ユーロ両替手数料をお得にする男|成田空港突撃編

外貨両替手数料を最小限に抑えるにはマネーパートナーズを利用するのが一番。
そこで、実際に成田空港に行ってお得に100ユーロ両替してきました!

マネーパートナーズを使って成田空港でユーロに両替した男
※昨日「魁!!男塾」を読んだ影響でこういう画像作りたくなっただけで特に意味はありません。

ヤマザキOKコンピュータ
こんにちは、ヤマザキOKコンピュータです!

以前の記事、
外貨両替手数料が一番お得なマネーパートナーズで両替した男
では、お得に外貨両替する方法をご紹介し、実際に100ドル両替して羽田空港で受け取ってきました。

マネーパートナーズ(以下、マネパ)を実際に使ってみたところ
手数料が安い割に意外と簡単に両替できたので、もっと皆さんにオススメしたいと思います。

海外旅行といえば成田空港!

ヤマザキOKコンピュータ
ということで、今回は成田空港で100ユーロの両替に挑戦します!

ユーロについて

外貨両替手数料比較ユーロ編

ユーロは世界でも珍しい、国境を越えて利用できる通貨です。

2015年現在では、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オランダ、ベルギー、ギリシャ、アイルランド、オーストリア、ポルトガル、エストニア、フィンランド、リトアニア、ラトビア、ルクセンブルグ、マルタ、キプロス、スロバキア、スロベニアの19ヵ国で公式通貨として認定されています。

米ドルの次にメジャーな通貨なので、安定感があり、外貨預金にも適した通貨です。
アメリカに不安があるときはユーロに流れるという特徴もあります。

ヨーロッパは海外旅行に行く機会も多い地域なので、ユーロを使ったことがある方も多いと思います。
一般的に外貨両替手数料は米ドルに比べて少し高めになります。

ユーロについてはこちらのサイトに分かりやすく解説しているコンテンツがあります。
>>ユーロ/EURとは?|FXレバレッジワン

外貨両替手数料の比較

まずはおさらい。

マネーパートナーズは日本の大手FX会社です。
基本的には外国為替取引を取り扱う会社ですが、そのついでにやっている外貨両替サービスがとてもお得!

それでは、銀行で外貨両替した場合マネパで外貨両替した場合、手数料にどれほどの差が出るのでしょうか。
比較してみました。

両替所 円/ユーロの手数料 10万円分両替した手数料
大手銀行 4円 2877円
郵便局 4円 2877円
大黒屋 4円 2877円
空港両替店 4円~ 2877円~
マネパ 0.2円+固定で500円 647円(147+500)

(1ユーロ=135円で計算)

10万円をユーロに換金した場合の手数料の差は約2230円(1ユーロ=135円の場合)。

ヤマザキOKコンピュータ
ドイツやベルギーなら1泊10ユーロ前後の安宿も全然あります!
両替手数料が安くなれば1泊延長出来るかも!

海外留学生の親御さんや海外出張の多いビジネスマン、日本にいる外国人の皆さんなど
長い目で見れば100万円も200万円も両替している方、多いと思います。

たくさん外貨両替する必要のある方々はもっと多くの手数料を払っています!

マネパで手数料を抑えれば、その分もっと贅沢できるかもしれません。

マネーパートナーズのメリット

・銀行や両替所に比べて圧倒的に手数料が安い。

・FX口座は開設費、維持費、管理費がかからない。

・空港でほぼ並ばずに両替できる。

為替レートがお得な時間を見計らって両替できる。

何といっても最大のメリットはコストの安さです。
両替にはマネパの口座開設が必要ですが、開設費・維持費・管理費、全てゼロ円。余計な出費は一切ないので安心です。

ただし、最小ロットが決まっているため(100通貨単位)、銀行や両替店と違って
「1000円分両替して!」といった使い方はできません。

手順のおさらい

1.PCやスマホからマネーパートナーズの公式サイトから口座を開設する。
>> マネーパートナーズの公式サイトはこちら

2.数日後に届く書類を参考にログインし、自分が換金したい金額を入金する。

3.PC上で外貨両替手続きをする。

4.空港に取りに行く。

詳しいやり方は以前の記事
外貨両替手数料が一番お得なマネーパートナーズで両替した男
にて、僕が両替した時の手順を掲載していますのでご参照ください。

成田空港で外貨両替する

マネパで両替した外貨を直接受け取れる空港は、
羽田空港
成田空港(第1、第2)
関西国際空港
中部国際空港
の4つ!

今回は、事前に成田空港第2ターミナル100ユーロを受け取る手続きをしておきました。

FXで外貨両替の手続き

こんな感じのメールが届きます(画像は一部加工してあります)。

では、早速成田空港に行ってみましょう!

