UQモバイルとpovoの違い|6番勝負で比較。どっちがいい?

UQモバイルとpovoの違い|6番勝負で比較。どっちがいい?

auの新プラン「povo」と、サブブランド「UQモバイル」で迷っている方へ。料金/速度/つながりやすさ/通話オプション/独自のサービス/デメリットで比較。スマホや電話番号はそのままで、毎月のスマホ代が安くなる!安さで選べばpovoだけど……

【12月3日 更新】UQモバイルで「UQ応援割」受付開始

18歳以上の子どもと家族のスマホ代が、さらに安くなる。詳しくはこちら

たかし
ドコモのahamoとか、キャリア(大手通信会社)の20GBプラン、どれがいいと思います?

僕はauの「povo」と「UQモバイル」が気になってるんす。

中島なかじ
私は、UQモバイルを使ってるよ!

auのサブブランドだから、格安SIMなのに通信速度が遅くならない。

混み合う時間帯や場所でもサクサク使えるから、より安い格安SIMのプランが出ても、乗り換える気にならないんだ。

たかし
同じau系列で、povoとUQモバイルどっちがいいんすかね?
中島なかじ
結論から言うと「月のデータ通信量(ギガ消費量)が15GB以下の人」は、UQモバイルがオススメ。
povoより、UQモバイルがオススメな理由

・3GB、15GB、25GBという自分に合った容量から選べるし、面倒なトッピングがいらない
→ 月3GBで足りるなら結構安い(月1628円
※電気代の支払いをUQにまとめると(または対象のインターネットサービスを利用すると)「自宅セット割」で月990円に!

・「UQスポット」や「auショップ」などの店舗を利用できる

・あまったギガを繰り越せる

・iPhone 12/12 miniや、iPhone SE(第2世代)が安く買える

・(au・povo以外からの)MNPか新規申し込みで、最大1万円相当のau PAY残高還元

UQモバイル|公式サイト

たかし
なかじさんがUQ使ってるからって、えこひいきしてないっすか?
中島なかじ
そんなことないよ。

1.料金
2.速度
3.つながりやすさ
4.通話オプション
5.独自のサービス
6.デメリット

6つの観点から比較してみよう!

※今auを使っている人は「こちら」をご覧ください

この記事を書いた、中島なかじのプロフィール

UQモバイルとpovoは、au系列の格安プラン

UQとpovoならどっちがいいの?

UQモバイルは、auのサブブランド
povoは、auの料金プランのひとつです。

KDDIとau、UQモバイルなどの関係

auもUQモバイルもKDDIのサービス

ドコモやauなどのキャリア(大手通信会社)から、UQモバイルやpovoに乗り換えれば、スマホ(機種)も、電話番号も、アプリやデータもそのままで、毎月のスマホ代がグーンと安くなります。

中島なかじ
私は6年くらい前までソフトバンクユーザで、月7GBくらい使って8000円以上払ってた。

でも今はUQモバイルユーザーで、15GBも使えるのに2000円程度で済んでる。

中島なかじのスマホ代がどれだけ安くなったか?
たかし
毎月6000円近く安くなったんすか!?

夫婦や家族で乗り換えたら、家計も大助かりっすね。

中島なかじ
ギガを使った分だけ払う、キャリアの「従量制プラン」を使うより、UQモバイルやpovoにしたほうが安くなるよ↓↓
例:au「ピタットプラン 4G LTE」で月に3GB使っている場合

月額4928円
※2年定期契約。家族割引なし

povoにプラン変更して、3GBをトッピングすると……

月3938円安くなる(30日間で990円)

UQモバイルに乗り換えると……

月3300円安くなる(月額1628円)
※電気代の支払いをUQにまとめると「自宅セット割」で月額990円に!
・余ったギガは翌月に繰り越せる
・ギガ死したとき、auよりも速度が出る(最大300kbps)

たかし
3GBあれば十分な人は、脱キャリアしたほうがいいっすね!
※第4のキャリア「楽天モバイル」の従量制プランは、1GBで無料/3GBまで1078円/20GBまで2178円/無制限で3278円と、かなり安い。けど、まだ繋がりにくいエリアも多いので、メインで使うにはあまりオススメしない

