JR九州/九州旅客鉄道(9142)株価 上場IPO初値予想結果

JR九州 上場 IPO

 

初値3100円(公募価格2600円の+19%:初値利益+5万円

初値についてのコメント

せいきゅん
いや~、上がったね! あざっす!! 

9時30分すぎに公募価格2600円より19.23%アップの3100円で寄りつき。その直後に3120円の高値をつけたけど、その後はダラダラと下がってしまったね。予想より高かったから、利益確定する人が多かったかもしれない。

それでも、非鉄道事業の可能性を考えるなら、時価総額4960億円(株価3100円場合)、PER 12.98倍も、割高感はないと思う。まだまだ成長の余地はあるんじゃないかな。

JR九州/九州旅客鉄道(9142)

JR九州/九州旅客鉄道(9142)の現在の株価(Yahoo!Japan ファイナンス)

 

★↓↓投資で一番確実に儲かるのはIPO株です↓↓★
IPOとは?|IPO株の当選確率を上げる買い方とは?

★↓↓岩崎のIPO当選成績と今年のIPOスケジュール★
IPOの勝率と当選成績|今年のIPOスケジュール

 

抽選結果(10月18日)

岩崎せいきゅん
JR九州(九州旅客鉄道)の抽選結果が出始めているね。
ヤマザキOKコンピュータ
三菱UFJモルガン・スタンレー証券に全財産を投入して勝負しましたが、100株の当選だけでした。
岩崎せいきゅん
僕も三菱UFJモルガン・スタンレー証券だけ当選した。

大和証券、SMBC日興証券、SBI証券、マネックス証券、岡三オンライン証券、むさし証券は外れ。

野村證券は補欠でしたが、今回は全員補欠のようですね。

後期(購入申し込み後)抽選の岩井コスモ証券、松井証券、GMOクリック証券のどれか一つぐらい当たってくれると、うれしいんだけど……

ちなみにカブドットコム証券は、申し込み忘れました…… 悔しい! 当たると思っていたのに。

他のIPO投資家のブログを見ていると、それほど当たっていないから、どうやらかなり人気だったようだね。

(追記)岩井コスモ証券落選(10/20)、野村證券繰り上げ当選ならず(10/21)、松井証券・GMOクリック証券も落選 T_T(10/21)

↓三菱UFJモルガン・スタンレー証券の当選画面
JR九州IPO当選

せいきゅん
三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、当選した翌日の午前3時までに購入手続きをしないと購入辞退になり、購入辞退のペナルティーとして1か月IPOに参加できなくなる。だから、今日中に申し込んでね。
ヤマザキOKコンピュータ
はい。
せいきゅん
1年前、僕はペナルティーを受けたから…… 三菱UFJモルガンスタンレーでIPO当選!が購入申込忘れペナルティ

 

JR九州のIPOについて

せいきゅん
ヤス、JR九州(九州旅客鉄道)が10月25日に上場だよ。
価格.yass
昨年の秋にあった郵便局のIPOも、儲かったんだよね?
せいきゅん
日本郵政グループ、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険すべて利益が出たね。ザッキーなんて3社とも当たって、1日で18万8200円も利益をだした。
価格.yass
またあいつか…… 7月にあったLINEのIPOも、すごく儲かったんだよね?
せいきゅん
そうだね、当選していれば16万円儲かっていた。
慎平
くぅーーー。JR九州は当選させたいです!
せいきゅん
当選しやすい方法を伝授するよ。

JRグループの上場は4社目。JR東日本、JR東海、JR西日本の3社は上場し、政府の保有株もなくなり完全な民営会社になっている。

あと民営化が実現していないのはJR九州、JR北海道、JR四国のいわゆるJR三島(さんとう)会社とJR貨物。JR三島会社は採算の厳しい路線が多く、山手線や東海道新幹線のようなドル箱路線もない。だから経営努力だけでは限界があることが当初より想定されていた。赤字分は、実質的な補助金で賄われている。

JR北海道は2002年頃に上場を計画していたが、業績が思うように伸びず、見送りの状態が続いている。

JR九州はドル箱路線がないことを逆手にとり、アイデアとマーケティングによって収益を増やしている。2009年から6期連続の増益で、今、鉄道会社の中では一番元気があると言っていい。

