リサイクル着物イベント前に知りたい5つのコツ|今昔きもの大市

リサイクル着物イベント前に知っておきたい5つのコツ
きもの市などのイベントでリサイクル着物を買う前に、知っておくとトクする5つのコツ

リサイクル着物の大型即売会『(鎌倉)今昔きもの大市』で着物を買った感想や戦利品をご紹介します。

中島なかじ
こんにちは!チームサバイブの中島なかじです。

前回は 相場より1円でも高く・ラクに着物を売る方法 を紹介しました。

買取サイトやリサイクル着物店に買い取られた着物は

  • ヤフオク!や楽天オークションなどのネットオークション
  • リサイクル着物店の店舗
  • リサイクル着物店のネットショップ(楽天市場に出店したり、独自のECサイトがあったり)
  • 着物店や地域などが主催するリサイクル着物の販売イベント

などで販売(転売)されます。

そのまま着る人もいれば、サイズや生地をリメイクして着たり、バックやがま口など和風小物にアレンジする方もいるようです。

リメイクした小物をハンドメイドマーケットで売っている方も多いそうです。

【参考リンク】ハンドメイド作品が買える minne の着物リメイク小物の販売ページ

中島なかじ
リメイク小物は、ポーチや日傘、iPhoneケースやアクセサリーなどさまざま!

和柄って癖が強いけど、モダンな柄だとさりげなくて洋服に合わせられる小物もいっぱいあるんですね。私にも手芸の腕があれば……。

買い取られた着物がどんな人の手に渡るのか?(どんな人がリサイクル着物を買いに来るのか)偵察してきました!そしてまんまと自分も着物を買ってきました!

着物の販売イベントに行くのは初めてだったので「前もって知っておきたかった!」という情報をまとめました。

イベントでリサイクル着物を買う前に、知っておきたい5つのコツ

1.どんなイベントか下調べして雰囲気を掴む

鎌倉今昔きもの大市の会場内の様子

着物の販売会や即売イベントは「きもの市」などと呼ばれ、全国で年中行われています。

【便利なリンク】全国の着物イベント情報をまとめたサイト

現在は多くの方が着物を楽しめるように敷居の低いお店が増えましたが、イベントによっては初心者が「買いにくい・質問しにくい」と感じる店が多かったり、規模が小さいものもあるそうです。

一方、着付の勉強ができたり、着物のハギレを使って足袋やアクセサリーをつくったり手描き友禅や型染めなどの体験ができるワークショップに参加できるイベントなどもあります。

まずは検索!つぎにイメトレ

気になる・行ってみたいと思うリサイクル着物のイベントの情報を手に入れたら「イベント名」で検索すると、過去に参加された方や出店したお店、イベント運営者のブログを見ることができます。

また、Twitterでイベント名を検索すると、会場の様子や戦利品(買ってきたもの)を写真付きでつぶやいている人もいるので、雰囲気を掴むことができます。

中島なかじ
私も今昔きもの市に参加する前には、お客さんとして参加された方のブログを読んだり、Twitterで検索しました。

「気軽に試着させてもらえる」とか「初心者でもいろいろ話を聞ける」と書かれていたので安心したな~。

ちゃんと下調べしておくと「あれっイメージと違う。帰りたい」なんて悲劇が起きずに済みます。

2.自分のサイズを把握して行くと買いやすい

気に入った柄があってもサイズが合って着られないのは悲しすぎます!

自分に合った着物のサイズを知るには、自分の身丈と裄を知っておくことが大事です。

着物の裄と身丈
  • 裄(ゆき)背骨(首の骨のつけ根の部分)から手首までの長さ
  • 身丈(みたけ)身長

と考えておけばOKです。

一般的に、裄は+-5cm。身丈は+-10cmくらいのサイズなら普通に着られる可能性が高いです。

着物ひとつひとつに裄と身丈を書いたタグをつけてくれているお店もありますが、基本的にリサイクル着物のイベントでは、着物が重ねたりハンガーに掛けたりして並んでいるので、試着することをおすすめします。

着物の試着は着せてもらえるから安心

「試着って言われても、着付ができない」という方もご安心ください。

着物屋さんやイベントでは店員さんが服の上から着物を着せてくれます。ものすごい早さでキレイに着せてくれるからびっくりしますよ。

中島なかじ
私は大柄なのですが、今昔きもの大市で試着した時にちょっと小さめのサイズでもキレイに着こなす着付を教えてもらいました。1000円の江戸小紋を買っただけなのに……なんてやさしいんだ!

