DTI SIMの特徴と通信速度比較|実際にDTI SIMを使ってみた

dti-detail

こんにちは。
13枚のSIMカードを持つ男・シム彦です。

今回は、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットが運営している格安SIM・DTI SIMについてレポートします。

DTI SIM? 聞いたことないけど?

聞いたことのない方も多いかもしれませんが、株式会社ドリーム・トレイン・インターネットは20年の実績を持つ老舗のインターネットプロバイダです。

ヤス石田
「DTI」は社名であるDream Train Internetの頭文字をとっています。

なにげにモバイル通信の黎明期からいち早くSIMカードを提供している格安SIM界の大ベテランだそうです。

DTI SIMはここがスゴいぞ!

最安級の料金プラン

DTI SIMの最大の魅力は料金設定にあります。

格安SIM界の最安値といって真っ先に挙がるのはDMMモバイルですが、プランによってはDTI SIMのほうが安かったりと、その熾烈な価格争いは来年あたり映画化が決定しているとか。

ぺーちゃん
してませんよ!
 DTI SIM の料金プラン(月額)DMMモバイルの料金プラン(月額)
データSIM通話SIMデータSIM通話SIM
1GB600円1200円480円1260円
2GB770円1380円
3GB840円(半年間無料)1490円850円1500円
5GB1220円1920円1210円1910円
7GB1860円2560円
8GB1980円2680円
10GB2100円2800円2190円2890円
15GB3600円4300円
20GB4980円5980円
無制限
(高速※)
2200円2900円
無制限
(低速)
440円1140円
SMS機能+150円無料+150円無料

※基本プランよりも速度が安定しにくい

DMMモバイルとの大きな違いは、データ通信無制限の内容です。DMMモバイルが低速通信のみの設定に対し、DTI SIMは高速通信で使い放題となりますが、基本プランと比較して速度が安定しにくいというデメリットがあります。

データSIMが半年間無料

ヤス石田
キャリアから格安SIMに乗り換えたくても一歩が踏み出せないという方に朗報です。

DTI SIMならデータSIM 3GBプランの月額基本料が半年間無料になります。もともとは期間限定のキャンペーンとして行っていたサービスでしたが、2016年7月から通常のプランとなりました。※別途ユニバーサルサービス料2円がかかります。

ぺーちゃん
半年間無料になるとライバル・DMMモバイルと比較してどんな感じになるんですか?
ヤス石田
1年間で計算するとこんな感じ。

DMMモバイルだと、
(850円 × 12か月)+ 3000円(初期費用)= 1万3200円

これが DTI SIM になると、
(840円 × 6か月)+ 3000円(初期費用)= 8040円
※シミュレーション結果はあくまで参考程度にしてください。

ぺーちゃん
なんと1年間のスマホやタブレット代がたったの8000円! これ相当安いですね。
ヤス石田
DMMモバイルは11月末まで初期費用無料キャンペーンを実施しているんだけど、それを持ってしても歯が立たないくらいの安さだね。

しかもデータSIMの場合、違約金の設定がないので半年間で解約すれば初期費用の3000円だけで格安SIMを試すことができます。

ぺーちゃん
え? キャリアを解約しなくても使えるんですか?
ヤス石田
うん。DTI SIMはドコモ回線を利用しているのね。だから手持ちのドコモ端末のSIMカードをDTI SIMに差し替えれば使うことができるんだよ。ただし動作確認は必ず行うように。
>> DTI SIMの動作確認済み端末一覧はこちら
ぺーちゃん
すんげー

7か月目以降も月額840円で利用できるので、スマホの2台持ちやタブレット用にも最適です。

高速の使い放題が安い

そもそも高速通信の使い放題を提供している格安SIM自体が少ないのですが、DTI SIMは対応済み&最安級です。

データSIM 月額2200円
通話SIM 月額2900円

ヤス石田
かけ放題プランと組み合わせれば、月額3680円でネットも電話も使い放題になるよ。※5分以内の国内通話

YouTubeとTwitterなどがノーカウントになるプランがある!

20代向けのプラン「20’s SIM」は、YouTube、Twitter、radiko、就職情報サイト「マイナビ」、学生用お役立ちサイト「マイナビ学生の窓口」のデータ通信がノーカウントになるプランです。

7GBのデータ通信容量に、10分かけ放題(通話SIMのみ)、DTI Wi-Fiオプション、画面サポートオプションがセットになります。

DTI SIMの20's SIMプランの料金

7GBのデータ通信容量に、YouTube、Twitter、radiko、マイナビサイトがノーカウントになるプランもあります。

DTI SIMのDTI見放題SIMプランの料金

10分かけ放題(通話SIMのみ)、DTI Wi-Fiオプション、画面サポートオプションがセットになります。

ヤス石田
データ通信だけで、音声通話は利用できませんので、要注意です。

業界初の『今すぐMNP転入』

ほとんどのMVNOがMNPの即切り替えを導入し、今では1~2時間程度で開通しますが、DTI SIMはなんと不通時間を15分まで短縮しました。

 

