実録 iPhone6とiPhone5Sを買取業者に売った男

使わなくなったiPhoneはスマホ買取業者に売るのがお得です。
では、どのようにして売れば良いのでしょうか?
実際にいろいろな業者に見積もりを取って調査しました!


ヤマザキOKコンピュータ
こんにちわ!ヤマザキOKコンピュータです。

前回の記事、
実録 DMMモバイルの格安SIMにしたくてiPhoneを裏切った男の背中
にてソフトバンクのiPhoneを解約し、DMMモバイルを使ってHUAWEI Ascend P7という格安スマホに乗り換えました。

今回のミッションはこのiPhone5Sを高く売ること!

1年間使ったiPhone5S
iPhoneのステータス
(残債:携帯本体代金の残りの分割金のこと)

身体以外の全てを失い、
その器の大きさゆえに多額の借金を背負ったいぶし銀です。
(付属品全部なくした上、64GBモデルだから結構残債も残ってる。色はシルバー)

ぱっと見キレイだけど…

iPhoneのすり傷
よくみると擦り傷も。

ヤマザキOKコンピュータ
本当に売れるのか不安になってきました。

iPhoneを売る方法

不要になったiPhoneにも、まだまだ価値があるかもしれません。

タンスに眠らせておくのはもったいないので、売却してしまいましょう。

iPhoneを売るには、大きく分けて2つの方法があります。
それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

オークションに出品する

まずは、ヤフオクなどのオークションか、メルカリなどのネットフリマに自分で出品して売る方法。
売り手と買い手の間に仲介業者がいないため、配送コスト以外は基本無料。

その分、高値で売れる可能性が高い売り方です。

ただし、デメリットもあります。
・出品用アカウントの登録
・商品画像の撮影
・買い手とのやりとり
・梱包
・発送

これらすべての工程を全て自分の手でやるとなると非常に面倒です。

何度か繰り返すうちに、悪質な落札者と当たってトラブルが起きることもあるかもしれません。

ヤマザキOKコンピュータ
オークション経験者の方は良いかもしれませんが、モノグサの僕はあきらめました。

スマホ買取業者

もう一つの方法は、専門業者に査定を依頼して売却する方法です。

中古のiPhoneの値段は付属品・傷・型番・時期・キャリアなど、
いろいろな要素で価値が大きく変わるらしいのでシロウトが値段を付けるのはかなり難しい商品です。

しかし、専門業者ならば本体を見せるだけでバッチリな値段で買い取ってくれそうです。

ヤマザキOKコンピュータ
トラブルも少なそうだし、我々モノグサにとっても優しいシステムです。

ではどこの業者がイチバン高く買い取ってくれるのか気になるところです。


スマホ買取業者の種類

実店舗型

じゃんぱら・BOOKOFFなど

1.店舗に持ち込む
2.直接査定をしてもらう
3.その場で現金を受け取る
という流れになります

実店舗型スマホ買取業者のメリット

・査定からデータの削除まで目の前でしてくれるので信用できる。
・その場で本査定額を出してもらえる。
・査定額が気に入らないときは気軽に質問やキャンセルができる。
といったメリットがあります。

ネット買取型

1.現物の写真や簡単なアンケートに答えて仮査定を出してもらう。
2.宅配便で送る。(基本的に送料無料)
3.本査定額の確認メールが来る。
4.問題がなければ査定額が振り込まれる。
という流れになります。

・運営側のランニングコストが安いため、比較的高額が付きやすい。
・仮査定額はネット上のアンケートですぐ出せる。
・地方在住者でも利用できる。
などのメリットがあります。

どちらもそれぞれにメリットがあります。
本当ならば時間をかけて全業者の見積もりを比較したいところなのですが、型落ちiPhoneの価格というのは日々下がり続けています。
急いで売るのも高額で売るコツ!

ヤマザキOKコンピュータ
ということで、いらなくなったiPhone 5Sを片手に
ひとっ走りして調査してきました!
ダッシュ!

