スメハラとは? 訴えられる前に導入スメハラ完全対策4選

スメハラ対策

はい、チームサバイブの慎平です。

夏の満員電車でなにがツラいかって、暑さや圧迫感よりもニオイだと思うんです。身動きがとれない状態での鼻につくニオイは苛立ちすら覚えます。

そんなニオイですが、近年は「スメハラ」という言葉がもてはやされています。

「スメハラ」とは、「スメルハラスメント」の略称です。
「セクハラ(セクシュアルハラスメント)」や「パワハラ(パワーハラスメント)」などは有名ですが、これらはいずれも「何かによって人を困らせ不快にさせること」を定義した言葉です。その中でも特に、ニオイによって他人に不快感を与えることを「スメハラ」と呼びます。

先ほどの満員電車の例もそうです。まあ、早い話が他人から「臭くて嫌だ!」と思われてしまうことですね。

このスメハラですが、自分は大丈夫だなんて思っていませんか? ノンノン。スメハラを侮ってはいけません。

慎平
今回は私は「スメハラ」に関して、セクシーな男性の危機意識を煽りにきました。

さっそくですが、こちらの調査結果をご覧ください。

ニオイに関する調査結果

ニオイに関する調査結果
【引用元】株式会社マンダム/〈男性の基本3体臭「汗臭」「ミドル脂臭」「加齢臭」に対する生活者の感受性調査報告〉

これは25〜54歳までの働く男女を対象に行われた、ニオイに関する調査結果です。男性の体臭について許せるかどうかを調査したものです。

このグラフからは「女性の90%近くが、汗臭い男性を不快に思っている。また、80%以上が30,40代特有のアブラ汗のニオイを不快だと思っている」ということが読み取れます。

つまり、加齢臭以外の体臭は有罪だということです。

さらにこちら。

ニオイに関するアンケート
【引用元】湘南美容外科クリニック/全国400人に聞いた「匂い」に関するアンケート

先ほどのデータが「クサイ男をどう思うか?」という意識の調査に対して、こちらは「男をクサイと思ったことがあるか?」という、機会の調査です。

この調査からは「女性の80%近くが、男性をクサイと思ったことがある」ということが読み取れます。

これらの調査をまとめると、「女性の90%が男性のニオイを不快に思い、また、80%が実生活でそのクサさを感じたことがある」ということが分かります。

つまり、ほとんどの女性はクサイ男を「実際マジでキツイ」と思っているのです。

どこのニオイが気になる?

湘南美容外科クリニックの同調査では、「どこのニオイが気になるか」という調査に対して、以下の結果になりました。

1位 口(208名)
2位 脇(110名)
3位 頭(68名)
4位 足(67名)
5位 その他(全体的に)(32名)

ここでは、口臭と脇のニオイが6割以上を占めていました。

なぜ口と脇はクサイの?

ニオイが気になる女性

3、4位の足に比べて、そのニオイに接触する機会の多いことが理由として考えられます。

特に口臭は会話などの日常生活で感じやすいのでしょう。脇も体臭の一つであることから、日常的に感じさせやすいニオイであることが推測できます。

どうにかした方がいいの?

慎平
どうにかした方がいいです。ここ、危機意識をもって下さい。

マンダムの「職場の身だしなみとニオイに関する意識調査」では、ビジネスシーン(職場)において、同僚など周囲の人の容姿のや身だしなみで「どうにかしてほしい」と思うのはどんなことか、という調査を実施しました。

ニオイに関する調査結果02
【引用元】株式会社マンダム/〈職場の身だしなみとニオイに関する意識調査〉

この調査によると、服装や髪型、ヒゲや鼻毛をおさえて、「体臭」「口臭」が堂々のワンツーフィニッシュです。身だしなみよりもニオイをどうにかしてほしい! という切実な要望が明確になっていますね。

また、圧倒的に女性から「どうにかして欲しい!」と思われていることが分かります。これを放っておくのはセクシーではありません。

なぜスメハラは怖い?

しかし、これだけの「どうにかして欲しい!」要望がありながら、どうしてこんなに多くの人がスメハラの加害者となっているのか。そこに、スメハラの本当の恐ろしさが潜んでいるのです。

先ほどの「どうにかして欲しい」の調査結果グラフを見ると、票数の多さに比例して、あることが強くなっていることにお気づきでしょうか。

慎平
それは「指摘のしづらさ」です。

たとえば「清潔感のない服装」と「センスの悪い服装」では、票数に大きく開きがあります。清潔感のない服装が圧倒的にどうにかして欲しいと思われていますね。

どちらも似たような服装に関する要望なのに、なぜこんなに差があるのか。

理由は簡単です。もしあなたが仕事仲間や上司に指摘するのであれば、どちらがやりやすいですか?

きっと「センスの悪い服装」になるのではないでしょうか? あなたにある程度のコミュニケーション能力があれば、冗談のように笑って指摘することもできそうです。

フケや髪型など、指摘することで人を傷つけてしまう可能性が高い要望は誰しもが言えずにいます。誰だって嫌われたくないですからね。上位の項目はどうしても暗黙の不満になってしまうのです。

そのため、スメハラは無自覚で発生します。

セクハラやパワハラは多く自覚があるため、他人の反応に反省して、自分で気付き見つめなおすことができます。しかしスメハラは知らず知らずのうちに周りに負担をかけているため、様々な弊害が発生してしまうのです。

女性に好かれないので、恋愛や結婚ができない……。

上司からも清潔感のないやつだと思われるため、出世にひびく……。

仕事仲間からも距離を置かれ、仕事を円滑に行えないことがある……。

たかがニオイ、されどニオイ。スメハラは数あるハラスメントのなかでも、非常に深刻な状態なのです。

どうしたら良いの?