>> DTI SIMの公式サイトはこちら

DTI SIMの詳細

DTI SIM
DTI SIMのキャプチャ
データSIM(月額)
1GB… 600円
3GB… 840円(半年間無料)
5GB… 1220円
10GB… 2100円
※無制限… 2200円
SMS機能+150円
通話SIM(月額)
1GB… 1200円
3GB… 1490円
5GB… 1920円
10GB… 2800円
※無制限… 2900円
SMS機能付き
最低利用期間
(データSIM)
なし
最低利用期間
(通話SIM)
1年
違約金 9800円
国内通話料
20円 / 30秒
国内SMS送信料
3円~ / 通
データ量の翌月繰越
あり
初期費用
3000円
Wi-Fiスポット無料利用
なし
スマホとのセット販売
なし
高速低速通信のON/OFF
なし
MNP即日切替
あり
店舗での申込み
なし
回線
ドコモ
SIMカードの種類
標準SIMカード ・ micro-SIMカード ・ nano-SIMカード
容量の追加
500MB… 380円
1GB… 600円
通信速度制限
3日間で、
1GBプラン… 700MB
3GBプラン… 2GB
5GBプラン… 3GB
つかい放題… 通信量が他の利用者の平均利用容量を著しく超えるとき(詳細は未発表)
を超えると200kbps以下の速度制限
キャンペーン
・DTI 光と同時利用で、DTI 光の料金から毎月150円割引き

その他のおすすめポイント

ヤス石田
DTI SIMのその他の魅力をご紹介します。

かけ放題プランがある

格安SIMのデメリットとして挙がるのが通話料金の高さです。そこにいち早く対応したのが月額850円で5分までの通話をかけ放題にした楽天モバイルでした。後出しが得意なDTIは、通常の半額の通話料(30秒10円)で、電話をかけた分だけ支払う「おとくコール」と10分以内の国内通話がかけ放題になる「おとくコール10」を楽天モバイルよりも30円安い月額820円で提供しています。

追加チャージが安い

通常、契約プランのデータ容量を超えてしまうと低速通信に切替わり、通信速度が遅くなってしまうのですが、データ容量を追加することによって高速通信が可能になります。

DTI SIMが安いのは基本料金だけではなく、この追加チャージの安さもかなり際立っています。

一般的に安くても500MBで500円、1GBで1000円のチャージ料金がかかるところ、DTI SIMは500MB 380円、1GB 600円で追加することができます。

ぺーちゃん
いざというときも安心ですね。

高速データ通信容量の翌月繰越しができる

主要格安SIMでは当たり前となった余ったデータ通信容量の翌月繰越しですが、2016年5月からいよいよDTIでも対応しました。

女性向けコンテンツがセットになったプラン

データ通信とWebコンテンツ、「ルナルナビューティー」「ことりっぷ」「カラダメディカ」「スマート占いDX」をセットにした新プランがリリースされました。

DTI SIMコンテンツパックのキャプチャ

対象となるのは「DTI SIM データSMSプラン 5GB」「DTI SIM 音声プラン 5GB」「DTI SIM 音声プラン ネットつかい放題」の3プランです。

ヤス石田
個人的には魅力を感じないプランですが、上記のコンテンツ利用者にはいいのでしょうか?(よくわかりません……)

DTI SIMの注意点

それでは次にDTI SIMの注意点です。

でんわかけ放題オプション5分以降は通常料金

DTI SIMのかけ放題は楽天でんわと違ってアプリを経由しません。そのためわざわざアプリをインストールする必要がないのですが、その反面、5分の通話時間を過ぎると楽天のように通話料金が半額にならず、20円/30秒の料金がかかってしまいます。

ぺーちゃん
楽天モバイルよりも月額70円安くなるけど、通話時間が5分を超えると割高になっちゃうんですね。
ヤス石田
確実に5分以上の通話はしない人向けだね。

プラン変更の手続きが面倒

DTI SIMは容量のプラン変更に関わる入力内容が多く、他社と比べると若干面倒です。

端末の動作確認は必須

他の格安SIM同様、端末の動作確認は必ず行いましょう。
>> DTI SIMの動作確認端末一覧

新規で番号をもらうと「070」になる可能性がある

これは格安SIM全般での問題ですが、新規で通話SIMに申込むと「070」からはじまる番号になる可能性が非常に高いです。

MNPで自分の番号を使う方やデータSIMのプランを選ぶ方は問題ありません。

専用アプリがない

主要格安SIMではおなじみの専用アプリがDTI SIMにはないので、データ通信残量の確認などはWebのMyDTI(マイページ)で確認することになります。

高速・低速通信の切り替えができない

DTI SIMでは高速・低速通信の切り替えがないため、いざというときにデータ通信容量の節約ができません。

ぺーちゃん
僕が使っているDMMモバイルには専用アプリに切り替えスイッチ機能があるけど、使ったことないですね。ただアプリで残量チェックはときどき行うので、これがWeb上でしか確認できないとなるとちょっと不便かもしれません……。
ヤス石田
頻繁に残量をチェックしたい方は、MyDTIをホーム画面に追加しておけばそれほど不便じゃないかもね。

