iPhone8とiPhone7を安く使う最強の方法|SIMフリーでブチかませ!

みなさん、こんにちは! サバイブのヤス彦です。
いよいよ、新型iPhoneが発表されました。

今回は初代iPhoneの発売から10周年ということで、iPhone8 / iPhone8Plusにくわえて、アニバーサリーモデルのiPhoneXの3機種が発売されます。

ヤス石田
この波に乗ってSIMフリーユーザーをひとりでも多く獲得していっぱい稼ぎたい! というわけで、めちゃ高いiPhoneを安く使う方法をご紹介します!
ヤマザキOKコンピュータ
ヤスさん! 本音が出ちゃってますよ!
ヤス石田
乗るしかない! このビッグウェーブに!!
ヤマザキOKコンピュータ
ダメだ。全然聞いちゃいない。

 

新型iPhoneについて

iPhoneX・iPhone8の主な新機能は?

まずは、iPhoneX・iPhone8の新機能をご紹介します。

ヤス石田
下唇を噛みしめすぎて血をにじませながら待った新機能!

 

iPhoneXの主な新機能など

カラー:スペースグレイ、シルバー
容量:64GB、256GB
ディスプレイサイズ:5.8インチ

・すべてがディスプレイ(ホームボタンが消えた!)
・ワイヤレス充電
・Face IDで顔がパスワードに
・ポートレートモードで自撮りがスゴい
・TrueDepthカメラが、50位上の異なる筋肉の動きを解析し、12種類のアニ文字に表情を反映させる
・バッテリーがiPhone7より最大2時間長く
・耐水、防塵性能
・前面も背面もすべてスマホ史上最も強靭なガラス

iPhone8 / iPhone8Plusの主な新機能など

カラー:シルバー、ゴールド、スペースグレイ
容量:64GB、256GB
ディスプレイサイズ:iPhone8 4.7インチ / iPhone8Plus 5.5インチ

・ワイヤレス充電
・ポートレートモードで自撮りがスゴい
・耐水、防塵性能
・前面も背面もすべてスマホ史上最も強靭なガラス

iPhoneX・iPhone8の発売日は?

ヤス石田
噛みしめた下唇をそのまま食べちゃいそうになるくらい待った発売スケジュールはこんな感じ。

 

iPhoneXの発売日

予約開始 2017年10月27日16時01分
発売開始 2017年11月3日

iPhone8・iPhone8Plusの発売日

予約開始 2017年9月15日16時01分
発売開始 2017年9月22日

iPhoneの価格

毎年、飛ぶように売れるiPhoneですが、実際、iPhoneの料金がどれくらいするのか知らない方って結構いるのではないでしょうか?

新型iPhoneの価格

iPhoneX 64GB 11万2800円
iPhoneX 256GB 12万9800円

iPhone8 64GB 7万8800円
iPhone8 256GB 9万5800円

iPhone8Plus 64GB 8万9800円
iPhone8Plus 256GB 10万6800円

iPhone7・iPhone7 Plus & 旧モデルの値下げ価格

iPhone7、iPhone7 Plus、iPhone6s、iPhone6s Plus、iPhone SEは値下げとなりました。

iPhone7 32GB 7万2800円 → 6万1800円
iPhone7 128GB 8万3800円 → 7万2800円

iPhone7 Plus 32GB 8万5800円 → 7万4800円
iPhone7 Plus 128GB 9万6800円 → 8万5800円

iPhone6s 32GB 6万1800円 → 5万800円
iPhone6s 128GB 7万2800円 → 6万1800円

iPhone6s Plus 32GB 7万2800円 → 6万1800円
iPhone6s Plus 128GB 8万3800円 → 7万2800円

iPhone SE 32GB 4万4800円 → 3万9800円
iPhone SE 128GB 5万5800円 → 5万800円

ヤス石田
やっぱりiPhoneは高いね。この他にも毎月キャリアに利用料金を払うんだよ……。
ヤマザキOKコンピュータ
iPhoneXなんて、税込み14万円以上! 通常モデルが安く見えちゃうくらいパンチありますね!