今年4月に見舞われた熊本地震でも、JR各社の応援をいち早く要請して約2週間で九州新幹線の全線再開を実現。安全への不安を払拭し、これが上場できる経営体質と評価されたとようだ。

上場に伴って、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(国土交通省が所管する独立行政法人)が100%保有しているJR九州の株式は今回すべて売却され、完全民営化が果たされる。

JR九州は2011年3月に九州新幹線を全線開業、2013年10月には日本初のクルーズトレイン、日本一豪華な寝台列車「ななつ星 in 九州」を運行。これでJR九州の知名度を上げ、鉄道に乗って観光する新たな旅を提案し、九州新幹線だけでなく関連事業への利用増につなげた。新幹線全線開業後の2012年3月期以降、鉄道事業の売上高は4期連続で増収。

そして鉄道だけでなく、外食やホテル、商業施設など多角化でも収益を拡大している。2011年開業の駅ビル「JR博多シティ」は、2015年度に年間売上1000億円を突破。JR東日本の「アトレ吉祥寺」が年間売上270億円、「ルミネ新宿」が478億円だから、いかにJR博多シティが驚異的なのかがわかる。

このようなJR九州の成長は、現在のJR九州の代表取締役会長である唐池 恒二(からいけ こうじ)氏の歩みであると言っていい。この唐池氏はマーケッターであった。

唐池氏は1977年4月、24歳で日本国有鉄道(国鉄)に入社。まずは東京北鉄道管理局営業部総務課で国鉄合理化のための要員係として団体交渉にあたった。入社後5年間はこの団体交渉の仕事だけをする日々を過ごす。1982年3月に福島、そして1983年3月に大分鉄道管理局(現在のJR九州大分支社)の人事課長に赴任し、JR九州での人生がはじまる。

九州に行って、のちのJR九州の核となる「ななつ星 in 九州」の原型である「デザイン&ストーリー列車」というプロジェクトをすすめる。熊本と阿蘇(あそ)の間を走るSL列車「あそBOY」、博多駅から大分の由布院温泉(由布院駅)まで走る列車「ゆふいんの森」などの人気列車を運行させた。

また博多-韓国・釜山間を結ぶジェットフォイル高速船「ビートル」の就航も手掛け、韓国の九州観光ブームのベースをつくった。この「ビートル」のデザインを担当したのが工業デザイナーの水戸岡 鋭治(みとおか えいじ)氏で、その後のJR九州のすべての列車のデザインを手がけた。

そして40歳からは8億円の赤字を計上し、JR九州のお荷物事業と言われていた外食事業を3年で黒字に転換させ、JR九州フードサービスが設立し、社長に就任。自らプロデュースした料理店「うまや」は、東京の赤坂に進出を果たす。この飲食店でサービスを学び、列車に生かした。

その飛びぬけたマーケティングセンスで、2009年6月JR九州の代表取締役社長に就任。社長になってからも面白いことを仕掛ける。竜宮伝説をもとに観光列車「指宿のたまて箱」をつくり、たまて箱(列車)のドアが開くと、白い煙がバファ~と出る。

第1期開業時に全体指揮を執った九州新幹線は2011年全線開業。同年、国内最大級の駅ビル型複合施設「JR博多シティ」もオープン。

今まで奇想天外な列車をつくってきた集大成として、25年間温めたアイデアである世界一豪華なクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」を2013年10月に就航させ、世界的な注目を集めた。この「ななつ星 in 九州」は、1泊2日で28~63万5000円、3泊4日で58~140万円という超高額な寝台列車にもかかわらず、毎回申し込みが殺到。平均倍率は30倍前後と、お金があっても乗れない列車なんだ。

九州七つの県(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県)にある、七つの観光素材(自然・食・温泉・歴史文化・パワースポット・人情・列車)を、七両編成の列車でまわる「ななつ星」。

