DMM光の評判・口コミ|1年使った感想=速い&安い!工事費無料を逃すな

【2018年4月2日】現在実施中の「新規契約で基本工事費(1万8000円分)無料 + 2万円キャッシュバック」は過去最高におトクなキャンペーンです。DMM光を使い始める最大のチャンスを逃さないで!

DMM光を勧める松本慎平
慎平
Teamサバイブの慎平、松本慎平です。

昨年末引っ越しをして、ネット環境をつくり直す機会がありました。

どのプロバイダにしようか悩んだ結果、「DMM光」というサービスを利用することにしました。

利用からはや数ヶ月、これがなかなか良いサービスであると感じられるようになったので料金プランや特徴、実際に使ってみた感想などを紹介したいと思います。

DMM光を検討中の方やプロバイダ選びが難航している方は、ぜひ参考にしてもらえればと思います!

DMM光の基本情報

慎平
私自身が実際に利用した体験談は記事の後半でガッツリ書いていきますので、まずは基本的なサービス内容をご紹介します。

DMM光は、NTTが提供しているフレッツ光の回線を利用したインターネット、いわゆる「光コラボ」のひとつです。

DMM光 プロバイダ

画像出典:https://hikari.dmm.com

そもそもインターネット料金とは「回線利用料」+「プロバイダ利用料」で構成されていて、「光コラボ」はこの二つがセットになって提供されるサービスです。支払が明瞭になり、かつプロバイダごとに様々なキャンペーンが実施されていて、良いことずくめなサービスです。

ただしプロバイダごとに料金やサービスが違うので、契約する際は慎重に選ばなければなりません。

DMM光は数あるプロバイダの中でも特に料金が安く、また他の光コラボにはない特徴があるサービスです。

DMM光は特徴がたくさんあって凄い!

DMM光の月額利用料

利用料金は「ファミリータイプ(戸建てにお住まいの方)」と「マンションタイプ(集合住宅にお住まいの方)」で異なります。

 月額料金
ファミリータイプ
(戸建住宅の方)
4820円
マンションタイプ
(集合住宅の方)
3780円

ソフトバンク光では【戸建て/5200円、集合/3800円】、
OCN光では【戸建て/6200円、集合/4700円】、
So-net光では【戸建て/5700円、集合/4600円】など……。

挙げていくときりがありませんが、他プロバイダと比較しても業界最安値水準であることは間違いありません。

DMM光導入時の初期費用

続いて初期費用は以下の通りです。

内容料金
契約手数料2000円
工事費ファミリータイプ
(戸建住宅の方)
2000円 ~ 1万8000円
マンションタイプ
(集合住宅の方)
2000円 ~ 1万5000円

※既にフレッツ光を利用している方(転用)は工事不要で簡単に乗り換えられます

新規での契約だと工事費(最大1万8000円)がなかなかの痛手ですが

2018年4月現在、史上最大のお得なキャンペーンが実施されています。

【当サイト限定】基本工事費無料 + キャッシュバックキャンペーン

光回線の新設 or フレッツ光回線以外からの乗り換え
基本工事費(1万8000円相当)が無料 + 2万円キャッシュバック

フレッツ光回線からの乗り換え
初月の月額費が無料 + 5000円キャッシュバック

慎平
工事費不要かつ2万円もキャッシュバック!?

私もこのタイミングで申し込みたかった! おトク過ぎる!

今だけ限定のお得なキャンペーンなので、検討中の方はお早めにお申し込みください!

DMM光 公式サイト|基本工事費無料 +キャッシュバックキャンペーン

DMM光の解約時の違約金

気になる解約時の違約金は、このようになっています。

最低利用期間開通日の翌月1日から24ヵ月間
解約手数料9500円

他社では珍しい料金形態としては、2年目以降であれば解約時に違約金が発生しないという点があります。いわゆる「更新月」がないのです。

多くのプロバイダサービスが「2年目ぴったりに解約すれば違約金はなし」という形を取っている中で、DMM光は「2年目以降であればいつでも違約金はなし」で提供しています。

慎平
こういったユーザー目線のプランは素晴らしいですよね!
DMM光は料金がシンプルで分かり易いし安い!

