女子も知らない?コンディショナーとトリートメントの順番

サムネイル

こんにちは、チームサバイブの慎平です。

突然ですが、みなさんはシャンプーの後に何を使いますか?

リンス・コンディショナー・トリートメント。
最近はリンスをあまり見かけなくなったので、コンディショナーかトリートメントのいずれかをお使いの方が多いのではないでしょうか?
または、どちらとも使っている、という方もいるかと思います。

けれども、なんとなーくこれらを使っていて、どのような場合に何を使用すればいいのか、また、順番はどうなのかなど、正しい使い方を理解している人は案外少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、髪を洗う際のヘアケア用品の違いと、適切に使い分ける方法を紹介します。

セクシーな男は、リンス・コンディショナー・トリートメントの違いくらい、スラスラ説明できなければならないのです!

リンスとは?

最近は目にする機会も減ってきているリンス。
これは髪の表面を油分でカバーするためのケア用品です。

シャンプー後の髪の毛の軋みをカバーし、手ざわりを良くしてくれます。

しかし、あくまでも表面のケアであり、基本的には内部には作用しないことが特徴です。

リンス

一昔前のシャンプーは洗浄力が強く洗いあがりがごわごわしたものが多かったため、リンスが必要とされてきました。
しかし、昨今はシャンプーの技術も向上し、洗いあがりがより滑らかになってきています。そのため、滑らかにするだけのリンスはお役御免になりつつあるのです。

リンスをあまり目にしなくなったのには、そういった背景があるのです。

コンディショナーとは

コンディショナーもリンスと同様に髪の表面に作用し、手ざわりを良くしてくれます。

リンスとの大きな違いは、名前の通り髪のコンディションを整えてくれることです。
具体的には、しなやかさやコシといったリンスにはないプラスアルファの効果をもたらしてくれます。

また、保湿効果があるものは髪を指通りよくなめらかなものにしてくれます。

コンディショナー

日常的に使用するのであれば、シャンプーの後にはリンスではなくコンディショナーで、まず間違いないでしょう。

トリートメントとは

最後に、トリートメント。

リンス、コンディショナーが髪の表面に作用してケアを行うのに対し、トリートメントは髪の内部に浸透して、補修を行います。

ダメージが強い髪や、ハリ、コシ、うるおいに欠ける髪には、内部補修を狙ったトリートメントが有効でしょう。

トリートメント

ただし、トリートメントはコンディショナーと比べ、高価なものも少なくありません。
毎日コンディショナーを使い続けることは、セクシーな活用方法とは言えないと考えます。

あなたはどれを使うべき?

こちらのフローチャートで、あなたがシャンプーの後に使うべきベストなヘアケアを見つけてください。
Chart

1.不使用(シャンプーのみ)

確かにシャンプーだけでも汚れは落とせますし、コンディショナーやトリートメントをすすぎ残す心配もありません。ズボラな方にはアリな選択肢でしょう。
しかし、それははたしてセクシーといえるのでしょうか?

2.コンディショナー

髪が特別傷んでいるわけでもなく、特に悩みがないのであれば現状はこの選択で良いでしょう!

3.トリートメント&コンディショナーA

髪が痛み、かつお金に余裕があるのであれば、トリートメントとコンディショナーを合わせて使用してください。お金に物を言わせ、存分に髪をいたわってあげましょう。

4.トリートメント

トリートメントにはコンディショナーのような髪を滑らかにする成分も含まれているものが多いので、髪が傷んでいる人がどちらか1つ選ぶとするならば、トリートメントを活用しましょう。

5.トリートメント&コンディショナーB

ここで、松本からセクシーなヘアケア方法を提案したいと思います。
毎日のケアにはコンディショナーを使用し、週に1度か2度、特別な補修としてトリートメントを加えるというイイトコどりの方法です。
ランニングコストを抑え、髪の内部も定期的にケアするという、賢くセクシーなケアです。ぜひ実践してみてください。

ちなみに、正しいシャンプーのやり方は別記事をご覧ください!

【あなたの頭皮、臭いかも?】3分で分かる、モテる髪の洗い方

2014.12.11

コンディショナーとトリートメントって、どっちが先なの?

ところで、コンディショナーとトリートメントを同時に使用する場合は、どちらを先に使用するべきか知っていますか?

トリートメントは高価なものが多いので、できる限り洗い流したくない!と言って、最後に使ってしまう方も多いようです。

ですがそれは間違いです。正しくは「トリートメント→コンディショナー」です。

コンディショナーを先に使用すると、髪にコーディングがされた状態でトリートメントを使用することになります。
これでは、トリートメントの補修成分が内部まで浸透しません。

一覧

シャンプーの後、トリートメントで補修を行い、最後にコンディショナーで表面をコーティングする。
これが、正しい順番なのです。

ちなみに、ファッションの聖地 HARAJUKUで調査したところ、なんと過半数が間違った認識でいました!

graph
※社内にいた男女5人調べ

また、理屈はわかっていても、「どっちがコンディショナーでどっちがトリートメント?」となってしまう人もいるのではないかと思います。

そこで、サバイブではこのケアの順番を間違えないようにする合言葉を考案しましたので、ぜひ覚えて帰ってください。

格言めいたこと

そうですね。

トリートメント
ンディショナー

トリ・コですね。どうでしょうか?
名称に関する社内確認はしていませんし、しないでこの記事をアップするつもりです。怒られたら直します。

また、お使いのトリートメントによっては洗い流さないタイプなど、この限りではないので用法・用量を守って正しくお使いください。

ともあれ、毎日行うケアなので、上記のことを心がけ、他のオトコたちの差をつけていきましょう!

それでは、Can you survive?

サバイブの運営方針はこちら

バナー

異常な抜け毛が9割~ハゲ寸前~の社長が、正しいシャンプーや育毛ケアを学び、4ヵ月続けたところ、毛髪に大きな変化がありました!


※この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

ハゲない髪の乾かし方って?ドライヤーを使うべきか否か

2015.02.06

男性の79%はハゲる!?髪の神「板羽忠則」髪の洗い方NO.1

2015.02.13

【あなたの頭皮、臭いかも?】3分で分かる、モテる髪の洗い方

2014.12.11

ABOUTこの記事を書いた人

松本 慎平

編集者/新卒でITコンサル会社に就職。ある朝「もうすぐ30歳だけど、ちゃんと将来設計あるの?」と自問自答を始めて嘔吐・下痢を繰り返す。その後、経済的自立を求め、実学を会得する記事を書くためサバイブにジョイン(ジョインって使いたがる輩にろくな奴はいない)。尊敬する作家は金城一紀。ファイナンシャルプランナーで弓道初段です。

▼詳しいプロフィール

▼過去に書いた記事

▼フォローすると気取った文章が読めるFacebook