 

でも周りを見渡せばiPhoneだらけ。おそるべしアップル & 3大キャリア……。

iPhone8とiPhone7を比較してみた

 iPhone7iPhone8
価格6万1800円・7万2800円7万8624円・9万504円・10万2384円
カラージェットブラック・ブラック・シルバー・ゴールド・ローズゴールドローズゴールド・ゴールド・シルバー・ブラック・ジェットブラック
ストレージ32GB・128GB32GB・128GB・256GB
チップ64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ
組み込み型M10モーションコプロセッサ
64ビットアーキテクチャ搭載A11 Bionicチップ
ニューラルエンジン
組み込み型M11モーションコプロセッサ
ディスプレイ4.7インチ(1334×750)
Retina HDディスプレイ
4.7インチ(1334×750)
Retina HDディスプレイ
True Toneディスプレイ
重量138g148g
バッテリーほぼ同じバッテリー駆動時間
防沫性能、耐水性能、防塵性能IEC規格60529にもとづくIP67等級
SIMカードnano-SIM

iPhone8はiPhone7の進化版ではありますが、実はそれほど大きな違いはなさそうです。これならiPhone8ではなく、iPhone7をはじめ、旧型iPhoneという選択肢もありかもしれません。

iPhoneを安く使う方法

さて、ここからが本題。上記のとおり超お高いiPhoneですが、実は安く使える方法があるんです。

それは、SIMフリー版のiPhoneを購入して、格安SIM(MVNO)と契約することです。

通常は、ドコモ、ソフトバンク、auのいずれかと契約するわけですが、第4の選択肢である格安SIMを使えば、毎月のスマホ代は半額以下になります。

そもそもSIMとは、iPhoneなどのスマホに入っている小さなカードのことです。

iPhone7とSIMカード

これをスマホに差すことで、通話やネット通信ができるのですが、通常、ドコモのスマホにはドコモのSIMカード、ソフトバンクのスマホにはソフトバンクのSIMカードしか使えません(これがSIMロック)。

しかし、SIMフリー版であれば、どの会社のSIMカードを差しても使うことができます。つまり、SIMフリー版のiPhoneを買えば、3大キャリアはもちろん、数多くあるMVNOが提供する格安SIMを差しても使うことができるのです。

格安、格安ってどれくらい安いかというと、通話ができるプランで月額1200円、データ通信だけならなんと月額0円から用意されています。

0SIMならスマホもタブレットも無料!通話多い人も必見

2017.01.10

しかも安かろう悪かろうではなく、DMMやLINE、楽天にBIGLOBEなど、大手企業がこぞって格安SIM事業に参戦しています。

ヤス石田
僕は、以前、ソフトバンクのiPhoneで、毎月6000円以上支払っていました。(本体代金、通話料含まず。)
それが、DMMモバイルの格安SIMにしたところ、なんと毎月1300円以下になりましたよ。

 

格安SIMにするとこんなに料金が変わる
ヤス石田
ちなみに今は、LINEモバイルをメインに使っていますが、それでも月額2000円以内に収まっています。

 

なぜ安く使える?

もちろん、安くなるにはそれなりの理由があります。

・キャリアのような手厚いサポートがない
・キャリアメールが使えない
・キャリアと比べると回線速度が遅い
・キャリアと比べると通話料が高い
・通信量に制限がある(選択の余地あり)
・LINEのID検索が使えない(LINEモバイルを除く)

ヤス石田
こう挙げてみると、二の足を踏んじゃうかもしれないけど、ほとんどが「キャリアと比べて」の話なので、実際使ってみると全然気にならないもんだよ。

 

でも、やっぱりこれらのデメリットから受ける影響が大きい…… と感じる方はキャリアでもいいのかもしれません。
>> ソフトバンクの公式サイト
>> ドコモの公式サイト
>> auの公式サイト

格安SIMの満足度は?

