IPO株とは?勝率約9割のIPOのリスクと仕組みをわかりやすく

IPO株(新規公開株)はここ2年間、勝率8割以上をキープしています。
買えば儲かるこの株にリスクはあるのでしょうか?

IPOとは IPO株とは
ヤマザキOKコンピュータ
まいど、投資マニアのヤマザキOKコンピュータです。

2015年のIPO株の勝率は、なんと89.1%!

ちなみに私は100万円の元手で運用を始め、半年で63万9,400円の利益が出ました(リート含む)。

株と言えば大損したり、借金したり、危険なイメージが付きまといます。

そんな中、10回買ったら9回儲かる株なんて、そんなうまい話が本当にあるのでしょうか。

どういった仕組みになっているのか、わかりやすく説明します。

IPO株とは

そもそもIPO株とは、「Initial(最初の)Public(公開の)Offering(売り物)」の略称で、新規公開株のこと。

世の中の多くの株式会社は、より大きな利益を求めて株式上場を目指しています。

法律を守り、財務状況や経営体制が健全で、尚且つ資産や利益の基準を満たした会社は証券取引所から「上場して良い」という許可をもらいます。新規上場が約束された株式は上場前に情報が公開され、上場直前に購入予約を受付開始します。

この上場前の期間に予約して買う株のことをIPO株と言います。

IPOとは新規公開株式のこと
ヤマザキOKコンピュータ
図にしてみました。
石田ヤス彦.
うわあ、株とカブ、絶対やると思った。
ヤマザキOKコンピュータ
うるさいなあ。

IPO株で儲かる仕組み

株価は基本的に需要と供給のバランスで決定します。
多くの人が欲しがれば高値が付き、逆に手放したい人が増えれば安値となります。

ところが、IPO株に関しては話が別。IPO株は予約受付の直前に公募価格が付けられます。

IPO株は基本的に決まった枚数を売り切らなければならないため、公募価格は実際に予想される株の初値よりも安値が付くことが多いのです。

ヤマザキOKコンピュータ
つまり、株は発売前に予約すれば割安で買うことが出来るのです。

2015年に新規上場した92社のうち、82社で公募価格を上回る初値がつきました。

つまり、IPO株を予約して上場日に売った場合、89.1%の確率で儲かったということになります。

ヤマザキOKコンピュータ
ドカベンこと山田太郎の打率7.5割を超える勝率!IPO株すげー!
石田ヤス彦.
その例え必要?

IPO株のリスク

IPO株も株式投資なので、ある程度のリスクがあります。

上に述べた通り、2015年に上場した92社のうち82社は初値が公募価格を上回りました。
そして、公募価格=初値となったのは2社のみ。

つまり、残りの8社初値が公募価格を下回ったということになります。

「公募価格>初値」の株をIPOで購入し、上場当日の朝に売った場合は損をしてしまいます。

IPO株は勝率が高いというだけで、必ず儲かるわけではないのでご注意ください。

2015年に公募価格以下の初値を付けたIPO銘柄8社はこちら

銘柄名公募初値損益
RS Technologies2750円2100円-6万5000円
サンバイオ2000円1710円-2万9000円
シーアールイー3620円3355円-2万6500円
デクセリアルズ1600円1550円-5000円
土木管理総合試験所1250円1220円-3000円
メタップス3300円3040円-2万6000円
グリーンペプタイド450円414円-3600円
ベルシステム24ホールディングス1555円1478円-7700円
ヤマザキOKコンピュータ
ちなみに私は土木管理総合試験所とデクセリアルズに当選し、見事に2連敗しています!
石田ヤス彦.
えっ!予想できなかったの?
ヤマザキOKコンピュータ
2社とも会社自体は良い感じだったので抽選参加したのですが、突如起きた「世界同時株安」など様々な影響を受けての赤字です。
雑誌やインターネットなどの前評判を集めてある程度は予想できるのですが、上場する瞬間まで何が起きるか本当にわからないのがIPO!油断は禁物です。

IPO株の買い方

ヤマザキOKコンピュータ
リスクがあることを踏まえた上で挑戦してみたいというあなたに、IPO株の買い方をレクチャーします!
IPO株は証券会社を通して購入するため、証券口座を持っていなければ購入できません。

