相続手続きとは?相続の流れや期限を専門家がわかりやすく解説

5000人以上の相続問題を解決してきた相続対策コンサルタント相続手続きの流れ期限(スケジュール)をわかりやすく解説。テレビや雑誌などの特集で「相続が自分に関係するかも」と興味を持った方、ご家族が亡くなってしまう前に相続の手続きについてざっくり知っておきたい方は必見。

相続手続きとは?相続の流れや期限を専門家がわかりやすく解説
中島なかじ
みなさんは家族が亡くなったあとの手続きについて調べたり、相続税の節税対策について考えたことはありますか?

私は、昨年父が大腸ガンになってはじめて家族の死を意識するようになりました(現在、父はすこぶる元気です)。

身近な人が亡くなると家族は、ゆっくり故人について考える時間もとれないくらい、様々な手続きに追われることになります。

亡くなった後の手続きや相続手続きについて、事前にざっくりと把握しておくことで

  • 申告や納税の期限に間に合わない
  • 書類を間違えて何度も提出しなおす
  • 必要のないもの・余分なものにお金をかけ過ぎてしまう

といった可能性を減らすことができます。

中島なかじ
親や自分が死ぬことなんて考えたくもないけど

大切な人が亡くなって心が不安定なときこそ、選択を誤って後悔したくない!

そこで、相続で困っている5000人以上に法律相談を行い問題を解決してきた司法書士の鈴木敏弘さんに「相続の手続きではどんなことをするのか?」「相続手続きのスケジュールや流れ」など、相続手続きを失敗しないためのポイントを教えていただきました。

鈴木さん
司法書士 兼 相続対策コンサルタントの鈴木です。よろしくお願いします。

相続は、誰もが関わる可能性がある

2015年基礎控除額が引き下げられ、相続税の課税対象者が激増

相続」というイメージを思い浮かべると

(持ち家や土地などの相続について気にならないわけじゃないけど)両親にはいつまでも元気でいてほしいし、死んだ後のことを話すなんて悪い気がして相続の話なんてしたことがない。
たいした財産もないし、うちには相続税なんて関係ないんじゃない?

といった意見が多くあがります。

中島なかじ
相続って「お金持ちの家だけで行われること」だと思ってました。

相続とは「ある人(被相続人)が亡くなった際、その人が所有していた財産(家や現金、車や借金など)を配偶者(妻や夫)や子どもなどの相続人が全て受け継ぐこと」を指します。

中島なかじ
うげげ! 借金も相続しなきゃいけないんですか?
鈴木さん
借金を相続したくない場合は、3か月以内に相続放棄という手続きをすることで相続せずに済みます。後ほど説明しますね。

相続税とは?(相続人1人の場合)3600万円以上の遺産を相続したらかかる税金

預金や不動産など3600万円以上の遺産がある場合(相続人が1名のとき)には、相続税という税金がかかります。

中島なかじ
うちは「不動産も貯金もゼロだよ」って言われてるので安心です!
鈴木さん
遺産が3600万円以下であれば相続税は関係ありませんが、2015年に相続税の基礎控除額が引き下げられて課税対象者が激増したんです。

特に不動産は価値が高い(相続税が発生する場合が多い)ので相続財産の調査はしっかりと行いましょう。

相続税は、相続開始(被相続人が亡くなった日)の翌日から10か月以内に申告し(原則的に)現金一括払いで納付しなければなりません。

※被相続人=相続財産を残して亡くなった方のこと

都内や首都圏に家を持っていたら、課税対象者になる可能性大

平成27年(2015年)に行われた相続税の改正によって相続税の申告が必要な人の割合が大幅に増えました。

税金がかからない金額=基礎控除額が大幅に縮小されたため、特に不動産の価値が高い首都圏や都心に家や不動産を持っていると「4人に1人が相続税の課税対象者になる」というシミュレーションもあります。つまり、被相続人が社長やお医者さんといった特別な方だけでなく、一般的な会社員の方でも相続税がかかる可能性があるのです。

相続税の基礎控除額

3000万円+(法定相続人の数)×600万円

例:相続人が実子2名の場合、基礎控除額は4200万円

相続人が実子2名の場合

相続財産-4200万円以上の相続財産がある場合、相続税を申告&納税する必要がある

※相続財産が3600万円以下の場合、相続税はかからない

鈴木さん
相続財産には、不動産や預貯金、自動車や貴金属だけでなく死亡保険金や退職金など(みなし相続財産)も含まれます。

持ち家や長い間放置していた不動産などがある方は要注意。

また相続税を払う必要がなくても

  • (遺言書がない場合)相続人全員で話し合い、相続財産の取り分を決める
  • 借金などのマイナス財産が多ければ、3か月以内に相続放棄や限定承認の手続きを行う

など相続には、段取りが必要な手続きがたくさんあります。

※「預貯金がなく、持ち家や土地など分けにくい相続財産しかない」というケースも多い

中島なかじ
相続税を払わないにしても、相続自体はみんなに関係するってことですね。

うちの親は家も貯金もないけど、なんだか不安になってきたぞ。

鈴木さん
漠然とした不安を解消するためにも、一緒に勉強していきましょう!