160cmオーバーの女性でも着物はあるよ!

ネットでリサイクル着物のことを調べると「出回る着物は小さいサイズが多いので、大きいサイズが(160cmを超えると)あまりない」と書かれていることが多いのですが、そんなことないと思います。

中島なかじ
確かに数は少ないかもしれないけど、イベントに行くと身長164cm&ぽっちゃり&でっちりの私でも着られるものがいろいろあって安心しました。

着物の身丈は身長-10cmくらいでも着られるので、身長160cm以上の人でも「身丈:150cm」と書かれている着物を試着してみると結構着られたりするものです。

※長さを調節するおはしょりをつくらない着方もあるので、店員さんに相談してみましょう

3.予算と用途を伝えると合う着物を教えてもらえる

saifu_gamaguchi

きもの市などのイベントが初めて。まして着物を買いにいくのも初めてという方は、着物屋さんのブースに入って着物を触るのも緊張すると思います。

中島なかじ
初心者の場合「初心者です!」と正直に伝えるとやさしくしてもらえます。勇気を出して!

こんなことを伝えると買いたい着物が見つかりやすい

  • どんな着物が着たいか?(色や柄のイメージ、その着物を着てどこに行きたいか?など)
  • 着付の練習用か?外に着ていくものか?
  • どんな場所に着ていく着物か?(お茶会やパーティー結婚式用か、観劇やお稽古ごと、ショッピングに~といった行き先)
  • 着る季節はいつなのか?(袷(あわせ)か単衣(ひとえ)か、素材や柄にも影響する)
  • どんな帯や小物に合わせるのか?(持っているか)

これらを伝えると、店員さんもイメージが湧きやすいそうです。

既に着物を持っていて、合わせる帯や半襟、帯揚げを探している~という人は、着物をスマホで撮って写真を見せたり、ハギレを持っていくとぴったり合うものが買える確率が高まります。

中島なかじ
私はきもの市の会場で買った着物を他の着物屋さんに見せて帯を選んでもらったこともあります。

お店に失礼かと不安でしたが「たくさんの人に着てもらいたいから(他の店で買った着物を持ち込んでも)いいのよ」と店員さんに言ってもらえて感動しました。

着物のコーディネートは無限大

中島なかじ
きもの市では、茜色や紅緋(べにひ)っぽい江戸小紋を買ったのですが、帯や帯揚げの色を変えるだけでもガラっとイメージが変わりました。
中島なかじが今昔きもの市で買った江戸小紋

象牙色に同系色の大きな刺繍が入った帯。黄緑色の帯揚げを入れるとちょうどいい差し色に!

さらに帯締め・帯留め・伊達襟・足袋・草履・バッグ・羽織……とかけ合わせたら、可能性は無限大!

昔から「着物1枚に帯3本」と言われていますが、帯が合わないと「着物と帯がしっくりこない」「季節感が合わない」といったこともあるので、着物を買うなら一緒に帯を買うことをおすすめします。

リサイクル着物のイベントなら、帯も1000円程度から手に入ります。着物・帯・小物と一式揃えたい場合も探せば1万円以下で見つけられると思います。

4.胸や首がすっきりした服装(装飾の少ないワンピースなど)で行くと試着しやすい

kimono_kitsuke

イベントでの着物の試着は、カーテンのある試着室ではなくオープンな畳の上で行われることが多いです。

店員さんに試着をお願いすると、姿見(鏡)の前に敷かれている畳の上に案内されます。

靴を脱いで上がり、上着と荷物を置くとスススッと着付けてくださいます。

この時、胸元や首にボリュームがあるとキレイに着られないので注意しましょう。

中島なかじ
私は尻も胸も(身体中の肉がハミ)出ているタイプなので、胸を潰すタイプのスポーツブラをつけていきました。

デコルテが開いた薄手のワンピースなどで行くと試着しやすいです。

欲しい着物や気になる着物を見つけたら「広げてサイズを確認してもいいですか?」「試着してもいいですか?」と遠慮せず聞いてみましょう。

5.イベント最終日の終了間近にタイムセールが行われる場合も

2016年の春に行われた『鎌倉今昔きもの市』は、金・土・日曜日の3日間開催されました。

私は2日目に行ったのでその恩恵にあずかることができなかったのですが、お店によっては最終日の終了間近にタイムセールが行われるそうです。

中島なかじ
大幅値下げしてくれるのはありがたいけど「これは欲しい!」という着物を見つけたら早めに買わないと売り切れちゃう!

