独立、結婚して10年。人は1年じゃ変われないけど10年で変わる

岩崎聖二 2017年

 

岩崎せいきゅん
2016年も大晦日になってしまいました。

今年も大晦日が仕事納めで、元旦が仕事はじめ。いろいろありました、今年も。

子供が病気になり、学校に行けず、自宅で仕事をすることが増えました。

サバイブのメンバーにはたくさん迷惑をかけていますが、みんな自分のやるべきことを自分で考え、素晴らしい仕事をしてくれています。

いつも家にいる子供と向き合い、イライラしてしまう自分のちっぽけさを、痛感した1年でもありました。

しかし、家族がいて、雨と寒さをしのげる家があり、真摯に取り組むべき仕事があり、ご飯を1日3回食べられるだけで、自分は世界一の幸せ者だと、心の底から思います。

2006年の2月に入籍をし、2006年3月31日に公務員(裁判所)を辞めて無職になり、翌日から結婚生活をはじめた僕は、妻に一生頭が上がりません。

理不尽なことで怒られようと、僕が生活費を全部入れて、フルタイムで働いている妻はまったく生活費を入れなくても(妻はまったくサバイブ見ていません…… お金、使いたい放題です)、

妻のイライラで機嫌が悪くなった子供をなだめることが多くても、

家を掃除するのが僕だけでも、

子供が忘れ物をしたとき、妻に「もぉう、家にあるから取ってきて!!」と言われ、家に戻って探しているとLINEで「ごめ~ん、やっぱり私持ってたぁ。てへぇ」とメッセージが来ても、もう一生、妻には頭が上がらないのです(この話はフィクションです)。

まぁあと、妻は美人ですし。

今年は結婚して10年、会社をつくって10年が経った年でした。

10年、長いようで短かった。10年間、結婚生活も会社経営も継続できたのは、奇跡としかいいようがありません。

結婚することや会社をつくることより、継続することのほうが遥かに難しい。

とても難しい。僕みたいな人間が、よくやれたなと思います。

人は1年でできることを多く見積もりすぎて、10年でできることを小さく見積もりすぎる傾向があります。

1年で人は変わらないけど、10年経つとまったく別人になる。10年間の環境で、人は大きく変わる。子供やキャストを見ていて、そんなことも痛感した1年でした。

私は独立した頃、容易に成功できるツールばかり探していました。

目の前のことに真摯に向き合うのではなく、簡単に、大きく飛べる成功法則があるものだと思い、それを見つけようと必死だったのです。

岩崎聖二 2017年

 

しかし、世の中に成功法則はありません。1億人いれば、1億通りの成功があるから「法則」は存在し得ないのです。

よく、昔の友人から「お金持ち」、「自由でいいね」と言われたりしますが、公務員をやっているほうがお金は貯まったと思うし、自分で事業をやるのは不自由も多いです。

公務員を辞めたことを後悔はしていませんが、辞めて10年、裁判所の素晴らしさも今なら、もっとよくわかります。

完璧な仕事は存在しないし、完璧な人生などありません。

楽しいだけの仕事なんてないし、全員が好きなことを仕事にできるほど、世の中は甘くない。

でも僕は、今までにやった10種類以上のアルバイトや裁判所の仕事、今の仕事、全部好きです。

好きなことを仕事にするより、今の仕事を好きになるほうが、僕みたいな凡人にとっては遥かに容易です。

これは結婚生活も同じだと思っています。

完璧な配偶者を探すのではなく、今、目の前にいる人をもっと好きになる。

完璧じゃない子供に落胆するのではなく、不完全で不器用な子供をもっと愛する。

すべて簡単なことではないけれど、これが僕にとっての「成功」なのかもしれません。

岩崎聖二 2017年

 

この10年で感じたことは、比較の世界にいる限り、幸せになれないということです。誰でも想像がつくことだけど、心からそう思えるようになるのに、10年間を費やしました。

今まで「世界に一つだけの花」なんて、努力しない者の逃げの歌だと思っていましたが、今年SMAPが最後に歌った「世界に一つだけの花」は、何か、今までとは違う感情で聴くことになりました。

他人との比較に生きていれば、どんなにお金を稼いでも、どんなに売上や社員数を競っても、上には上がいるので劣等感を感じます。

その劣等感が、人類の進歩に大きく貢献したかもしれないけど、僕には劣等感を糧にがんばるのは難しかった。

一部の人は、強烈な劣等感を持ち、この熾烈な生存競争を勝ち抜くために、強そうな相手にSNSで暴言を吐いたり、テレビや週刊誌で報道される有名人の失敗を喜びます。

しかし、ごく少数の有名人が失敗したからといって、自分がサバイブできるわけじゃないのです。小さな僕らは、小さなもの同士、仲間になって、サバイブしていかなければいけません。

グローバル化が進む中で、日本自体がどんどん小さな集団になっていきます。日本人同士で、足を引っ張っていては、いけませんよね。

格差が少なく、運悪く病気や失業してしまった人を救える日本の制度を維持したい。

そのために、来年もサバイブでセクシーな記事を書いていきます。

倹約・節約する方法。

生活するだけの給料がもらえていないならば、成長産業に転職するための方法。

もう少しだけ収入を増やしたいなら、副業で稼ぐ方法。

長期投資で、資金を運用する方法。

もちろん、倹約だの、節約だの、隠居みたいな生活は老後にとっておく。「オレはたくさん稼いで、たくさん使う!」という人もいると思います。それが一番幸せだと明確に理解しているならば、素晴らしいことです。

しかし、多くの国民がそんな自由な生活をおくれないのは自明の理です。

日本の平均寿命は90歳近くになり、健康保険や年金等の社会保障費は膨らみ続け、この国の借金は1000兆円以上あります。

これを私たちの子どもや孫世代に、なるべく引き継がせたくはありません。私たちがつくった借金は、私たちで返す。

国民一人ひとりが責任を持って、自分のお金と健康を守る。

そのために、サバイブを活用していきたいなと思っています。

生活できるお金があれば、あとはお金の量が幸せの量を決めるのではなく、多くのことに感謝する量が幸せを決める。

たくさんの人から「ありがとう」を言われる人生より、たくさんの人に「ありがとう」と言う人生のほうが容易だし、感謝されるのと同じぐらい幸せ。

そんな生き方がセクシーなんだということを、明日からの10年間で、もっと発信していきたいなと思います。

来年はとり年。みんなが、大きく飛躍できる年になるように。

それではみなさま、2017年から始まる10年間も、最高の10年にしましょう!

岩崎聖二 2017年

 

▼2016年のふるさと納税は本日12月31日まで。忘れずに全員やってください。

ふるさと納税はまだ間に合う。岩崎のおすすめ。12月31日まで

2016.12.26

 

Can you survive?

サバイブ運営方針はこちら

 

過去の年末まとめ

2015年「ついに不惑の40歳。40歳からの人生戦略

ついに不惑の40歳。40歳からの人生戦略

2015.12.31

 

2014年「賢く生きるか、アホに生きるか、それが問題だ

賢く生きるか、アホに生きるか、それが問題だ

2014.12.31

 

2013年「東京オリンピックまでに、自分の安全領域から飛び出す

東京オリンピックまでに、自分の安全領域から飛び出す

2013.12.31