東京から成田空港に行くなら東京シャトル

都心近くにお住まいの方は東京駅から京成高速バス(東京シャトル)に乗って行く方法がおすすめ!

東京駅-成田空港
●特急電車(成田エクスプレス)=59分/2940円

●電車(快速エアポート成田)=90分/1280円

●高速バス(東京シャトル)=60分前後/900円(予約料金)
予約なしの場合は1000円になりますが、それでも充分格安ですね!

東京成田バス乗り場

成田空港第1ターミナル編

成田空港第1ターミナルにバスで到着
ヤマザキOKコンピュータ
はいとうちゃ~く!

成田空港第一ターミナルは、ANAを中心とした様々な国際線の発着ターミナルです。

では、受け渡し場所の成田空港第1ターミナルB1Fへ向かいましょう。
(成田空港第2ターミナルから飛行機に乗る予定の方はこちら。)

成田空港第1ターミナルで外貨両替

空港のビルに入り、下りのエレベーターまたはエスカレーターに乗って、B1Fへ。鉄道方面へ進むとすぐに見つかります。

電車の場合成田空港駅で下車し、改札を通ると既にB1Fです。そこからまっすぐ前の、とても分かりやすいところにあります。

成田空港の京成たびるーむはマネーパートナーズの受け取り場所
マネーパートナーズの空港で外貨受け取りサービス

ヤマザキOKコンピュータ
大体こんな感じです。
僕は中央ビル方面から階段を下ってきました。

成田空港第2ターミナル編

成田空港第2ターミナルはJALを中心に様々な国内線と国際線の発着ターミナルとなっています。

僕が大好きなジェットスターの国内線もここから出てます!

バスで成田空港第2ターミナルに到着

電車の場合は空港第2ビル駅で下車します。

バスの場合は第2旅客ターミナルに入り、B1Fを目指して下りのエスカレーターに乗ります。

空港第二ビルでお得に外貨両替

成田空港第2ターミナルのB1Fは割と狭いので、すぐに見つけることが出来ました。

特に、電車で来た場合は目の前にあるので、迷うことはないと思います。

万が一迷ってしまった場合も、案内所の方なら「京成たびるーむ」と言えばわかるので、気軽に聞いてみましょう。

京成たびるーむでマネパの両替をする
ヤマザキOKコンピュータ
電車や車で来た場合は必ず通るようなところにありました!

ユーロの受け取り方

マネーパートナーズの外貨受け取りカウンター
ヤマザキOKコンピュータ
前回行った羽田空港よりもさらに分かりやすい位置にありました!
地図も必要ないかもしれないです。

受付の方に「マネーパートナーズの受け取りです。」と伝えると、前回同様まったく並ばずに案内されました。

受付番号とフルネームを記入し、数分待つと密閉された封筒に入ったユーロを手渡されます。

マネパの外貨受け取りサービスで受け取った100ユーロ

その場で枚数を確認し、受け取り完了となります。事前の手続きさえ済ませてしまえば、意外と手間なく進みます。

ここでもう一度、外貨両替手数料を比較してみましょう。

マネパの手数料は「500円+1ユーロあたり0.2円」なので、今回かかった手数料は520円。

銀行や郵便局で両替した場合は「1ユーロ×4円」が相場。100ユーロの両替では400円となります。

200ユーロではマネパ=540円、銀行=800円。

つまり、200ユーロ以上両替するならマネパの方がお得です。

ヤマザキOKコンピュータ
ってことは今回は損したのか……。

まとめ

エコノミーの飛行機に乗って行った海外で高いブランド品やお土産を買う人もいれば、
飛行機はビジネスクラスに乗るけど現地では贅沢しないという人もいます。

何に価値を感じてどこにお金を使うのかは人それぞれ。

しかし、外貨両替の場合は、高い手数料を払っても、安い手数料で済ませても、全く同じ価値のお金を買うことになります。

それならばマネーパートナーズでお得に両替し、その浮いたお金で現地で贅沢する方が賢い選択ではないでしょうか。

>> マネーパートナーズの公式サイトはこちら

このままヨーロッパまで行きたい気分ですが
撮影した写真とレポートを整理するために急いでオフィスに戻らなければなりません。

ヤマザキOKコンピュータ
まあいいや。展望デッキいこ。

というわけで、今回は「ユーロ両替の手数料をお得にする術~成田空港突撃編~」でした!

それでは、
Can you survive?

成田空港でお得にユーロに両替した男

羽田空港編はこちら!

ユーロ両替手数料をお得にする男|成田空港突撃編

2015.09.01

香港ドルは両替せずにATMで引き落とすのがお得!

香港ドルをお得に両替する男|空港や重慶マンションよりおすすめな方法

2016.06.03

パスポートの更新のしかたはこちら!

パスポート更新の申請をしてきた!必要書類と発行までの期間

2016.05.12