mineoの格安SIMならauのiPhoneがそのまま使える

auならそのまま格安SIMが使える
ぺーちゃん
ヤスさん、auのiPhoneに格安SIM差せばすぐに使えるって本当ですか??
石田ヤス彦.
そうだよ。
au系の格安SIMを使えば、そのまま使えるよ。
ぺーちゃん
でもauショップで3000円くらい払ってSIMロック解除の手続きをしないとダメなんですよね??
石田ヤス彦.
いやいや、ぺーちゃん。
これ意外と知られていないんだけど、au系の格安SIMなら新しい端末を用意しなくても、そのまま使えるんだよ。
ぺーちゃん
au系の格安SIMってなに??

 

キャリアの端末は他社のSIMカードが使えないようにSIMにロックがかかっていますが、格安SIMはauとドコモの回線を利用しているため、実はauやドコモの端末に格安SIMを差せばSIMロック解除の手続きをしなくてもそのまま使えるのです。
au端末でも利用できない端末やSIMロック解除が必要な端末もあります。申込み前に必ず動作確認をしましょう。
>> auプラン(Aプラン)動作確認端末一覧

キャリアのスマホをSIMフリー機として使う
石田ヤス彦.
つまりauのiPhoneなどの端末を持っていれば、すぐに格安SIMが使えるということ。

 

というわけで、今回はauのiPhoneや端末を持っている方におすすめの格安SIMをご紹介します。

まずは格安SIMの説明をダイジェスト版で。

SIMカードとは?

SIMカードとは、スマホやタブレットでネットや通話をするために必要なICカードのことです。

iPhone7とSIMカード

格安SIMとは?

格安SIMとは、MVNOと呼ばれる事業者が提供している格安料金で利用できるSIMカードのこと。

格安なんていうと安いだけで質が悪いんでしょ? なんてイメージがあるかもしれませんが、本来格安とは “品質に比べて値段の安いこと” を指します。格安SIMも例外ではなく十分なサービスを提供してくれます。

MVNOとは? なんで安いの?

ぺーちゃん
でも格安SIMってなんでそんなに安くできるんですか? やっぱり粗悪で違法でくたびれた回線とか使ってるんでしょ?
石田ヤス彦.
うがった見方しすぎだよ。
石田ヤス彦.
そもそも日本の携帯料金は世界的に見てもかなり高いほうなんだ。ぺーちゃんも知っての通り携帯電話回線サービスはドコモ、au、ソフトバンクの大手3社が独占しているからなかなか価格競争が起きないんだ。

 

なぜなら携帯電話事業に参入するには、
・大掛かりな設備を用意するコスト
・電波を使うための免許
という2つの大きなハードルがあるため、なかなか他社が参入できないのです。

しかしこのままでは価格競争が起きず消費者に不利益を与えてしまうと考えた総務省は、他社を参入させるために規制緩和を行いました。

ぺーちゃん
でもこれでは大きなコストと免許というハードルは解決できてないですよね?
石田ヤス彦.
そこで自社の通信設備を持たずに大手キャリアから回線を間借りして提供する「MVNO(格安SIM)」が誕生したんだよ。
ぺーちゃん
なるほど!
大手キャリアとしては総務省の指示で渋々MVNOに回線を貸してるってわけなんですね。
石田ヤス彦.
そういうこと。
これなら安いのもうなずけるでしょ。しかもMVNOには楽天やDMM、OCN、ニフティなど多くの有名企業が参入していて全然あやしくないんだよ。

 

MVNOが安い理由

どれくらい安くなる?