ぺーちゃん
格安SIMを使っている人の満足度ってどうなんですか?
ヤス石田
出た! Teamサバイブ唯一のキャリア保有者め!
ぺーちゃん
やめなさいって(照)。
ヤス石田
オレの周りは格安SIMの人が多いけど、後悔している人はひとりもいないよ。
ぺーちゃん
またまたぁ。どうせITリテラシーの高い一部の層だけの満足度でしょ? 鵜呑みにはできませんな。
ヤス石田
じゃあこれならどう?

 

MM総研が、格安SIM利用者を対象に購入後の利用満足度を調査したところ、62.7%の方が満足していると回答したそうです。

満足度の内容をみると、当然「月額費用」がトップで87.4%を占めているようですが、意外にも「回線速度」65.2%、「回線安定性」64.1%と、格安SIMのデメリットであるはずの回線速度についても半数以上の方が満足しているという結果が出たとか。

ぺーちゃん
ぐぬぬ……。
ヤス石田
格安SIMを使ってわかったけど、キャリアの通信速度なんて普段使いには必要ないってことだね。

安く使うための問題点

いくら格安SIMが安いからといって、iPhone本体を購入する費用はかかります。

購入方法としては、一括、もしくは低金利のアップルローンという選択肢があります。

それでも10万円という壁は高いですよね。高い! でも…… やっぱりiPhone欲しい! でも格安SIMにしたい! そんなわがままさんは、中古のiPhoneを購入するというのもひとつの選択肢です。
>> 中古のiPhoneがネットで購入できる中古スマホショップ『イオシス』の公式サイト

また、現在ドコモとauのiPhoneをお持ちの方は、それぞれの回線を使っているMVNOの格安SIMと契約すれば、新たにiPhoneを用意しなくても、SIMカードを差し替えるだけで使えますよ。
>> mineoの格安SIMならauのiPhoneがそのまま使える

格安SIMについてもっと知りたい方はこちら
>> 格安SIMとは?格安SIMカード17社をとことん比較

本当にiPhoneにする必要がある??
>> SIMフリー/格安スマホ比較|iPhoneよりおすすめ機種

格安SIMのデメリットである通話料を安くする方法はこちら
>> 通話アプリ比較!通話料がガツンと安くなるアプリ大発表

まとめ

以前からSIMフリーが気になっていたiPhoneユーザーの方、SIMフリーデビューするいい機会ではないでしょうか。

ヤス石田
SIMフリーにするにあたって、もちろんデメリットはよく考えるべきですが、個人的な感想としては、なにも不便は感じていません。
ヤマザキOKコンピュータ
僕も!

 

それなのにスマホ代が月額1300円になり、年間で5万円以上もお得になるのなら…… もう、めんどくさがってる場合じゃないYO! m9`Д´) バビシッ!!

↓↓【10月31日までサバイブ × DMMモバイルコラボキャンペーン実施中】アマゾンギフト券(通話SIM3000円、データSIM1000円)プレゼント! & 【11月30日まで】初期費用(3000円)が無料に!↓↓
>> DMMモバイルの公式サイトはこちら

>> DMMモバイルの特徴|DMMはこんな人にピッタリな格安SIM

↓↓LINEのID検索が唯一できる格安SIM & 主要SNSが使い放題!↓↓
>> ヤス石田がメインで使っている格安SIM・LINEモバイルの公式サイトはこちら

>> LINEモバイルの特徴と通信速度比較|実際にLINE MOBILEを使ってみた

それでは、Can you survive?
サバイブ運営方針はこちら

SIMフリーとは?SIMフリーでスマホの料金を半額以下に

2017.09.01

格安SIMのデメリットとは?ヤス石田の格安SIMカード17社比較

2017.09.07
ぺーちゃん
僕は結局、DMM光とのコンボでさらにお得になるDMMモバイルにしましたよ。

DMMモバイルの評判|使ってみたら想定外に快適だった7つのメリット

2017.09.12

DMM光の評判・口コミ|速度とか実際どうなの?本当に契約してみた

2017.09.14