DMM光のここがオススメ! ここが好き!

基本料金は先述の通りですが、DMM光ならではの特徴はまだまだあります。

慎平
ただ単に料金が安いだけでなく、使用感の面でもオススメできるポイントがあるということを知ってもらいたいと思います!

ここがオススメその1.インターネットの接続方式が選べる

DMM光は、契約時にインターネットの接続方式を「v6プラスタイプ」か「PPPoEタイプ」から選ぶことができます。

意味わかんないですよね? 大丈夫です、私もはじめて聞いた時はちんぷんかんぷんでした。詳しく説明していきますね。

「v6プラスタイプ」と「PPPoEタイプ」では通信方式が異なり、v6プラスタイプが「IPv6方式」による通信、PPPoEタイプが「IPv4方式」による通信を利用して接続しています。

IPv6とIPv4の違いは、IPアドレス(インターネット上の住所のようなもの)の、割当方式が異なります。IPv6タイプは従来のIPv4よりも細かくIPアドレスを割り振る事ができるので、転送速度の向上やセキュリティ機能の強化など、より信頼性の高いバージョンになるとされています。まだ国内での普及も進んでおらず、より新しい接続方式と言えますね。

v6プラスタイプのメリット

要点をお伝えすると「v6プラスタイプ混雑時にアクセスが集中するポイントを通らずに接続が可能なため、一般的に遅くなる時間帯でも快適にインターネットを利用することが期待できる」ということになります!

回線が込み合う夜間でも、YouTubeやNetflixなどの動画コンテンツが止まらずサクサク楽しめます。

慎平
また、「v6プラスタイプ(IPv6)」ではインターネットの接続時に特別な設定が必要ありません。SSIDとキーを入力すれば開通完了です。これがまた超便利!(記事後半の体験記にて詳しく説明します)
DMM光は他回線よりも安定していて高速!

ここがオススメその2.定額制のプランが選べる

DMM光の「ファミリータイプ(戸建住宅の方)」には二つのプランがあります。

一定の通信料まで従量課金制の「DMM光2段階定額プラン」と、どれだけ利用しても変わらない「定額プラン」です。

定額プラン月額料金
定額4820円
DMM光2段階定額3720円〜5420円

※マンションタイプは定額プランのみ

一般的にマンションタイプ(集合住宅)よりも月額利用料の高いファミリータイプ(戸建て住宅)ですが、DMM光では使い方次第でファミリータイプをより安く運用することも可能となります。

2段階定額のメリット

1か月の通信料が3GB未満であれば、3720円という超低コストでの運用が可能です。

DMM光 二段階定額

画像出典:https://hikari.dmm.com

3GB以降は1GBあたり242円の通信料が発生します。定額料金は4820円なので、約7.55GB以下の通信料であれば2段階定額プランのほうがお得という計算になります。

2段階定額のデメリット

注意したいのは、2段階定額プランだと最大100Mbpsという速度制限がかかるということ。通常の定額プランは、最大1GBの通信速度です。

普通にウェブサイトを見るぶんには100Mbpsで一向に問題ありませんが、高画質で動画サービスを利用するのであれば、やや不足に感じられるかもしれません。

また、定額のお得ラインである7.5GBは結構超えやすいという点にも注意が必要です。

例えば高画質(1080p)で動画を見ようとすると、1分あたり約20MBの通信料が発生します。7.5GBは7500MBなので、単純計算で375分、つまり6時間強の動画を視聴すると定額プランより高くなってしまう計算です。

慎平
これをどう捉えるかは人によって意見が別れますが、普段からYoutubeなどで動画を視聴する私としては、「絶対超える」というのが率直な感想です。

動画サービスをほぼ利用せずブラウジングやメール利用がメインの方であれば、2段階定額はお得になりえるプランだと思います!

DMM光はネットをあまり使わない人もお得!