実際に乗車した人は、ほぼ全員がツアーの中で一度、二度と涙を流す。「ななつ星 in 九州」は、当選すること自体が感動だが、当選後もツアーデスクと10回以上やり取りし、食事の好き嫌い、体調の具合、旅の目的、記念日などを聞かれ、必然と旅の前から気持ちはたかぶる。当日を迎え、もう列車が現れただけで感極まってしまう。

ななつ星 in 九州

総工費30億円をかけた絢爛豪華な内装、2万本以上使われている釘はすべてデザイナー水戸岡氏のオーダーメイド。釘の頭の部分は星のマークになっている。

人間国宝であり世界一の陶芸家、有田焼の第十四代 酒井田 柿右衛門が人生最後の作品として、ななつ星のためにつくった七角形の洗面鉢をはじめ、日本の伝統の粋を集めた客室。その客室の窓から見る風景は流れゆく名画のよう。乗車して最初の食事は、博多の人気寿司店「やま中」の大将が列車に乗り込んで握った寿司。

下車駅では、普段けっして入ることのできない九州究極の名所に入ることが許され、宿では来る人のために最高の環境で育てた鶏を、その場でしめて食事として提供する。旅を終えて、ななつ星と別れるとき、多くの参加者はクルーの手をとり、抱き合って号泣するんだ。

クルーは半分が社外から公募され、航空会社の国際線で長く経験を積んだきたCA、名門ホテルのコンシェルジュ、世界中を渡り歩いてきたホテルマン、高級レストランのソムリエなど、競争倍率30倍を勝ち抜いた精鋭たち。このななつ星でのサービスは、2016年日本サービス大賞において、内閣総理大臣賞を受賞。

SL「あそBOY」、特急「ゆふいんの森」「九州横断特急」、高速船「ビートル」、レストラン「気どらない洋食屋さん」、そしてクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」など、JR九州が展開する列車、船、飲食店舗のほとんどは唐池氏が企画、ネーミングを担当した。

ななつ星 in 九州
せいきゅん
この「ななつ星 in 九州」は、一度でいいから乗ってみたいね。
ヤス彦
3泊4日の鉄道の旅が、140万円!?
せいきゅん
さらに、来年3月からは3泊4日コースの料金を一律10万円をあげて、68~150万円。値上げはマーケティングがうまくいっている証拠。

このななつ星は、鉄道の旅の歴史を変えたよね。本当に素晴らしい。国鉄合理化の団体交渉に当たっていた唐池氏が、こうやって新しいチャレンジを続け、JR九州を上場まで押し上げた。もう、すごいとしか言えない。本物のマーケッターだよ。

ヤス彦
なんかJRのイメージと違うね。
せいきゅん
そうなんだよ。ドル箱路線がない分、アイデアや非鉄道事業を強化してここまで成長した。逆にこれがJR九州の強みであり、今後、まだまだ成長できると思う。

JR九州のIPOは儲かるのか?(参加すべきか?)

せいきゅん
JR九州の歴史はおさらいしたが、肝心のJR九州のIPOは儲かるのか? まずは過去の類似例を見てみよう。

過去の政府保有株の売却銘柄の戦績

NTT 公募119万7000円 初値160万円 利益+40万3000円(+33.7%)
1987年2月9日上場、その後4月22日には318万円まで値を上げた

JR東日本 公募38万円 初値60万円 利益+22万円(+57.9%)
1993年10月26日上場

JT 公募143万円 初値119万円 利益-24万円(-16.8%)
1994年10月27日上場

JR西日本 公募35万7000円 初値36万円 利益+3000円(+0.84%)
1996年10月8日上場

JR東海 公募38万円 初値38万5000円 利益+5000円(+1.31%)
1997年10月8日上場

NTTドコモ 公募390万円 初値460万円 利益+70万円(+17.9%)
1998年10月22日上場

電源開発(J-POWER) 公募2700円 初値2795円 利益+9500円(+3.51%)
2004年10月6日上場(単元株:100株単位)

国際石油開発 公募46万5000円 初値57万6000円 利益+11万1000円(+23.9%)
2004年10月6日上場

日本郵政 公募1400円 初値1631円 利益+2万3100円(+16.5%)
2015年11月4日上場(単元株:100株単位)

ゆうちょ銀行 公募1450円 初値1680円 利益+2万3000円(+15.9%)
2015年11月4日上場(単元株:100株単位)