相続手続きとはなにか?

相続手続きとは、亡くなった人(=被相続人)から亡くなった人の財産を受け継ぐ権利がある人(=相続人)が財産などを受け継ぐために必要な手続きのことです。

被相続人が遺言書を残している場合、基本的には遺言通りに相続を行います。

しかし

  • 遺言書がない
  • 遺言書が法的に無効
  • 取り分などの遺言の内容を認められない

といった場合には、相続人全員で遺産分割協議(話し合い)をして「誰に・どのように遺産をわけるか」決めなければなりません。

中島なかじ
映画『犬神家の一族』では、遺言書の内容に納得できない子や孫の話し合いがまとまらず、連続殺人にまで発展しましたね。遺言を書けばいいって問題でもないのか……。
鈴木さん
相続人が遺言の内容に納得できない場合は、遺留分減殺請求を行うことで「(一定の割合の)財産を受け継ぐ権利」を主張できます。

また、他の相続人や被相続人に対して殺人を行ったり遺言の内容を改ざんしたりすると相続欠格となり、相続を受ける権利を失うので注意しましょう。

相続人とは誰のことか?法定相続人と順位

財産を受け継ぐ人のことを相続人といいます。

また、受け継ぐ権利のある人のことを法定相続人と呼びます。

法定相続人は法律で相続する権利や割合(法定相続分)、順位が定められています。

※法定相続人になれるのは被相続人の 子、直系尊属(被相続人の父母、祖父母、曽祖父母など)、兄弟姉妹、配偶者のみ

通常は、配偶者と第1順位の人が相続人になります。

法定相続人と法定相続分

必ず相続人になる:配偶者(夫や妻)

  • 第1順位:被相続人の子ども(養子や非嫡出子を含む)=1/2
  • 第2順位:被相続人の父母=1/3
  • 第3順位:被相続人の兄弟・姉妹=1/4
中島なかじ
ちょっとわかりづらいので、よくあるパターンの表をつくってみました。
法定相続人の状況ごとの法定相続分
中島なかじ
急に「俺にも相続する権利がある」とかって隠し子が現れたらどうしよう……。
鈴木さん
被相続人の出生から除籍(死亡)までの戸籍をたどれば、誰が法定相続人なのかわかります。

相続手続きでは、まず「遺産がどれだけあるのか?」「誰が相続人なのか?」調べることを優先しましょう。

相続財産とは?プラス財産とマイナス財産

相続財産遺産)には、預金や不動産といったプラスのものだけでなく、未払いの税金や借金などマイナス財産もあります。

相続財産(遺産)の例 プラス財産とマイナス財産

※プラス財産とマイナス財産を差し引きした額にだけ相続税がかかります

中島なかじ
漫画『新宿スワン』では、親と暮らした家を守りたいがために相続放棄を行わずNo1キャバ嬢になって借金を返済した女の子が登場しました。
鈴木さん
相続では、返済の義務も受け継ぐことになります。

相続する財産の中に借金があったら信用情報機関のデータを照会し、いくら借金があるか調べましょう。

借金の金額が大きくて支払えない場合は、3か月以内に家庭裁判所に書類を提出すれば相続放棄が可能です。

借金も資産も多い場合、相続する財産の範囲内で借金を返す限定承認という方法もあります。

限定承認は、共同相続人全員で裁判所に申述をしなければいけません。

これに対して、相続放棄は各相続人それぞれが、単独ですることができます。

相続手続きはいつからはじまる?

