プロパンガスの基本料金の計算方法|ガス代の相場はいくら?

propane-basic

こんにちは。
サバイブのヤス彦です。

今回は、プロパンガスの基本料金の計算方法とガス代の相場についてご説明します。

知らないと不当に搾取されるガス代

公共料金の都市ガスと違って自由料金であるプロパンガスは各業者が自由に料金を設定できます。つまり自分の気づかないうちに毎月法外なガス代を請求されている可能性があるということです。

プロパンガスの専門家によると実際に不当な料金を請求している業者はたくさんいるらしいです。

石田ヤス彦.
不当な料金にも関わらず多くの方が、ガス代は公共料金だから…… と、なんの疑問も持たずに支払っているのが現実です。
G子さん
え!? ガス代って公共料金じゃないの?
石田ヤス彦.
違うんですよ。都市ガスが公共料金なので誤解しがちですが、プロパンガスは業者が自由に料金を設定できるので公共料金ではありません。

 

不当に搾取されない賢い消費者になるためには、プロパンガスの「適正価格」を知ることからはじめましょう。プロパンガス料金の相場が分かれば自宅のガス料金が高いのか安いのか一目瞭然です。

プロパンガス料金の計算式

石田ヤス彦.
まずはプロパンガス料金の計算式を見てみましょう。

 

毎月のガス代は、
ガス料金 ={(従量単価×使用量)+ 基本料金 }× 1.08(消費税)
の数式で表されます。

しかし大抵の業者は自社のガス料金を顧客に知られると、相場より高い場合に印象が悪いため基本料金を公開していません。

プロパンガスの検針票

その場合、実は2か月分の検針票があれば計算できます。

例えば 10m3 使用して5400円、20m3 使用して8640円の場合、まず8%の消費税が加算されているので1.08で割って税抜き価格を求めます。それぞれ5000円、8000円です。

ガスの料金をx、使用量をy、従量単価をa、基本料金をbとすると、
x = ay + b という方程式が成立します。

それぞれの使用量と料金を式に代入します。

①5000円 = 10a + b
②8000円 = 20a + b

①から②を差し引くと、
-3000円 = -10a

a(従量単価) = 300となります。

これを①に代入すると、
5000円 = 10 × 300 + b となり、bである基本料金が2000円と算出されます

G子さん
こういうの苦手~。
石田ヤス彦.
数字が苦手という方はガス会社に直接聞けば答えてくれるはずです。ちなみに僕はガス会社のホームページに問い合わせたら電話で教えてくれましたよ。でももっと簡単な方法もあります。

 

このサイトのツールを使えば現在の価格が適正価格なのか簡単に知ることができます。

プロパンガスの適正料金がわかるツール

このサイトの「料金自動診断」は使用量と請求額を入力し、戸建てか集合住宅かを選ぶだけで現在の価格が適正なのかチェックしてくれます。

プロパンガスの適正料金がわかるツールの使い方

>> 不当なガス料金を支払っているか確認できるツールはこちら

プロパンガス料金の相場

プロパンガスの全国平均を見ると適正価格は、
戸建:基本料金1500~1800円前後 従量単価300~400円前後
集合住宅:基本料金1500~2000円前後、従量単価400~600円前後
です。

ちなみにこの数値は地域によって大きなばらつきがあります。配送コストのかからない関東近辺はプロパンガスの料金が比較的安く、基本料金1600円前後、従量単価500円前後が相場と言われています。

東北・九州方面はプロパンガスの料金が非常に高く、基本料金2000円前後、従量単価600円前後が相場というデータがあります。

まとめ

石田ヤス彦.
ガス料金は意識して調べないと適正かどうか見極められません。「他の人たちも利用しているガス会社だから大丈夫だろう」と盲目的に信じるのは大変危険で、お隣さんと同じガス会社なのに実は料金が全然違うなんてこともめずらしくないんです。
G子さん
え!?

 

もしも自宅のガス料金が高すぎたり、いくら節約してもガス代が下がらない場合はこんなサービスを活用してみるといいですよ。

プロパンガス料金消費者センター

お住まいの地域が、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県、群馬県、栃木県、茨城県、静岡県の方は、プロパンガス料金消費者センターがおすすめです。

プロパンガス料金消費者センターは「ガス事業者と消費者の間に立ち、消費者が納得できる価格市場整備」を目的に発足した団体です。プロパンガスに関する相談や要望に応じた優良なガス会社の紹介まですべて無料で行っています。

サイト内の「料金自動診断」では、現在お使いのガス料金が適正かどうかの判断を自動で算出してくれます。

そのうえで希望すれば月のガス料金マイナス5000円を目指し、現在のガス業者さんに値段交渉、もしくは適正な価格で契約可能なガス会社を紹介してくれるというサービスです。

すごいのはこのサイトを通じてガス業者の変更をした場合、手数料や工事費などは一切掛からないという点です。(※極端な築浅物件は例外のケースもあるそうです。)しかも、業者都合の一方的な値上げを抑制するアフターサポートまでつき、ガス料金が適正価格で維持するように継続的にフォローしてくれます。

特にデメリットなくガス料金を下げることができるなら試してみる価値はあると思います。まずは「料金自動診断」をお試しください。

プロパンガス料金消費者センターのキャプチャ画面

>> プロパンガス料金消費者センターの公式サイトはこちら

エネピ

こちらは広範囲で対応!

エネピは全国2万社以上あるガス会社の中から「会社の信頼性」、「適正なガス料金価格」、「保安体制を含めたサービス内容」といった3つの基準で厳選し、加盟企業を紹介してくれます。

広範囲で対応しているサービスは非常に少ないので、上記2社の対応エリア外の方にオススメです。

複数のガス会社から見積もりを受け取り、納得いくまでさまざまな相談に乗ってもらえますよ。

エネピのキャプチャ画面
>> エネピの公式サイトはこちら

 

見積もり結果に納得できればガス代が安くなり、納得できなければ断ればいいだけです。まずはお気軽に相談してみてくださいね。

それでは、Can you survive?
サバイブ運営方針はこちら

プロパンガスの料金を下げる方法|ガス代が年間5万円も安くなった話

2016.10.01

プロパンガスの料金がグンと安くなる!ガス代が高い秘密を公開

2016.11.13

電気料金8社を石田が比較!電気代が一番安くなる電力会社はここだった!

2016.10.01