かんぽ生命保険 公募2200円 初値2929円 利益+7万2900円(+33.1%)
2015年11月4日上場(単元株:100株単位)

となっていて、JT以外は初値が公募価格を上回っている。8戦7勝。

やはり政府保有株の売却IPOは認知度が高く、人気になる可能性が高い。JR九州も当選めがけて一つでも多くの証券会社に申込み、当選した場合は「初値で売る」という戦術で問題ない。仮に上がらなくても、大きな損失になる可能性は低い。

ちなみにIPO直後に国際石油開発と郵政グループ以外の7社(国際石油開発は帝国石油と2006年に統合したので除外、日本郵政グループは上場間もないので除外)の株を買って、今まで保有していたとしたらNTT(9432)株以外はプラスになっているんだよね。

すでに上場しているJR3社、JR東日本(9020)、JR西日本(9021)、JR東海(9022)は訪日旅行者急増の影響を受け業績もよく、2015年に上場来最高値を更新している。

唯一、初値が公募価格を下回ったJT(2914)も、現在の株価は公募価格の約4倍になっていて、2016年2月には上場来最高値を更新している。

すでに多くの顧客を持つ国有会社が、上場後に優れた民間の経営者のもと、効率的な経営をやっていくので株価は上がっていくことが多い。

NTT(9432)が上場した1987年2月はバブル真っ只中の(日経平均が2万6000円まで上がった)特殊な状況だった。だから1987年2月以来ずっと保有していても、現在の資産は3分の1程度になっている。

ヤス彦
今までたくさんの話題をつくってきたJR九州も、人気になりそうだね!
せいきゅん
なるだろうね。そして唐池氏がいる限りは、まだまだJR九州は新しいことに挑戦していくはずだよ。

JR九州のIPOを購入したい場合は?(申込みするには?)

JR九州は上場後、どこの証券会社からでも「市場の価格」で、購入することができる。

新規上場株の場合、市場に上場する前に公開価格(公募価格)を決定する。通常、公募価格は割安に設定されるので、公募価格で欲しい投資家が応募者多数になり抽選で誰に分配されるか決定する。公開時に儲かる可能性が高い銘柄ほど当選倍率は高くなるんだ。2015年の新規上場株は92社で、そのうち82社、89.1%の銘柄で公募価格が初値を上回っている。当選すれば、約9割の確率で儲かるんだ。

初値で売却した場合の利益額2015年ランキングは

1位 ネオジャパン +116万5000円
2位 エムケイシステム +116万2000円
3位 アイビーシー +73万3000円
4位 テラスカイ +59万5000円
5位 ジグソー +56万5000円
6位 スマートバリュー +54万5000円
7位 アイリッジ +51万5000円
8位 シリコンスタジオ +50万円
9位 コラボス +49万8000円
10位 PCIホールディングス +42万9000円(3918)

となっている。

ヤス彦
ネオジャパンが当たれば、これだけで116万円の利益……
せいきゅん
すごいよね。JR九州も公募価格で購入できるほうが当然有利。公募価格で購入するためには、IPOの抽選に当選しなければいけない。当選するためには、下記の幹事証券会社に予め口座をつくっておいて、なるべく多く申し込むこと。

宝くじと違って、新規上場株(IPO)の抽選は外れてもお金はかからない。だから一つでも多くの宝くじを買う(多くの証券会社に申し込む)ということが当選への近道なんだ。

ただ多くの証券会社は抽選を申し込むためには、事前に購入資金を口座に入れておく必要がある。JR九州の場合だと、購入資金は24万5000円前後(想定価格)。

だから20社の証券会社にIPOを申し込むためには、24万5000円×20=490万円前後が必要になってしまう。JR九州は幹事証券会社が60社以上。となると、なるべく当選しやすい証券会社から申し込むことが重要になってくる。

そこで狙い目の証券会社を紹介しよう。

JR九州のIPOが当選しやすい方法は?

