bitmax.me/campaign/20211118.html

中島なかじ
今ならカンタンなミッション達成で、最大690円相当のリンクがもらえる!
上限:最大690円相当のリンク

期間:2021年11月18日 12:00(木)~ 終了日未定

ミッション一覧

条件もらえるリンク
口座開設を完了100円相当
ショートカットを設定
ショートカットからアクセス
30円相当
価格通知設定30円相当
日本円を入金
→ 合計1万円以上
30円相当
仮想通貨を購入
→ 合計500円以上
50円相当
仮想通貨を売却
→ 合計1000円以上
50円相当
仮想通貨を購入
→ 合計5000円以上
100円相当
予約注文機能で
仮想通貨を購入
→ 合計1万円以上
300円相当

リンクのもらい方

LINE BITMAXはじめてみようキャンペーンの報酬の受け取り方

条件達成後に、LINE BITMAXのホーム画面にある「LINE BITMAX はじめてみようキャンペーン」バナーをタップすると「ミッション」ページが表示されます。

スクロールしてミッションごとに「プレゼントを受け取る」ボタンを押すと、口座に即リンクが付与されます。

中島なかじ
私も無料でリンクをもらえた!少額(少量)だけど、嬉しいよね。
たかし
買う前に仮想通貨が手に入るってラッキーっす! 早速やってみるっす!

LINE BITMAX|公式サイト

 

中島なかじ
次回は、日本円を入金して実際に1リンク買うまでの流れを解説します。
LINEの仮想通貨LINKの買い方&増やし方|BITMAX
たかし
たのしみっす!

国内で金融庁に登録されている、ほかの仮想通貨取引所も知りたい方はこちら↓↓

Can You Survive?

※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。

サバイブ運営方針はこちら

ABOUTこの記事を書いた人

Avatar photo

親の破産、多額の奨学金(740万円)、25万円貸したままフラれる……など【お金で悩む人生】から抜け出すため、お金の使い方や増やし方を勉強している。2級FP技能士。

格安SIMなどの生活インフラの乗り換えで、年間10万円以上の節約に成功。
iDeCoとつみたてNISAで資産運用、IPO株で投資中。【Twitter】@nakaji_55