ここがオススメその3.DMMコンテンツが爆速で利用できる

コンテンツを提供する大手企業のDMMだからこそできるサービスが、この「ダイレクトコネクト」です。

ダイレクトコネクトとは、DMMが提供している「DMM動画」と「DMM電子書籍」のダウンロードスピードが大幅にアップするというシステムです。

DMM光 ダイレクトコネクト

画像出典:https://hikari.dmm.com

データをダウンロードする際、本来であればプロバイダからインターネット網を経由して行うのですが、DMM光を経由することで直接データをダウンロードすることができます。DMM専用の経路が確保されていると言ったイメージでしょうか。

DMM関連のコンテンツを普段から利用している方は、より快適な視聴環境を整えることができます。

実際にどれだけ早いのか、自宅と会社のWi-Fiで同じ動画をダウンロードして、そのダウンロード時間を比較してみることにしました。

【検証】ダイレクトコネクトは本当に早いのか?

▼検証方法
DMMで購入した同じ動画(約10GB)を会社のWi-Fiと自宅のWi-Fi(DMM光)でそれぞれダウンロードして、どちらのダウンロード時間が早いかを検証します。

まずは会社のWi-Fiです。そもそもの回線速度から確認してみましょう。

オフィス Wi-Fi

ダウンロード速度が133Mbps。会社のWi-Fi、はえーんだよなあ……。

では、DMMで購入した10GBの動画をダウンロードしてみます。タイムはストップウォッチで計測しました。

オフィス ダウンロード速度
慎平
27分13秒!

30分弱というといったところでしょうか。

10GBの動画のダウンロード時間としては、十分高速だと思います。

やはり133Mbpsの速度は伊達じゃないですね……。

 

続いて本命のDMM光(自宅)を検証してみます。まずはWi-Fiの速度を計測します。

自宅 Wi-Fi

はい、ダウンロード速度が89Mbps。十分高速なんですが、会社のWi-Fiよりも劣ることが分かりまね。

通常であれば会社でダウンロードした30分弱よりももっと時間がかかるはずです。ダウンロード速度が遅いので、そりゃそうですね。

では、実際に同じ動画をダウンロードしてみました。

自宅 ダウンロード速度
慎平
14分50秒!

なんと、15分を切りました! ほとんど倍速です!

しかも、ダウンロード速度が劣るにも関わらず、です!

これはもう「ダイレクトコネクト」を認めるしかありませんね……。参りました!

 

【検証結果】10GBの動画をダウンロードした場合
他社回線 ー 27分13秒(133Mbps)
DMM光回線 ー 14分50秒(89Mbps)

慎平
DMM光の圧勝でした! ダイレクトコネクトは本当にあった!
DMM光はDMM動画を爆速で視聴可能!

ここがオススメその4.DMMモバイルを利用していれば圧倒的安価になる

DMMが提供している別のサービスとして「DMMモバイル」があります。

DMMモバイルのキャプチャ

格安で携帯電話を利用できる、いわゆる格安シム通信会社の一つで、MVNOなどと呼ばれています。

CMでおなじみのmineo(マイネオ)やY!mobile(ワイモバイル)も、同様のサービスですね。

DMMも比較的黎明期からこのサービスを提供していて、最安で440円から携帯電話(スマートフォン)を運用することができます。

DMMモバイルの特徴|DMMはこんな人にピッタリな格安SIM

2018.03.01

DMM光ではDMMモバイルの利用者に対して特典を設けています。

DMM光 DMMmobile割引

画像出典:https://hikari.dmm.com

それが「DMM光mobileセット割」です。

サービス内容は単純明快で、全てのプランの利用料金から毎月500円の割引が実施されます。特に申し込みも必要ありません。同一アカウントで申し込めば自動的に適用されます。

適用後の月額料金はこのようになります。

契約内容月額料金DMM光mobileセット割適用時
ファミリータイプ
(戸建住宅の方)
定額4820円4320円
二段階定額3720円〜5420円3220円〜4920円
マンションタイプ
(集合住宅の方)
3780円3280円
慎平
安すぎ!!

ただでさえ安価なサービスなのに、価格破壊とはこのことです。

ここがオススメその5.キャンペーンでさらにおトク

セット割が最大6か月1000円割引になるキャンペーン(4月30日まで)

さらに今なら「DMM光mobileセット割」がパワーアップ。

通常500円割引のところ……

最大6か月間 1000円割引になります!!!