相続手続きの中には、手続きを行う期限が設定されているものもあります。

相続放棄限定承認の手続き期限の起点は、相続の開始があったことを知った日から始まります。

遺言書の検認は、遺言書の存在を知った日から始まります。

相続税納付期限の起点は、相続開始が発生した翌日から始まります。

法律的なタイムリミットのある相続手続き

いつまでに手続き届出先や窓口
遅滞なく遺言書の確認や検認(あるか?有効か?など)家や家庭裁判所を確認
3か月以内相続の承認か相続放棄被相続人の最後の住所のある家庭裁判所
4か月以内※必要な場合は準確定申告被相続人の最後の住所のある税務署
10か月以内相続税の申告と納付被相続人の最後の住所のある税務署

法律的にはタイムリミットのない相続手続き

いつまでに手続き届出先や窓口
遅滞なく相続人の調査被相続人の戸籍を本籍地の市町村役場で調べる
遅滞なく相続財産の調査家や銀行、不動産のある市町村役場など
遅滞なく財産目録の作成
遅滞なく※遺言書がない場合は遺産分割協議書などの作成
遅滞なく相続財産の分配
遅滞なく不動産の名義変更(相続登記)不動産の所在地にある法務局

※「遅滞なく」とは「事情の許す限り早く」という意味で、合理的な理由による遅れは許されるとされています

鈴木さん
期限までに税金を納付しなかったり、財産を隠したりすると相続税以外に加算税や延滞税などが課金されてしまいます。
中島なかじ
個人事業主時代に確定申告でさえ毎年ヒーヒー言ってたのに、こんなに手続きがあるなんて……私、できる気がしません!
鈴木さん
私のような司法書士や税理士など、煩雑(はんざつ)な相続手続きを依頼できる専門家はたくさんいるので、困ったことがあったら相談してください。

  • 相続税がかからない場合: 司法書士
  • 相続税がかかる場合: 司法書士 + 税理士
  • 相続争いが起きそうな場合: 司法書士 + 弁護士

など、どんな状況か?によって依頼する専門家も変わります。

相続手続きのおおまかな流れ

相続手続きのおおまかな流れ

1.相続開始(被相続人の死亡)

被相続人が亡くなると相続が始まります。

2.遺言書の確認、検認

遺言書とは残された家族(相続人)に対して、自分の意思を伝えるために書く手紙です。

遺産の分け方やその理由をしっかり書いておくと、争続を避けることができます。

※ただし、正しい様式で作成しないと法的な効果を発揮できない(例:押印や日付、署名がない場合などは無効)

鈴木さん
遺言書があるかどうかで相続手続きの内容が大きく変わります。

まずは、遺言書があるかどうかを確認しましょう。

遺言書がある場合

鈴木さん
家で遺言書を見つけても、すぐに開けて中を見てはいけません。
中島なかじ
ええっ! なんでですか? 親からの手紙ならすぐ読みたいのに!

