ハライチ澤部CMのLINE証券で無料で株をもらう方法

ハライチ澤部さんと満島真之介さんのCM「元手0円で、株」は、かんたんなクイズに正解するだけで、無料で株がもらえるキャンペーンです。

もらった株は、すぐに売って現金化してもいいし、業績が上がりそうな会社を選んでガチホしてもいい。

無料で株をもらって儲けるチャンスを見逃すな!

ペースケ
ヤスー、最近「元手0円で、株」ってCMやってるじゃん? あれどゆことなの?? 株って無料でできるもんなの?
ヤス石田
ハライチ澤部さんと満島真之介さんのCMでしょ?

 

 

ペースケ
そうそう!「あの澤部が!!」ってやつ。
ヤス石田
あれは、LINE証券の「初株チャンス」というキャンペーンだよ。詳しく見ていこう。
ペースケ
わかりやすくたのんます!

この記事を書いているのは…… ヤス石田のプロフィール
【ヤス石田のSNS】
Twitter / Instagram(自宅公開) / Facebook

LINE証券の「初株チャンス」とは?

LINE証券の「初株チャンス」キャンペーン

引用:https://line-sec.co.jp/contents/stockdebut-4000.html

LINE証券の「初株チャンス」は、クイズに正解すると最大3000円の株の購入代金がもらえるキャンペーンなんだ。しかも今ならCM放送を記念して、12月6日まで最大4000円に増額されている。

ペースケ
ク、クイズ? どゆこと??
ヤス石田
LINE証券の口座開設時にクイズが2問出題されるんだけど、そのクイズに1問正解すると2株、2問正解すると3株分の購入代金がもらえるんだ。
ペースケ
クイズに正解するとお金がもらえるの?
ヤス石田
現金がもらえるわけじゃなくて、最大4000円分の株がもらえるってイメージ。
ペースケ
なるほどー。それで「元手0円で、株」ってことなのね。そういうことなら早速口座開設してみる!
ヤス石田
ちょい待ち! 口座開設を焦るとキャンペーンの対象外になっちゃうかも。「初株チャンス」キャンペーンの流れを解説していくよ。

>> LINE証券の公式サイトはこちら

「初株チャンス」の流れ

①エントリー

「初株チャンス」の恩恵を受けるには、口座開設前のエントリーが必須

「初株チャンス」キャンペーンはエントリーが必須

引用:https://line-sec.co.jp/contents/stockdebut-4000.html

口座開設公式サイトの「キャンペーンにエントリーして口座開設申し込み」から必ずエントリーしよう。エントリー前に一度でもLINE証券にログインしちゃうと、キャンペーンに参加できなくなるよ。

②口座開設手続き

ヤス石田
次に、LINE証券の口座開設手続きになるよ。

LINE証券の口座開設はスマホで完結できる。いくつかのかんたんな質問(投資経験や金融資産に関する質問)への回答と運転免許証やマイナンバーカードなどの身分証と顔画像を撮影するだけ。

ヤス石田
証券会社の口座開設って、今だに申込み書に手書きで記入したり、郵送で返送したりと、手続きが煩わしいところが多いんだ。その点、スマホで口座開設できるLINE証券は投資家としては本当にありがたい存在。

しかもLINEがインストールされていれば、新たにアプリをインストールする必要がなくて、株の売買も情報収集もLINEのアプリだけでできちゃう。

③クイズに回答

口座開設が完了したら、次はいよいよクイズ。

ペースケ
クイズってやっぱり株に関する問題が出るの? 自信ないなぁ……
ヤス石田
株や投資、LINE証券やLINEサービスに関する問題が出題されるよ。とはいっても全然構える必要はない。

3つの選択肢のなかから正解を選ぶだけだし、なにより「初株チャンス」のクイズには制限時間がないんだ。Googleで調べれば、まず間違うことはないと思う。

たとえばこんな問題が出るよ。

「初株チャンス」の出題例

■投資の神様と呼ばれておりバークシャー・ハサウェイの現会長を務めているのは?

■LINEアプリが誕生したのは何年?

■LINE証券では最低何株から株の取引が可能ですか?