1.UQとpovoを料金で比較

結論:通信容量が、30日間3GBで足りる/月20GB以上使いたいならpovoの勝ち

面倒なのがイヤな人は、UQモバイルのほうがオススメ

UQモバイルの場合「くりこしプラン+5G」という料金プランの中から、自分にあった容量を選びます。

UQモバイル「くりこしプラン+5G」の料金

プラン通信容量/月料金/月
S3GB
1628円
M15GB2728円
L25GB3828円
※2021年11月時点。価格は税込
たかし
3GBでよければ、月1628円なんすね! やっす!
中島なかじ
さらに、電気料金の支払いをUQにまとめると(「auでんき」を使って「自宅セット割」に申し込むと)

ただでさえ安いUQモバイルの月額料金が、1人あたり638~858円毎月ず~っと割引され続ける↓↓

データ容量3GB15GB25GB
月額料金1628円2728円3828円
自宅セット割-638円/月-858円/月
合計990円/月2090円/月2970円/月
※2021年12月時点。価格は税込
たかし
驚安!!
UQモバイル自宅セット割とは?家族全員990円にする方法

さらに、18歳以下の家族がいる場合は「UQ応援割」で、データ容量15GBまたは25GBのプランで「自宅セット割」に加入して条件を満たすと、月額基本料金から、1100円を12か月割引!

UQ応援割について詳しくはこちら

中島なかじ
さらに、今なら月額550円のデータ容量(ギガ)「増量オプション」が、12か月間無料になるので

3GBの料金で、5GB
15GBの料金で、20GB
25GBの料金で、30GB

が使えるよ!

たかし
3GBじゃちょっと足りない…… って人にもいいっすね!!
中島なかじ
9月29日からpovoで新プランが始まった。月額制ではなく、必要なギガをトッピングするっていう変わったしくみになったよ↓↓

povoの料金

基本料金0円

ただし、そのままだと通信速度が128kbpsと超遅い(キャリアで速度制限くらってるときと同じ速さ)。

また180日間以内にトッピングを購入するか、通話料やSMS利用料が660円を超えないと回線が停止される。

中島なかじ
ここに、ギガ(データ容量)をトッピングしていく。
データトッピングの種類

・使い放題:330円/24時間
・1GB追加:390円/7日間
・3GB追加:990円/30日間
・20GB追加:2700円/30日間
・60GB追加:6490円/90日間
・150GB追加:1万2980円/180日間

たかし
月額じゃなくて、期間ごとに使えるギガが決まってるんすね。

割引ナシで3GB 990円で使えるのはいいけど、30日間なのか……

中島なかじ
トッピングが切れるとクッソ遅くなるから、いちいちギガを購入しなきゃいけないのがちょっと手間なんだよね。

でも、大容量を長期間で使いたい人はおトクだと思う。

トッピングごとの「1GBあたりの価格」

3GB(30日間):330円
20GB(30日間):135円
60GB(90日間):108円
150GB(180日間):86.5円

中島なかじ
povoのほうが安く使えるけど「いちいちトッピングを購入するのが面倒」って人は、UQモバイルでいいと思う。

2.UQとpovoを速度で比較

結論:povoの勝ち(でも、UQも超速いし遅くならない)

UQモバイルもpovoも、auの「4GLTE 800MHz」回線を利用しています。

povoは、auの料金プランのひとつなので回線設備がauと同じです。

KDDIが行った会見でも「povoの回線速度は、auと同程度」というコメントが出ています。

UQモバイルは、auに回線を借りてサービスを提供していますが(サブブランド含む)格安SIMの中で、通信速度がNo1です。

UQモバイルは、格安SIMで通信速度ナンバーワン

画像出典:https://www.uqwimax.jp/mobile/beginner/point

中島なかじ
UQモバイルは、混み合う場所や時間帯でも、遅くなったことがない。

ソフトバンクを使っていた頃と比べても、遅いって感じたことはないよ。

たかし
どちらを選んでも、速度は問題なさそうですね。

3.UQとpovoをつながりやすさで比較

結論:引き分け(回線エリアは同じ。どちらもつながりやすい)

画像出典:https://www.au.com/mobile/area/4glte/800mhz

UQモバイルやpovoが利用しているauの「4GLTE回線」は、人口カバー率99.9%のサービスエリアを提供しています。

中島なかじ
キャンプ場や登山道などでも、快適に利用できる。

au回線のサービスエリアマップ|au 公式サイト

たかし
LINEMOとかahamoのCMでも「つながる」「つながりやすい」って言葉が使われてるんすけど、アレってなんなんすかね?
中島なかじ
楽天モバイルのことを意識してるのかも……

楽天は2020年4月にキャリア(MNO)としてサービスを始めたんだけど、まだアンテナを増やしている途中で、エリアによってはつながりにくいことがあるんだ。

※UQモバイルもpovoも、5G通信が利用可能

4.UQとpovoを通話オプションで比較

結論:引き分け(種類が豊富なのはUQ。通話時間を気にしない完全かけ放題ならpovoのが安い)

