こんな毛根はハゲる! 本当は怖い毛髪診断|MINATO3710取材vol.1

※この記事の6秒まとめ
まとめgif

 


 

前回までのあらすじ

40代を目前にした岩崎は、迫り来るハゲノミクスの波を越えるため、頭髪の第一人者、板羽忠徳先生の経営するサロンの門をたたくのであった。

 

イザ久我山へ

会社を出る岩崎。その足取りはよどみない。

 

 

久我山駅

板羽先生の展開するサロン「MINATO3710」のある久我山へ到着。

 

 

登場人物紹介:岩崎聖侍

◯岩崎聖侍 セクシーモ株式会社(サバイブ運営会社)代表取締役社長
仕事中に突然育毛サロンへ向かった。

 

登場人物紹介:松本慎平

◯松本慎平 チームサバイブ員
突然飛び出す岩崎聖侍の後を追った。

 

 

久我山電気

100「おい見ろよこれ……」

 

 

久我山電気じゃねーか!

100「久我山電気じゃねーか!!(喜)」

 

松本慎平「いや知らないですよ……」

 

100「高校3年間、毎日、ここを通って学校に行ったんだよ。そんでさー、ラグビー部の先輩のシゴきが本当にキツくてさ、何度もやめちまおうかって思ったね。でもあの経験が今のオレを……」

彼の母校である國學院大學久我山高校がすぐそばにあるそうで、一人思い出話に花を咲かせる岩崎。

 

久我山散策

松本慎平「聖侍さん! 上です、上!」

 

毛髪相談

100「へ?」

 

 

毛髪相談!

あったー!!

 

 

ここなの?

100「ここなの?」

 

 

100「それよりこのセブンに思い入れがあってさ!!」

思い入れのあるセブン-イレブン

松本慎平(この人、何しに来たんだろう……)

 

 

minatoの入り口の岩崎聖侍

などとも言っていられないので、入店を覚悟する岩崎。
心なしか、顔も髪も不安そうである。

 

 

minato店内

100「あ、予約してた岩崎です

「はーい。おかけになってお待ちください」

松本慎平(予約してたんかい)

 

 

緊張した岩崎聖侍

一階の待合いスペースに案内された岩崎は、さっきまでのテンションはどこへやら、急に借りてきた猫のようにおとなしくなった。

 

 

問診票に記入する岩崎

スタッフの方に手渡された問診票を無言で書き進める。
髪の悩みや状態だけでなく、普段の生活環境まで事細かに記入しているようだ。

松本慎平(それにしても、アットホームで落ち着いた店内だなあ)

 

 

板羽先生監修商品

板羽先生監修の商品や

 

 

ゴルゴ13

ゴルゴが並んでいる。

 

岩崎の気づき

「ぺーちゃん、オレすごいことに気付いちゃったよ」

松本慎平「えっ、何ですか」

100「ここに来たことあるよ、オレ……」

松本慎平「え!? どういうことですか?」

 

岩崎の回想

「オレが通っていた高校、すぐそこじゃん。で、ラグビーの試合に負けたとき、『坊主にしてこい!』って言われて、えへっ♪」

松本慎平(なぜ嬉しそう……)

100「それで、最寄りの床屋がここだったんだよね、そういえば」

 

笑顔の岩崎

「あの頃は髪を減らしてもらってたのに、今は増やしてもらうなんて……。なんか感慨深いよな」

松本慎平(……なに言ってるんだろう?)