まず主幹事証券会社というのが、一番多く新規公開株の割り当てをもらう。だから当選しやすい。JR九州の主幹事証券会社は野村證券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券、JPモルガン証券の4社だ。

JR九州の主幹事証券会社

この中で一番当たりやすいのはSMBC日興証券かな。今まで、僕が一番IPOを当選させている証券会社はSMBC日興証券なんだ。今回は主幹事だし、当選させてくれると思う。

SMBC日興証券からは必ず申し込んで。

SMBC日興証券の詳細>>

 

他の主幹事である三菱UFJモルガン・スタンレー証券からも申し込みたい。そして三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事だと穴場になる証券会社がある。カブドットコム証券だ。

幹事会社には入っていないカブドットコム証券だけど、カブドットコム証券は三菱UFJグループなので、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事をやるときに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券から株を預かり、委託幹事というのをやる。

この委託幹事をやるということは、他の投資家にあまり知られていない。だからライバルが少ない。今回は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事だから、カブドットコム証券にも多くの新規公開株の配分が行われる。すごい狙い目なんだよ!

ヤス彦
そうなんだ
せいきゅん
昨年、この方法でゆうちょ銀行を当選させ、利益を出した。

カブドットコム証券の詳細>>

 

主幹事ではないけど抽選分配100%の「マネックス証券」も狙い目だ。

主幹事などの店舗系大手証券会社は、ネットからのIPO抽選に割当株数の「10%」しか配分しない。残りの「90%」は裁量配分といって、お金持ちで大きな手数料を落としてくれている店頭のお得意さまに、営業担当者が「裁量」で渡す方法がとられる。

そのような中で、マネックス証券はネットの抽選配分が100%なんだ! マネックス証券は、今回、大手証券会社より割当枚数はやや少ないが、大手より10倍抽選配当に回すので当選しやすくなる。

だからマネックス証券も早めに口座開設をしたほうがいい。昨年、このマネックス証券でもゆうちょ銀行を当選させた。

マネックス証券の詳細>>

 

上記4社(SMBC日興証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、カブドットコム証券、マネックス証券)に申し込むと、資金は24万5000円×4で98万円必要になる。ここで資金が厳しくなる人は増えるよね。

そこでIPO申し込み時(10月7~14日)に資金が必要ない証券会社を紹介したい。

岩井コスモ証券と松井証券は、IPO申し込み時(10月7~14日)に資金が必要なく、購入申し込み時(10月18~21日)に入金をすればいい。IPO申し込みで落選した証券会社から資金を移動させることができるんだ。

だから、岩井コスモ証券とGMOクリック証券(委託幹事)、松井証券からも申し込める。

岩井コスモ証券の詳細>>

GMOクリック証券の詳細>>

松井証券の詳細>>

 

BB申込時に資金がいらない大手証券会社別、入金のタイミング

 

さらに「当選するまで」資金が不要な証券会社も紹介ある。

野村證券と岡三オンライン証券だ。

岡三オンライン証券は岡三証券が幹事として参加する場合、委託幹事として参加する。さっきも言ったように、委託幹事は多くの人に気づかれていないし、そもそも岡三オンライン証券の口座を持っている人は、大手証券会社に比べると少ない。だから競争率は低くなる。

必ず野村證券と岡三オンライン証券からも申し込みたい。

岡三オンライン証券のIPO申し込みは10月13日から10月14日まで、たった1日しかないので、要注意!

岡三オンライン証券の詳細>>

 

いちよし証券もIPO申し込み時に資金が必要ない。ただし、ネットから申し込むことができず、平日の昼間に電話をしなければいけないから、少し大変だ。

これらの証券会社以外は、IPO申し込み時に資金が必要になる。もう少し資金があって他の証券会社に申し込める人は、大和証券やみずほ証券からも申し込みたい。

あとは抽選配分が45%以上のSBI証券>>むさし証券(トレジャーネット)、委託幹事の楽天証券からも僕は申し込む。

 

慎平
今回こそ、当選させます!
せいきゅん
当たるといいね。

 

当ブログ上場初値予想2700~3200円

参加姿勢:★★(参加)

事業の内容:運輸サービス、建設、駅ビル、不動産、流通・外食及びその他事業。

九州旅客鉄道(JR九州)株式会社と子会社41社、関連会社4社から構成される。九州全域を中心に、鉄道、建設、駅ビル、飲食、分譲マンション販売、コンビニ、ドラッグストアーなど多彩な事業を展開しているグループ企業。