また、上場する銘柄によって取り扱う証券会社が違うので注意が必要です。

例えば、私が2015年9月に当選した「ブランジスタ」という会社のIPO株は

  • 大和証券 168万株
  • SBI証券 72万株
  • この2つの証券会社しか取り扱っていなかったので、他の証券会社から買うことは出来ません。

    証券会社は日本国内で上場している会社だけでも20社以上。

    どの証券会社からいつ申し込めばいいのかは、当サイトの姉妹サイトIPOサバイバルなどのIPO情報サイトを利用して調べておきましょう。

    他にも
    上場予定日
    ブックビルディング期間(抽選申し込み期間)
    公募価格
    会社概要
    といった情報は最低限必要となります。

    これらを調べた上で購入するか考え、申し込みましょう。

    IPO株は抽選制

    IPO株の枚数には限りがあり、その多くは証券会社の店頭で裁量分配という独特のシステムで売られています。

    我々のように平日の日中仕事をしている会社員には、証券会社に直接行って取引するのはなかなか厳しいです。

    ヤマザキOKコンピュータ
    そこで私はネット証券を利用しています。

    上で例に挙げたブランジスタも大和証券のオンライントレードで応募・購入しました。

    大和証券の場合は85%が裁量配分で15%が抽選配分とされています。

    私のように資金も時間もない人が手を出せるのはこの15%の抽選配分のみ。

    ブランジスタならば168万株の15%=25万2000株を抽選でみんなで分ける形となります。

    また、IPO株は基本的に1口座につき100株しか購入できません(例外あり)。

    100株未満を購入することもできないので、公募価格が450円のブランジスタ株は450円×100株で4万5000円必要

    もし初値が500円なら5000円の儲け
    初値400円なら5000円の損失となります。

    ヤマザキOKコンピュータ
    実際に私は634円で売れたので、そこから手数料と税金を引いて、1万4667円の儲けとなりました。
    石田ヤス彦.
    じーっ
    ヤマザキOKコンピュータ
    何もおごりませんよ。

    どれくらい儲かるの?

    IPO株で儲かった金額

    上述の通り、私が当選したブランジスタ株は1万4667円の儲けでした。
    では、他のIPO株はどうだったのでしょうか?

    IPO 2015年のトップ3

    2015年に上場した株を初値で売却した場合の利益額で比べたTOP3はこちら!

    1位 ネオジャパン
    2900円→116万5000円
    利益59万5000円

    2位 エムケイシステム
    3500円→1万5120円
    利益116万2000円

    3位 アイビーシー
    2920円→1万250円
    利益73万3000円

    石田ヤス彦.
    ひゃ、ひゃくじゅうろくまん!!

    一発抽選に当たるだけで116万5000円の儲け。凄すぎます。

    ただし「初値が高い株」と「人気の株」はニアイコール。
    競争率も相当高かったことでしょう。

    ヤマザキOKコンピュータ
    私はこのTOP3全てに応募していましたが、全て外れました!

    ヤマザキの2015年のIPO成績についてはこちらの記事をご覧ください。

    100万円でIPO株を始めた結果…半年で約64万円の利益!

    2016.01.02

    IPO 2015年のワースト3

    上場した92社のうち8社は初値でマイナスを付けました。
    では一体どれくらい損したのでしょうか。

    1位 RS Technologies
    2750円→2100円
    損失6万5000円

    2位 サンバイオ
    2000円→1710円
    損失2万9000円

    3位 シーアールイー
    3620円→3355円
    損失2万6500円

    石田ヤス彦.
    あれ?トップ3に比べてワースト3は数字が小さいね。
    ヤマザキOKコンピュータ
    お、ヤスさんたまには良いところに気が付きますね。
    石田ヤス彦.
    ……。

    株と言えば大損・借金といった悪いイメージがありますが、そもそもIPO株は借金して買うようなものではないので、「10万のIPO株を買って20万損する」といったことはあり得ません。

    ただし、初値が低い株は人気もなく当選しやすいので、いくつもの証券会社で当選した場合は注意が必要です。

    RS Technologiesを1口座から購入した人は6万5000円の損ですが、3つの証券会社から購入申し込みしていた人は6万5000円×3=19万5000円の損となってしまいます。

    抽選参加まではノーリスクなのでいくら参加してもかまいませんが、購入申し込みはあくまでも慎重に行いましょう。

    ヤマザキOKコンピュータ
    上でも述べたように、私はデクセリアルズ(-5000円)と土木管理総合試験所(-3000円)
    に当選しています。
    ヤマザキOKコンピュータ
    やはり当選しやすい株はマイナス初値になる可能性が高いようですね。

    IPO株に当選するために

    IPO株の仕組み 図解
    どこが主幹事(しゅかんじ:その会社の株を最も多く割当てられた証券会社)をやっても良いように、複数の証券口座を開設した方が有利です。