電話の利用が多い方は、キャリアから乗り換えると「電話代が高くなるのでは?」と心配されることが多いです。

しかし、キャリアも格安プランも通話料金は変わりません。

au:22円/30秒
UQモバイル:22円/30秒
povo:22円/30秒
たかし
電話の割引サービスをつけなかったら、通話料は同じなんすね!
中島なかじ
ただし、UQにもpovoにも「家族間通話無料」のサービスはない。

※LINE使いなよって思っちゃうけど……

UQモバイルとpovoには、電話代を抑えられる通話オプションがあります。

UQモバイルの通話オプション

  1. 60分までの通話定額:550円/月
  2. 10分以内のかけ放題:770円/月
  3. かけ放題:1870円/月

※国内通話のみ

さらに、60歳以上は「かけ放題」を月770円で利用可能です。

たかし
シニア向けの割引もあるんすね。
中島なかじ
そうね。あと「60分までの通話定額:550円/月」っていうのが、地味にいい。

1回5分~10分って決まってると焦っちゃうし、長電話しても「合算して60分までなら550円」って、複雑な通話ニーズに応えたサービスだと思う。

povoの通話オプション

  1. 5分以内のかけ放題:550円/月
  2. かけ放題1650円/月

※国内通話のみ

1回あたりの通話時間を気にしない国内通話の完全かけ放題が必要な人は、povoのほうが安く済みます。

5.UQとpovoを独自のサービスで比較

結論:引き分け(使い方による)

UQモバイルにしかないサービス

①節約モード:ギガを節約できる

UQモバイルには、ギガ(通信容量)を消費しなくなる「節約モード」があります。

UQモバイルの「節約モード」でギガ消費を節約する

アプリでかんたんに「節約モード」に切り替えられる

節約モードの間は、通信速度が若干遅くなりますが、SNS(特に文字が中心のTwitterやLINE)ならサクサク通信することができます。

※節約モード中の通信速度:3GBプランの場合は最大300Kbps、15GB/25GBプランの場合は最大1Mbps

中島なかじ
キャリアで通信制限やギガ死した状態(最大128kbps)よりは、全然速いよ!
たかし
節約モードなら、データ容量(ギガ)無制限で使い放題にできるんすね!

②くりこし:余ったギガを翌月に繰り越せる

中島なかじ
UQなら余ったギガ(データ容量)は翌月に繰り越せる。

「いつもは15GBプランだけど、今月の余ったギガを使って来月は3GBプランにしよう」みたいに、スマホから簡単にプランを変更できちゃうの!

※ただし、繰り越せる容量は「契約しているプランの、基本ギガ数」まで

プラン変更でおトクに使う例

4月:15GBプランで契約(月額2728円)
→ 5GB余った

5月:3GBプランに変更(月額1628円)
→ 3GB + 繰り越し分3GB = 6GB使える

6月は15GBプランに戻す → 余ったギガを繰り越して3GBに変更 → 7月は3GB + α 使える

たかし
ケチくさいけど、こういうやり方もアリっすね!

③サポートが手厚い:店舗でサービスを受けられる

auショップ 武蔵境店

UQモバイルは、チャットやメール、電話問い合わせだけでなく「UQスポット」や「auショップ」という店舗で相談したり、アフターサービスを受けられます。

また「UQあんしんサポート」というオプションを使えば、月額385円で電話や遠隔(リモート)操作のサポートが受けられます。

たかし
格安SIMって全部自分で調べられる人向けのサービスだと思ってたんすけど、シニア向けのサービスも結構あるんすね!
中島なかじ
そうなの。おじいちゃんおばあちゃんをUQモバイルにして通信費を下げてあげるっていう親孝行の仕方もあるよ。

④スマホが安く買える

画像出典:https://shop.uqmobile.jp/shop

UQモバイルでは、人気のiPhone SE(第2世代)64GBモデルが、3万3265円という安さで購入できます。

※128GB版は、3万9250円

中島なかじ
auでiPhone SE(第2世代)64GBモデルを買おうとしたら、5万5720円する。

iPhone以外にも、シャープの「AQUOS sense3」やソニーの「Xperia 8 Lite」などAndroidの機種も豊富だよ。

iPhone 12/12 miniも買えるようになりました(新色のパープルも購入可能)↓↓

iphone12、12 miniのデザイン

画像出典:https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-12

UQモバイルのiPhone 12販売価格

 容量15GB/25GBプラン3GBプラン
MNP64GB7万2485円7万6885円
128GB7万8015円8万2415円
新規64GB7万7985円8万2385円
128GB8万3515円8万7915円
機種変更64GB8万8985円
128GB9万4515円
※2021年12月時点。価格は税込