鉄道事業は九州地方に22線、2273キロメートルの営業線路と566駅を持っている。

JR九州 事業内容

 

JR九州/九州旅客鉄道の第一印象:ついにJR九州が上場だね。2016年3期の4000億円以上の赤字は、鉄道事業の固定資産の5215億円を減損処理したから。赤字は10期ぶり。

この減損処理によって、上場する今期は売上高、営業利益、純利益いずれも過去最高の予定。

鉄道建設・運輸施設整備支援機構が売り出すのは1億6000万の全株式。これで一気に完全民営会社になる。1億6000万株の1億2000万株が国内、残り4000万株は海外に振り向ける予定。鉄道建設・運輸施設整備支援機構の売却益は、旧国鉄職員の年金支払いの原資などにあてる。

上場しているJR各社とは違って、JR九州には山手線や東海道新幹線などのドル箱路線がない。だからこそ、観光列車や駅ビルやホテル、マンション供給などで売上を増やしてきた。今後の成長も非鉄道事業が中心となるから、まだまだ成長余地がある。

配当や株主優待も充実しているし、非鉄道会社と考えるとPERに割安感もある。いけると思うな。

売上
・決算期
売上高 経常利益 純利益
--------------------
・2012/3(25期)
単体 1907億3100万円 102億8100万円 33億2600万円
--------------------
・2013/3(26期)
単体 1930億0200万円 75億8700万円 20億5700万円
--------------------
・2014/3(27期)
単体 1961億4500万円 116億1500万円 72億3200万円
--------------------
・2015/3(28期)
連結 3574億2200万円 255億7400万円 150億1200万円
単体 2001億5100万円 163億7500万円 95億0200万円
--------------------
・2016/3(29期)
連結 3779億8900万円 320億3500万円 -4330億8900万円
単体 2111億0100万円 182億8400万円 -4444億3900万円
--------------------
・2016/6(第1四半期:3か月)
連結 794億5600万円 129億8300万円 71億6400万円
--------------------
・2017/3予想(30期)
連結 3788億円 535億円 382億円

PER
BB上限2600円(時価総額:4160億円)
10.89倍(2017/3予想) 4160億円÷382億円

想定価格2450円(時価総額:3920億円)
10.26倍(2017/3予想) 3920億円÷382億円

 

JR九州 売上

売上高構成比率 3779億8900万円(2016/3実績)
運輸サービス 1809億8000万円(37.3%):前年同期比+3.7%増
建設 884億0900万円(18.2%):前年同期比+10.1%増
駅ビル・不動産 620億0200万円(12.8%):前年同期比+15.8%増
流通・外食 962億2300万円(19.8%):前年同期比+6.7%増
その他 581億0100万円(12.0%):前年同期比+3.5%増
調整額(セグメント間取引消去) -1077億4400万円

*その他は、ホテル業、ゴルフ場経営、広告業、物品賃貸業、シニア事業等

社員数
1万7139人(グループ全体 2016年7月31日現在)
内訳
運輸サービス 1万0610人(538人)
建設 2524人(180人)
駅ビル・不動産 532人(85人)
流通・外食 2132人(3258人)
その他 1341人(245人)

()の人数は最近1年間の平均臨時雇用者数。

単体7870人:平均年齢40.0歳、平均勤続連数17.9年、平均年収568.3万円
内訳
運輸サービス 7603人
駅ビル・不動産 207人
その他 60人

主要株主
株主名 比率
鉄道建設・運輸施設整備支援機構 100%

配当
配当性向は2019年3月期まで30%を目指す。ただし上場後、最初の決算2017年3月期の株主に対しては、保有期間が最長6か月を考慮し、配当性向は15%の1株当たり37.5円を予定。想定価格2450円で考えると配当利回りは半年で1.53%、年利3.06%。

JR各社の2017年3月期の配当利回り予測は、JR東日本(9020)が1.45%、JR東海(9022)が0.74%、JR西日本(9021)は2.25%。参考銘柄の西武ホールディングス(9024)は0.86%、西日本鉄道(9031)も1.41%なので(すべて2016年9月16日現在)、JR九州の公募価格での利回りはかなり魅力的なものになる。