遺言書は3種類の形式があります。

  1. 自筆証書遺言
  2. 公正証書遺言
  3. 秘密証書遺言

2の公正証書遺言は、公証人が遺言書を保管しているので、第三者が手を加え遺言書の内容を変更することはできません。

しかし、1の自筆証書遺言や3の秘密証書遺言が、自宅などで保管されていた場合、他の第三者が自分の都合が良いように内容を改ざんしてしまう可能性があります。

鈴木さん
このため、遺言書は発見しても決して開封せず、封がされた状態のまま家庭裁判所に持ち込んで検認をしてもらう必要があるのです。

遺言書を勝手に開封してしまうと5万円以下の過料(罰金のようなもの)に処せられることもあります。

検認手続きを行った後は、遺言の内容に沿って手続きを行います。

遺言書の内容に納得できない場合は、相続人全員で話し合い(遺産分割協議をして)遺言の内容ではない相続をすることも可能です。

鈴木さん
法定相続分といって法律が相続人ごとの相続分を規定していますが、相続人全員が納得できれば遺産を自由に分けて問題ありません。

遺言書がない場合

相続人全員で遺産分割協議を行います。

遺産分割協議とは、被相続人の相続財産を「誰が」「どれだけ」受け継ぐのか相続人全員で話し合いで決めることです。

この話し合いがまとまったら、遺産分割協議書という書類を作成し、不動産や預貯金の相続手続き時に提出します。

※相続人が1人の場合は書類をつくる必要はない

※遺産分割がまとまらない(ひとりでも反対する者がいる)場合は、家庭裁判所に遺産分割調停を申し出ることができる。調停でもまとまらない場合は裁判官が審判を行う

3.相続財産と相続人の調査

相続財産の調査

相続財産に「なにがあるか? いくらの価値があるのか?」調べないと「相続税が発生するのか? いくら取られるのか?」がわかりません。

相続財産を調べるポイント

預金や株、投資信託:銀行の通帳やカード、証券会社等の金融機関からの郵便物・粗品

不動産:登記簿謄本や権利書、売買契約書や固定資産税納税通知書

負債:貸金業者のカードや請求書、借用書

遺産の中でも

  • 不動産(土地や建物)
  • 預貯金
  • 株式や金融商品

に関しては、早めに調査しておきましょう。

鈴木さん
不動産がある場合、家にある登記権利書や固定資産税の課税通知書の他に、不動産を管轄する法務局にある登記簿を確認しましょう。

預貯金は家にある通帳やキャッシュカード、銀行にある残高証明などを確認する必要があります。

不動産も預貯金も証券も一括管理してくれる機関はないので「あるかもしれない全ての機関(街)」を探さなければなりません。

被相続人があらかじめ財産目録をまとめてあると非常に助かります。

※被相続人が亡くなったことを銀行に連絡すると、被相続人の口座が凍結され、口座振替や引き落としができなくなるので注意

保険会社や証券会社と取引がある場合は、直接連絡をして取引内容を確認します。

借金がありそうな場合は、貸金業者やお金を借りている相手に連絡して確認します。

マイナス財産が多い場合|相続放棄と限定承認

プラス財産よりもマイナス財産が多い場合、なんらかの理由で遺産を受け継ぎたくない場合は、相続放棄を行います。

相続人が相続放棄を行うと、遺産を受け取る権利が失われます。

限定承認とは、プラス財産の範囲内でマイナス財産を引き継ぐというものです。

相続放棄も限定承認も(相続放棄を行う)相続人が相続の開始があったことを知った日から3か月を過ぎると手続きできなくなるので注意が必要です。

また、限定承認は「共同相続人全員」で裁判所に申述(手続き)をしなければいけません。

鈴木さん
プラス財産もマイナス財産も多いときは限定承認が行われることが多いのですが、手続きの費用やコストがかかり手続きが煩雑なので、マイナス財産が多い場合は早めに専門家に相談したほうがよいです。

相続人の調査

相続手続きでは、被相続人との関係を証明するために戸籍謄本の提出をすることが多くなります。

出生から除籍まで被相続人の戸籍をさかのぼって全て取得します。

鈴木さん
法律改正や結婚で戸籍は新しくなるので、相続人全員の確認(他に相続人がいないかチェック)をするために全ての戸籍を集めましょう。

請求は、本籍のある市町村役場に請求します。遠方にある場合は郵送で請求もできます。

被相続人の兄弟や姉妹が相続人になる場合は、(被相続人の)両親の戸籍もさかのぼって全て取得し、他に相続人がいないことを証明します。

4.預貯金や不動産の名義変更手続き

  • 遺産になにがいくらあるのか
  • 誰が・何を・どれだけ相続するのか

確定したら、実際に遺産を受け継ぐ手続きに入ります。

遺言書か遺産分割協議書の通り遺産を分け、名義変更手続きを行います。

中島なかじ
相続財産ごとに、どこでどう手続きすればいいのか違うのですね。

た、大変だ……。

鈴木さん
亡くなった方の一生分の財産を分けて受け継ぐものですから、100人いれば100通りのバリエーションがあります。

相続手続きはそれだけ煩雑で労力がかかるものなのです……。

代表的な5つの名義変更や受取の手続きを紹介しますね。

預貯金や貸金庫の名義変更

chokin_tsuchou

手続きをする先:銀行などの金融機関

必要なもの:請求書・相続関係を証明する戸籍謄本、印鑑証明書など

手続きの内容:金融機関に連絡し、残高証明を開示、相続届など書類を提出し受取

株式や債券の名義変更

money_kabuken

手続きをする先:証券会社

必要なもの:遺産分割協議書・相続人全員の署名や捺印・印鑑証明書・戸籍謄本など

手続きの内容:証券会社に連絡し、相続に必要な資料の請求と必要な手続きの確認、相続人名義の口座を準備して名義変更

不動産の名義変更

building_house7

不動産がある場合は売却する場合でも一度は相続人が受け継ぐことになります。

手続きをする先:法務局

必要なもの:戸籍謄本や遺産分割協議書などの登記原因証明情報、相続人の住民票、固定資産評価証明書など

手続きの内容:不動産を誰が引き継ぐか決めて、遺産分割協議書を作成。不動産の住所地がある法務局に所有権移転登記申請書や遺産分割協議書、戸籍謄本などを提出する。登記が完了すると登記識別情報が発行される