僕はソフトバンクのiPhoneで毎月6000円以上支払っていましたが、格安SIMにしたところ月額1300円以下になりました。

格安SIMはここまで安くなる。

格安SIMのデメリット

安い理由は他にもあります。

・キャリアと比べるとサポートが手厚くない
・キャリアメールが使えない
・通信速度がキャリアよりも遅い
・基本的にかけ放題プランがない(最近ちらほら出てきてる)
・LINEのID検索ができない
・新規で申込むと「070」番号になる可能性がある

これらをデメリットに感じない方は格安SIMにしたほうがお得ですよ。

通信速度やサポートはあくまでもキャリアと比べての話です。ちなみにチームサバイブではメンバーの9割が格安SIMを使っていますが、誰ひとり後悔していませんよ。

ぺーちゃん
みなさん、こんにちは。
1割の男、ぺーちゃんです。

格安SIMとキャリアの違い

 格安SIMキャリア
事業者
たくさんあるMVNOから自分に合ったものを選ぶことができる
メインの3社からしか選べない
料金
安い
一般的な容量(3GB)で通話付きでも月額1500円ほど
高い
平均約6500円
プラン
シンプルでわかりやすい
複雑でわかりにくい
通話料金
20円/30秒が主流
基本的に無料通話はなし
かけ放題プランが主流
同キャリア間は通話無料
端末
セットでもSIMだけでも購入可。好きな端末に好きなSIMカードを使える
SIMカードとセットのみ購入可
縛り
短期間の契約期間後は自由に変更できるところが主流
2年ごとの自動更新型契約が主流
1万円弱の違約金がかかる
通信速度
混雑した場所では遅くなる傾向
安定している
サポート
基本的にはチャットや電話、メールでの対応。なかには店頭サービスを行っているMVNOもある
店頭、電話、メールで対応してくれる。店舗数も多いので利用頻度が高い人には安心
LINE
ID検索ができない
※LINEモバイルは可能
制限なく使える

au系の格安SIMは3社しかない

たくさんの選択肢があるドコモ系格安SIMに対し、au系の格安SIMはmineo(マイネオ)とUQモバイル、そして2016年10月から新たに参入した IIJmio の3社しかありません。

サバイブがおすすめするのは関西のプロバイダ、ケイ・オプティコムが提供するmineo。auとドコモの両回線を持つ元祖マルチキャリアです。

mineoの料金プラン

mineoの料金表(月額)
auプラン(Aプラン)
データ専用プラン
(シングルタイプ)
音声通話プラン
(データ通信+090音声通話・デュアルタイプ)
500MB700円1310円
1GB※800円1410円
3GB900円1510円
5GB1580円2190円
10GB2520円3130円
SMS機能無料無料

※初月のみ1GB追加

大手MVNOではめずらしく少量の500MBから選べるプランが用意されています。

auプラン(Aプラン)の場合、音声通話プランはドコモプラン(Dプラン)よりも90円安く設定されています。また、SMSの月額料金がデータ専用プラン、音声通話プランともに無料となっています。

料金シミュレーターを使えば月々の支払い額やおすすめプランをわかりやすく教えてくれます。

mineoの料金シミュレーター

mineoの詳細

mineoの詳細
auプラン(Aプラン)
SIMカードの種類
micro-SIMカード ・ nano-SIMカード
SIMカードの追加
最大5枚まで追加可能
Wi-Fiスポット無料利用
なし
データ量の翌月繰越
あり
プラン変更
可能
初期費用
3000円
スマホとのセット販売
あり
国内通話料
20円 / 30秒
国内SMS送信料
3円~ / 通
容量の追加
100MB… 150円(繰越OK)
店舗での申込み
なし
回線
au
最低利用期間
(データ通信専用)
なし
最低利用期間
(音声通話付き)
なし
ただし1年以内に他社へMNPした場合、MNP転出手数料として11500円かかる。※13ヶ月目以降は2000円
通信速度制限
3日間で3GBを超えた場合200kbpsの速度制限
特典
・【注目】音声通話付きプランの申込みで6か月800円割引き。10月末まで
・【注目】「マイネ王」に登録後、eoID連携が完了し、マイネおみくじを引くと1GB~3GBのデータ通信量がもれなくもらえる。10月末まで
・対象端末の購入でAmazonギフト券1000円分プレゼント。10月末まで
・家族、友人を紹介すると1人につき1000円分の Amazonギフト券プレゼント、相手にも1000円分のAmazonギフト券プレゼント。10月末まで
・「マイネ王」のメンバー登録後、mineo の eoID をはじめて連携すると、もれなく1GBのデータ容量をプレゼント

