mineoの特徴と通信速度比較|実際にマイネオを使ってみた

mineoの詳細

サバイブのヤス石田です。

今回は、MMD研究所の「2017年3月格安SIMサービスの利用動向調査」で堂々の第1位を獲得したmineo(マイネオ)のあんなとこからこんなとこまで細か~くご紹介したいと思います。

mineoはここがスゴいぞ!

ヤス石田
まずは僕が個人的にmineoすごいじゃん! と思う点をご紹介します。

大・大盤振る舞い12か月900円割引きキャンペーンが熱い!

現在、mineoでは過去最大とも言えるキャンペーンを実施しています。その名も、「大・大盤振る舞い12か月900円割引きキャンペーン」。

11月9日までに申込むと、12か月間、毎月900円割引きとなります。

たとえば一般的な通話SIMの3GBプランの場合、
1600円 × 12か月 + 3000円(初期費用)+ 3000円(MNP転出手数料)- 1万800円(900円 × 12か月)※キャンペーン1万4400円※すべて税別

ヤス石田
1年間のスマホ代が1万4400円となるわけです。
ぺーちゃん
本当に大盤振る舞いだ!

 

貴重なマルチキャリアMVNO

mineoはドコモ回線とau回線の両回線を提供するマルチキャリアMVNOです。

そのため家族間で異なるキャリアの端末を持っていたとしても、新たに端末を用意することなく格安SIMに乗り換えることができます。

ぺーちゃん
ちょっと何言ってるのかわかりません!
ヤス石田
格安SIMは、ドコモとauの回線を利用しているから両キャリアの端末を持っていれば、SIMカードを差すだけで使えるんだ。※ソフトバンクはデータ通信のみあり
ぺーちゃん
え?
でもキャリアにお金払ってSIMロック解除の手続きをしなくちゃいけないんですよね?
ヤス石田
その必要はないんだよ。だって格安SIMはドコモとauの回線を利用しているんだから。
ぺーちゃん
へ~。
たとえば親がドコモで子どもがauの場合でも、mineoなら家族全員で同じ格安SIMに乗り換えられるってことなんですね。
ヤス石田
そうそう。これはマルチキャリアだけができるサービスなんだよ。

 

しかも、mineoには「家族割」という、家族で契約すると各回線の月額基本料金から50円割引くサービスがあります。

mineoの家族割

この家族割は、住所が異なる家族や姓が異なる家族も対象になります。

石田ヤス彦.
家族割を提供している格安SIMはめずらしいので、家族で乗り換えるにはピッタリの格安SIMだよ。

 

ただし、注意したいのは、auから販売されているスマホと、auがMVNOに提供しているSIMの間には若干ややこしい関係があって、auの端末でも使えなかったり、SIMロック解除が必要なケースがあります。

ぺーちゃん
そういうの困っちゃうなぁ。
ヤス石田
どちらのキャリアの端末にも言えることだけど、特にau回線を選択する場合は絶対に端末の動作確認をしよう。

自分でMNPの転入切替えができる

一般的な格安SIMは、MNP(ナンバーポータビリティ)の切替えをしてからSIMカードが届くまで3~4日程度かかり、その期間は端末を使うことができません(Wi-Fi環境でデータ通信は可能)。

しかしmineoの場合、SIMカード到着後、自分で開通手続きを行うため、1時間程度で利用することが可能です。

mineoはMNPが即切替えできる。

今までは使えない期間があると困るという方は、店頭販売している格安SIMを選ばなければいけませんでしたが、mineoにすればお店に足を運ばなくても即使えるようになります。

ヤス石田
ちなみにDMMモバイルユーザーだった僕は、当時、中2日ほどスマホが使えませんでした。スマホ依存症の僕としては苦渋の選択でしたが、それでもスマホ代が半額以下になるのなら…… と涙を飲みました。良い時代になったなー。※現在はDMMモバイルも対応済み

アプリで高速・低速のON/OFFができる

mineoは専用アプリの「mineoスイッチ」で簡単にデータ通信の速度を切り替えることができます。アプリ上で「節約ON」にすると最大通信速度は200Kbpsとなり、データ通信量は消費されなくなります。

mineoのアプリなら高速・低速のON/OFFができる
ヤス石田
実はこれってかなりすぐれた機能なんだ。

 