生命保険の受取

money_hokensyouken

生命保険など被相続人の死亡によって受取が発生するものは、保険金の受取人が単独で(他の相続人に関係なく)手続きできます。

※ただし、具体的な受取人が指定されていない場合は相続人全員で分けることになる可能性があります。保険会社に確認しましょう

手続きをする先:保険会社

必要なもの:請求書・相続関係を証明する戸籍謄本、死亡診断書、保険証券など

手続きの内容:保険会社に連絡し、契約内容を確認。必要書類を提出して受取

自動車やバイクなどの名義変更

car_green

自動車やバイク、自転車も名義変更が必要です。
売ったり廃車にする場合も一度は相続人が受け継ぐことになります。

手続きをする先:ナンバープレートを交付している陸運局

必要なもの:移転登録申請書、手数料納付書、自動車税申告書、遺産分割協議書、戸籍謄本など

手続きの内容:相続人全員で自動車やバイクをどうするか決める、相続人ひとりが受け継ぐ場合は遺産分割協議書を作成し、陸運局に移転登録申請書を提出

中島なかじ
それぞれに集めなきゃいけない書類も届け出先も違うのですね……。先が思いやられる。
鈴木さん
相続手続きを代行してくれる専門家もいるので、大変そうだったらいつでも相談してくださいね。

5.(必要な場合は)相続税の申告と納付

相続税は、相続財産の合計が3600万円以下ならかかりません。

※相続人2人の場合は4200万円以下など相続人の人数によって非課税になる額が変わる

もう一度、基礎控除額を確認しておきましょう。

相続税の基礎控除額

3000万円+(法定相続人の数)×600万円

※相続税の配偶者控除などを使って節税している場合、支払う税金がゼロ円でも相続税の申告をしなければならない

相続税の申告には期限があり、被相続人が亡くなった次の日のから10か月以内に行わなければなりません。

鈴木さん
期限を超えると相続税以外に延滞税が発生するので、相続税の申告を先延ばしにしたり申告しないまま逃げてはいけません。

ただ、相続税は原則として現金一括での支払いが必要になるため、どうしても支払えない場合は延納物納という手段もあります。

中島なかじ
もし相続税の申告後に財産が見つかったら、罰金が取られちゃうのですか?
鈴木さん
後から遺産が見つかったり相続税を少なく申告してしまった場合は、修正申告書を提出することで罰金を支払わないで済みます。

相続税の申告書の提出先と提出方法

相続税を申告するには、相続人が協力して相続税の申告書を作らなければなりません。

申告書ができたら、被相続人の死亡時の住所地を管轄する税務署長に提出します。

鈴木さん
相続税の申告は、時間がかかりとても難しいものです。

様式に合わせて15枚以上の書類をつくらなければならないので、相続の専門家へ事前に相談したり、税理士に相続税の申告を依頼することをオススメします。

どんな風に相続税を算出するのか、ざっくり説明しておきましょう。

  1. 相続財産がいくらなのか調べる
  2. 相続税を計算する
  3. 申告書を作成し、納税を行ったり税務調査を受ける

相続財産がいくらなのか調べる(財産評価)

相続税の申告や納付の前に「相続財産の調査で調べた相続財産がいくらなのか?」を確認します。

相続財産ごとに評価方法は様々です。

鈴木さん
例えば、土地(宅地)は「路線価×面積」(概算)で求め、建物(自宅)は「固定資産税評価額」で求めます。

路線価は相続税を計算するときに使う土地の評価額で、毎年7月1日に公表されます。

評価額を調べる必要がある主な相続財産

土地(宅地・借地権・貸宅地・借家の敷地)、建物(自宅・借家)、現金や預金(定期・普通)、株式や投資信託、死亡保険金や死亡退職金、個人年金、自家用車、ゴルフ会員権や絵画、金や家財など

鈴木さん
土地には、評価額を下げる特例がたくさんあります。

うまく利用することで相続税の負担を軽くすることが可能です。

中島なかじ
全財産の評価額を調べて、特例も活用しなきゃいけないなんて……うう…めまいが……。

相続税を計算する

被相続人の財産がいくらなのかわかったら、いよいよ相続税の計算にうつります。

財産評価で遺産がいくらあるかわかったら、財産の評価額を合計します。

  1. (あれば生前贈与された財産の一部)+相続財産+みなし相続財産 を合算
  2. (不動産がある場合は)小規模宅地等の特例+非課税財産-債務や葬儀費用
  3. 課税財産の合計から相続税の基礎控除を引く
1.(あれば生前贈与された財産の一部)+相続財産+みなし相続財産 を合算
中島なかじ
みなし相続財産ってなんですか?
鈴木さん
みなし財産は、相続時(被相続人が亡くなった際)に発生する財産のことです。

