LINEモバイルの特徴と通信速度比較|実際にLINE MOBILEを使ってみた

LINE mobileの詳細

こんにちは、サバイブのヤス彦です。

今回は、女優 “のんさん” のCMでおなじみのLINEモバイルをご紹介します。

ぺーちゃん
LINEの利用率ってハンパないですよね。そんなLINEが提供するLINEモバイル、気になります!
石田ヤス彦.
13枚のSIMカードを持つオレがメインで使っているのが、このLINEモバイルなんだ。
ぺーちゃん
へ~、じゃあさぞかし良いんでしょうね~。

 

2016年9月にリリースされたLINEモバイルですが、すでに数々の栄光に輝いています。

・SIMカード売れ筋ランキング1位(アマゾン)
・問い合わせ対応1位、保証サービスの充実度1位(MMD研究所調査2017年3月調査)
・格安SIMアワード2017年上半期総合満足度・最優秀、通信速度部門・優秀、コストパフォーマンス部門・最優秀、ブランドイメージ部門・優秀、利用サポート部門・優秀(株式会社イード調べ)

今回は、ヤス石田がメインのSIMカードとして使いはじめて1年近くたった感想を元に、LINEモバイルの詳細をお伝えします。

LINEモバイルはここがスゴいぞ!

まずは、LINEモバイルがすぐれている点をご紹介します。

主要SNSとLINE MUSICが使い放題

LINEモバイルには、大きくわけて3つのプランがあり、

LINEフリープラン… LINEが使い放題
コミュニケーションフリープラン… LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題
MUSIC+プラン… LINE MUSIC※、LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題
※LINE MUSIC(ラインミュージック)とは、150万曲以上が聴き放題の定額制音楽配信サービス。別途利用料金が必要

このように、プランによって使い放題になるサービスが異なります。

ぺーちゃん
使い放題ってどういうこと? どれも無料で使えるサービスでしょうに。
石田ヤス彦.
使い放題というのはデータ通信量がカウントされないってこと。たとえば月に3GBまで使えるプランで契約したとするでしょ。通常ならLINEを利用したり、Twitterでタイムライン見たり、動画を閲覧したりすると、そこにかかったデータ通信量がどんどん消費されていくんだ。LINEモバイルはプランによって、LINEやLINE MUSIC、Twitter、Facebook、Instagramの通信にかかったデータ容量がカウントされないってことだよ。
ぺーちゃん
なるほど!
僕はよく友だちと一緒に撮った写真をLINEでシェアし合ったりするので、画像や動画のアップロードやダウンロードにかかるデータ通信料がカウントされないのは魅力的っす。

 

選べる! 冬のトリプルキャンペーンが熱い

8月まで実施していた「選べる! 夏のトリプルキャンペーン」、12月11日まで実施していた「1周年記念! 選べるキャンペーン」がリニューアルして継続となりました。

LINEモバイルの選べる! 冬のトリプルキャンペーンが熱い

2018年2月26日までに通話SIMに申込むと、プランによって以下の選べる特典が付きます。

①LINE STOREコース
公式オンラインストア「LINE STORE」で利用できるLINEギフトコードをプレゼント。
・LINEフリープラン:1500円分
・コミュニケーションフリープラン:3000円分
・MUSIC+プラン:3000円分
※有効期限あり

②LINEポイントコース
アマゾンギフト券やLINE Pay残高などに交換できるLINEポイントをプレゼント。
・LINEフリープラン:1000ポイント
・コミュニケーションフリープラン:2000ポイント
・MUSIC+プラン:2000ポイント
※付与ポイントに有効期限なし。ただし、半年以上新規のLINEポイントを取得しないと失効

③データ増量コース
利用開始日の翌月にデータ容量を追加でプレゼント。
・LINEフリープラン:1GB
・コミュニケーションフリープラン:3GB
・MUSIC+プラン:3GB

ぺーちゃん
僕は、この機会にLINEスタンプを大量にゲットしたいからLINE STOREコースがいいな。
ヤス石田
LINEスタンプに興味のないオレは、断然LINEポイントコースだね。

 

特典を受けるには、
・通話SIMでの契約
・キャンペーンコードの入力
・利用開始後にLINEモバイルの公式アカウントで契約者連携
・2018年2月28日までに利用開始
が必要になります。

LINEの年齢認証ができる

LINEモバイルでは、大手キャリアと同様に年齢認証が可能になり、格安SIMのデメリットのひとつである「LINEのID検索ができない」が解決されました。(ただし18歳以上)