契約内容月額料金DMM光mobileセット割適用時
ファミリータイプ
(戸建住宅の方)
定額4820円3820円
二段階定額3720円〜5420円2720円〜4420円
マンションタイプ
(集合住宅の方)
3780円2780円
※セット割引は2018年4月30日までに申し込めるキャンペーン適用時の金額
※6か月目以降は500円プラスされる
慎平
安すぎて、もはやズルい!!

特にマンションタイプは光コラボの中でも類を見ない低価格になります。

DMMモバイルを利用している方は、DMM光を利用しない手はないでしょう。

新規契約手数料ゼロ円キャンペーン(5月9日まで)

DMMモバイルのお得にスタートキャンペーン

画像出典:https://mvno.dmm.com

さらにさらにDMMモバイルが新規契約手数料が0円になるキャンペーンをはじめました!

通常、DMMモバイルに新規申し込みする際には3240円(税込)の手数料がかかります。

しかし2018年5月9日(水)までに申し込むと、この手数料が0円になります。

最大5000円分のAmazonギフトカードが貰えるキャンペーン(終了日未定)

慎平
さらにさらにさらに!

新規申し込みでAmazonギフトカードが貰えるキャンペーンも実施中! 超ずる~い!!

【当サイト限定】新規申し込みでAmazonギフト券 最大5000円プレゼント

データSIM:通信容量 ~3GBプランまで 1000円
:5BGプラン~ 2000円

音声SIM:通信容量 ~3GBプランまで 3000円
:5BGプラン~ 5000円

DMM光とDMMモバイルを一緒に使いたい方は、それぞれ別のサイトで申し込みが必要です。

DMMモバイル 公式サイト

DMM光 公式サイト

DMMモバイルの評判|使ってみたら想定外に快適だった12個のメリット

2018.02.25
DMM光はDMMモバイルを利用していると勝ち組!

DMM光のオプションサービス

他プロバイダ同様に、DMM光も「光電話」や「光テレビ」などのオプションサービスを利用することができます。また周辺機器のレンタルやその他の保証サービスなども実施していますので必要に応じてご利用ください。

DMM光電話(500円/月額)

DMM光 光電話

画像出典:https://hikari.dmm.com

DMM光電話は、固定電話を引くことができるサービスです。使う方は限られてきますが、必要な方にとっては欠かせないサービスだと思います。もともと利用している方は必ず抑えておいてください。

なお、通話料金は以下の通りになります。

連絡先NTT加入電話の通話料DMM光電話の通話料
NTT加入電話
DMM光電話
市内8.5円/3分全国一律で8円/3分
県内市外20円~40円/3分
県外20円~80円/3分
携帯電話NTTドコモ20円/60秒16円/60秒
au30円/60秒17.5円/60秒
Softbank40円/60秒

DMM光テレビ(660円/月額)

DMM光 光テレビ

画像出典:https://hikari.dmm.com

DMM光テレビは、DMM光のケーブルを経由して地上/BS/CSデジタル放送を観ることができるサービスです。テレビアンテナが無い住宅には必要ですし、ケーブルテレビ回線のインターネットを利用していた方にもオススメできます。

アンテナが不要なので電話状況に左右されにくいクリアな映像を見ることができ、同月額料金で何台でもテレビを繋げます。DMM光電話と同じく、必要な方のみ利用検討をしてください。

その他のオプションサービス(500円/月額)

端末保証サービス(500円/月額)

DMM光 端末保証サービス

画像出典:https://hikari.dmm.com

インターネット回線そのもののオプションからはやや脱線しますが、ネット回線を利用する端末(パソコンやスマートフォン)にトラブルが発生した際に修理や交換を行ってくれる保証サービスもあります。

スマートフォンを頻繁に落として画面を割りがちな方は利用する価値のあるサービスかもしれません。ただ、本サービスはDMM光申込時のみ申し込めるサービスなので、それだけご注意ください。

遠隔サポート(500円/月額)

DMM光 遠隔サポート

画像出典:https://hikari.dmm.com

パソコンやスマートフォンの設定がうまくいかない! インターネットに接続できない! Googleのアプリケーションを使いたいけれど、よく分からない!