代表的なものに生命保険(死亡保険金)や死亡退職金、遺族年金などがあります。

死亡保険金や死亡退職金には

500万円×相続人数 を超えた分のみが相続財産扱いされる非課税制度があります。

また、被相続人が亡くなる3年前までにもらった財産や生前贈与の財産も財産の評価額に含まれます。

2.(不動産がある場合は)小規模宅地等の特例+非課税財産から債務や葬儀費用 を引く
3.課税財産の合計から相続税の基礎控除を引く

※被相続人が亡くなる3年以内に生前贈与を受けている場合、相続税として計算し直す

課税価格の合計が基礎控除を超えると、相続税を申告・納税しなければなりません。

鈴木さん
基礎控除の他にも

法定相続分か1億6千万円以下の財産を相続する場合に非課税となる 配偶者控除

未成年の相続人が成人するまでの年数×10万円を相続税から控除できる 未成年者控除

父が亡くなった10年以内に母が亡くなった場合2回目の相続で1回目に払った金額の一部を差し引ける 相次相続控除

など、相続税には支払いが免除される控除がたくさんあります。こちらも積極的に活用していきたいですね。

中島なかじ
ううう……鈴木さん、もう限界です。

相続税の申告あたりから頭がおっつきません。

プロに頼みたいのですが失敗したくないので、どんな専門家を選べばいいか教えていただけますか?

相続手続きを依頼する専門家の選び方

鈴木さん
ざっくりでしたがかなり駆け足で相続手続きについて説明してしまったので、疲れましたよね。すみません。

相続手続きは家族によって必要な書類や手続きも異なるので非常に煩雑です。

あらかじめどんな手続きをするのか知っておくことも大切ですが、困ったら私たちのような専門家に相談していただきたいです。

相続手続きをサポートしてくれる専門家を比較

種類メリットデメリット
弁護士相続争いが起きた際、代理人になってもらえる・不動産の名義変更や相続税の申告ができない

・一般的に費用が高い

・相続手続きに精通している人は少ない
行政書士他の専門家よりも費用が手ごろ・不動産の名義変更や相続税の申告ができない

・全ての手続きで代理人にはなれない

・相続手続きに精通している人は少ない
税理士相続税の申告ができる・不動産の名義変更ができない

・相続税が発生しない場合は必要ない
司法書士不動産の名義変更や書類作成・手続きの代行など幅広い手続きが可能
・相続税の申告ができない
信託銀行ネームバリューや安心感がある・価格が高い

・実際の書類取得は相続人が行うケースが多い

・別途、司法書士や税理士の費用がかかる可能性が高い

相続税の申告が必要な場合は、税理士。

争いが起きたら、弁護士。

相続税もかからないし、裁判になるほど揉めてはいない。だけど相続財産に不動産がある……という場合は司法書士に依頼することをオススメします。

※司法書士は相続人の手続きのほとんどを代行できるので、それだけ相続人の負担が少なくなる

失敗しない専門家選びのポイント

失敗しない相続手続きの専門家の選び方
鈴木さん
どの専門家に依頼するかも大事ですが、税理士や司法書士でも相続に強い専門家を選ぶとより安心できると思います。

ホームページや広告などをチェックして「相続の相談を受け付けている・相続手続きを数多く行っている」とアピールしている司法書士に依頼すると、いろいろなケースに対応できると思います。

専門的な知識や経験が豊富なことはもちろん

無料相談などで話をして

  • 親身になって話を聞いてくれるか
  • 対応が迅速か
  • 専門家である前に、人として信頼できる相手か

などをチェックすると、後々嫌な思いをしないで済みます。

中島なかじ
なるほど。人と人とのことだから「先生」と敬うような相手より、相性が大事なのですね。

専門家に相談するタイミングが知りたいのですが

相続が始まってから相談した方がいいんですかね?

それとも亡くなるかも……という時点で相談した方がいいのでしょうか?

鈴木さん
可能なら相続発生する前の元気なうちが良いですね。

私はこれまで5000件以上相続に関する相談を受けてきました。

その中には、生前に相談していただければ

・支払う相続税を減らせたり、相続税の申告をしないで済むようにできたのに
・持ち家を手放さなさずに済んだのに
・揉めずに相続手続きができたのに

と感じるケースが非常に多いのです。

生前に相談していただければ、相続税対策など、ご家族の相続手続きの負担を減らすお手伝いができると思います。

中島なかじ
そうなのですね。

相続について相談したり手続きを代行してもらう専門家は、どうやって探せばいいのでしょうか?