UQモバイルのiPhone 12 mini販売価格

 容量15GB/25GBプラン3GBプラン
MNP64GB4万9650円5万4050円
128GB5万5125円5万9525円
新規64GB5万5150円5万9550円
128GB6万625円6万5025円
機種変更64GB6万6150円
128GB7万1625円
※2021年12月時点。価格は税込

UQモバイルで買えるスマホ一覧|UQモバイル 公式サイト

たかし
iPhoneがそんなに安く買えるなんてオドロキっす!

⑤自宅セット割でプラン料金がさらに安くなる

UQモバイルには割引制度があり「auでんき」のユーザーが「自宅セット割 でんきコース」に申し込むと、家族全員が翌月から1人あたりずーっと月638~858円割引されます!!

※もちろん、UQモバイルに申し込んでから電気を「auでんき」に乗り換えてもOK

自宅セット割適用時の月額

データ容量3GB15GB25GB
月額料金1628円2728円3828円
自宅セット割-638円/月-858円/月
合計990円/月2090円/月2970円/月
※2021年12月時点。価格は税込
中島なかじ
家族全員が1人あたりずっと割引されるってヤバい。私も電力会社を乗り換えたよ!

自宅セット割には、家のネット回線と一緒に使うと割引になるインターネットコースもあります。詳しくはこちら

>>UQモバイル 自宅セット割の詳細はこちら(公式サイト)

povoにしかないサービス

①トッピング:特定のサービスをたっぷり使いたい人向け

povoは、必要に合わせて「ギガ(データ容量)」や「特定のコンテンツ見放題」をトッピングできます。

  1. ギガ使い放題:330円/24時間
  2. DAZN使い放題パック:760円/7日間
  3. smash.使い放題パック:220円/24時間

中島なかじ
「24時間ギガ使い放題」っていうサービスは、他社にはないサービス。

しかも330円って結構安いよね!

また「ギガ活」といって、特定のサービスを利用したり、(エントリーしたうえで)au PAYの支払いを使うと、ギガ(データ容量)がチャージされるサービスもある。

ギガ活の例

ローソン/ローソンストア100/ナチュラルローソンで、税込500円以上の購入をau PAYですると、有効期限3日間の300MBがもらえる

カインズ/ベイシアで、税込2000円以上の購入をau PAYですると、有効期限7日間の1GBがもらえる

中島なかじ
povoはいろいろおもしろいサービスを模索中だけど、いかんせん条件がキツかったり(ギガの有効期限が短い、エントリー必須など)、ちょっと面倒が多い印象。

6.UQとpovoをデメリットで比較

結論:UQの勝ち(povoは店舗でサービスが受けられないのが難点)
中島なかじ
キャリアからUQモバイルやpovoに乗り換える場合のデメリットを比較してみたよ↓↓

UQモバイルのデメリット

・キャリアメールが使いたい人は、月額220円かかる

・自宅セット割がないと、povoのほうが安い

たかし
あの…… UQモバイルでも「キャリア決済」って使えるんすか?
中島なかじ
UQは、auのサブブランドだから「auかんたん決済」が使えるの。

アプリやショッピング、会員サイトなどの支払いをUQモバイルの利用料金にまとめられるよ!

povoのデメリット

・キャリアメールが使えない

・留守番電話サービスが使えない
→ UQモバイルなら、月418円で「留守番電話・三者通話・迷惑電話撃退」サービスがつけられる

・まだ国際ローミングが使えない(ahamo、LINEMOは使える)
→ UQモバイルなら、データ通信以外(音声通話とSMSのみ)ローミング可能

・店舗(auショップ)でサービスを受けられない(相談や故障対応など)

・機種(スマホ)が買えない
→ 機種変更したくなったら、家電量販店やApple Storeなどで購入できる

・トッピングの購入が面倒
→ ギガに7日間や30日間などの期限がある

たかし
たしかに、povoのトッピングは若干めんどくさいけど、どちらのデメリットも、僕にとっては問題なさそうっす!

UQとpovoって、結局どっちがいいの?