最近、ノーカウントといって特定のサービスにかぎってデータ通信量を消費しないサービスが増えています。たとえば、LINEモバイルの主要SNSのノーカウントやBIGLOBEモバイルのYouTubeのノーカウント(有料)などが有名です。

ぺーちゃん
ノーカウント = 使い放題ってことですね。

 

mienoは自分で高速通信と低速通信を切り替えることができるので、自分の好きなサービスを使い放題にすることができるのです。

ぺーちゃん
でも高速通信をオフにすると、低速通信になっちゃうんですよね?
ヤス石田
低速といってもLINEやテキスト中心のWebページの閲覧であれば十分可能なんだ。さすがに動画の閲覧となると厳しいけれど、こまめに切り替えることで、データ通信量の大幅な節約になるよ。

 

格安SIMなのに速い回線が使える

格安SIMは、都内のランチタイムなど混みあった時間帯の通信速度が遅いというデメリットがありますが、ついにmineoがこのデメリットを打破するサービスを開始します。それが優先通信サービス「プレミアムコース」。

mineoのプレミアムコース

月額料金+800円で通常の通信帯域とは別にプレミアムコース専用帯域を設けることで快適な通信環境を提供してくれます。数度のモニター試験を経て、いよいよ2月に正式サービスとしてリリースしました。

申込み可能なプランは6GB以上の契約者で、その中からさらに加入者を限定するようです。

ぺーちゃん
どれくらい速くなるんですかね??
ヤス石田
回線が混雑する昼休みでも10Mbps以上の速度を出すことを目標としているようだね。都内のランチタイムなんて1Mbpsを下回るからね。この目標値が実現するなら、かなりのアドバンテージになるはずだよ。

持込み端末も保証してくれる

2016年12月から、持込み端末安心保証サービスを開始し、月額料金500円で落下や水没による端末の修理や交換用端末の提供を年に2回まで行ってくれます。※対象端末のみ

交換は1回目/年は5000円、2回目/年は8000円(※上限4万円)、修理は2回目まで無料で、交換・修理ともに3回目以降は実費となります。

ぺーちゃん
高額な端末をお持ちの方にはいいサービスですね。

3日間の速度規制が寛容

多くの格安SIMは、3日間で一定通信量を超えた場合の速度制限を設定していますが、mineoはドコモプラン(Dプラン)に関しては制限なし、auプラン(Aプラン)は3日間で6GBとかなり寛容な設定です。※ドコモプランで極端な量のデータ通信をした場合はペナルティを課せられる可能性があります

独自のサービスがおもしろい

mineoには全国のmineoユーザーやスタッフたちと交流できる「マイネ王」というコミュニティサイトがあります。

マイネ王

マイネ王はmineoユーザーでなくても参加できるので、契約前後の気になることやちょっとした疑問にユーザーが生の声で答えてもらえます。

またブログ記事を投稿できる機能もあり、良い記事や良い回答に「ありがとう!」ボタンを押すことで、そのユーザーに10MBのデータ通信量を渡すことができます。

2015年12月に登場したユーザー全員でデータ通信量をシェアできる「フリータンク」もmineo独自のおもしろいサービスです。

mineoのフリータンク

mineoには、全ユーザーで共有する1つのタンクがあり、通信量があまったときはフリータンクに寄付(10GBまで/月)し、逆に足りないときには引き出して(1GBまで/月2回)使うことができる画期的なサービスです。

かけ放題と通話パックが選べる

mineoは月額840円で最大30分の通話ができる「通話定額30」と月額1680円で最大60分の通話ができる「通話定額60」を提供していましたが、2017年3月からあらたに月額850円で5分の国内通話がかけ放題になる「5分かけ放題サービス」を開始しました。

通常、国内通話は20円/30秒ですが、月額850円で5分以内であればかけ放題になります。※通話アプリを経由するため5分超過後は10円/30秒で利用可能

ぺーちゃん
どうやって選んだらいいんですか?
ヤス石田
短時間の通話を頻繁にする方は5分かけ放題を、ときどき長電話をする方は通話パックを選択するといいと思うよ。ただ、絶対に必要な通話でなければ、なるべくLINEのトークや無料通話、通話アプリで賄ったほうが断然お得だよ。