これらネット環境や周辺機器関連のトラブルに関して、専属のオペレーターが直接解決してくれるサービスです。継続で利用すると割高のようにも感じられるので、パソコン周りに弱い方に限りネット環境を整えるまでの最初数ヶ月だけ利用したいサービスです。

慎平
ネットやパソコン、スマートフォンに関して基本的な知識や詳しい友人が居る方は不要なオプションかと思います。

パソコンセキュリティ(350円/月額)

DMM光 パソコンセキュリティ

画像出典:https://hikari.dmm.com

アメリカで高いシェアを誇るセキュリティソフト「SecureAnywhere™」のインストールから運用を代行してくれます。

これに関しても長い目で見れば買い切りのセキュリティソフトを購入したほうがお得だと思いますので、特に利用する必要はないかと思います。

選ぶのも面倒で全てをDMM社に任せたい人のみ利用してください。

慎平
と、そんな方のために買い切りセキュリティソフトのオススメを記載しておきます。

オプションプランを契約するくらいならこちらを購入をご検討ください。

データバックアップ(350円/月額)

DMM光 データバックアップ

画像出典:https://hikari.dmm.com

DMMが提供するソフトを経由して、お持ちのデータのバックアップを代行してくれるサービスです。説明を見る限り25GBの容量となっているので、Googleのクラウドを利用するほうが安く済みます。

他にも外付けHDDを買ってきて、そこにバックアップを取る方法もありますので、特にこのプランに加入する理由はないかと思います。

慎平
その他のオプションに関しては、いずれも契約する必要はないと思います。基本料金を安く設定しているので、こういったところで月額料金の上乗せをしているのかもしれません。
DMM光はオプションサービスも充実してる!

DMM光の周辺機器レンタルサービス

DMM光では、無線LANルーター等の周辺機器レンタルを行っています。月額利用料は以下のようになります。

レンタル機器月額料金
ギガプラン対応無線LANルータ(NTT東日本のみ)300円
ホームゲートウェイ200円
無線LAN付きホームゲートウェイ300円

どれが必要なのかはプランによって異なります。電話で工事日時を決める際にオペレーターから機器レンタルの案内がありますので、その際に利用が必要か、またどれを利用すべきかを尋ねるようにしましょう。

【体験談/利用レビュー】私がDMM光を選ぶまで

それでは、実際に私がDMM光を利用したレビューをしていこうと思います。

まずプロバイダを選ぶ際に困ったのは、種類が多すぎるということ!

プロバイダごとに回線速度、料金プラン、サポートの質など多種多様で、一見しただけではとても選べないのです。

にも関わらず、先述の通り多くのプロバイダが2年程度の契約期間を設けています。2年未満で解約をしてしまうと、いわゆる違約金が発生してしまうため、おいそれとプロバイダを乗り換えることができません。

失敗はできないのに実際に導入するまで失敗かどうかがわからない、というリスキーなお買い物でした。

慎平
……ううん、弱ったな。

そんなこんなで慎重にプロバイダを選定していたところ、こんなサービスを発見しました。

DMMキャンペーン01

画像出典:https://hikari.dmm.com

慎平
DMM光……?
DMMキャンペーン01-1
慎平
最安値水準!?

DMMといえばネット通販や動画サービスを提供しているサイトです。

以前までは「アダルト動画……ぐへへ……」なイメージが強かったと思いますが、近年はエンターテインメントを包括する多くのサービスを提供しています。

DMMサービス一覧

※DMMのサービスは通販から英会話、果ては太陽光まで多岐にわたります。

そんなDMMが新しく提供を始めたプロバイダサービスが『DMM光』です。これは期待せずにはいられません。

けれども、新しいサービスを導入するためには情報がほしい所です。

お得意のネットサーフィンスキルでDMM光について調べまくったのですが、どうも情報が少ない。というか、ほとんど無い。

それもそのはずで、DMM光は2016年の9月26日に提供が開始された、リリースされたばかりのサービスだったのです。そりゃ口コミや評判についての情報がないのも当然ですね。

慎平
レビューが少なかったので実際に契約するのは少し不安でしたが「サバイブで記事をかけるかな」という気持ちもあって、なにより安かったので契約に踏み切りました。

ということで、お次は実際に契約の申込みをしてからの流れ(+ウソのない感想)をご紹介します!