これらの調査結果を元に、特に対策が必要な部位の原因と、対策方法をご紹介します。

体臭の原因と対策

体臭

【原因】

ズバリ、体臭は汗や皮脂が酸化することで発生します。汗や皮脂は、分泌されてすぐはほぼ無臭ですが、皮膚の常在菌(雑菌)と結びついて不快なニオイのするガスを発生させるのです。

また、汗には種類があって、脇の下に密集している汗腺は強いニオイを発することがあります。脇のニオイが特に気になるのはそのためです。

【対策】

ニオイの原因である雑菌の繁殖を最小限で留めるためには、体を清潔に保つ必要があります。それには、入浴と食生活が重要なポイントとなります。

湯船に長く浸かることで発汗を促し、体内にたまった毒素を排出することができます。夜は1日の雑菌が体に住み着いているため、殺菌作用のあるボディーソープで脇の下や耳の裏など、ニオイやすい箇所を優しく洗いあげましょう。

皮脂のニオイを良くするためには、食生活の改善が求められます。たとえば、揚げ物やお肉などの油を多く含む食品は大量に摂取することは控えたいです。反対に、緑黄色野菜やきのこ類は体の酸化を防ぐため、積極的に摂りたい食品です。

こまめに汗を拭くことも、体臭の予防に繋がります。汗を拭く際は、ハンカチでなくデオドラントシートを使いましょう。

口臭の原因と対策

口臭

【原因】

体臭と同様に、元をたどれば口臭も雑菌が原因です。食べかすや新陳代謝で剥がれた粘膜の細胞など、不潔なもので雑菌は繁殖します。

病気に起因する口臭もあります。虫歯や口内炎といった口の中の病気から胃炎など消化器に関するの病気まで様々です。とはいえ、口臭の多くは虫歯が原因です。

当然、ニンニクやアルコールなどニオイが強烈なものを食べたあとも口臭は強くなります。

【対策】

まず、口内が乾燥すると雑菌が繁殖しやすくなるため、水分を積極的に取るようにしましょう。これだけでもだいぶ違います。

食べかすも口臭を発生させるので、歯磨きは毎食後行いましょう。

虫歯がある方は治療をしましょう。虫歯には細かな食べかすが詰まり、口臭の巣窟となってしまいます。口臭の原因は虫歯が多いため、こちらをまずは意識して改善しましょう。

口臭のチェック方法と今すぐ使える対策を試してみた結果

2015.09.11

【更新情報】口臭のチェック方法やとっさに口臭を消すことのできる対策などをまとめました!

頭のニオイの原因と対策

頭皮臭い

【原因】

頭皮の皮脂や汗が、雑菌を繁殖させ、そこからニオイが発生します。体臭と同様に、皮膚の常在菌と結びついて不快なガスを発生させるのです。

また、毛髪が煙草などのニオイを移してしまう場合もあります。毛髪が傷んでいる場合に発生しやすいニオイです。

【対策】

シャンプーで頭皮を洗うことです。普通にシャンプーを行うだけでは頭皮や毛穴の汚れを落とすことは難しいため、指の腹でマッサージするようにシャンプーする必要があります。

サバイブで以前正しいシャンプーについて特集しましたので、詳しくはコチラをご覧ください。

【あなたの頭皮、臭いかも?】3分で分かる、モテる髪の洗い方

2014.12.11

まくらカバーを頻繁に変えることも効果的です。同じものを使用していると、繁殖した菌が髪や頭皮に移ってしまうこともあります。週に一度は変えるようにしましょう。

足のニオイの原因と対策

足の臭い

【原因】

足には汗腺が多く、汗をかきやすい環境になっています。その汗や角質、垢などが細菌と結びついてニオイを発生させるのです。

一般的に、男性は女性よりも持っている靴が少ないため、同じ靴を履き続けてしまいがちです。すると、靴自体が汗を吸い込み臭くなってしまい、そのニオイが移ることもあります。

【対策】

まずは入浴の際によく洗うことです。特に、指の間などは洗いを疎かにしてしまいがちなので、手の指を通すようにしっかりと洗いましょう。

足の爪が長いと、爪と指の間に雑菌が住み着いてしまいます。こまめに短くすることも効果的です。

雑菌は湿った環境に住み着くため、可能な限り靴を脱いで足を乾燥させましょう。生活の中で靴をぬぐ機会が持てない方も、テーブルやデスクの下で隙あらばこっそりと脱ぐよう心がけましょう。

まとめ

どんなに男前でどんなに仕事ができても、体が臭ければ全て台無しです。周りからの評価もがくっと下がってしまいますし、なによりセクシーではありません。

相手のことを思いやるならば、スメルケアはマストです。

体から放たれるニオイはほぼ雑菌が原因です。日々の少しの心がけで改善されることも多いため、それぞれの対策を知り、生活の中で実践していきましょう。

それでは、Can you survive?

サバイブの運営方針はこちら

ABOUTこの記事を書いた人

松本 慎平

編集者/新卒でITコンサル会社に就職。ある朝「もうすぐ30歳だけど、ちゃんと将来設計あるの?」と自問自答を始めて嘔吐・下痢を繰り返す。その後、経済的自立を求め、実学を会得する記事を書くためサバイブにジョイン(ジョインって使いたがる輩にろくな奴はいない)。尊敬する作家は金城一紀。ファイナンシャルプランナーで弓道初段です。

▼詳しいプロフィール

▼過去に書いた記事

▼フォローすると気取った文章が読めるFacebook