マイナス金利時代に転職すべき会社はここだ!沈む会社、浮かぶ会社

マイナス金利で浮かぶ会社沈む会社

どうも、チームサバイブの慎平です。松本慎平。

2016年1月29日、日本銀行はマイナス金利政策の導入を決めました。

一見するとネガティブなニュースに聞こえるかもしれませんが、市場への影響は経済の専門家でさえ意見が分かれていて、良し悪しを判断することはとっても難しい状況です。

ただし「こうなるだろう」という大きな流れを予測し、掴むことはできるのではないでしょうか。

今回サバイブでは「マイナス金利」というワードに端を発し、近い将来、影響を受けるであろう業界・業種を解説していきます!

マイナス金利時代に転職すべき業界とは?

サルでも分かる、「マイナス金利」って?

松本サル

マイナス金利で影響のある職業・業界について解説していく前に、マイナス金利についておさらいをしていきます。

めちゃくちゃ簡単に説明します。

マイナス金利とは?

今までは「一般の銀行」が「日本銀行」にお金を預けると利息が貰えていたのに、利息を取られるようになってしまう! ということです。

考えられる金融機関の動き

すると、「一般の銀行」は「日本銀行」にお金を預けなくなります。

慎平
だって預けた分だけ利息が取られちゃうんだもん。損だよね。

今まで「一般の銀行」は「日本銀行」に預けていたお金の利息をもらってハッピーでしたが、その分の収益がなくなってしまいます! ダブついたお金を持っておくのはもったいないので、どこかに貸し出して稼ごうとします。

考えられる市場の動き

金利のダウン

一般の銀行「金利安くてもいいから誰かに貸したい!」
⇒金利ダウン

私たち「どこでもいいなら金利安いとこで借りたいな」
一般の銀行A「うちの銀行は金利安いよ!」
一般の銀行B「待って! うちの銀行もっと金利安くするよ!」
⇒引き下げ競争で金利ダウン

円安に傾く

日本円の金利がないとなると、投資家が外貨を持つようになります。するとどんどん円の価値が下がっていきます。

慎平
貯金していても利息がもらえない日本円より、利息がもらえる米ドルのほうが魅力だよね。

これすなわち円安です。

 


 

ポイントは「日本銀行と各金融機関間の金利がマイナスになる」「円安になる」「金利が下がる」という3点です。

とりあえずこれだけ抑えておけばこの記事は読めます。

更に詳しく知りたい方は、こちらの記事で「マイナス金利」について紹介していますので、チェックしてみてください。

マイナス金利とは?|わかりやすくするため図解にした

2016.10.17

マイナス金利で影響を受ける業界とは?

それでは、今回の本題であるマイナス金利政策によって影響を受ける業種について解説していきます。好景気に沸くであろう業種もあれば、不景気に陥るのではないかと予測される業種もあります。

転職で企業を選ぶ際のひとつの参考にしてもらえればと思います。

好景気の追い風を受ける業界

不動産業界

まず、不動産業界です。

マイナス金利政策では市場全体の金利の引き下げが予測されます。金利が下がるということは、銀行からお金を借りやすくなるということです。

まず私たち消費者は住宅ローンを組みやすくなります。すると家を購入しようとする人が増えるでしょう。

他方で、不動産業界のビジネスモデルの一つとして、「お金を借りて住居(施設)を建て、その賃料で返済していく、そして収益を得ていく」という図式があります。多額の借金をして収益を上げます。

この借金ですが、金利が下がることで支払いの利息も減っていきます。つまり何をせずとも業績が上がっていくということなのです。

これらの理由から不動産業界の動きが活発になります。

インフラ業界

電気・ガス・鉄道などの、いわゆるインフラ業界も好景気に沸くのではないかと予測されます。これは不動産業界同様に金利引き下げの恩恵を受けることができるためです。

インフラ業界の多くは初期投資を行い、時間をかけて回収するビジネスモデルをとっています。

たとえば電力会社は発電所を作り、電気を供給することで利益を生んでいます。鉄道会社も線路を敷き電車を作り、設備を整えてから利用料を回収していきます。

ここでの初期投資は多く借金をして行います。あとは不動産業界と同じで、金利の引き下げにより支払いの利息が減り、業績の向上に繋がるのです。

慎平
金利の引き下げは借金が多い企業にとって追い風となるのです。

観光業界

マイナス金利の動きのひとつとして考えられる円安ですが、日本円の価値が下がることで相対的に外貨の価値が上がります。つまり外貨両替を行うとより多くの日本円に代えられるということです。