ちなみに私の場合は引越しに伴うインターネット開設だったので、新規での申し込みになります。

DMM光に実際に(新規で)契約してみた

はじめにネット開通までの日数を記載すると、以下の通りになりました。

年末で混み合っていたのかもしれませんが、3週間弱かかりました。

2016/12/06(火) ネット申し込み
2016/12/12(月) 電話連絡がある
2016/12/27(火) 工事&開通
作業完了までの期間

画像出典:https://hikari.dmm.com

個人的にはネットでの申込み(12月6日)から電話での日程調整連絡(同月12日)がくるまでの7日間をもっと短縮できなかったのかなという疑問が残ります。

【※2017年1月 追記】

公式ページには申込みから利用開始まで2から3週間と記載がありました。早い場合は2週間で完了するようです。なお、上記は新規契約であり、転用の場合は2週間程度とのことです。

とはいえ、3つの工程だけでネットが開通するのは完結でわかりやすかったです。電話口の方も親切でした。

3つの工程を時系列に沿ってご説明していきます!

【作業工程1】12/06(火)ネット申し込み

公式ページから申し込みを行います。

住所を入力し、前記のオプションプランについて必要の有無を選択します。

DMM 安心サポート

画像出典:https://hikari.dmm.com

前半の繰り返しになりますが、パソコンのセキュリティやデータバックアップなどのオプションプランは基本的に全て不要だと思います。必要になった際に契約したら良いかと思います。

DMM光電話、DMM光テレビのみ必要に応じて申し込みましょう。

※なお、新規契約ではなく転用(現在利用中のプロバイダからの乗り換え)の方は申し込み時にNTTより「転用承諾番号」を取得しておく必要があります。

>>転用についてNTT東日本をご利用の方はこちらを参照
>>転用についてNTT西日本をご利用の方はこちらを参照

 

【作業工程2】12/12(月)電話連絡がある

1週間後、電話での連絡があり、工事日の日程調整を行いました。2週間後の日程を最短日として提示されて、正直「ちょっと遠いなあ……」と感じました。

そうはいっても年末だったので、混み合ってたのだと思います。丁寧にご対応いただき、工事日を確定しました。

この電話の際に接続方式を「v6プラスタイプ」か「PPPoEタイプ」か選ばされます。ぶっちゃけなんの説明もなく聞かれたので、結構不親切だなと思いました。

メリットこそあれど、デメリットは無さそうだったので「v6プラスタイプ」を選択しました。特にこだわりがない方は「v6プラスタイプ」で間違いないと思います。

続いて無線LANのルーターは必要かということを聞かれます。ルーターは300円/月でレンタルできます

通常、無線LANルーターはこちらで用意するのですが、だいたい5000円から1万円が相場だと思います。DMMからレンタルすると2年で7200円。まあ、そこまで破格に高いわけでもない。

確認したところ、この無線LANルーターのレンタルは違約金なしでいつでも解約できるとのこと。レンタルしてみて使い勝手が悪かったら解約しよう、くらいの気持ちでとりあえず契約しました。

5000円以上するものを一括で買ったけど全然速度が出ない、という失敗を避けるためのリスクヘッジでもありました。

最後に申込時にチェックをしなかったオプションサービスについても加入を勧められました。

DMM光 窓口
オプションサービスは最初2か月は無料なので、加入しておきますね。必要なかったら解約してください
慎平
それって、現時点で解約はできますか?(2か月後に解約を忘れちゃってると勿体無い)
DMM光 窓口
あ、大丈夫ですよ! では、加入なしにしておきますね

という感じでやり取りは終了しました。電話口で断るほうが後々面倒がなくて良いと思います。

まとめると、【作業工程2】の電話で、工事日以外に確認するのは以下の点ですね。

電話でのやり取り内容

 