 

かけ放題や通話パックが必要ないと判断した方やたまにしか通話しない方には、mineoとのセット契約で月額基本料(100円)が実質無料(毎月100円分の無料通話付き)になる通話アプリ「LaLa Call」がおすすめです。LaLa Callは固定電話8円/3分、携帯電話8円/30秒、アプリ同士は無料と通話料金がかなりお得になります。

ヤス石田
Lala Callだと100円で携帯電話なら最大6分、固定電話なら最大36分もかけることができるよ。

 

>> mineo(マイネオ)の公式サイトはこちら

mineoの料金プラン

mineoの料金表(月額)auプラン(Aプラン)ドコモプラン(Dプラン)
容量データSIM
(シングルタイプ)
通話SIM
(デュアルタイプ)
データSIM
(シングルタイプ)
通話SIM
(デュアルタイプ)
500MB700円1310円700円1400円
1GB※800円1410円800円1500円
3GB900円1510円900円1600円
6GB1580円2190円1580円2280円
10GB2520円3130円2520円3220円
20GB3980円4590円3980円4680円
30GB5900円6510円5900円6600円
SMS機能無料無料120円無料

※初月のみ1GB追加

mineoの詳細

mineo
mineoのキャプチャ
データSIM(ドコモ・月額)
500MB... 700円
1GB… 800円
3GB… 900円
6GB… 1580円
10GB… 2520円
20GB… 3980円
30GB… 5900円
SMS機能+120円
通話SIM(ドコモ・月額)
500MB... 1400円
1GB… 1500円
3GB… 1600円
6GB… 2280円
10GB… 3220円
20GB… 4680円
30GB… 6600円
SMS機能付き
データSIM(au・月額)
500MB... 700円
1GB… 800円
3GB… 900円
6GB… 1580円
10GB… 2520円
20GB… 3980円
30GB… 5900円
SMS機能付き
通話SIM(au・月額)
500MB... 1310円
1GB… 1410円
3GB… 1510円
6GB… 2190円
10GB… 3130円
20GB… 4590円
30GB… 6510円
SMS機能付き
最低利用期間
(データSIM)
なし
最低利用期間
(通話SIM)
なし
ただし1年以内に他社へMNPした場合、MNP転出手数料として11500円かかる。※13か月目以降は2000円
国内通話料
20円 / 30秒
国内SMS送信料
3円~ / 通
データ量の翌月繰越
あり
初期費用
3000円
Wi-Fiスポット無料利用
なし
スマホとのセット販売
あり
高速低速通信のON/OFF
あり
MNP即日切替
あり
店舗での申込み
あり
回線
ドコモ・au
iPhone利用可否
auプラン
iOSのバージョンによる
iPhone利用可否
ドコモプラン
可能
テザリング
auプラン
iPhone、iPad… 不可
その他端末… 端末による
テザリング
ドコモプラン
iPhone、iPad… 可能
その他端末… 端末による
SIMカードの種類
auプラン
micro-SIMカード ・ nano-SIMカード
SIMカードの種類
ドコモプラン
標準SIMカード・micro-SIMカード ・ nano-SIMカード
容量の追加
100MB… 150円(繰越OK)
通信速度制限
ドコモプラン… なし
auプラン… 3日間で6GBを超えた場合200kbpsの速度制限
取扱い端末
10月6日現在(税別)
※分割購入可
DIGNO V… 2万8800円(auプランのみ)※au回線以外からのMNPでアマゾンギフト券5000円分プレゼント
ZenFone Live… 1万8000円
HUAWEI P10 lite… 2万7600円
arrows M04… 3万1800円
HUAWEI P10… 5万9400円(ドコモプランのみ)
HUAWEI nova lite… 1万9800円(ドコモプランのみ)
HUAWEI nova… 3万3600円
HUAWEI P9 lite… 1万9800円(ドコモプランのみ)
ZenFone 3… 3万6000円
ZenFone 3 Laser… 2万7600円
arrows M03… 2万8800円
HUAWEI MediaPad T2 8 Pro… 2万2800円
Aterm MR05LN… 2万2800円
HUAWEI E5577… 9600円(ドコモプランのみ)
SI-LA… 1万5600円(auプランのみ)
キャンペーン
【注目】通話SIMの申込みで、1年間900円割引き。11月9日まで
【注目】「マイネ王」のメンバー登録後、mineoのeoIDをはじめて連携すると、もれなく1GBのデータ容量をプレゼント
・arrows M04の購入で2000円分のアマゾンギフト券をプレゼント。11月9日、もしくは先着2500台まで
・au系回線以外からのMNPでAプラン+通話SIMの申込み+DIGNO Vの購入で5000円分のアマゾンギフト券プレゼント。11月9日まで
・家族、友人などの契約で、今だけ2倍のアマゾンギフト券2000円分をプレゼント。11月9日まで