実店舗型スマホ買取業者の査定額比較

まずは渋谷の街を駆け回って、
取材とは伝えずに色々な買取業者で査定してもらいました!
(各社の営業に配慮し、店名は一部伏せさせていただきます。)

店名 最高価格 傷・欠品 残債 査定額
じゃんぱら 35,000円 -9,950円 -0円 25,050円
R社 29,000円 -0円 -5,000円 24,000円
D社 34,000円 -11,000円 -9,000円 14,000円
B社 30,000円 -10,000円 -8,000円 12,000円
I社 17,000円 -5,000円 -0円 12,000円
S社 28,000円 不明 -28,000円 買取不可

(2015年3月上旬の見積り価格です)

想像していたより高い査定額をもらえました!
とはいえ店舗によって大幅に査定額が変わる模様。

ちなみに今回一番最初に査定しに行ったのは会社に一番近い「I社」
もしここで売っていたら暫定1位のじゃんぱらに比べて13,050円も損するところでした。

やはり、高く売ろうと思ったらいくつものお店を回る必要があるようです。


ネット型スマホ買取業者の査定額比較

次にインターネットで宅配買取業者を探し、
こちらのスペックを伝えて簡易見積もりをしてもらいました。
(各社の営業に配慮し、一部業者名を伏せさせていただきます。)

店名 最高価格 傷・欠品 残債 査定額
N社 42,000円 -17,000円 -3,000円 22,000円
T社 38,000円 -13,300円 -2,700円 22,000円
ネットオフ 29,000円 -0円 -13,000円 16,000円
K社 42,000円 -26,000円 -0円 16,000円
P社 35,000円 -15,982円 -3,536円 13,630円

(2015年3月上旬の見積り価格です)

ここで注目なのがネットオフです。
この比較表では一見安く見えますが、
他社の「最高価格」というのは基本的に未開封のiPhone、つまり転売された新品につく価格です。
ほとんどの店では、箱が空いた時点で数万円値引きされてしまいます。
つまり、中古のiPhoneを売る場合はあまり参考にならない数字です。

しかし、ネットオフは
「iPhone5S 29,000円で定額買取キャンペーン」
と提示していました。
キズがあっても、付属品が無くても中古のiPhone5Sは29,000円で買い取ってくれるようです。
(フロントガラス割れ、大きなフレーム曲がりがある場合を除く)

中古で買取額29,000円は今ではかなりの好条件!
2015年3月上旬の提示額です。定額買取キャンペーンは現在行われていないおそれがありますのでご了承ください)

とはいえ、僕のiPhoneは思いっきり残債が残っているので結果として16,000円の査定。。。

非常に残念ですが
他のお店で売るか、残債の完済まで待つしかないようです。

iPhone6を売却しよう(2016年5月追記)

2014年の9月にiPhone6が発売されてから、もうすぐ2年が経とうとしています。

世間ではiPhone6sに次いでiPhoneSEが発売され、既に新機種に乗り換えたという方も多いのではないでしょうか。

チームサバイブ内でも不要なiPhoneが2つ出てきました。
ということで、久々に売却してみようと思います!

今回買取に出すiPhone6

iphone6スペースグレーを売る
iPhone6 16GB スペースグレー

auのSIMロックがかかっていますが、残債はありません。

背面に多少の傷がありますが、全体的にはキレイです。

箱は欠品。
付属のイヤホンと充電器はあったので一緒に持って行きます。

ヤマザキOKコンピュータ
これは結構な値段がつきそうな気がするなあ。

今回買取に出すiPhone5s

iPhone5sゴールドを売る
iPhone5s 16GB ゴールド

SoftbankのSIMロックがかかっていますが、残債はありません。

付属品はなし。フレームと背面に多少のスレがあります。

ヤマザキOKコンピュータ
前回の5s見積もりから1年2か月経ってるから、売値がどれだけ変わるのか楽しみ!!

ネットオフとじゃんぱらで比較

まずは前回の見積もりで良い値段を付けてくれたネットオフの宅配買取に査定してもらい、じゃんぱらの査定に直接持ち込んでみました。

今回とれた見積もりは以下の通り。

 ネットオフじゃんぱら
iPhone62万円2万7400円
iPhone5s6000円5100円

(2016年5月時点での見積もりです)
結果的に、iPhone5sはネットオフ、iPhone6はじゃんぱらのほうが高値が付きました。

買取業者によって値段の基準は大きく変わるので、店舗型の買取業者がお住いの地域や職場付近にある方は一度そちらに確認してからネットオフなどの宅配買取業者を利用すると良いでしょう。