    さらに、配偶者やお子さんの口座も作って抽選に参加すれば、当選確率が2倍、3倍と、人数分だけ上がっていきます。

    ヤマザキOKコンピュータ
    私は妻もいなければ子どももいないので一人で頑張っています。しくしく
    石田ヤス彦.
    出た、独身アピール。

    初心者はまずSBI証券から

    複数の口座から抽選参加するには、それぞれの口座にある程度の資金を入れておかなければならないので、元手が必要となります。

    また、投資の経験がない方は「いきなりいくつも口座を開くのは不安」と感じるかもしれません。

    そこで、初心者の方はまずIPO幹事数No.1のネット証券であるSBI証券の口座を開きましょう。

    2015年のIPO、92社のうち79社の幹事を務めました。約86%の銘柄の幹事をやっている、IPOユーザーに必須の証券口座です。

    先ほど挙げたTOP3、ネオジャパン、エムケイシステム、アイビーシーも取り扱っていました。

    >>>SBI証券

    SBI証券は幹事数が多いだけでなく、資金の少ないビギナーにとっても抽選に参加しやすいシステムをとっています。

    最低限の資金で複数のIPOの抽選に参加できる

    例えば、2015年12月に上場したビジョンアークン

    ビジョン(9416)
    仮条件価格:1800~2000円
    BB期間:2015/12/03 (木) ~ 2015/12/09 (水)
    公募価格決定:2015/12/10 (木)
    購入申込期間:2015/12/11 (金) ~ 2015/12/16 (水)
    上場予定日:2015/12/18 (金)
    幹事:みずほ証券・SBI証券・SMBC日興証券・その他
    アークン(3927)
    仮条件価格:1230~1360円
    BB期間:2015/12/03 (木) ~ 2015/12/09 (水)
    公募価格決定:2015/12/10 (木)
    購入申込期間:2015/12/11 (金) ~ 2015/12/16 (水)
    上場予定日:2015/12/21 (月)
    幹事:SMBC日興証券・SBI証券・岡三証券・その他

    この2銘柄はBB期間(抽選申込受付期間)が全く一緒でした。

    SMBC日興証券から2つ同時に抽選参加するには
    (2000円+1360円)× 100株=33万6000円を口座に用意する必要があります。

    ところがSBI証券は抽選参加しても資金を拘束されないので、口座に20万円入っていれば両方に応募することができます。

    上場ラッシュの際にも最低限のお金で色々な銘柄の抽選に参加できるので、資金が足りなくて泣く泣く見送るようなことが起きづらいという利点があります。

    IPOチャレンジポイントで再挑戦のチャンス

    また、SBI証券独自のサービスとして、抽選・配分に外れた回数に応じてIPOチャレンジポイントという得点がたまり、次回以降のIPO申し込み時にポイントを使用すると当選しやすくなります。

    IPOチャレンジポイントは当選した場合のみ消費されるので、外れても外れてもチャレンジポイントを利用して応募し続けていれば、超高倍率の銘柄にも当選する可能性が上がっていきます。

    先に挙げたような、1発100万円級の銘柄も250~350程度のポイントで当選したという話もあるので、ビッグチャンスが来るまでコツコツ続けていきましょう。

    >>>SBI証券について詳しくはこちら

    まとめ

    2014年のインフレ率は2.74%でした。

    日本の株価はどんどん上がっている一方で、私たちの貯金の価値は少しずつ下がっています。

    これからは自分の資産を守るには自分で行動しなければならない時代だと思っています。

    忙しい会社員でもローリスクで資産を増やすチャンスのあるIPO株は宝くじ感覚のギャンブルではなく、資産を守るための有効な手立てではないでしょうか。

    今回は「IPO株とは?勝率8割のIPOのリスクと仕組みをわかりやすく」ということで、IPO株についてサラッとご紹介しました。

    ★↓IPO株の始め方などの詳細は、編集長が書いたこの記事をご覧ください。

    IPOとは?|IPO株の当選確率を上げる買い方とは?

    2016.09.16

     

    今後もサラリーマンにも出来る資産運用テクニックをご紹介したいと思います。

    それでは、Can you survive?


    投資より貯金派の人に読んで欲しい記事

    銀行貯金では危険な時代!インフレリスクから資産を守るには

    2015.10.16

    2015年のヤマザキのIPO当落はこちら

    100万円でIPO株を始めた結果…半年で約64万円の利益!

    2016.01.02

    IPOとは?|IPO株の当選確率を上げる買い方とは?

    2016.09.16