鈴木さん
直接会って相談したいという希望があれば、お近くの専門家がいいと思います。

相談会や無料相談を行っている事務所もあるので、利用してみるのもいいでしょう。

費用はあまりかけずに電話や郵送で進めたいという場合は、遠方の専門家でも大丈夫です。

中島なかじ
今日はありがとうございました。

両親に財産はマジでなにもないと思うのですが、相続について親と話してわからないことがあれば鈴木さんに相談させていただきます。

相続対策コンサルタントの司法書士 鈴木敏弘さん

相続対策コンサルタントの鈴木敏弘さん

脱サラ後、3度目の正直で司法書士試験に合格。
国内最大規模の司法書士法人で役員を務めるも、事務的な作業や手続きが続き
「もっと、依頼者ひとりひとりと向き合って仕事がしたい」と独立開業。
相続手続きに特化した司法書士として5000人以上の相続の悩みを解決してきた。
2014年には著書『相続税は3年で0(ゼロ)にできる』を上梓。amazonの「相続税・贈与税ランキング」で1位を獲得する。
2017年1月には『家族が亡くなったときの 手続きどうしたら? 事典』を監修。

相続対策コンサルタントの鈴木さんに相談したい方はこちら
(鈴木さんのサイトのお問い合わせフォームにジャンプします)

おまけ:家族が亡くなった後にやること&引き継ぐリスト

うさ女
ふむふむ。

専門家の解説もわかりやすかったんだけど、親や家族が亡くなったときにやることのチェックリストみたいなのってないの?

中島なかじ
しょうがないな~。まとめるから待ってて!

――6時間後

中島なかじ
で、できた!

以下は、中島が調べた「家族がなくなった後で必要な手続き」や「貰える&引き継ぐもの」のリストです。

「やるべき手続き」と書いてはいますが、準確定申告や相続放棄など人によってやる必要のない手続きも含めて羅列しています。

必要に応じて(関係するものだけ)チェックするようにしてください。

※リストの「期限」の欄に出てくる「遅滞なく」とは「事情の許す限り早く」という意味で、合理的な理由による遅れは許されるとされています

家族の死亡後、やるべき手続き【期限が決まっているもの】

種類期限手続き先、届出先、窓口専門家
葬儀・告別式亡くなったらすぐ葬儀屋
死亡届7日以内亡くなった人の本籍地
または、届出人の住所地の市町村役場
埋火葬許可申請7日以内亡くなった人の本籍地
または、届出人の住所地の市町村役場
世帯主変更届14日以内住所地の市区町村役場
四十九日法要49日目
相続放棄手続き3ヶ月以内家庭裁判所司法書士・弁護士
限定承認手続き3ヶ月以内家庭裁判所弁護士
クレジットカードの手続き遅滞なく各クレジット会社
消費者金融との手続き遅滞なく消費者金融
住宅ローンの手続き遅滞なく銀行・ローン会社
百か日法要100日目
準確定申告4ヶ月以内亡くなった人の住所地の税務署税理士
相続税の申告・納付10ヶ月以内税務署税理士
遺留分減殺請求1年以内家庭裁判所税理士

家族が亡くなった後、やるべき手続き【期限が決まっていないもの】

種類期限手続き先、届出先、窓口専門家
児童扶養手当認定請求遅滞なく住所地
または、本籍地の市区町村役場
遺言書の有無遅滞なく
相続人の調査遅滞なく
相続財産(不動産や有価証券等)の調査遅滞なく
遺産分割協議・遺産分割協議書作成遅滞なく司法書士
遺言書の検認・開封遺言書発見後すぐ家庭裁判所司法書士・弁護士
遺言執行者の選任遺言書発見後すぐ家庭裁判所司法書士・弁護士
遺言内容の執行遺言書発見後すぐ司法書士・弁護士
遺産分割協議の調停協議がモメたら家庭裁判所弁護士
遺産分割協議の審判協議がモメたら家庭裁判所弁護士
裁判所外での遺産分割協議協議がモメたら司法書士・弁護士
復氏届必要に応じて住所地または本籍地の市区町村役場
姻族関係終了届必要に応じて住所地または本籍地の市区町村役場
子の氏変更許可申請必要に応じて子の住所地の家庭裁判所
改葬許可申立必要に応じて旧墓地の住所地の市区町村役場
運転免許証遅滞なく最寄の警察署
国民健康保険証遅滞なく住所地の市区町村役場
シルバーパス遅滞なく住所地の市区町村役場
高齢者福祉サービス遅滞なく住所地の福祉事務所
身体障害者手帳など遅滞なく住所地の福祉事務所
死亡退職届遅滞なく会社
会社の身分証明書遅滞なく会社
最終給与遅滞なく会社
健康保険証遅滞なく会社
携帯電話遅滞なく電話会社
デパート会員証遅滞なくデパート
フィットネスクラブ会員証遅滞なくフィットネスクラブ
JAF会員証遅滞なくJAF
無料パス遅滞なくバス・電車会社(市役所)
インターネットプロバイダー会員遅滞なくプロバイダー
老人会会員証遅滞なく老人会
個人事業主としての各種届出遅滞なく各機関
貸金庫遅滞なく契約銀行
パスポート遅滞なく旅券事務所
リース・レンタル遅滞なくリース会社・レンタル会社
キャッシュカード遅滞なく銀行・郵便局・JA(農協)