ペースケ
たしかにググればいけそう!
ヤス石田
たった2問しか出題されないから、落ち着いて確実に正解しよう。

クイズに1問正解すると2株分、2問正解すると3株分の購入代金がもらえるよ。

④株を選ぶ

次に、選択可能な銘柄が表示されるので、そのなかから好きな銘柄をひとつ選べばOK。

ペースケ
銘柄を選ぶコツはある?
ヤス石田
個別株を購入するとなると、本来ならば色々と調査が必要だと思うけど、今回は名前を知っている企業やサービスを使ったことがあるなど馴染みのある企業を選べばいいんじゃないかな。

もしくは、その時点で一番株価の高い銘柄を選べばいいと思う。株価の高い銘柄を選べば、極端な話、3株もらった直後に売れば一番得するからね。

ペースケ
そっか! 購入後にすぐに売っちゃえば現金化できるやん!!
ヤス石田
口座開設から最大30日間は、取引コストが無料だしね(いちかぶの取引)。でも、せっかくもらえるんだから、僕ならそのままガチホするよ。

それに、期間中(終了日未定)に「いちかぶ」で、1取引1万円以上の株を購入すると現金1000円がもらえるんだ。この機会に1万円分買い増ししてガチホしても面白いかも。数年後に思わぬ利益をゲットできる可能性があるね。

ペースケ
いいかも……。てかたびたび出てくる「いちかぶ」って何?
ヤス石田
では、LINE証券についてもう少し見ていこう。

>> LINE証券の公式サイトはこちら

LINE証券ってどんな証券会社?

LINE証券は、LINE Financialと野村ホールディングスの共同出資で設立された証券会社。

ヤス石田
証券会社としてはかなりの後発組だけど、2021年11月に100万口座突破したみたいよ。LINE利用者の20~30代の若年層をターゲットにしていて、LINEアプリ内で株の取引きができるんだ。

「いちかぶ(単元未満株)」は、1株単位で投資できるので、投資初心者にピッタリなサービスなんだ。

ペースケ
株って1株から買えないもんなの?
ヤス石田
一般的に証券会社で株を売買する場合、100株からの取引きになる。たとえば1株800円の企業に投資する場合、800円 × 100株 = 8万円の資金が必要になる。
ペースケ
ほほう。
LINE証券の「いちかぶ」なら、1株の800円から投資できるってことね。
ヤス石田
取扱い銘柄も2021年10月4日に484銘柄を追加されて、1500銘柄以上に拡大されたんだ。トヨタ自動車やソフトバンク、楽天グループなどの有名企業の株も1株から購入できるよ。

そのほか、LINEポイントやLINE Payを利用できたり、2021年からはIPO株の取扱いも開始したよ。

IPO株は、野村證券からの委託配分がメインになるので、取扱い数はそこそこ多くなりそう。まだまだIPO開始から時間が経っていないので、比較的参加者が少ない今が当選チャンスかもしれない。

ヤス石田
ちなみに僕のIPO株の総利益は200万円以上
※税金と手数料を差し引く前の金額

>> LINE証券の公式サイトはこちら

キャンペーンまとめ

ヤス石田
キャンペーンをまとめてみよう。
「初株チャンス」
公式サイトからエントリー後に口座開設をしてクイズに正解すると、対象銘柄のなかから好きな1銘柄の株を最大で3株分もらえる
※2021年12月6日までに口座開設を完了してクイズに正解すると、通常最大3000円の株の購入代金プレゼントが最大4000円に増額

「1000円プレゼントキャンペーン」
「初株チャンス」でクイズに正解後、口座開設の翌月末までに「いちかぶ」で1取引1万円以上の株を購入すると現金1000円がもらえる(LINE証券口座に入金される)

「株ジャンボキャンペーン」
いちかぶ購入時にくじで当選すると、購入金額の1%から最大300%が還元される(期間内での当選金額の付与上限は10万円)

まとめ

ハライチ澤部さんと満島真之介さんのCM「元手0円で、株」は、かんたんなクイズに正解するだけで、本当に無料で株がもらえるキャンペーンだよ。

落ち着いて口座開設をして、確実に3株ゲットしよう。すぐに売って現金化してもいいし、業績が上がりそうな会社を選んでガチホしてもいい。

ヤス石田
とにかく無料で株をもらって儲けよう!
ペースケ
無料で株ができるなら、株をはじめるいいきっかけになるね。
ヤス石田
LINE証券は、初心者でも気軽に投資がスタートできる証券会社だけど、そのままガッツリ株式投資に移行することもできるよ。
ペースケ
あらたにアプリをインストールしなくてもOKってのも何気にポイント高いね。
ヤス石田
IPO株の取扱いも開始したので、投資家デビューにおすすめの証券会社だよ。

>> LINE証券の公式サイトはこちら

 

それでは、Can you survive?
※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。
サバイブ運営方針はこちら

スポンサーリンク

ABOUTこの記事を書いた人

知りたいことはとことん追求する根性系の生真面目パンク野郎(3児の父)。節約と節制とメルカリとIPO株を駆使して、人生の荒波をサバイブ中。15台のスマホで14枚のSIMカードの通信速度を毎週コツコツ計測している。嫌いな言葉は「損」と「リスク」。苦手なことは「損切り」。
【SNSやってます】 Twitter / Instagram(ヤス石田の自宅公開) / Instagram(ヤス石田の日常) / Facebook