mineoのおすすめポイント

料金プランがとてもシンプル

mineoの料金プランは格安SIMの中でもひときわシンプルでわかりやすい内容です。

au回線はSMS月額基本料金が無料

SMSは各社月額120円~150円ほどかかりますが、mineoはau回線に限って無料。せっかく格安SIMにするならこういった小さな支出も減らしていきたいところ。

iPhone7(ios10)動作確認済み

さすが mineo、仕事が早いです。

ただし、auプランで音声通話を利用する場合は、auVoLTE SIMカードを選択する必要があります。nanoSIMカードはデータ通信のみが可能。

チャットでなんでも質問できる

mineoは9:00~21:00(年中無休)の間チャットで専属オペレーターが質問に答えてくれます。

格安SIMはサポートが弱いといわれていますが、チャットサービスにはキャリアと違ってすぐに解決できるというメリットがあります。

チャットサービスは契約前でも契約後でも利用できます。

端末を使えない期間が1時間程度

通常、格安SIMはMNP(ナンバーポータビリティ)の切り替えに1~3日程度かかってしまうのですが、mineoはSIMカードが届き次第、自分で開通手続きを行うため1時間程度で利用することが可能です。

アプリで高速・低速の ON/OFF ができる

専用アプリ「mineoスイッチ」で高速・低速を簡単に切り替えることができるので、使うときだけオンにすればムダなデータ通信量が消費されません。残容量も簡単にチェックできます。

mineoのアプリなら高速・低速のON/OFFができる

データ通信量は繰越せる

あまったデータ通信量は翌月に繰越せるので、例えば今月は1GB余ったから来月は500MBのプランにするなど、残容量によってプランを変更することで毎月お得に使うことができます。

家族割でお得になる

複数回線を契約すると各回線の月額基本料金から50円引きになります。あまったデータ通信量を家族や友人に分け合うこともできます。

サービスがおもしろい

mineoはユーザー同士で交流できるおもしろいサービスを提供しています。

ひとつはユーザー全員でパケットをシェアしあえる「フリータンク」。これはみんなのパケット貯蔵庫みたいな感じで、通信容量が余った月はみんなのためにフリータンクへ入れ、月末に容量が足りないときは月2回、1GB(1000MB)まで借りることができます。

もうひとつは役立つ情報やおもしろい情報を提供してくれたユーザーにお礼として10MBのデータ通信量を贈れる「チップ」というサービス。もちろん情報提供すれば自分も贈ってもらうことができます。

格安SIMは価格競争ばかりに目が行きがちですが、こういった新しいサービスを提供してくれるのもmineoの特徴のひとつです。

マイネ王との連携で1GBのデータ容量がもらえる

マイネ王のメンバー登録後、mineoのeoIDを連携すると、もれなく1GBのデータ容量がもらえます。

1GBプランは初月+1GB

1GBプランに申込むと、初月は1GB追加となり合計で2GBまで増量されます。

どうしても不安ならプリペイドパックを

Amazonで、1GB 3700円で購入可能なプリペイドパックを購入すれば、ちゃんと使えるか試してから通常プランへ変更することができます。

マイネオのプリペイドパック

mineoの注意点

mineoの注意点をまとめてみました。

動作確認は必須

利用できない端末やau端末でもSIMロック解除が必要な端末もあります。申込み前に必ず動作確認をしましょう。
>> auプラン(Aプラン)動作確認端末一覧

auプランは3G回線が利用できない

auプランの場合、データ通信はLTEのみ対応で3G回線は利用できません。そのため都市部では問題なく使えますが、LTEの整っていない地方などではつながりにくいことがあるようです。