ぺーちゃん
LINEモバイルだけなんてズルい!
石田ヤス彦.
LINEモバイルだけしかできないサービスというのはかなりの強みになるよね。
ぺーちゃん
たしかに、他社でできないことができるというのは惹かれますね。

 

通信速度がそこそこ速い

サービスリリース直後の速さはありませんが、他社と比較するとなかなか速いスピードが出ています。※通信速度については後述します。

ついに!「10分かけ放題オプション」がリリース

LINEモバイルの10分かけ放題オプション

格安SIMのデメリットである、通話料金の高さを解決するかけ放題オプションが、ついにLINEモバイルでもリリースされました。

石田ヤス彦.
月額880円で10分以内の国内通話が何度でもかけ放題になるよ。しかも通話品質が劣ることもないんだ。
ぺーちゃん
10分超えるとメチャ高くなるとかないですよね??

 

10分かけ放題オプションは、同時リリースとなる通話料を半額にする通話アプリ「いつでも電話」を経由するので、10分を超えた通話料は通常料金の20円/30秒の半額、10円/30秒で利用できます。

ぺーちゃん
電話帳はスマホに登録しているものがそのまま使えるんですか?

 

もちろんデフォルトの連絡先が通話アプリ「いつでも電話」に同期されるので、新しく連絡先を登録する手間などはありません。

通信速度制限がない

キャリアにしても格安SIMにしても、ほとんどの会社が3日間で一定通信量を超えた場合の速度制限を設けていますが、LINEモバイルにはこの制限がありません。これは大きなメリットでしょう。※一部例外あり

月額料金が1か月無料

1か月の基本料金が無料になるのはうれしいメリットです。

家族や友だちにデータをプレゼントできる

LINEモバイルでは、LINEを使って友だちにデータをプレゼントしたり、もらえたりします。

石田ヤス彦.
今月はデータ容量が結構あまっちゃったな。
最近LINEモバイルにした中島なかじ
私、今月ピンチですぅ……(チラリチラリ、ジーーーーーーー)。
石田ヤス彦.
すごい見てる……。
石田ヤス彦.
な、なかじ、オレのデータ容量プレゼントしようか?
中島なかじ
え!? 本当ですかぁ?? やったー!!!!
石田ヤス彦.
……。

 

LINEモバイルのデータプレゼント

2回線目以降の初期費用が最大無料に

LINEモバイルは2回線目以降の初期費用が最大無料に

LINEモバイルは、2回線目以降の初期費用3000円※税別通話SIMの場合、無料になります。

データSIMの場合は、SMS付きで500円、SMSなしで1000円となります。

 

>> LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プラン(月額)
LINEフリープラン
データSIM通話SIM
1GB500円1200円
SMS機能+120円無料
使い放題LINE
コミュニケーションフリープラン
データSIM+SMS機能通話SIM
3GB1110円1690円
5GB1640円2220円
7GB2300円2880円
10GB2640円3220円
使い放題LINE、Twitter、Facebook、Instagram
MUSIC+プラン
データSIM+SMS機能通話SIM
3GB1810円2390円
5GB2140円2720円
7GB2700円3280円
10GB2940円3520円
使い放題LINE MUSIC、LINE、Twitter、Facebook、Instagram

LINEモバイルの詳細

LINEモバイル
LINEモバイルのキャプチャ
データSIM(月額)
1GB… 500円
3GB… 1110円
5GB… 1640円
7GB… 2300円
10GB… 2640円
SMS機能+120円
通話SIM(月額)
1GB… 1200円
3GB… 1690円
5GB… 2220円
7GB… 2880円
10GB… 3220円
SMS機能付き
最低利用期間
(データSIM)
利用開始日を含む月の末日
最低利用期間
(通話SIM)
1年
違約金 9800円
国内通話料
20円 / 30秒
国内SMS送信料
3円~ / 通
データ量の翌月繰越
あり
初期費用
3400円
※SIMカード発行手数料含む
高速低速通信のON/OFF
なし
MNP即日切替
あり
Wi-Fiスポット無料利用
なし
スマホとのセット販売
あり
店舗での申込み
あり
回線
ドコモ
SIMカードの種類
標準SIMカード ・ micro-SIMカード ・ nano-SIMカード
容量の追加
500MB… 500円
1GB… 1000円
3GB… 3000円
※追加購入は月3回まで
通信速度制限
なし
キャンペーン
【注目】LINE STOREで使えるLINEギフトコードを最大3000円分、または、アマゾンギフト券やLINE Pay残高に交換できるLINEポイントを最大2000ポイント、もしくは、最大3GBのデータ通信容量をプレゼント。2018年2月26日まで
・2回線目以降の初期費用が通話SIMで無料、データSIM+SMSで500円、データSIMで1000円に
・月額料金が初月無料
・毎月の利用額の1%のLINEポイントが貯まる