UQとpovoならどっちがいいの?
6番勝負の勝敗

1.料金:3GBでいい/20GB超必要なら、povoのが安い(けどトッピングが面倒)

2.速度:povo(でも、UQも超速いし、遅くならない)

3.つながりやすさ:引き分け(同じ)

4.通話オプション:引き分け
→ 種類の豊富さならUQ、完全かけ放題ならpovoのが安い

5.独自のサービス:引き分け
→ 使い方による

6.デメリットの少なさ:UQ
→ povoは店舗で相談できないのとトッピングが面倒なのが難点

中島なかじ
私は「月の通信量が15GB以下」の人には、下記の理由からUQモバイルをオススメしたい。
povoより、UQモバイルがオススメな理由

・3GB、15GB、25GBという自分に合った容量から選べて、面倒がない(トッピングしなくていい)
→ 3GBで十分なら断然安い(月1628円
※電気代の支払いをUQにまとめると「自宅セット割」で月990円に!

・「UQスポット」や「auショップ」などの店舗を利用できる

・あまったギガを繰り越せる

・iPhone 12/12 miniや、iPhone SE(第2世代)が安く買える

中島なかじ
さらに、今なら(auからの乗り換え以外)でUQモバイルに乗り換える(MNPする)と

翌月以降に、最大1万円相当のau PAY残高が還元される!

※新しく電話番号を取得する場合は、3000円相当
※スマホを同時購入する場合は、対象外

画像出典:https://shop.uqmobile.jp/shop/cashback

UQモバイルの詳細|公式サイト

 

中島なかじ
「安く使いたい」「トッピングをいろいろ試してみたい」「大容量使う」って人は

・3GBを30日間990円で使える
・150GBを180日間1万2980円で使える
・データ使い放題1日330円で使える

povoがオススメ。

povoの詳細|公式サイト

 

中島なかじ
ここからは、auからUQモバイルやpovoに乗り換えようとしている人向けに、メリットやデメリットをまとめてみました↓↓

auからUQモバイルやpovoに乗り換えたい人へ

乗り換えるメリット

・毎月のスマホ代が安くなる

・au IDやau WALLETポイントは、そのまま引き継げる

・SIMロックを解除しないでいい(一部の端末を除く)
→ とはいえ、無料でカンタンにどこのSIMカードも使えるようになるので、解除するのがオススメ

SIMフリー(SIMロック解除)を画像でわかりやすく解説

SIMロック解除のお手続き|au 公式サイト

・乗り換えに手数料がかからない
→ UQモバイルの場合、一度請求されるけど翌月以降の利用料金から差し引かれる

乗り換えるデメリット

・auのキャリアメール(@au.com/@ezweb.ne.jp)は使えなくなる
→ UQモバイルの場合、月額200円でキャリアメール(@uqmobaile.jp)を利用できる

・auスマートバリューの対象外になる

・LINEの年齢認証ができなくなる

・家族割プラスの割引やカウントの対象外になる
→ povoの場合:2021年夏までに申し込めば、家族人数のカウント対象

・家族間通話無料にならなくなる

・auスマートバリューやスマイルハート割引の割引対象外になる

・家族割(家族間通話やSMS利用料)の割引対象外になる

・au契約期間を引き継げない

・povoにすると「auショップ」で相談や対応してもらえなくなる

・povoにするとpovoから端末(スマホ)は買えない
→ 家電量販店やApple Storeなどで購入できる

auからUQに乗り換えるときに必要な手続き

  1. UQモバイルの対応機種か確認
  2. auでMNP予約番号を取得
  3. UQモバイル公式サイトで申し込み
  4. SIMカードが届いたら初期設定

UQモバイル|公式サイト

auからpovoに乗り換えるときに必要な手続き

  1. povoの対応機種か確認
  2. 公式サイトにau IDでログイン
  3. povoの契約手続き

auからpovoに変更される場合のご注意事項|povo

povo|公式サイト

>>UQモバイルとpovoの比較はこちら

Can You Survive?

※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。

サバイブ運営方針はこちら

関連記事

ソフトバンクの格安料金プラン「LINEMO」の使い心地やデメリットなどをまとめた記事はこちら

LINEMOを使ってわかったデメリット|速度制限はある?
スポンサーリンク

ABOUTこの記事を書いた人

親の破産、多額の奨学金(740万円)、25万円貸したままフラれる……など【お金で悩む人生】から抜け出すため、お金の使い方や増やし方を勉強している。2級FP技能士。

格安SIMなどの生活インフラの乗り換えで、年間10万円以上の節約に成功。
iDeCoとつみたてNISAで資産運用、IPO株で投資中。【Twitter】@nakaji_55