株主優待
この上場を機につくられた株主優待も充実していて、JR九州をよく使う人にとっては魅力的だ。配当や株主優待を考えると、JR九州はとても人気になると思う。

JR九州の株主優待は2つあり、鉄道株主優待券とJR九州グループ優待券がもらえる。

鉄道株主優待券は、新幹線の特急券などの片道乗車賃を50%引きにしてくれる。

JR九州グループ優待券は、ホテルオークラJRハウステンボスの宿泊料50%引きをはじめ、各種JR九州グループの商品、サービスが割引になる。

JR九州 株主優待

参考銘柄
JR各社ではなく、九州で鉄道事業を展開している西鉄(西日本鉄道)や、鉄道関連の売上よりホテルや不動産などの売上が大きい西武ホールディングス、東武鉄道などの私鉄が参考になる。

西日本鉄道(9031)
予想売上 3602億円 予想利益 97億円
時価総額 1920億5200万円(16/9/15)
PER:19.71倍(16/9/15)

西武ホールディングス(9024)
予想売上 5142億円 予想利益 295億円
時価総額 5959億8100万円(16/9/16)
PER:18.82倍(16/9/16)

東武鉄道(9001)
予想売上 5855億円 予想利益 337億円
時価総額 5496億0100万円(16/9/20)
PER:16.23倍(16/9/20)

名古屋鉄道(9048)
予想売上 6110億円 予想利益 219億円
時価総額 4865億6000万円(16/9/20)
PER:22.21倍(16/9/20)

京王電鉄(9008)
予想売上 4269億円 予想利益 198億円
時価総額 5675億5200万円(16/9/20)
PER:27.23倍(16/9/20)

京阪ホールディングス(9045)
予想売上 2995億円 予想利益 165億円
時価総額 3989億6900万円(16/9/20)
PER:22.96倍(16/9/20)

京成電鉄(9009)
予想売上 2470億円 予想利益 318億円
時価総額 4396億4900万円(16/9/20)
PER:13.57倍(16/9/20)

京浜急行電鉄(9006)
予想売上 3120億円 予想利益 350億円
時価総額 5592億4200万円(16/9/20)
PER:15.96倍(16/9/20)

近鉄グループホールディングス(9041)
予想売上 1兆2500億円 予想利益 280億円
時価総額 7950億6100万円(16/9/20)
PER:28.33倍(16/9/20)

東京急行電鉄(9005)
予想売上 1兆1392億円 予想利益 610億円
時価総額 9835億4500万円(16/9/20)
PER:15.83倍(16/9/20)

阪急阪神ホールディングス(9042)
予想売上 7600億円 予想利益 600億円
時価総額 8747億2800万円(16/9/20)
PER:14.38倍(16/9/20)

JR西日本/西日本旅客鉄道(9021)
予想売上 1兆4500億円 予想利益 1065億円
時価総額 1兆1695億円(16/9/15)
PER:10.97倍(16/9/15)

JR東日本/東日本旅客鉄道(9020)
予想売上 2兆8780億円 予想利益 2660億円
時価総額 3兆4357億円(16/9/15)
PER:12.96倍(16/9/15)

JR東海/東海旅客鉄道(9022)
予想売上 1兆7360億円 予想利益 3630億円
時価総額 3兆5226億円(16/9/15)
PER:9.27倍(16/9/15)

初値予想
JR東日本やJR東海、JR西日本のようなドル箱新幹線がないJR九州だからこそ、観光列車のアイデアなどで売上を増やしてきた。駅ビルやホテル、マンション供給戸数も九州最多のデベロッパーだ。鉄道事業が売上高の4割を切り、非鉄道事業の拡大を通じて経営基盤を強化した。今後の成長も非鉄道事業が中心となる。

となると、参考となる銘柄は、鉄道事業の割合が大きいJRグループではなく、不動産開発や多角化で成功をしている私鉄のはずだ。西武ホールディングス(9024)や東武鉄道を考えると、PER20倍ぐらいまでは買われてもおかしくない。BB上限2600円が公募価格になると、2017年3月期予想PERは10.89倍なので割安感がある。