その他のおすすめポイント

ヤス石田
mineoの魅力はまだまだありますよ。

 

料金プランがとてもシンプル

mineoの料金プランは格安SIMの中でもひときわシンプルでわかりやすい内容です。

au回線はSMS月額基本料金が無料

SMS機能は各社オプションで月額120~150円ほどかかりますが、mineoはauプランに限って無料です。

チャットで気軽に質問できる

mineoでは契約前でも契約後でも9:00 ~ 21:00(年中無休)の間、チャットで専属オペレーターが質問に答えてくれます。

格安SIMはサポートが貧弱といわれていますが、mineoならチャットサービスでキャリアよりも早く問題を解決できます。

データ通信量が繰越せる

当月にあまったデータ通信量は翌月に繰越すことができます。

プランの変更もネットでかんたんにできるので、たとえば今月は1GB余ったから来月は500MBのプランにするなど、残容量によって毎月プランを変更すればさらにお得に使うことができます。

家族割でお得になる

複数回線の契約で各回線の月額基本料金から50円引きになります。

また、あまったデータ通信量を家族や友人間でシェアすることもできます。しかも離れて暮らす家族や姓が異なる場合もOK。三親等の家族まで認められます。

mineoは余ったパケットをシェアできる。

マイネ王との連携で1GBのデータ通信量がもらえる

マイネ王との連携キャンペーンのキャプチャ

マイネ王のメンバー登録後、mineoのeoIDを連携すると、もれなく1GBのデータ通信量がもらえます。

1GBプランは初月+1GB

1GBプランに申込むと、初月は1GB追加となり合計で2GBまで増量されます。

お子さんも安心して使える

有害サイト、決済ページのブロック、居場所確認、使用時間管理ができる「スマモリ」、ウイルス対策、SNSのいじめから守る「Filii Lite」、ブルーライト対策、英語や辞書の学習アプリなどのアプリ11個がセットになったアプリパックが月額200円で利用できます。

このパックのスゴいところは、月額200円でアプリのすべてが利用できる点です。たとえば「スマモリ」は本来月額400円かかるサービスですが、ジュニアパックなら月額200円で利用できます。その他の有料アプリもすべて月額200円で利用可能です。※Android端末のみ

実店舗がある

mineoは全国に実店舗があるので、ネットで申込むのが不安な方は、対面で契約することも可能です。

2017年9月には大阪なんば店、2017年2月には渋谷店、秋葉原店、神戸店がオープンしました。渋谷店では格安SIMやスマホの実売だけでなくカフェも併設し、「猿田彦珈琲」の豆を使用した本格コーヒーや「VERY FANCY」とコラボしたパンケーキも楽しめます。

ヤス石田
パケットを使ってコーヒーがお得に飲めるとか。

 

プリペイドパックで試せる

アマゾンなどで、1GB 3700円で販売しているプリペイドパックを購入すれば、問題なく使えるか試してから通常プランへ移行することができます。(最大2か月間使用可能)