 

岩崎聖侍

そうこうしているうちに記入の終わった岩崎は、スタッフの方に二階に案内される。

伊藤さん

「本日はよろしくお願いします」

松本慎平「イケメンきた」

 

 

伊藤さん

◯伊藤卓哉さん 板羽先生のお弟子さん。
北海道出身。成り上がるため東京へ進出。

 

 

座らされる岩崎

IMGP8382 3「では、こちらにおかけください」

 

 

頭皮の硬さを計測

100「さっそくですが、今は何をしているんですか?」

 

IMGP8382 3「これは頭の硬さを測っています」

 

100「あの、結構チクっと痛いんですけど、良くない状況なんですか?」

 

IMGP8382 3全体的に頭皮が硬いですね。血液の循環が悪くなっているとはいえますね

 

松本慎平(なんか「頭かたい人」って言われてるみたい)

 

 

毛の太さを計測

 

100「こ、これは?」

 

IMGP8382 3「毛の太さを計測しています。毛は太いですね」

 

100「ありがとうございます!」

 

松本慎平(……なぜ、ありがとうございます?)

 

IMGP8382 3「毛はかなり太いので、いまはそんなに薄毛に悩まれていないですよね? 頭の状態はいい方です。ただ、全体的に頭皮は硬いですね。将来的なことを考えると、早いうちからの手入れは重要になってくると思います

 

 

頭皮をスコーピング

IMGP8382 3「「それじゃあ、マイクロスコープで頭皮の状態をみていきますね」

 

100「よろしくお願いします!」

 

 

頭皮確認

IMGP8382 3「ちょっと汗ばんでますね。外も温かいですし。昨日何時頃お風呂入られました?」

 

100「夜の8時位ですね」

 

松本慎平(早いな)

 

IMGP8382 3「それでしたら、このくらい皮脂が詰まっているのは正常の範囲内だと思います。ただ、これでは毛穴が詰まって育毛剤は入っていかないんですよね

 

100「なるほど……」

 

 

皮脂汚れ

 

IMGP8382 3「あと、見てわかると思うんですけど、一つの毛穴から2,3本髪が生えてますよね? これも正常です」

 

100「なるほど……なるほど……」

 

 

毛穴の間隔

IMGP8382 3「あと、岩崎さんは毛穴の間隔が広いタイプですね。マイクロスコープをあててみて、一つの画面に毛穴が1つもなかったりすると、結構間隔が広いタイプです」

 

100「改善できるんですか?」

 

IMGP8382 3「いえ、生まれつきのものなので、これは今後増えることはないです。毛穴の間隔が広いと毛が細くなったり少なくなったりした時に、すぐ目立っちゃいますね

 

松本慎平(さらりと恐ろしいことを)

 

 

問診をする伊藤さん

100「先ほど、全体的に頭皮は硬いとおっしゃっていましたが、硬さって生まれ持ったものなんですか?」

 

IMGP8382 3「うーん、そうですが、年齢によるところも大きいですね。遅くとも20代半ばくらいからは頭皮のケアは行ったほうが良いと思います」

 

松本慎平(受付で書いた問診表をもとにチェックを進めていくみたい。どうやら薄毛には様々な要因が絡んでいる様子)

 

IMGP8382 3「ストレスはたまりづらいほうですかね?」

 

100「そうかもしれません」

 

松本慎平「そうだと思います」

 

IMGP8382 3「それでは、事前に集めてもらっていた自然に抜けた毛をチェックしていきますね」

 

100「よろしくお願いします!」

 

松本慎平「いつのまに抜け毛集めてたんですか!?」

 

 

まるで水晶のような毛根

IMGP8382 3「これは毛根を拡大した映像なんですが、しっぽみたいなの見えますよね。これは毛を作る力が弱まっているということなんです。健康な毛根はマッチ棒の先端のようになっているんです」

 

100「なぜ毛を作る力が弱まるんですか?」

 

IMGP8382 3「老化もありますし、栄養も届いていない可能性が高いですね。他の毛を見ても正常な毛はほとんどないので、このままでは危険かもしれません

 

100「そうですか……」

 

松本慎平(シリアスな内容だけど、映像はなんだか神秘的だなあ)

 

 

新生毛

IMGP8382 3「これが生えてきたばっかりの毛ですね。髪様シャンプーっていうのはこういう毛を育てるために必要なんです」

 