お店によっては、最終日じゃなくても「2枚買ってくれればまけるよ~」「今日だけ1000円引きしてあげる」と言ってくれるところもあります。

店員さんとコミュニケーションを取りながら、リサイクル着物イベントを楽しんでください!

鎌倉今昔きもの大市に参戦してきました!

私が今回参加したイベントは、2016年4月1~3日に鎌倉芸術館で開催された『鎌倉今昔きもの大市』というリサイクル着物の大型即売会。

鎌倉今昔きもの大市

『今昔きもの大市』は横浜や銀座などの会場で10年以上開催されているイベントで、約20~30のリサイクル・アンティーク着物業者が出店します。

東京だけでなく、京都・大阪・奈良・広島・愛媛・滋賀・富山・静岡・千葉・神奈川など全国各地から業者が集まり、会場も赤レンガ倉庫や大きなホールで行われるため人気があります。

鎌倉今昔きもの大市の会場内の様子

会場内には着物や帯、帯留や帯揚げなど和装小物、和柄の創作服やバッグなどがところ狭しと並べられています。

鎌倉今昔きもの大市のブース(帯多め)

実際に着物や帯を触って質感やキズ・シミなどの状態を確かめることができます。

中島なかじ
私のような着物初心者でも店員さんがいろいろ教えてくれるし、1000円~120万円を超えるものまで着物をたくさん見られて楽しかったです。

紬のモノグラムのようなかっこいい着物や谷崎潤一郎の小説に出てきそうな大正時代のアンティーク着物など本や雑誌でしか見たことのない着物がたくさん置いてあって、しかも買える!

着物の良さを知るには「いろんな着物を見るのが一番」だそうで、この日はとっても勉強になりました。

この日は全国から21のリサイクル着物店が出店していました。

鎌倉で今昔きもの大市が開催されるのは初めてだそうで、横浜や銀座に比べるとお客さんもやや少なめ。

店員さんに着付のコツを聞いたり、試着もたくさんできました。

着物2枚と帯1枚を購入してきたので、戦利品と買ったお店をご紹介します。

こべに屋で江戸小紋の着物を購入

こべに屋さんで買った江戸小紋の着物

最初に買った着物は、茜色や紅緋(べにひ)っぽい色の江戸小紋。

江戸小紋は、東京で染められている型染め(模様を彫った型紙を生地の上に置いて染めていく技法)の小紋で伝統工芸品です。

微細で美しい模様がたくさん散りばめられていて1色で染められてます。

今昔きもの市で買った江戸小紋の柄。微細!

遠目で見ると1色の着物ですが、近くで見ると蝶や小花、菱や菊の花などが並んでいてとっても華やか。

江戸小紋についていた落款(読めない!)

落款まで押してある!(読めないけども)

中島なかじ
こんなにかわいくてキレイな着物なのに、まさかの1000円!

女性の店員さんがやさしく対応してくださって、サイズが少し小さい場合の着方など着付のコツも教えてくださいました。

小紋はおしゃれ着・プリント柄のワンピースのようなもので、ショッピングや観劇・コンサート、食事会やお茶会などに着ていける着物です。着物の格式でいうとあまり高くありませんが、江戸小紋に紋をつければ略礼装になり改まった席にも着ていけるそうです。

こべに屋さんは、人形町に店舗を持つリサイクル着物専門店。

初めて着物を着る人も新しい着物を探している人も、手ごろな価格のものから作家物・各種産地紬などの逸品まで幅広い品ぞろえが自慢だそうです。着物のお直し・お仕立てや買取も行っているそうです。

日本橋人形町 リサイクル着物 こべに屋
東京都中央区日本橋人形町2-15-10
HP:http://kobeniya.com/ (2016年4月現在サイトが見られなくなっています)
Blog:http://kobeniya.exblog.jp/

Wingで大島紬を購入

鎌倉今昔きもの大市のwingで購入した大島紬

次に買ったのは、大島紬。証紙はありませんが、鹿児島県奄美大島産の本場奄美大島紬だそうです。

大島紬の特徴は、泥染め。鉄分の多く含まれる泥に浸して何度も揉みこむことでつややかな黒や深い茶色が出るのだそうです。

表面がつるつるしていて、触るととっても気持ちがいいです。

今昔きもの市で購入した大島紬

写真集や本で見た大島紬は、龍郷(たつごう)柄や西郷(さいごう)柄、十字や格子が並んだ記号っぽいものが多かったのですが

今回買った着物は、大輪の花や唐草模様?仏教絵画に出てくるような植物模様が全体にグワーッと広がった珍しい柄でした。

中島なかじ
店員のおじさまが私に着付ながら「う~んかわいい。やっぱりかわいい」と着物をめちゃくちゃ褒めていたのですが、後で調べてみると対応してくれたおじさまはアンティーク着物界の重鎮、田中翼(よく)さんでした!

