SIMロックとは?|SIMロック解除の義務化でiPhoneも安く?

格安SIMのTVCMや広告を頻繁に目にするようになってきました。
そもそもSIMロックとは何なのでしょうか?

ヤマザキOKコンピュータ
まいど、ヤマザキOKコンピュータです。
2015年5月1日からスマートフォン及び携帯電話のSIMロック解除が義務化されました。
そもそも「SIMロック」って何でしょう?
私たちに直接どんなメリットやデメリットがあるのかも含めて、あっさり説明します。

SIMロックとは?

SIMカードとは

大手キャリアで契約したスマホには最初からSIMカードというものが挿さっています。
SIMカードとは
こんなヤツです。

携帯電話やスマートフォンは、このカードが無いと電波をキャッチする事ができません。

このカードの中には
・電話番号
・契約キャリアとプラン
主にこの2つの情報が入っています。

もし自分のSIMカードを友人のスマホに挿した場合は
自分の電話番号で友人のスマホを使えるようになります。
SIMカードを交換すると

SIMロックとは

しかし、日本で販売されているほとんどのスマホにはSIMロックがかかっています。

SIMロックとは、
「このスマホは○○社のSIMカードしか使えない。」
という制限。

ヤマザキOKコンピュータ
わかりやすく絵にしてみました。
 
SIMロックとは

石田ヤス彦.
わかりづらいね~

例えば、iPhoneはどこで買っても見た目もスペックも同じですが、販売元ごとのSIMロックがかかっている為、docomoで販売しているiPhoneにはdocomoのSIMカードしか使えません。
他社のSIMカードを挿しても電波をキャッチすることが出来ないのです。

格安スマホと格安SIM

2014年あたりからSIMロックのないスマホも普及してきており、これらはSIMフリー端末・白ロム・格安スマホなどと呼ばれ家電量販店や専門店にて販売されています。

これらのスマホならば、どこのSIMカードを入れても使うことが出来ます。

ヤマザキOKコンピュータ
わかりやすく絵にしてみました。
 
SIMロック解除の義務化による影響

石田ヤス彦.
さらにわかりづらいね~

この「格安スマホ」と、
MVNO会社と呼ばれる小規模な通信業者の「格安SIM」を組み合わせることで、携帯代をかなり安く抑えることが出来る為、非常に注目されています。

いまSIMフリースマホを利用しているユーザーの多くは
3万円前後の格安スマホ月額2000円前後の格安SIMを入れて使っています。

実際、私も2015年2月から
・スマホはAscend P7(実売2万8000円前後)
・SIMカードはDMMモバイルの通話付き5GBプラン(月額1970円+電話代)
この2つを組み合わせて利用しています。

大手キャリアの同ランクのプランは月額8000円前後(電話かけ放題)になります。

単純計算で月額が4分の1になるので
そこまで電話を利用しない人は格安スマホを選ぶ傾向に、

逆に、たくさん電話をかけなければならない人や
データ通信速度の安定性を求める人は大手キャリア
を選ぶ傾向にあるようです。

SIMロック解除とは

では、冒頭でお話ししたSIMロック解除について説明します。

日本でiPhoneが発売された当初はSoftbankの独占販売でしたね。
もし、この時点でSIMロックが解除されていたら、
SoftbankでiPhoneを買っても、SIMカードを入れ替えてdocomoのプランで使う事が出来ました。

今使っている端末も電話番号もそのままに、他社のプランに乗り換える
という使い方が出来ますね。

SIMロック解除の義務化について

SIMロック解除の義務化

現在、MVNO会社(格安SIM)の利用者は日本全体の1~2%程度です。

通信、端末、サービス全てを仕切る大手3キャリアの価格はほぼ横並びで、携帯業界は実質的に3社独占状態が何年も続いています。

そこで、総務省はキャリア間の競争を加速させるべく
2015年5月以降に発売される全ての端末(携帯やスマホ)について原則無料でSIMロック解除に応じるよう義務付けました。

その結果私たちが受ける影響としては、以下の二つが考えられます。

iPhoneを好きな会社のプランで利用できるようになる。

docomo、au、Softbank、それぞれiPhoneを販売していますが、購入する為には2年の利用契約を結ばなければいけません。

また、Appleの公式サイトに行っても、”iPhone単品”を買うことが出来なかったので、
長いあいだ国内版の全てのiPhoneには大手3キャリアいずれかのSIMロックがかかっている状態でした。

SIMロック解除が義務化された以降もdocomoはiPhoneをSIMロック解除の対象外としています。

しかし、Appleの公式サイトにてSIMフリーのiPhone6が販売再開されました。

この「SIMロックのないiPhone」さえあれば、どこの通信会社のSIMカードを入れても動作します。

サバイブでオススメしているDMMモバイルのような格安SIM(月額660円~)でも使うことが出来ますし、サービスに満足がいかなければSIMカードだけ差し替えて他社に乗り換えることも可能です。

もちろん海外のSIMも入るので、長期間の海外旅行も普段のスマホで割安に利用できます。

ヤマザキOKコンピュータ
わかりやすく絵にしてみました。
 
SIMロック解除の義務化のメリット
石田ヤス彦.
もう無理。もうわかんない。

端末本体の値段が上がるかもしれない

大手キャリアは「2年縛り」と「SIMロック」によって客の囲い込みをしてきました。

「スマホ本体代金実質0円」といった看板や広告をよく目にしますが、こういった割引キャンペーンはユーザーが長く使うことを前提に組んでいるため、SIMロックなしでは成り立ちません。

よって、全スマホのSIMフリー化が進むと、本体代金は定価近くまで上がることが予想されます。

もしかしたら、違約金も値上げされるかもしれません。

キャリア・プラン変更が容易になる代わりに、機種変更のハードルは上がってしまう可能性があります。

注意しなければならないこと

docomo、au、Softbank、キャリアによって使用する通信方式や周波数帯域が違います。

auでしか売っていないようなスマホはauの電波に最適化されいるので、他社のSIMを挿しても電波をフルでキャッチできない可能性があります。

現在使っているスマホを他社のプランで使いたい場合は、必ず対応周波数帯域の確認をしましょう。

また、SIMカードには大きい順に
標準>マイクロ>ナノ
と3種類のサイズがあり、スマホごとに対応サイズが違います。

SIMカードのサイズ変更は各携帯ショップで出来ますが手数料が2000円前後かかるので、こちらも注意が必要です。

まとめ

「2年縛り」の影響で、今回の施策による大きな影響が現れるのは2年後だと言われています。
すぐに影響があったことといえば、AppleによるSIMフリーiPhoneの販売です。

国内版のSIMフリーiPhone6は一番安いモデルでも定価8万6800円

iPhoneは日本の主要電波を全てフルでキャッチ出来るため、端末そのままにプラン変更やキャリア変更を自由に行うことが出来ます。

また、iPhoneは不要になったら高値で売却することも出来ます。
↓参照記事
実録 iPhone5Sをスマホ買取業者に売った男に出された仁義なき見積もり

普段500円のお弁当と100円のレコードばかり買っている僕にとってiPhone代(8万6800円)は非常に大きな金額ですが、
格安SIMで月額が減るなら充分アリな選択だと思います。

ヤマザキOKコンピュータ
無限の可能性を持つSIMフリースマホ。
選択の幅が広がって行くのは嬉しいですね。
SIMフリースマホの可能性

それでは、Can you survive?


この記事を読んだ猛者は次にこれを読むべし!

>>実録 DMMモバイルの格安SIMにしたくてiPhoneを裏切った男の背中

>>格安スマホで携帯代が月額1,260円になっちゃうオポチュニティ