【作業工程3】12/27(火)工事日&開通

そして工事日当日。

この工事は、DMM光より委託されているNTT東日本のスタッフの方が行います。とっても感じの良い方で、談笑しながら作業を完了して頂きました。

 

 

モデムと無線LANルーター

私がいままで利用していたインターネット周辺機器は「モデム」と「無線LANルーター」で二つの機械を設置していました。

 

 

モデム兼ルーター

ところが、今回設置した機器はこちら。これ一台だけです。

 

 

無線LANルーター

どうやら無線はここからすっ飛ばしている様子です(NTTの方談)。すごい。

更に驚いたのは、開通にこちら側の設定が全く必要ないこと。

 

 

SSIDと暗号化キー

モデム(兼ルーター)に記載されたSSIDと暗号化キーをPCやスマホのWi-Fi設定で入力すれば、それだけでインターネット接続が出来る状態になっていました。

(設置に来たNTTの方も驚かれていました。笑)

ということで、当日の作業は拍子抜けするほど簡単に終了してしまいましたとさ。めでたしめでたし。

※ちなみに、接続してすぐはGoogleやYouTubeなどのキャッシュが残っている一部のサイトしか接続できませんでしたが、1時間も待てば問題なく全サイトにアクセスが可能な状態になりました。

DMM光の回線速度を計測してみた

さて、肝心の通信速度について。

後述しますが料金も格安だし、無線を飛ばすカード型の機器も小型だし、正直期待していませんでした。

しかし……

速度計測
↓↓↓画像と同じデータです。

日時ダウンロード速度アップロード速度
2016/12/28
20時ごろ
90.19MB84.40MB
2016/12/29
9時半ごろ
91.51MB56.34MB
2017/01/03
15時ごろ
90.40MB46.79MB
2016/01/03
19時ごろ
80.86MB63.81MB
2016/01/05
16時ごろ
91.17MB61.42MB

速い!!!しかも日時に関係なく安定してる!!!

これは嬉しい誤算でした。容量の大きい動画でもサクサク視聴することができます。文句なしの速度です。これが続けば良いのですが……。

【2018年4月6日追記】

契約から1年以上経ちましたが、回線速度は安定しています。雨の日も風の日も、最初からほぼ変わらぬ速度で高速インターネットを利用することができています。インターネット利用者が多いとされる21〜24時についても同様です。全く不満がありません!

※回線速度はお住いの場所や時間帯、またサイトの混雑具合など様々な影響によって異なりますので、全ての方の回線速度を保証するものではありません。一例として参考にしていただければと思います

慎平
以上が申込みから利用までの体験談になります。現在申し込みが殺到しているようで、申込みから実際の工事までやや期間が空いてしまうのは欠点だと思いますが、他に関しては全く不満がありません!

サバイブ松本が自信を持ってオススメできるサービスです!

SoftBankから乗り換えたら、スマホ&ネット代が年間12万円以上安くなった!

中島なかじ
最近、同棲を始めた中島です。

恋人がスマホとネット回線にSoftBankを使っていたので、DMMに乗り換えてもらったところ……

 SoftBank時代DMMに変えたら
スマホ代4500円前後

※データ定額5GB、通話定額ライト
※おうち光割セット、スマ放題2年割を含む
※機種代金や任意加入のオプションを含まず
1910円

※5GBの通話対応SIM
家のネット代6000円前後

※ルーター代や自動加入オプション含む
※Softbank光おうち割適用
3280円

※ルーターのレンタル料300円を含む
※DMM光モバイルセット割適用
合計1万500円前後5190円

毎月約5000円年間約6万円)もネットとスマホ代を安くすることに成功しました!!

中島なかじ
工事もすぐ終わったし、キャンペーンで数か月分タダになったし万々歳。回線も安定してるし、DMMにしてよかった~。
DMM光は実際に利用しても大満足!

DMM光 実際の月額料金はいかに!