ここから日本への観光業界に追い風が吹くのではないかと考えられます。

もっとも、観光業界はマイナス金利の追い風を受けずとも年々業績を伸ばしています。

訪日外客数
参照:http://ryutsuu.biz/

東京オリンピックが開催される2020年までは順調に訪日外客数は増えるでしょう。そのため観光業界だけでなく航空業界にとっても景気が好転するでしょう。

不景気の煽りを受ける業界

さて、ここからは反対にマイナス金利による不況の煽りを受ける業界を紹介します。

銀行

一般の銀行はもっとも顕著に影響を受けます。これまで日本銀行からの利息で得ていた収益がまるまる失われてしまうからです。

貸すことに躍起になるのはもちろんのこと、メガバンクとよばれるような大手銀行(三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行)では、私たち一般消費者の個人口座からも利用料を取るようになるのではないかとの見方もあります。

graph
参照:http://stocks.finance.yahoo.co.jp/

2月に入り、すでに3社の株価は下降線を描いています。

これまで地方の就職先として人気のあった地方銀行ですが、このマイナス金利政策を受けて統廃合が進むと予測されます。

特に銀行への就職を考えていた方は、再検討する契機となるのではないでしょうか。

生命保険業界

銀行と同じ金融業界として、保険会社も少なからず影響を受けます。

保険会社は一般的に資産を不動産や株式に分散して管理しています。私たちが支払っている保険料を一時的にプールし、近い将来の保険金の支払いに備えるためです。

その保有先として最も多くの割合を占めているのが国債です。国債とは国の借用証書のようなもので、満期になれば国が当初約束していたお金が戻ります。

ところが、マイナス金利政策を受けて、この国債で得られる利息がゼロもしくはマイナスになってしまいました。(国債は日本一安全な預け先といえるので、需要が高まりすぎた結果、このように国債の利率が下がり続けてしましいました。利率が下がっても買う人がいるので、それならばもっと安く売ろうとしてどんどん利率が下がっていったのです)

このことから、保険会社は国債に依存していた資産運用を見直さなければなりません。国債で保有していると、ジリ貧で目減りしていきますからね。

急激な保険料の値上げは顧客に嫌な顔をされてしまうので、しばらくは保険会社が身を切る経営を行っていくのではないでしょうか。

まとめ

伸びる業界苦しい業界
・不動産
・観光
・電気
・ガス
・鉄道など
・銀行
・保険

「マイナス金利」のような経済の大きな流れを元に転職先の企業を検討することは、大変意義があると思います。その時々の鮮度の高い情報を常にアップデートしてくことも、欠かすことのできない転職活動の一環だからです。

しかし経済の流れや市場の動向を自分一人で随時キャッチアップするとなると思いのほか大変です。

そこで、転職を考えている方には「転職エージェント」を利用しての転職活動をお勧めしています。

サバイブの姉妹サイト転職失敗バスターズでは、転職エージェントに関する基本的な解説から、実際に登録するならここがいいだろうというエージェント会社ごとの比較も行っています。気になった方は是非チェックしてみてください。

転職失敗バスターズ丨転職エージェント比較

また、転職の際には自分自身で企業を調べるとも大切です。その際に活用できるのが転職クチコミサイト。企業ごとに働きやすさなどが掲載されているわけですが、本当にこのサイトは信憑性があるのでしょうか?

調べてみました【関連記事】

ブラック企業を見破る方法丨転職口コミサイトを比較した

2016.11.11

サバイブでは引き続きマイナス金利について関連記事を掲載していきます。お見逃しなく!

それでは、Can you survive?

サバイブの運営方針はこちら

関連記事

「マイナス金利」についてもっと詳しく知る。

マイナス金利とは?|わかりやすくするため図解にした

2016.10.17

個人の資産運用はIPOで決まり?

IPO株とは?勝率約9割のIPOのリスクと仕組みをわかりやすく

2016.03.09

ABOUTこの記事を書いた人

松本 慎平

編集者/新卒でITコンサル会社に就職。ある朝「もうすぐ30歳だけど、ちゃんと将来設計あるの?」と自問自答を始めて嘔吐・下痢を繰り返す。その後、経済的自立を求め、実学を会得する記事を書くためサバイブにジョイン(ジョインって使いたがる輩にろくな奴はいない)。尊敬する作家は金城一紀。ファイナンシャルプランナーで弓道初段です。

▼詳しいプロフィール

▼過去に書いた記事

▼フォローすると気取った文章が読めるFacebook