田中翼さんは、アンティーク着物のコレクターで銀座のアンティークモールにあるWingというアンティーク着物店のオーナーでもあります。

ご自身でアンティーク着物本を出版したり、レトロ・アンテーク着物女子に大人気の雑誌『KIMONO姫』や美しいビジュアル雑誌『別冊 太陽』に寄稿したり、アンティーク着物のファッションショーを主催したり、デパートや美術館にコレクションの一部を貸し出したりしています。

中島なかじ
珍しい柄の大島紬が5000円で手に入りました。

田中翼さんのお話からアンティーク着物への想いがひしひし伝わってきて「愛があって大事にしている人から着物を買う(受け継ぐ)」って素敵だなと思いました。

田中翼のアンティーク着物 Wing
東京都中央区銀座1-13-1 ダイワ銀座一丁目ビル 地下奥
Blog:http://yaplog.jp/wing_kimono/

秋乃で帯を購入

今昔きもの大市の秋乃で買った帯

最後に秋乃さんで帯を買いました。

江戸小紋に合わせようと黄緑や黄色の帯も候補にあったですが、店員さんに合わせ方を教えていただき同系色の模様が描かれた帯を選びました。

写真だとわかりづらいのですが象牙色っぽいベースにうっすら植物の模様が描かれていて、お太鼓になる部分に炎?ほおずき?のような大きな模様が描かれています。

合わせるとこんな感じ。

中島なかじが今昔きもの市で買った江戸小紋
中島なかじ
かんわいい~。ケチって帯揚げは買わなかったのですが(写真はハギレ)淡い緑色の帯揚げや伊達襟が合うだろうな~。コーディネートのことを考えるとわくわくします。

こちらの帯は2000円でした。

帯1枚でしたが、親身になって帯と着物の合わせ方を教えてくださいました。

おしゃれ古布 秋乃
神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ206
HP:http://www.akino-motomachi.com/(2016年4月19日現在サイトが見られなくなっています)

今回リサイクル着物のイベントに初めて参加させていただいたのですが、着物を愛する人の話を聞くことができ、いろいろな種類の着物をたくさん見られてとても勉強になりました。

また、たんすの中で眠っていた着物・着られる時を待っていたアンティーク着物が新しく愛してくれる人の手に渡っていく様子を目にして、リサイクル着物の需要を感じました。

店員さんに着物について質問することで、その着物のバックボーンや着物に込められた思い出を聞くことができます。

いろいろな想いが引き継がれていくようで素敵でした。

長い間着ていない着物が家にあるのは、宝の持ち腐れ。新しく愛してくれる方に着物を譲りませんか?(買い取ってもらいませんか?)

今後の今昔きもの大市開催情報

横浜今昔きもの大市
2016年5月27日(金)~29日(日)
11:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
開催場所:横浜赤レンガ倉庫1号館イベントスペース

浅草今昔きもの大市
2016年6月25日(土)26日(日)
時間・会場等は、主催者の有限会社 デザインアベニューさままで(下記のリンクから)メールか電話でお問い合わせください

今昔きもの大市ホームページ

今昔きもの大市は、品ぞろえも豊富だし1000円~普段着られる着物が買えるし、出品しているお店の店員さんもやさしくてめちゃめちゃオススメです。

店員さんに頼めば気軽に試着させてもらえるので、気になる着物があればぜひ試着してみてください。

「この色かわいい!」と思った着物が肌の色に合わなかったり「インパクトはあるけど、派手すぎるかな~」と思った着物が意外と顔に馴染んだり……羽織ってみて初めてわかることがたくさんあります。

中島なかじ
次は横浜の赤レンガ倉庫で行われるきもの大市に行かなきゃ!

Can You Survive?

サバイブの運営方針はこちら

ABOUTこの記事を書いた人

中島 なかじ

平成生まれサブカル育ち。ひとりっ子でテレビっ子な27歳。 奨学金700万(何回払い?)/50代の両親は貯金ゼロ(母がバイトを辞めまくる)/8年3か月付き合った男に別れを告げられる……というサバイブせざるを得ない状況に立ち向かう。 お金や数字は苦手だけど、苦手とか言ってる問題じゃない。 自分のような女性にもわかりやすいよう、情報をかみ砕いて記事を執筆する。 夢は「奨学金の繰り上げ返済」。