それでは、最後に私の月額利用料金をおさらいしたいと思います。私はDMMモバイルも利用していますので、「DMM光mobileセット割(500円引き)」が適用されます。

※現在はキャンペーンで1000円割引になる

内容料金(税抜き)
基本料金
(マンションタイプ)
3780円
ルーターレンタル料300円
DMM光mobileセット割-500円
合計3580円
慎平
このように月額3500円強で高速インターネットを使い放題です。大満足の結果となりました!

ただ、問題は初期費用でした……。

初期費用がちょっと痛い……

今回の私の新規契約で発生した初期費用は、このようになりました。

内容料金
契約手数料2000円
工事費用1万5000円

工事費用がちょっとした額ですよね。最大で1万8000円ほどかかるということなので、契約手数料と併せると2万円になってしまうケースもあります……。

慎平
格安のインターネットを利用するためには、初期投資が欠かせないのか……、そう思っていたのですが……(私が知らなかった)お得なキャンペーンが始まってしまったのです!

【今だけ限定】基本工事費無料 + キャッシュバック キャンペーン

DMM光では、現在 基本工事費無料 + キャッシュバックのキャンペーンを実施しています。

DMM光最大級にオトクなキャッシュバックキャンペーン

画像出典:https://hikari.dmm.com

【当サイト限定】基本工事費無料 + キャッシュバックキャンペーン

光回線の新設 or フレッツ光回線以外からの乗り換え
基本工事費(1万8000円相当)が無料 + 2万円キャッシュバック

フレッツ光回線からの乗り換え
初月の月額費が無料 + 5000円キャッシュバック

今だけ限定のキャンペーン(キャンペーン終了日が未定)なので、導入を検討されている方はお早めのお申込みをオススメします。

詳しくはDMM光 キャンペーンサイトをご覧ください。

DMM光はキャンペーンで工事費がタダになる!

まとめ

DMM光の数少ない評判・口コミ・レビュー記事でした。最後にDMM光の「凄いぞポイント」をおさらいしたいと思います。

【ここが凄いぞ!!DMM光】
・料金形態はシンプルで分かり易く、安い
・最新の接続方式により、回線が安定して早い
・従量課金制プランで、あまりネットを使わない人もお得に利用できる
・独自回線でDMM関連コンテンツが高速利用できる
・DMMモバイル利用者は最大6か月1000円(以降は月500円)安くなる
・オプションサービスも充実しているが、利用は要検討
・筆者、筆者の同僚が実際に利用してみたら、大満足のサービス
・新規なら基本工事費が無料、転用なら初月の基本料金が無料になる
・さらに新規なら2万円、転用なら5000円がキャッシュバックされる
DMM光は超おすすめ!

格安SIMの運用がまだの方はこれを機に、DMM光の導入と併せてDMMモバイルの利用を始めると、キャリア(ドコモ・au・Softbank)を利用していた頃より、マジで年間10万円ほど浮いたりします。

格安SIMについて「聞いたことはあるけど……」という方は、以下の記事を読むことから始めてください。日本一わかりやすく格安SIMの利用方法をご紹介しています。

SIMフリーとは?SIMフリーでスマホの料金を半額以下に

2018.02.22

 

慎平
私はキャンペーンを利用しなかったので、正直な話、初月の請求が大変でした。「工事費+月額料金(日割り)」になりますからね……。

DMM初月料金

繰り返しますが、お得な 基本工事費無料 & キャッシュバック…… 超オススメです……!

基本工事費無料 + キャッシュバック キャンペーンの詳細はこちら

以上です、みなさんも素敵なインターネッツライフを!

Can you survive?

※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。

サバイブ運営方針はこちら

ABOUTこの記事を書いた人

松本 慎平

編集者/新卒でITコンサル会社に就職。ある朝「もうすぐ30歳だけど、ちゃんと将来設計あるの?」と自問自答を始めて嘔吐・下痢を繰り返す。その後、経済的自立を求め、実学を会得する記事を書くためサバイブにジョイン(ジョインって使いたがる輩にろくな奴はいない)。尊敬する作家は金城一紀。ファイナンシャルプランナーで弓道初段です。

▼詳しいプロフィール

▼過去に書いた記事

▼フォローすると気取った文章が読めるFacebook