マイネオのプリペイドパック

IP電話アプリ「LaLa Call」が基本料無料に

mineoの運営会社、ケイ・オプティコムのIP電話サービスLaLa Call」の月額基本料金100円が無料になります。

LaLa Callは050番号がもらえ、固定電話や携帯電話にかけることも受けることもできます。デュアルプラン(通話SIM)を契約するほど通話はしないという方はシングルプラン(データSIM)でLaLa Callを利用すれば、スマホ代をさらにさらに安くすることができます。

mineoの注意点

mineoには独自の注意点があるので要チェックです。

使えない端末がある

auプランは ios のバージョンによっては利用できない端末があるため契約前に必ず動作確認をしましょう。

>> auプラン(Aプラン)動作確認端末一覧
>> ドコモプラン(Dプラン)動作確認端末一覧

auプランは3G回線が利用できない

auプランの場合、データ通信はLTEのみ対応で3G回線は利用できません。そのため都市部では問題なく使えますが、LTEの整っていない地方などではつながりにくいことがあるようです。

12か月以内にMNPすると1万1500円の手数料がかかる

どこの格安SIMも通話SIMには最低利用期間が設けられているのですが、mineoにはありません。しかし12か月以内に他社にMNPすると転出手数料として1万1500円かかるので注意してください。

通話パックはおすすめできない

ついにmineoも通話パックサービスを開始しました。mineoの通話パックは、月額840円で最大30分の通話ができる「通話定額30」と月額1680円で最大60分の通話ができる「通話定額60」の2種類から選べます。

ただしmineoの通話パックは通話アプリを経由するわけではないので、他社のサービスと比べると割高です。僕ならmineoとのセット契約で月額基本料(100円)が無料になる通話アプリ「LaLa Call」をおすすめします。LaLa Callは固定電話8円/3分、携帯電話18円/1分、アプリ同士は無料と通話料金がかなりお得になります。(通常は20円/30秒)
>> 通話アプリ「LaLa Call」の詳細はこちら

500MBプランは割高

mineoはデータ通信量を500MBから選択できますが、1GBとの差額が100円しかなく割高感が否めません。

ぺーちゃん
ちょっとちょっと! 500MBも必要ないのにプラス100円払って1GBにするなんてムダじゃないですか? たかが100円、されど100円。サバイブ精神をお忘れではございませぬか?
ヤス石田
(嫌な言い方するな……)500MBも使い切らない人は、月額0円で利用できる0SIMがおすすめ。ただし、通信速度の問題もあるのでよく検討しましょう。

0SIMならスマホもタブレットも無料!通話多い人も必見

2017.01.10

mineoの1GBを選ぶならLINEモバイルもおすすめです。LINEモバイルは1GB 500円(通話SIMは1200円)からで、しかもLINEが使い放題です。

LINEモバイルの特徴と通信速度比較|実際にLINE MOBILEを使ってみた

2017.09.04

新規で番号をもらうと「070」になる可能性がある

MNPで自分の番号を使う方やデータSIMを選ぶ方は問題ありませんが、新規で通話SIMに申込むと「070」からはじまる番号になる可能性が非常に高いです。

mineoに問い合わせたところ「090・080・070」の番号からランダムに番号が決まるとのことですが、「090と080」番号は空きが少ないため、新規で契約する際は「070」番号になると思っておいたほうが良さそうです。

mineoを実際に使ってみた

ヤス石田
実際にmineoを使ってみたよ。

 

mineoの設定

ぺーちゃん
格安SIMって自分で設定しないとダメなんですよね? IT慣れしてないと難しいんじゃないですか?
ヤス石田
これはmineoにかぎったことではないけれど、格安SIMの初期設定って簡単なんだよ。特にmineoはSIMカードと一緒に図解付きのガイドが送られてくるから、指示どおりに設定すれば数分でできると思うよ。

 

mineoの利用ガイド

主要格安SIM通信速度対決

ぺーちゃん
格安SIMは通信速度が遅いって聞きますけど、実際はどうなんですか?
ヤス石田
「格安SIM = 遅い = 使えない」
こんな風に思っている人が多そうだから実際に通信速度を計ってみたよ。

 

■計測エリア:渋谷

■時間帯:平日の朝昼夕方の3回

■計測日:2017年5月10日

■端末:iPhone7

念のためざっくりと数値の説明をしておきますね。

●ダウンロード(下り速度)
サーバーからスマホにデータを読み込む速度。大きいほど速く表示されます。

●アップロード(上り速度)
スマホからサーバーにデータを送る速度。大きいほど速く完了します。

●PING(ピン・ピング)
サーバーにデータを送信してから返ってくるまでの時間。小さいほど速く返ってきます。

ヤス石田
ダウンロード、アップロードの数値は大きいほうが優れ、PINGの数値は少ないほうが優れているということです。

 