12か月以内にMNPすると1万1500円の手数料がかかる

最低利用期間はありませんが、12か月以内に他社にMNPすると転出手数料として1万1500円かかるので要注意です。

mineoの格安SIMを使ってみた

実際にmineoを使ってみました。

mineoの設定

設定はとても簡単。SIMに同封されている説明書どうりに操作すれば数分で終わると思います。

mineo vs キャリア 通信速度対決

ぺーちゃん
格安SIMの通信速度ってどれくらい遅いんですか?
石田ヤス彦.
「格安SIM = 遅い = 使えない」
こんな風に思っている人多そうだから実際に通信速度を計ってみたよ。
数値を簡単に説明すると、ダウンロード、アップロードの数値は大きいほうが優れ、PINGの数値は少ないほうが優れているということね。

 

■機種
mineo(auプラン) VS ソフトバンク

■計測エリア:原宿

■時間帯:平日の朝昼夕方の3回

朝 AM10:00

朝(AM10:00)ダウンロードアップロードPING
mineo(auプラン)36.92 mbps5.9 mbps57 ms
ソフトバンク15.87 mbps20.09 mbps41 ms

ランチタイム PM12:30

ランチタイム(PM12:30)ダウンロードアップロードPING
mineo(auプラン)0.82 mbps6.19 mbps88 ms
ソフトバンク14.19 mbps12.29 mbps48 ms

夕方 PM6:00

夕方(PM6:00)ダウンロードアップロードPING
mineo(auプラン)8.39 mbps5.49 mbps73 ms
ソフトバンク21.11 mbps9.35 mbps52 ms
ぺーちゃん
キャリアの圧勝だと思ってましたけど、時間帯によってはmineoのほうが速かったりするんですね。意外でした。
石田ヤス彦.
総合的にはキャリアより遅くなるけど、そこまでスピード求めて一体なにするんだって話だよ。┐(´д`)┌ヤレヤレ
ぺーちゃん
でもランチタイムの速度はちょっと気になりますね。
石田ヤス彦.
試しにランチタイムにYouTubeを観たらこんな感じだったよ。

 

↓↓mineo(ランチタイム)ダウンロード:1.27mbps↓↓
マイネオauの動画画質(12時)

↓↓Wi-Fi ダウンロード:56.05mbps↓↓
Wi-Fiの動画画質

ぺーちゃん
多少画質が劣化する程度なんですね。
石田ヤス彦.
通信速度はそのときの環境によって大きく変わるからあくまで参考程度にして欲しいんだけど、これでスマホ代が半額以下になるのなら良くない?
ぺーちゃん
異議なしっす。
石田ヤス彦.
ちなみにランチタイムを過ぎるとこんな感じ。

 

↓↓mineo(14時)ダウンロード:41.40mbps↓↓
マイネオauの動画画質(14時)

ぺーちゃん
これなら十分ですね。

まとめ

スマホの平均料金って月額7433円だそうですが、1年利用すると

7433円 × 12か月 = 約9万円

これをmineoで3GBプランにした場合、

1510円 × 12か月 + 初期費用3000円 + MNP転出手数料3000円 = 2万4120円

9万円 - 2万4120円 = 6万5880円

なんと年間で約7万円も安くなります。

auに違約金(約1万円)を払ったとしても6万円ですからね。夫婦だったら年間12万円以上もお得になるなんてスゴくないですか?

石田ヤス彦.
ソフトバンクユーザーだった僕からしたら、端末を新たに用意しないで直ぐに格安SIMが使えるというのは本当に羨ましくてしょうがないですよ……。

 

auユーザーの方、大チャンスですよ。m9`Д´) ビシッ

>> mineo(マイネオ)の公式サイトはこちら

それでは、Can you survive?
サバイブ運営方針はこちら

格安SIMカード13社をとことん比較

2016.12.08

DMMモバイルの通信速度って遅いの?主要格安SIMと速度比較してみた

2016.10.28

SIMフリーとは?SIMフリーでスマホの料金を半額以下に

2016.11.01