ハゲない髪の乾かし方って?ドライヤーを使うべきか否か

サムネイル

こんにちは。チームサバイブの慎平です。
日差しだけは春めいてきましたが、まだまだ寒い日が続きますね。

さっそくですが、皆さんは入浴後にドライヤーをかけていますか?

特に短髪の男性ともなると、面倒くさがって自然乾燥に身をゆだね……

松本01
……あっ!

松本02
ちょっと、ちょっと!!

松本03
あっ! あっ! ちょっと待って! 待って!

松本04
もう大丈夫! もう大丈夫!!

松本05
もういいってば!! ちょっとって言ったじゃん!!!

松本06
おい! おい!! ヤマザキさん!! あれ? ヤマザキさん!!??

松本07
もういいよ! もう、あの! すみません! ほんとすみません! ほんと……

……

…………

………………

 

 

サムネイル2

こんにちは。チームサバイブの慎平です。
日差しだけは春めいてきましたが、まだまだ寒い日が続きますね。

さっそくですが、皆さんは入浴後にドライヤーをかけていますか?

特に短髪の男性ともなると、面倒くさがって自然乾燥に身をゆだねていませんか?

たかがドライヤー、されどドライヤーです。入浴(シャワー)の後に正しい方法でドライヤーをかけないと、さまざまな髪への悪影響が及ぶこともあるのです。

たとえば……

  • 頭皮の常在菌が異常繁殖して嫌な臭いの原因になることも!
  • 頭皮の乾燥で、水分が不足し薄毛の原因になることも!
  • キューティクルが剥がれ、髪のツヤがなくなることも!
  • 水分が飛びすぎ、ハリやうるおいが失われることも!
  • 最悪、髪が燃える(焦げる)ことも?

ぜひこの機会に頭皮にやさしいドライヤー法を覚えて実践してみてください。

ああ、あと、会社にドライヤーがなかったので、代わりに「尿瓶」で解説していますが、それは気にしないでください。

正しいドライヤーのかけ方

1.ドライヤーの前に

ドライヤーのかけ方

まずは、タオルドライをします。ドライヤーをかける前に、タオルで出来る限り水気をとってしまいましょう。

髪が濡れるとキューティクルが開きやすくなるため、その状態でこすると髪をいためてしまいます。あくまでも軽く押さえたり、包み込むように吸い取るイメージでタオルドライを行います。髪ではなく「頭皮」の水分を意識しましょう。

2.乾かし始め

ドライヤーのかけ方2

通風口から髪の毛まで、一定の距離を空けましょう。近すぎると熱で髪が傷んでしまう可能性があります。20センチ以上は空けることが理想的です。

また、同じ箇所に3秒以上あてることも避けましょう。頭皮にまんべんなく風を送るようにします。

ドライヤーのかけ方3
20センチって、けっこうありますよね。

3.乾かし終わり

ドライヤーのかけ方4

重要なのは、乾かしすぎは禁物であるということです。完全に乾かしてしまうと、水分が失われ、髪がパサついてしまいます。

とはいえ、乾かさないと頭皮が蒸れてしまい、常在菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。前述したとおり、常在菌の繁殖は嫌なにおいやかゆみの原因となりますので、注意が必要です。

自然乾燥
(……自然乾燥も、……大切なんです!!)

推奨したいのは、温風での乾燥は8割程度にとどめ、残りの2割は自然乾燥やドライヤーの冷風を活用するというやり方です。ドライヤーの熱風は髪を傷めます。髪の毛をいたわるようなドライヤーを心がけましょう。

自然乾燥2
(……自、……然!!……ファン燥も!……大切、……す!!!!)

以上のことに注意して、髪に優しいドライヤーを心がけてみてください。
普段のなにげない積み重ねが、健康な頭皮に結びついているのです。

それでは、Can You Survive?

サバイブの運営方針はこちら

バナー

正しい育毛ケアを4ヵ月続けた結果、異常な抜け毛が9割の~ハゲ寸前~の髪に驚くべき変化がありました!


※この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

男性の79%はハゲる!?髪の神「板羽忠則」髪の洗い方NO.1

2015.02.13

女子も知らない?コンディショナーとトリートメントの順番

2015.01.26

【あなたの頭皮、臭いかも?】3分で分かる、モテる髪の洗い方

2014.12.11

ABOUTこの記事を書いた人

松本 慎平

編集者/新卒でITコンサル会社に就職。ある朝「もうすぐ30歳だけど、ちゃんと将来設計あるの?」と自問自答を始めて嘔吐・下痢を繰り返す。その後、経済的自立を求め、実学を会得する記事を書くためサバイブにジョイン(ジョインって使いたがる輩にろくな奴はいない)。尊敬する作家は金城一紀。ファイナンシャルプランナーで弓道初段です。

▼詳しいプロフィール

▼過去に書いた記事

▼フォローすると気取った文章が読めるFacebook