九州の人から愛されており、九州では圧倒的人気になる気がする。

それも考慮し、初値予想は2700~3200円とする。

 

幹事証券会社
野村證券(主幹事)
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(主幹事)
JPモルガン証券(主幹事)
SMBC日興証券(主幹事)
大和証券
みずほ証券
岡三証券
東海東京証券
いちよし証券
SBI証券
SMBCフレンド証券
岩井コスモ証券
エース証券
東洋証券
マネックス証券
丸三証券
藍澤證券
水戸証券
エイチ・エス証券
極東証券
高木証券
立花証券
ちばぎん証券
内藤証券
日本アジア証券
松井証券
むさし証券
あかつき証券
西日本シティTT証券
日の出証券
ふくおか証券
丸八証券
光世証券
リテラ・クレア証券
ゴールドマン・サックス証券
UBS証券
クレディ・スイス証券
シティグループ証券
バークレイズ証券
マッコーリーキャピタル証券
メリルリンチ日本証券
安藤証券
今村証券
ウツミ屋証券
岡三にいがた証券
岡地証券
木村証券
共和証券
上光証券
第四証券
長野證券
中原証券
西村証券
日産証券
ニュース証券
八十二証券
ばんせい証券
フィリップ証券
三木証券
三田証券
山和證券
豊証券
リーディング証券
カブドットコム証券(委託幹事)
岡三オンライン証券(委託幹事)
楽天証券(委託幹事)
GMOクリック証券(委託幹事)

 

IPO日程
上場予定日:2016/10/25(火)
ブックビルディング期間:2016/10/7~10/14
公募価格決定:2016/10/17(月)

IPO基本情報
市場区分:東証一部or二部及び福岡証券取引所
業種別分類/コード:陸運業/9142
公募・売出し株式数:公募0株、売出1億6000万株=1億6000万株
売出(O.A.):0株
発行済株数:1億6000万株(上場時の公募株数含む)
想定価格:2450円(吸収金額:3920億円、時価総額:3920億円)
仮条件価格:2400~2600円
公募価格:2600円(吸収金額:4160億円、時価総額:4160億円)
初値:3100円(時価総額:4960億円)
初値PER:12.98倍

会社情報
会社設立年月日:1987年4月
会社住所:福岡県福岡市博多区博多駅前3-25-21号
ホームページ:http://www.jrkyushu.co.jp/index.jsp
監査法人:トーマツ

代表者情報
会長:唐池 恒二 1953年4月2日生まれ(63歳)
経歴
1977年4月 日本国有鉄道 入社
1987年4月 九州旅客鉄道(株) 入社
1996年4月 JR九州フードサービス(株) 代表取締役社長
2003年6月 九州旅客鉄道(株) 取締役
2006年6月 同社 常務取締役
2008年6月 同社 代表取締役専務総合企画本部長
2009年6月 同社 代表取締役社長
2014年6月 同社 代表取締役会長

社長:青柳 俊彦 1953年8月19日生まれ(63歳)
経歴
1977年4月 日本国有鉄道 入社
1987年4月 九州旅客鉄道(株) 入社
2005年6月 同社 取締役 鹿児島支社長
2008年6月 同社 常務取締役 鉄道事業本部長
2012年6月 同社 専務取締役 鉄道事業本部長
2013年6月 同社 代表取締役専務 鉄道事業本部長
2014年6月 同社 代表取締役社長

 

★↓↓IPO株って? 当選確率を上げる買い方?↓↓★
IPOとは?|IPO株の当選確率を上げる買い方とは?

 

★↓↓私はこうやってIPO資金を貯めています!↓↓★
家計を節約してIPO資金を貯める方法

 

Can you survive?

IPOとは?|IPO株の当選確率を上げる買い方とは?

2016.09.16

IPO株とは?勝率約9割のIPOのリスクと仕組みをわかりやすく

2016.03.09

REITとは?REITで高利回り3%!おすすめリートETF

2016.08.22

学資保険よりNISAが有利!ジュニアNISAとは?

2016.01.05