その他のおすすめポイント

自分でMNPの転入切り替えができる

最近の格安SIMでは一般的なサービスになりつつありますが、LINEモバイルもSIMカード到着後、自分の好きなタイミングで開通手続きを行うことができます。このため、1~2時間程度で利用可能となり、スマホが使えない期間がほとんどありません。

LINEで使えるポイントがもらえる

月額基本利用料の1%分のLINEポイントが毎月貯まり、LINEスタンプなどのLINEサービスで利用できます。

公式アカウントですべて操作可能

LINE公式アカウントと連携するとログインせずにマイページが利用でき、残容量のチェックが可能になります。

高速データ通信容量の翌月繰越しができる

当月内で使わなかった高速データ通信容量は翌月に繰越すことができます。

落下や水没などの万が一のトラブルで端末を保証してくれる

LINEモバイルには2種類の端末安心サービスがあります。

LINEモバイルで端末を購入した方向けの「端末保証」は、月額450円(初月無料)。故障した場合、交換端末を1回目は5000円、2回目は8000円で最短翌日に到着するよう送ってくれます。

自分で端末を用意した方向けの「持込端末保証」は、月額500円(初月無料)で、1回目は4000円、2回目は8000円で修理、または交換対応をしてくれます。

>> LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルの注意点

端末の動作確認は必須

他の格安SIM同様、端末の動作確認は必ず行いましょう。
>> LINEモバイルの動作確認端末一覧

新規で番号をもらうと「070」になる可能性がある

これは格安SIM全般での問題ですが、新規で通話SIMに申込むと「070」からはじまる番号になる可能性が非常に高いです。

石田ヤス彦.
番号の頭が「090・080」ではなく「070」になるだけで特になにかが制限されるわけではありません。気持ちの問題ですね。

 

MNPで自分の番号を使う方やデータSIMを選ぶ方は問題ありません。

LINEモバイルを実際に使ってみた

石田ヤス彦.
実際にLINEモバイルを使ってみました。

 

LINEモバイルのSIMカード

LINEモバイルの設定

石田ヤス彦.
LINEモバイルの設定も他の格安SIM同様カンタンでしたよ。

 

同封されている説明書どおりに設定すれば数分でできると思います。

LINEモバイルのガイド

主要格安SIM通信速度対決(平日編)

■計測エリア:渋谷

■時間帯:平日の朝昼夕方の3回

■計測日:2017年5月10日

■端末:iPhone7

格安SIM通信速度チェック
石田ヤス彦.
ざっくりと数値の説明をすると、ダウンロード、アップロードの数値は大きいほうが優れ、PINGの数値は少ないほうが優れています。

 

朝(9:00~10:00)ダウンロードアップロードPING
LINEモバイル61.03Mbps最速! 12.68Mbps50ms
楽天モバイル25.17Mbps3.20Mbps74ms
U-mobile25.68Mbps2.56Mbps38ms
NifMo14.82Mbps5.80Mbps35ms
BIGLOBEモバイル最速! 61.52Mbps4.28Mbps32ms
DMMモバイル25.51Mbps2.89Mbps38ms
mineo(ドコモ)49.61Mbps4.23Mbps65ms
OCNモバイルONE8.30Mbps2.13Mbps41s
IIJmio(ドコモ)32.55Mbps3.05Mbps40ms
イオンモバイル8.16Mbps1.86Mbps60ms
DTI SIM16.87Mbps2.59Mbps38ms
UQモバイル55.25Mbps5.53Mbps44s
mineo(au)67.96Mbps8.62Mbps42ms
主要格安SIM通信速度比較表(朝)

ランチタイム

ランチタイム(12:00~13:00)ダウンロードアップロードPING
LINEモバイル6.65Mbps8.56Mbps56ms
楽天モバイル9.07Mbps5.10Mbps70ms
U-mobile0.41Mbps6.83Mbps35ms
NifMo0.19Mbps1.95Mbps109ms
BIGLOBEモバイル0.43Mbps6.21Mbps40ms
DMMモバイル0.45Mbps6.03Mbps82ms
mineo(ドコモ)1.40Mbps5.28Mbps87ms
OCNモバイルONE0.30Mbps5.52Mbps82ms
IIJmio(ドコモ)0.45Mbps2.42Mbps110ms
イオンモバイル0.63Mbps7.76Mbps38ms
DTI SIM0.42Mbps3.58Mbps40ms
UQモバイル最速! 26.91Mbps最速! 10.88Mbps75ms
mineo(au)0.48Mbps5.87Mbps99ms
主要格安SIM通信速度比較表(ランチタイム)

