仮想通貨の取引所と販売所の違いは?初心者にわかりやすく解説

たかし
ナカモトさん、仮想通貨(暗号資産)の取引所と販売所って何が違うんすか? ビットコインを買おうと思ったら購入できる場所が2つもあって出鼻くじかれたっす。
ブロックチェーンに詳しいナカモトさん
仮想通貨は、「取引所」と「販売所」を介して購入することができますが、それぞれに特徴やメリット、デメリットがあります。

仮想通貨を購入する前に、両者の違いは理解しておいたほうがいいですよ。それでは今回は、仮想通貨の取引所と販売所の違いを解説しましょう。

たかし
初心者のボクにもわかりやすくお願いします!

仮想通貨の取引所と販売所の違い

取引きする相手と購入方法が違う

ナカモトさん
まず、取引所と販売所では仮想通貨を取引きする相手が異なります
取引所:投資家同士の取引き
販売所:仮想通貨取引所との取引き

取引所では、コインチェックやビットフライヤーなどの仮想通貨取引所が提供する「板」と呼ばれる取引場所を介して仮想通貨を売りたい人から購入します。

どれくらいの価格でどれくらいの数がほしいのか注文して、その条件が売りたい人と一致すると購入できます。そのため、いくら仮想通貨がほしくても条件が合わなければ買うことはできません。

逆も然りで、自分が保有している仮想通貨を売りたい場合、その条件が買いたい人と一致しないと売ることはできません。

コインチェックの板取引

コインチェックの買い板・売り板

たかし
「板」というと、株取引きみたいなもんすか?
ナカモトさん
そうですね。証券会社で株を購入したことがある方は、割とスムーズに取引きできると思いますが、初心者の方はややハードルが高いかもしれません。

「成行注文」「指値注文」などの注文方法が選べるのも取引所の特徴のひとつです。

一方、販売所では、仮想通貨取引所が保有している仮想通貨を取引所が決めた価格で購入することができます。

コインチェックの販売所

コインチェックの販売所画面

取引所のように「売りたい人と条件が一致しないと購入できない」ということがないので、買いたいときにすぐに買えて、売りたいときにすぐに売ることができます

ナカモトさん
コインチェックなどの「業者と売買する」販売所はお店で商品を買うイメージ、「投資家同士で売買する」取引所はフリマで商品を買うイメージに近いかもしれません。

手数料が違う

たかし
なるほどっす。初心者のボクは販売所一択っすね! てか、買いたいときに確実に買えて、売りたいときに確実に売れる販売所以外の選択肢なくないすか?
ナカモトさん
たかし君、甘いですよ。取引所と販売所では見過ごせない大きな違いがあるんです。それは、手数料です。

仮想通貨取引所の販売所での取引手数料は基本的に無料になっていますが、スプレッドという実質的な手数料がかかります

たかし
スプレッド??

スプレッドとは、購入価格と売却価格の差のことです。たとえばコインチェックの販売所でのビットコインの価格が、

購入価格:725万7947円
売却価格:683万4100円

の場合、スプレッドは【購入価格 - 売却価格】になるので、

725万7947円 - 683万4100円 = 42万3847円

42万3847円がスプレッドになります。

たかし
ひえーっ!
ナカモトさん
この場合、42万3847円の値上がりを待たないと、利益を出すことができません。ビットコインは、かなり高騰しているのでスプレッドのインパクトも大きいですね。

取引所とくらべて、販売所の価格は売却価格よりも購入価格のほうが高く設定されています。そのため、仮想通貨を購入してすぐに売却するとスプレッドの分だけ損することになります。

たかし
たしかに見過ごせないっす……

少額の取引きや長期保有する場合はそれほど気になりませんが、短期売買を繰り返したり、高額の取引きになると負担が大きくなります。

取扱い通貨が違う

たかし
じゃあ、仮想通貨を買うなら取引所一択っすね!
ナカモトさん
たかし君、まだまだ甘いですね。仮想通貨取引所にもよりますが、仮想通貨のなかには、販売所だけで扱っていて取引所では扱っていない通貨があるんです。取引所で購入できる仮想通貨は意外とかぎられているんですよ。

たとえばコインチェックの場合、取扱通貨数は17通貨ですが、取引所で購入できるのはわずか5通貨だけです。

コインチェック 取引所の取扱通貨
・ビットコイン 「BTC」
・ファクトム 「FCT」
・イーサリアムクラシック 「ETC」
・モナコイン 「MONA」
・パレットトークン 「PLT」

コインチェック 販売所の取扱通貨
・ビットコイン 「BTC」
・イーサリアム 「ETH」
・イーサリアムクラシック 「ETC」
・リスク 「LSK」
・ファクトム 「FCT」
・リップル 「XRP」
・ネム 「XEM」
・ライトコイン 「LTC」
・ビットコインキャッシュ 「BCH」
・モナコイン 「MONA」
・ステラルーメン 「XLM」
・クアンタム 「QTUM」
・ベーシックアテンショントークン 「BAT」
・アイオーエスティー 「IOST」
・エンジンコイン 「ENJ」
・オーエムジー 「OMG」

ビットフライヤーにいたっては、取扱通貨数は13通貨ですが、取引所で購入できるのはビットコインだけで、12種類のアルトコインは販売所でしか購入できません。

たかし
なるほどー。
仮想通貨取引所選びは、買いたい通貨が取引所で扱っているかどうかもチェックしたほうがいいんすね。

取引所と販売所のメリット・デメリット

ナカモトさん
取引所と販売所のメリット・デメリットをまとめてみましょう。

取引所のメリット・デメリット

メリット
・手数料が安い
・「成行注文」「指値注文」など注文方法が選べる
・自分が購入したい価格で購入できる

デメリット
・投資家同士の取引きになるので気軽に購入できない
・取扱い通貨が少ない

販売所のメリット・デメリット

メリット
・購入したいときにかんたんに購入できる
・販売所でしか購入できない通貨がある

デメリット
・手数料(スプレッド)が高い

まとめ

仮想通貨を投資目的で買う場合、なるべく安い価格で買って、なるべく高い価格で売る必要があるので、基本的には取引所から購入したほうがいいです。

ナカモトさん
初心者の方が取引所で購入するのは少しハードルが高いかもしれませんが、まずは少額からチャレンジしてみてください。
たかし
なるほどっす!

ただし、ほしいアルトコインが販売所でしか取り扱っていない場合は、販売所で購入するしかありません。そういった観点からも仮想通貨取引所の口座は3つくらい開設しておくといいかもしれませんね。

ナカモトさん
仮想通貨取引所8社を取引通貨や手数料、キャンペーンなどで比較しました。こちらもチェックしてみてくださいね。

 

それでは、Can you survive?
※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。
サバイブ運営方針はこちら

スポンサーリンク