お心当たりのない方や、面倒だ!という方は、すぐにネット型のスマホ買取業者を利用しても良いと思います。

ネットオフのスマホ宅配買取申込はこちら
>>ネットオフ公式サイトはこちら

iPhoneを売る前にやるべきこと

残債を完済する

残債とは、本体代金を割賦払い(分割した本体代を携帯電話使用料と一緒に毎月払うシステム)にした場合の払い残しのことです。

キャリア解約後も残債は毎月払い続けることになりますが、
この支払いを滞納するとiPhoneにネットワーク利用制限がかかってしまいます。
そのため、スマホ買取業者としてはなるべく残債を完済したiPhoneが欲しいのです。

自分の分割金が払い終わっているかどうかは以下で確認することが出来ます。
docomoの方
Softbankの方
auの方

上記ページに進み、製造番号を入力して△表示が出た方はiPhoneに残債が残っている可能性があります。
今回僕が査定に出したiPhoneも△表示でした。

上のデータでもわかるように、残債の有無で万単位で査定額が変わります。
それどころか超大手の店舗型買取業者のS社は残債のあるスマホは買い取り不可でした。
信用のある会社なので買い手のことを考える仕方が無いのかもしれません。

残債の有無はiPhone買取業者にとって一番最初のチェックポイントになりますので、
必ず完済してから査定に出しましょう。

ということで4万円持ってSoftbankに行ったのですが、残債は現金では支払えないそうです。
最短で支払う方法をきいたところ、今月分の請求時に一括で払えるとのこと。
つまり、来月の頭に一気に4万円引き落とされるようです。

仕方なくお財布に4万円しまいました。

付属品を揃える

買ったときの付属品をきちんと残しているしっかり者は報われます。
・外箱
・説明書
・電源アダプタ
・USBケーブル
・イヤフォン
・SIM取り出しツール
など、箱に入っていた物は全て揃えて持っていきましょう。

僕は産まれた瞬間に自分のへその緒を捨てるような男なので
もちろん外箱や説明書は視界に入る前に捨て去っています。

iPhoneを初期化する

個人情報の流出を防ぎ、パスコードロックを解除して業者も操作できるようにするため、iPhoneを初期化します。

初期化の前には必ず、
写真や動画はパソコンに、
思い出のメールは心の中にバックアップを取っておきましょう。

iPhoneの初期化はiPhone上で行います。

1.「設定」
2.「一般」
3.「リセット」
4.「すべてのコンテンツと設定を消去」
5.「iPhone を消去」

これで全てのデータを削除できました。

※「iPhoneを探す」機能をオンにしている方はこちらもオフにしておく必要があります。

iPhoneの掃除

売るiPhoneは出来る限りきれいな状態で査定してもらいましょう。

1.市販の液晶保護フィルムやシールを貼っている場合は全て剥がす。

2.本体表面やカメラのレンズをやわらかい布で拭く。

3.マナーモードにするときのスイッチやイヤホンプラグ、充電プラグの汚れを取る。

その他にも目立った汚れなどがある場合はふき取り、出来るだけ買ったときの状態に近付けましょう。

まとめ

色々な買取業者さんと交渉する中で、
「査定額は1日単位で下がり続けているので、売るならば早く。」
というお話を何度も耳にしました。

上手い売り文句のようにも聞こえますが、
実際に新しいiPhoneが発表されたら古いiPhoneの価格はガクっと落ちます。

不要なiPhoneが手元にある人や、
格安スマホへの乗換えをお考えの方はお早めの売却をオススメします。

とはいえ、運営母体のわからない怪しい会社も多い業界です。
あわてずに信用できるお店で売りましょう。

実店舗は直接お店の雰囲気や店員さんと会話できるので安心感があります。
しかし、地方在住の方や、多忙で実店舗をまわることが難しい場合は
TSUTAYAの関係会社のネットオフのような大手のネット買取業者に売るのがオススメです。
【圧倒的支持率】スマートフォン売るならネットオフ♪

発送用のダンボールも無料で用意してくれるので、日にちを指定して自宅で待つだけです。
もちろん査定額が気に入らなければキャンセルして送り返してもらうことも出来ます。
僕も今回は泣く泣くキャンセルしましたが、キャンセルメールを送った翌々日に丁寧に梱包されて送り返されてきました。

残債さえ完済していれば…
と悔やんでも仕方ないので今回は渋谷で最高値を付けてくれたじゃんぱらさんに買い取って頂きました。

ヤマザキOKコンピュータ
というわけで今回は25,050円ゲットです!

Can you survive?

関連記事
>>格安スマホで携帯代を月額1,460円にするための最短ルート

>>実録 DMMモバイルの格安SIMにしたくてiPhoneを裏切った男の背中