朝(9:00~10:00)ダウンロードアップロードPING
LINEモバイル61.03Mbps最速! 12.68Mbps50ms
楽天モバイル25.17Mbps3.20Mbps74ms
U-mobile25.68Mbps2.56Mbps38ms
NifMo14.82Mbps5.80Mbps35ms
BIGLOBEモバイル最速! 61.52Mbps4.28Mbps32ms
DMMモバイル25.51Mbps2.89Mbps38ms
mineo(ドコモ)49.61Mbps4.23Mbps65ms
OCNモバイルONE8.30Mbps2.13Mbps41s
IIJmio(ドコモ)32.55Mbps3.05Mbps40ms
イオンモバイル8.16Mbps1.86Mbps60ms
DTI SIM16.87Mbps2.59Mbps38ms
UQモバイル55.25Mbps5.53Mbps44s
mineo(au)67.96Mbps8.62Mbps42ms

主要格安SIM通信速度比較表(朝)
※あくまで参考程度にしてください。

朝の通信速度は各SIMともになかなかの結果が出ました。mineoのドコモプランも49.61Mbpsと、かなりの速度が出ました。

ランチタイム

ランチタイム(12:00~13:00)ダウンロードアップロードPING
LINEモバイル6.65Mbps8.56Mbps56ms
楽天モバイル9.07Mbps5.10Mbps70ms
U-mobile0.41Mbps6.83Mbps35ms
NifMo0.19Mbps1.95Mbps109ms
BIGLOBEモバイル0.43Mbps6.21Mbps40ms
DMMモバイル0.45Mbps6.03Mbps82ms
mineo(ドコモ)1.40Mbps5.28Mbps87ms
OCNモバイルONE0.30Mbps5.52Mbps82ms
IIJmio(ドコモ)0.45Mbps2.42Mbps110ms
イオンモバイル0.63Mbps7.76Mbps38ms
DTI SIM0.42Mbps3.58Mbps40ms
UQモバイル最速! 26.91Mbps最速! 10.88Mbps75ms
mineo(au)0.48Mbps5.87Mbps99ms

主要格安SIM通信速度比較表(ランチタイム)
※あくまで参考程度にしてください。

しかしランチタイムに入ると状況は一変。LINEモバイル、楽天モバイル、UQモバイルを除いて全社ガクンと落ち込みました。

ぺーちゃん
やはり都内のランチタイムは厳しい結果になりましたね。
ヤス石田
これは計測日とは別日のランチタイムにYouTubeで動画を観たスクショ。多少なりとも画質は粗くなる覚悟はしておいたほうがよさそうだね。

 

↓↓mineo(ランチタイム)ダウンロード:2.11Mbps↓↓
マイネオの動画画質(12時)

↓↓Wi-Fi ダウンロード:56.05Mbps↓↓
Wi-Fiの動画画質

ぺーちゃん
でも思いのほか画質良いですね。他の時間帯だとどんな感じですか??
ヤス石田
お昼を過ぎるとこんな感じかな。

 

↓↓mineo(14時)ダウンロード:36.47Mbps↓↓
マイネオの動画画質(14時)

ぺーちゃん
おおっ! 完全復活!

 

夕方

夕方(17:45~18:15)ダウンロードアップロードPING
LINEモバイル9.09Mbps2.68Mbps58ms
楽天モバイル18.61Mbps8.19Mbps35ms
U-mobile1.14Mbps7.04Mbps86ms
NifMo0.85Mbps6.01Mbps63ms
BIGLOBEモバイル0.63Mbps4.94Mbps36ms
DMMモバイル1.75Mbps5.57Mbps109ms
mineo(ドコモ)1.60Mbps2.53Mbps103ms
OCNモバイルONE0.86Mbps8.09Mbps90ms
IIJmio(ドコモ)0.89Mbps1.89Mbps157ms
イオンモバイル1.22Mbps1.50Mbps44ms
DTI SIM1.74Mbps4.66Mbps44ms
UQモバイル最速! 32.55Mbps最速! 9.63Mbps60ms
mineo(au)0.58Mbps8.31Mbps96ms