DTI SIMを実際に使ってみた

ヤス石田
実際にDTI SIMを使ってみました。
DTI SIMのSIMカード

DTI SIMの設定

ヤス石田
毎度のことですが、DTI SIMの設定もカンタンでしたよ。

同封されている説明書どおりに設定すれば数分でできると思います。

DTI SIMのガイド

主要格安SIM通信速度対決

計測エリア:渋谷
時間帯:平日の朝昼夕方の3回(各回3回ずつ計測した平均)
計測日:2018年2月28日
端末:iPhone8、iPhone7、HUAWEI P10 lite、HUAWEI nova lite、HUAWEI P9 lite、FUJITSU M03、FREETEL REIからランダムに選択

ヤス石田
ざっくりと数値の説明をすると、ダウンロード、アップロードの数値は大きいほうが優れ、PINGの数値は少ないほうが優れています。

●朝
主要格安SIM通信速度比較表(朝)

●ランチタイム
主要格安SIM通信速度比較表(ランチタイム朝)

●夕方
主要格安SIM通信速度比較表(夕方)
※あくまで参考程度にしてください。

ぺーちゃん
う~ん…… 数値で出されてもいまいちわかりにくいっす。
ヤス石田
通信速度の目安はこんな感じだよ。
 最低十分
LINEやメール0.1Mbps1Mbps
Webサイトの閲覧0.2Mbps2Mbps
動画0.5Mbps3Mbps
動画(高画質)2Mbps5Mbps
アプリのダウンロード5Mbps30Mbps
ぺーちゃん
こう見ると格安SIMの速度でも十分事足りそうですね。
ヤス石田
参考に別日に確認したランチタイムのYouTubeの画面をスクショしてみたよ。

↓↓DTI SIM(ランチタイム)ダウンロード:0.64Mbps↓↓
DTI SIMの動画画質(12時)

↓↓Wi-Fi ダウンロード:89.06Mbps↓↓
Wi-Fiの動画画質

ぺーちゃん
こうやって比較してみるとやっぱり画質が粗いですね。
ヤス石田
通信速度はさまざまな要因が絡んでくるから一概には言えないんだけどね。でもこれでスマホ代が半額以下になるのなら万々歳じゃない?
ぺーちゃん
常にではなくて、混雑時にはこういう可能性もあるってことですもんね。ちなみにお昼を過ぎるとどうなりますか?
ヤス石田
これが14時頃だよ。

↓↓DTI SIM(14時)ダウンロード:11.96Mbps↓↓
DTI SIMの動画画質(14時)

ぺーちゃん
これなら問題なさそうですね。

DTI SIMはこんな人におすすめ

DTI SIMは、特に以下の6点があてはまる方におすすめです。

複数のスマホやタブレット持ってる人

DTI SIMは 3GBのデータSIMが半年間無料という信じられない価格設定をしているため、音声通話を必要としない2台目のスマホやタブレット用に最適です。

5分以内の通話を頻繁にする人

DTI SIMには5分以内の通話が月額780円でかけ放題になるオプションがあります。

しかも3GBの通話SIM + でんわかけ放題 が半年間1480円で利用することができます。通常だと月額2270円かかるのでかなり安いですよ。

スマホが使えない期間が短いほうがいい人

DTI SIMは自分で開通手続きを行うため、たった1~2時間程度で使えるようになります。

ドコモのスマホを利用中の人

DTI SIMはドコモの回線を利用しているため、ドコモのスマホやタブレットがあればSIMカードを差し替えるだけで格安スマホとして使えます。

まとめ

DTI SIMは攻めのサービスやキャンペーンを行うMVNOです。

今回のデータ通信3GB半年無料など、他社では考えられない価格設定をサラリと出してくる姿勢はスゴいの一言。

今後も期待できる格安SIMですね。

>> DTI SIMの公式サイトはこちら

それでは、Can you survive?
※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。
サバイブ運営方針はこちら

5分で選べる格安SIM比較|ヤス石田のおすすめMVNOはこれだ!

2018.09.07

DMMモバイルの特徴|DMMはこんな人にピッタリな格安SIM

2018.09.01

※表記の金額は一部を除き税別です。

ABOUTこの記事を書いた人

ヤス 石田

知りたいことはとことん追求する根性系の生真面目パンク野郎(3児の父)。節約と節制とメルカリとIPO株を駆使して、人生の荒波をサバイブ中。15台のスマホで14枚のSIMカードの通信速度を毎週コツコツ計測している。嫌いな言葉は「損」と「リスク」。苦手なことは「損切り」。
【SNSやってます】Twitter / Facebook / Instagram