100万円でIPO株を始めた結果…半年で約64万円の利益!

IPOに挑戦した結果?

ヤマザキOKコンピュータ
どうも、ヤマザキOKコンピュータです!
あけましておめでとうございます!今回の記事は私が昨年IPO株でどれだけ利益を出したのか、結果発表です!

ドキドキの結果発表の前に、私の取引スタイルについて説明しましょう!

せいきゅん
いやいや、タイトルに結果書いちゃってるよね。
普通この手の記事はクリック率を上げるために「2015年、100万円持ってIPOを始めた結果…衝撃の展開が!」みたいなタイトルにするんじゃない?
ヤマザキOKコンピュータ
(うるさいなあ……)
はい、そんな不器用な私でも半年で63万9,400円儲かったので、サバイブ読者の皆さんならもっと儲かるかもしれませんね!
今回の記事がIPO未経験の皆さんが投資に踏み出すきっかけになればと思います!それでは本題に入りましょう!

IPO株を知らない方にはコチラの記事をオススメ!

IPO株とは?勝率約9割のIPOのリスクと仕組みをわかりやすく

2016.03.09

私のIPO株の取引スタイル

私は本業と遊びに全力を注ぎたいので、なるべくなら投資に時間や労力をかけたくありません。

そこで、IPO株に関しては最低限の調査と手続きしか行わないようにしています。

ネット証券はほぼ毎日チェックする

私が使っている証券口座は日興・大和・みずほ・野村・SBIの5つ。

抽選参加~取引~出金まで全てネット上で行います。

IPO株のBB期間や上場日は細かく把握していませんが、上の5つの証券会社のホームページは毎朝10分ほどかけてチェックしています。

各証券会社のホームページを見て、BB期間中(抽選受付中)の銘柄があれば情報サイト(IPOサバイバルなど)を参考に抽選参加するか否かを判断しています。

余程評価の低い銘柄以外は出来る限り全ての証券会社から抽選参加します。

ヤマザキOKコンピュータ
12月のラッシュ時以外は週に大体1〜2社程度しか上場しないので、3日に1度くらいのペースで自宅でチェックしていけば大丈夫です。
調査や抽選参加手続きの時間も含めると30分前後かかりますが、これもまた楽しいので意外と面倒くさくないもんですよ!
ヤマザキOKコンピュータ
ちなみにヤマザキはいつも会社に到着してから仕事を始めるまでの間にやっています!
朝イチから真剣な顔でPCに向かっているので、上司たちはむしろ「ヤマザキ仕事頑張ってるな~」と思っているはずです!
せいきゅん
いやいや、そんな事とっくに気付いてるし当たったかどうかも表情で全て把握してるよ。
ヤマザキOKコンピュータ
わお。

予算について

主幹事の証券会社にだけ抽選参加するスタイルならば10~40万くらいの予算でも始められますが、予算が多ければ

・一つの銘柄に複数の証券会社から申し込みやすい。
・複数の銘柄のBB期間が重なったときに我慢せずに抽選参加できる。

といったメリットがあるので結果的に当選確率が上がります。

さらに配偶者やご家族の協力を得て複数名義で口座を開くことが出来れば当選確率も2倍3倍と上げることができますが、それなりに予算が必要となります。

私の規模(1つの名義で5つの証券会社しか使わない)で取引するならば、大体100万円ほどあるとやりやすいと思います。

ヤマザキOKコンピュータ
基本的に振込手数料無料のネット振込で出し入れしながら取引することになるので予算自体あまり気にする必要ないかもしれません。

当たった株は必ず上場日に売る

そして、当選した株式は必ず上場日の午前中に様子を見ながら売ることにしています。

また、上場日に値段が付かなかった場合は初値で売ります。

このやり方ならば、あまり知識が無くても高確率で利益を得ることが出来ると思っています。

ヤマザキOKコンピュータ
私は自分に株式の知識が無いことを自覚しているので「この株はIT系だから~」といった事は何も考えず、統計的に高値の付きやすいタイミングで売ることにしています。

2015年私のIPO株取引結果

会社名当選した証券会社上場日当選株数(株)公募価格(円)売値(円)損益(円)
サムティ・レジデンシャル大和06/30110万2,00010万0,000-2,000
デクセリアルズ大和日興07/292001,6001,599-200
土木管理総合試験所野村08/261001,2501,192-5,800
ブランジスタ大和09/17100450634+1万8,400
日本郵政みずほ大和日興11/043001,4001,631+6万9,300
ゆうちょ銀行みずほ日興11/052001,4501,680+4万6,000
かんぽ生命みずほ11/0610022002,929+7万2,900
R-いちごホテル日興11/30110万6,00010万8,800+2,800
ソネット・メディア・ワークス大和12/221002,3005,500+32万0,000
ソーシャルワイヤー大和12/241001,6002,780+11万8,000

ヤマザキが2015年に当選したIPO株の一覧。

2015年に上場した全97銘柄のうち55銘柄の抽選に参加し、当選したのは10銘柄。

勝率8~9割と聞いて始めたのに初っ端から3連敗したときはさすがに不安になりましたが以降は7連続の黒字で、実際の勝率としてはジャスト70%。

8/24堀北真希さんの結婚報道と同時に起きた世界同時株安の影響などで若干のマイナスはあったものの、郵政グループ3社の上場や年末に当たった2銘柄のおかげで大きくプラスに動き、年間損益は63万9400円のプラスで終えました。

2015年大和証券のIPO当落

中でも年末に大和証券で当選した「ソネット・メディア・ネットワークス」は一番ビッグな当たりで32万円のプラス!
これはもともと評価の高い株で、正直当たるわけないと思っていたので驚きました。

同じく年末に当選した「ソーシャルワイヤー」はSBI証券が主幹事で、私が当選した大和証券の抽選配分はわずか41枚。

こちらも大和証券から当たるなんて思ってもいませんでした。
確率が低くても当たるときは当たりますね。

やはり主幹事以外の証券会社からも出来る限り抽選参加したほうが良さそうです。

今年はさらに積極的に参加していきたい

この63万9,400円という金額が「多い」か「少ない」か個人差はあると思いますが、20代サラリーマンの平均月収の2か月分以上!

ヤマザキOKコンピュータ
僕がフリーターだったころで考えたら3か月…いや、4か月分です(涙)。

普通に銀行に預けていたら100円程度の利息しか付きません。お金を眠らせておくことがどれだけ勿体ないことかわかりますね。

また、得たものはお金だけではありません。

「このお店はどこの会社が経営しているのかな?」

「こんなに有名な会社なのに上場してないんだ~」

といった具合に、社会に対して自然に興味が湧くようになりました。

今年もどんな会社が上場していくのか楽しみです!

昨年増やした資金で、より積極的に投資していきたいと思います。

というわけで以上!「2015年、予算100万円でIPO株を始めた結果…半年で63万9400円のプラス!」でした!

 

★↓↓IPO株の始め方はこちら↓↓★

IPOとは?|IPO株の当選確率を上げる買い方とは?

2016.09.16

 

それではまた!Can You Survive?

 


ヤマザキが書いたお金関連の記事はコチラ!

IPO株とは?勝率約9割のIPOのリスクと仕組みをわかりやすく

2016.03.09

20代から貯金できる習慣を作って来年から本気出す!

2015.12.18

銀行貯金では危険な時代!インフレリスクから資産を守るには

2015.10.16