【あなたの頭皮、臭いかも?】3分で分かる、モテる髪の洗い方

サムネイル

こんにちは。 チームサバイブの慎平です。
ちなみに、オフィスは模様替えのまっただ中です。

 

 

アユミチャン1

そして、こっちが隣のビルの受付嬢のアユミチャンです

 

アユミチャン2

(……チラッ)

さっそくですが、私はアユミチャンが好きです。ラヴです。
きっと、彼女も私のことが好きだと思うのですが、先日こんな出来事がありました。

 

——————–先日——————–

松本慎平(回想

「やあ、アユミチャン!今日もキュートだね!良かったら、週末食事でも……」

 

アユミチャン(回想)

(……ジロジロ)

 

松本慎平(回想

(今日じゃないな……)

—————————————-

松本慎平

なにかおかしいですよね?

出会い頭に鼻を押さえるなんて、もしかすると私のにおいが気になったのかもしれません。よくよく考えると、彼女は私の髪を見ていたような……。

そう思って私は、頭皮に指を押し付け、においを嗅いでみました。

 

謎は全て解けました

謎はすべて解けました。

 

しかし、当然ながら私は毎日お風呂に入っています。湯船にも浸かっていますし、シャンプーもこれでもかと念入りに行っています。タバコも最近やめました。

なぜ私の頭皮から玉ねぎまみれの雨上がりの犬のにおいがするのか、さっぱりわかりません。

 

おーい竜馬

そこで、私は勉強しました。頭皮のにおいのもとを探ったのです。そして、調査の結果、ある事実にたどり着きました。それは、

シャンプーのやり方が間違っているということ。

結論から言いますと、正しいシャンプーのやり方を実践した結果……。

——————–今朝——————–

松本慎平

「やあ、アユミチャン!この前は、なんかごめんねw それにしても、今日もキュートだね!良かったら、今夜食事でもどうだい?」

 

アユミチャン3

(……ジロジロ)

 

アユミチャン3

(…………)

 

アユミチャン4

(……あれあれ?)

 

アユミチャン6

(……あれあれ?)

 

アユミチャン7

(……あれあれあれあれ?)

—————————————-

松本慎平

まあ、だいたいこんな感じです。
私の実践したシャンプー術は、限りなくセクシーの境地に達したのだと思います。

今回は特別にその方法をここに公開しようと思います。そんなに難しいことではありません。
いつものシャンプーにちょっとした「心がけ」みたいなものを加えるだけでOKです!

 

松本松本3

ただ、私はこれからアユミちゃんとドゥウェェート(デート)と洒落込むことになっています。いやはや、こればかりは避けられません。ほんとうにすみません。

けれど、安心して下さい。大切なことはすべてここにメモしておきました。

頭皮のにおいやフケはエチケットとしてとっても大事ですので、くれぐれも気を配って下さい。特に、男性のみなさん!

それでは、Can you survive?

—————————————-

正しい髪の洗い方

1.下準備

手洗い

まずは、丁寧に手を洗いましょう。手についたホコリや汚れは、シャンプーの泡立ちに影響します。

洗髪

次は、髪を洗います。洗うと言ってもまだシャンプーを使わずに、ぬるま湯で流します。いわゆる「湯シャン」ですね。
髪についた汚れや、スタイリング剤を落とすことでシャンプーの洗浄効果を高めます。

シャンプーを使う前からシャンプーは始まっているのです。

 

2.泡立て、洗浄

泡立て

いよいよ、実際にシャンプーを使っていきます。まず、シャンプーを1,2プッシュし、百円玉ほどの量を取りましょう。そして、少量のお湯を足しながら泡立てます。

ポイントは、手の上で泡立てるということ。決して頭皮の上で泡立ててはいけません。

マッサージシャンプー

両手の指頭(指紋の中心と指先のちょうどまんなかあたり)を使い、頭皮をマッサージするように洗浄します。髪を洗うのではなく、頭皮を洗うのです。
爪などで強くこすると炎症のおそれがあるため、あくまでも頭皮を揉み込むようなイメージで洗浄をします。
5分以上を目安にまんべんなく行ってください。

また、スタイリング剤などを使用していると泡立ちが極端に悪いことがあります。
そんな時は、2度洗い。
1度目は少量のシャンプーで簡単に頭髪を洗浄し、スタイリング剤を落とします。そして、2度目に上記のように丁寧に揉み洗いをすることをおすすめします。

 

3.すすぎ

すすぎ(うなじ

十分に髪をもみ洗いしたら、すすぎです。熱すぎないお湯で、ゆっくりと時間をかけて、丁寧に流しましょう。
少なくとも、2の泡立て(洗浄)よりも長い時間をかけてください。3分から5分以上が理想です。

耳の裏やうなじまで丁寧に、すすぎ残しの無いようにしましょう。

 

4.ドライ

すすぎ終わったら、ドライです。清潔なタオルで十分に水気を取り、ドライヤーで髪を乾かしましょう。

特に男性は髪が短いので、たとえ面倒でも必ずドライヤーは使いましょう。
自然乾燥だと髪が傷んでしまうことがあるので、くれぐれも注意してください。

タオルドライ

また、ドライヤーはかけすぎも禁物です。
頭皮を乾かしすぎることは、フケの発生や、髪が痛む原因になることもあります。乾かしすぎることの無いよう、程々にしてくださいね。

ドライヤーのより詳細な使い方に関しては別記事(ハゲない髪の乾かし方って?ドライヤーを使うべきか否か)でも紹介していますので、ぜひそちらもチェックしてみてください!

 

まとめ

知っているようで知らない「正しいシャンプーのやり方」。
間違った洗い方は髪のにおいだけでなく、フケを誘発することもあります。正しいシャンプーで、清潔な頭皮を保ちましょう!

松本松本

※この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

女子も知らない?コンディショナーとトリートメントの順番

2015.01.26

男性の79%はハゲる!?髪の神「板羽忠則」髪の洗い方NO.1

2015.02.13

ハゲない髪の乾かし方って?ドライヤーを使うべきか否か

2015.02.06

ABOUTこの記事を書いた人

松本 慎平

編集者/新卒でITコンサル会社に就職。ある朝「もうすぐ30歳だけど、ちゃんと将来設計あるの?」と自問自答を始めて嘔吐・下痢を繰り返す。その後、経済的自立を求め、実学を会得する記事を書くためサバイブにジョイン(ジョインって使いたがる輩にろくな奴はいない)。尊敬する作家は金城一紀。ファイナンシャルプランナーで弓道初段です。

▼詳しいプロフィール

▼過去に書いた記事

▼フォローすると気取った文章が読めるFacebook