家族が亡くなった後、もらえる手続き

手続きの種類期限手続き先/届け出先/窓口専門家
未支給失業給付金6ヶ月以内職業公共安定所(ハローワーク)社会保険労務士
生命保険(請求権の時効は2~3年ですが)速やかに生命保険会社
国民健康保険の葬祭費2年以内住所地の市区町村役場等
埋葬費支給申請2年以内国民健康保険等社会保険労務士
遺族基礎年金5年以内死亡した人の住所地の市町村役場の年金窓口か全国の年金事務所社会保険労務士
寡婦年金5年以内死亡した人の住所地の市町村役場の年金窓口か全国の年金事務所社会保険労務士
死亡一時金2年以内死亡した人の住所地の市町村役場の年金窓口か全国の年金事務所社会保険労務士
遺族厚生年金5年以内死亡した人の勤務先を管轄する年金事務所社会保険労務士
労災保険の葬祭料2年以内労災保険社会保険労務士
遺族補償年金5年以内労災保険社会保険労務士
生命保険付住宅ローン(団体信用生命保険)通常は亡くなった日から2か月以内
(3年以内に権利がなくなる)
銀行
簡易生命保険5年以内郵便局
医療費控除の還付請求5年以内税務署税理士
遺族共済年金5年以内各共済組合
死亡共済金3年以内各共済組合
入院保険金遅滞なく保険会社
団体弔慰金遅滞なく共済会・互助会・協会・サークル
死亡退職金遅滞なく会社
中島なかじ
「期限」のところに「〇年以内」と書かれているものに関しては「その年数以内に手続きしないと、請求する権利が失われる」という意味のものがほとんどです。

数年以内と書かれているものでもほったらかしにせず、落ち着いてから手続きをするようにしましょう。

家族が亡くなった後、引き継ぐ手続き

種類期限手続き先、届出先、窓口専門家
相続(名義変更)登記遅滞なく法務局司法書士
所有権保存登記遅滞なく法務局司法書士
抵当権抹消登記法務局司法書士
会社役員変更登記法務局司法書士
建物表題登記遅滞なく法務局土地家屋調査士
建物滅失登記遅滞なく法務局土地家屋調査士
土地分筆登記遅滞なく法務局土地家屋調査士
土地境界確定遅滞なく法務局土地家屋調査士
自動車保険(自賠責保険)遅滞なく損害保険会社(取扱代理店)
自動車保険(任意保険)遅滞なく損害保険会社(取扱代理店)
建物の火災保険遅滞なく損害保険会社(取扱代理店)
電気料金遅滞なく電力会社
ガス料金遅滞なくガス会社営業所
水道料金遅滞なく水道局
電話遅滞なく遅滞なくNTT
NHK遅滞なくNHK
銀行引き落とし口座遅滞なく銀行
借地・借家遅滞なく地主、不動産管理会社
賃貸住宅遅滞なく家主
市営・都営・県営住宅遅滞なく住宅供給公社
株券等の有価証券遅滞なく証券会社・発行法人
特許権遅滞なく特許庁
音楽著作権遅滞なく社団法人日本音楽著作権協会
貸付金遅滞なく貸付先(債務者)
信用金庫への出資金遅滞なく出資先
保証金遅滞なく保証金の預け先
各種免許・届出遅滞なく管轄官庁
預貯金口座遅滞なく金融機関
自動車遅滞なく陸運局事務所
自動車納税義務者遅滞なく陸運局事務所
ゴルフ会員権遅滞なく所属ゴルフ場

Can You Survive?

サバイブ運営方針はこちら

当サイトの人気記事はこちら

NISAにおすすめはETF|投資信託は銀行で買うな!

2017.07.24

資産運用/投資のおすすめ度とわかりやすい解説一覧10連発!

2017.05.25

IPO株とは?勝率約9割のIPOのリスクと仕組みをわかりやすく

2016.03.09

ABOUTこの記事を書いた人

中島 なかじ

好きなこと"だけ"にお金を使うため、ムダなコストはザクザク削る!! お金のセンス&知識ゼロの状態から、うんとこどっこい勉強して【お金を上手に使う方法】について記事を書くライター兼マーケッター。でもSuicaを1000円ずつチャージする男ばかり好きになってしまう……