夕方

夕方(17:45~18:15)ダウンロードアップロードPING
LINEモバイル9.09Mbps2.68Mbps58ms
楽天モバイル18.61Mbps8.19Mbps35ms
U-mobile1.14Mbps7.04Mbps86ms
NifMo0.85Mbps6.01Mbps63ms
BIGLOBEモバイル0.63Mbps4.94Mbps36ms
DMMモバイル1.75Mbps5.57Mbps109ms
mineo(ドコモ)1.60Mbps2.53Mbps103ms
OCNモバイルONE0.86Mbps8.09Mbps90ms
IIJmio(ドコモ)0.89Mbps1.89Mbps157ms
イオンモバイル1.22Mbps1.50Mbps44ms
DTI SIM1.74Mbps4.66Mbps44ms
UQモバイル最速! 32.55Mbps最速! 9.63Mbps60ms
mineo(au)0.58Mbps8.31Mbps96ms

主要格安SIM通信速度比較表(夕方)
※あくまで参考程度にしてください。

ぺーちゃん
数値で出されても実際どう影響するのかわかりにくいっす。
石田ヤス彦.
あくまで参考程度だけど、通信速度の目安はこんな感じかな。

 

 最低十分
LINEやメール0.1Mbps1Mbps
Webサイトの閲覧0.2Mbps2Mbps
動画0.5Mbps3Mbps
動画(高画質)2Mbps5Mbps
アプリのダウンロード5Mbps30Mbps

LINEモバイルはサービス開始直後でユーザーが少ないということもあるのでしょうか、他社と比べてかなり高いレベルで速度が出ていました。

石田ヤス彦.
ランチタイムでこの速度が出るなら優秀だよね。

 

渋谷のランチタイムでこれだけの速度が出るのは想定外です。これなら動画の閲覧も問題なさそう。

石田ヤス彦.
というわけで実際に動画を観てみました。

 

↓↓LINEモバイル(別日のランチタイム)ダウンロード:54.47Mbps↓↓
LINEモバイルの動画画質(12時)

↓↓Wi-Fi ダウンロード:89.06Mbps↓↓
Wi-Fiの動画画質

ぺーちゃん
スゴい! Wi-Fi環境下と画質が変わりませんね。
石田ヤス彦.
あまり速度の出ていない格安SIMだとこんな感じになったよ。

 

↓↓某格安SIM(ランチタイム)ダウンロード:1.09Mbps↓↓
umobile-quality_20170125

ぺーちゃん
LINEモバイルと比べると画質の粗さが目立ちますね。
石田ヤス彦.
通信速度は状況によって大きく変化するから、あくまで参考程度にして欲しいんだけど、実際にLINEモバイルは途切れることなくサクサク観れたよ。

LINEモバイルはこんな人におすすめ

LINEのID検索が必須な人

LINEモバイルは唯一LINEのID検索ができる格安SIMです。

データ通信は、ほぼLINE、Twitter、Facebook、Instagramしかしない人

LINEモバイルはLINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ通信がノーカウントになります。

LINE MUSIC利用者

あらたに追加されたMUSIC+プランでは、主要SNSに加え、LINE MUSICのデータ通信もノーカウントになります。

ドコモのスマホを利用中の人

LINEモバイルはドコモの回線を利用しているため、ドコモのスマホやタブレットがあればSIMカードを差し替えるだけで格安スマホとして使えます。ただし、動作確認は必須です。

まとめ

以上、LINEモバイルの特徴をご紹介しましたが、大きなポイントはLINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSICが使い放題になることと、LINEのID検索が可能になることだと思います。

Twitter、Facebookで動画を観たり、Instagramで頻繁に写真や動画をアップする方やLINE MUSIC利用者には最適なサービスになりそうです。

石田ヤス彦.
スマホユーザーの中にはデータ通信は、LINEだけしか使わないという人も多そうだよね。そういう人たちには500円のプランで十分。スマホ代が500円なんてスゴい時代になったよなー。
ぺーちゃん
LINEモバイルは通信速度がどの時間帯でも優秀なので、速度重視の方にも強くおすすめできますね。

 

>> LINEモバイルの公式サイトはこちら

それでは、Can you survive?
※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。
サバイブ運営方針はこちら

DMMモバイルの特徴|DMMはこんな人にピッタリな格安SIM

2017.12.20

mineoの特徴と通信速度比較|実際にマイネオを使ってみた

2017.12.01

格安SIMのデメリットとは?ヤス石田の格安SIMカード17社比較

2018.01.16