主要格安SIM通信速度比較表(夕方)
※あくまで参考程度にしてください。

夕方になると各社復活してきましたが、この日のmineoのauプランはあまりいい結果が出ませんでした。

ぺーちゃん
でも数値で出されても実際どう影響するのかわかりにくいっす。
ヤス石田
あくまで参考程度だけど、通信速度の目安はこんな感じかな。

 

 最低十分
LINEやメール0.1Mbps1Mbps
Webサイトの閲覧0.2Mbps2Mbps
動画0.5Mbps3Mbps
動画(高画質)2Mbps5Mbps
アプリのダウンロード5Mbps30Mbps
ぺーちゃん
ランチタイムをやり過ごせば問題なさそうですね。
ヤス石田
通信速度はそのときの環境によって大きく変わるから一概には言えないけどね。時間帯によって速度が落ちても価格が半額以下になるなら全然OKっていう人は結構いるんじゃないかな?

 

僕は普段はLINEモバイルをメインに使っていますが、今回mineoを使ってみたところ正直体感で違いはわかりませんでした。

ぺーちゃん
ヤスさん、キャリアからDMMモバイルにしたときも違いがわからないって言ってませんでしたっけ?? ははーん、さてはこれ営業トークでしょ!!
ヤス石田
素直な感想だって!
格安SIMにしてから2年くらい経つけど、不便に思ったことなんて本当に一度もないからね。ということは「キャリアの通信速度」とか「つながりやすさ」なんて、ほとんどの人が持て余してるってことなんじゃない? 必要ないものに高いお金出すってどうなの?? ねえ、ぺーちゃん?
ぺーちゃん
ぐぬぬぬ……。

 

mineoはこんな人におすすめ

mineoは万人向けの格安SIMになりますが、特に以下の4点があてはまる方におすすめです。

1. スマホが使えない期間が短いほうがいい人

mineoは自分で開通手続きを行うため、たった1~2時間程度で使えるようになります。

2. 家族でドコモとauそれぞれの端末を持っている人

mineoはマルチキャリアですので、ドコモ端末でもau端末でもSIMカードを差すだけで直ぐに使うことができます。ただし、動作確認は必須です。

3. 格安SIMの通信速度が心配な人

mineoのプレミアムコースなら通常コース+800円/月で、人数を限定したプレミアムコース専用帯域を利用でき、混雑するランチタイムでも快適な通信環境を提供してもらえます。

4. コミュニティ好きな人

mineoには「マイネ王」というコミュニティサイトで他のユーザーと交流したり、データ通信容量のもらったりあげたりできる独自のサービスがあります。ネットでの交流が好きな方にmineoはぴったりです。

5. バランスのとれたサービスを求める人

mineoは料金、速度、サービスのどれをとっても高水準ですぐれた格安SIMです。しかも新しい試みも積極的に取り入れる攻めの姿勢も素晴らしいです。

まとめ

スマホの平均料金(キャリア)は月額7433円だそうですが、1年間使うと

7433円 × 12か月 = 約9万円
かかります。

これをmineoの通話SIM 3GBプラン(ドコモプラン)で申込むと……

1600円 × 12か月 + 3000円(初期費用)+ 3000円(MNP転出手数料)- 1万800円(900円 × 12か月)※キャンペーン1万4400円※すべて税別

9万円 - 1万4400円 = 7万5600円

なんと年間で約7万5000円も安くなります。
※シミュレーション結果はあくまで参考程度にしてください。

ぺーちゃん
キャリアに約1万円の違約金を払ったとしても6万5000円ですか……。
ヤス石田
夫婦だったら年間13万円だよ?
ぺーちゃん
家族なら…… 夢しかないっすね!

 

>> 夢しかないmineo(マイネオ)の公式サイトはこちら

それでは、Can you survive?
サバイブ運営方針はこちら

格安SIMのデメリットとは?ヤス石田の格安SIMカード17社比較

2017.10.10

mineoの格安SIMならauのiPhoneがそのまま使える

2017.08.21