松本慎平「髪様シャンプー、いわゆるマッサージシャンプーですね

 

100「髪を育てるために必要?」

 

IMGP8382 3「こういうような毛は、ごしごしシャンプーしちゃうと、摩擦で簡単に抜けちゃいますからね

 

100「なるほど……」

 

IMGP8382 3「では、実際にお手入れしながら見ていきましょう」

 

100「よろしくお願いします!」

オイル塗布

IMGP8382 3「まずはオイルを塗って、皮脂を溶かしますね」

 

100「ホホバオイルですか?」

 

IMGP8382 3「そうです、ホホバオイルです! 時間短縮のため、今回は温めて溶かします。ご自宅でやられる場合は10分くらい時間をおいてもらえればと思います」

 

 

その目は真剣そのもの

松本慎平「……」

 

100「……」

 

松本慎平「……どうですか?」

 

100「……あったかい」

 

松本慎平「……そうですか」

 

100「……あったかい」

 

松本慎平「……いや、分かりましたよ」

 

座らされる岩崎

IMGP8382 3「それではこちらへどうぞ」

 

100「……あ、はい」

 

 

シャンプー

IMGP8382 3「まずはシャンプーをつけてなじませます」

 

100「洗っているわけではないんですね」

 

IMGP8382 3油って水をつけると固まってしまうんです。なので、直接塗布できるシャンプー剤を使って、油と混ぜて乳化させています」

 

100「家でホホバオイルを使うときも、こういう感じで先にシャンプーと混ぜたほうが良いんですか?」

 

IMGP8382 3「市販のホホバオイルはシャンプー剤との相性があるので、ちゃんと製品の相性を調べたうえで行うのがいいですね」

 

100「相性の見分け方ってあるんですか?」

 

IMGP8382 3簡単な見分け方としてオイルとシャンプーを混ぜてみるというのがあります。大体の組み合わせではドロドロになるのですが、相性が良いものはサラサラになります

 

100「へー」

 

松本慎平「ためになるなあ」

 

 

こすっても大丈夫

 

IMGP8382 3「ここから下はこすってしまっても大丈夫です」

 

100「いわゆる、髪が薄くなっている人でも残っている部分ですね」

 

IMGP8382 3「大切なのは、ここから上です。ここから上は筋肉がなく、外部の力を使って運動させなければならないので、摩擦を起こさないように、こすらないでマッサージする必要があります

 

松本慎平「板羽先生の提唱している髪様シャンプー(シャンプーマッサージ)ですね」

 

IMGP8382 3「はい。強さはこれくらいですね。言葉(文章)だと伝えることは難しいと思うんですが、『意外と強いんだな』くらいがいいです」

 

「あなた結構頭皮が硬いんだね」

 

 

松本慎平「その声はまさか!」

 

100「ゴルゴ13!!??」

 

松本慎平「いや、板羽先生でしょ!」

 

 

次回予告

次回予告

ついにそのベールを脱ぐ板羽忠徳先生!
ところが、板羽先生の施術に、驚きのあまり岩崎は気を失ってしまう!?

はたして、岩崎は無事生還することが出来るのか!!

あなたの知らない育毛剤の使い方|MINATO3710取材vol.2

2015.04.23
バナー①

それでは、Can you survive?

サバイブの運営方針はこちら

ABOUTこの記事を書いた人

松本 慎平

編集者/新卒でITコンサル会社に就職。ある朝「もうすぐ30歳だけど、ちゃんと将来設計あるの?」と自問自答を始めて嘔吐・下痢を繰り返す。その後、経済的自立を求め、実学を会得する記事を書くためサバイブにジョイン(ジョインって使いたがる輩にろくな奴はいない)。尊敬する作家は金城一紀。ファイナンシャルプランナーで弓道初段です。

▼詳しいプロフィール

▼過去に書いた記事

▼フォローすると気取った文章が読めるFacebook