レバテックキャリアに突撃取材|IT・Webエンジニア専門の転職エージェント

エンジニアに特化した転職エージェント・レバテックキャリア

 

今回は、IT・Webエンジニアの転職に特化したレバテックキャリアのキャリアコンサルタント・山田諒さんにお話を伺いました。

レバテックキャリア、コンサルタント山田諒さん

 

運営会社であるレバレジーズのみなさんにいただいた名刺を並べてみたら…。なんだかこういうさらっとしたオシャレ感グッときます。一体全何色あるのでしょうか…。コンプリートしたい!

レバレジーズさんの名刺を並べてみた

 

渋谷ヒカリエにあるオフィスの入り口の壁面緑化には、圧倒されます。そして、緑から感じる何とも言えない安心感。素敵です!

レバテックキャリアさんの壁面緑化

 

今回は、レバテック事業部のキャリアコンサルタント・山田諒さんにお話を伺いました。ありがとうございます!

ヤス石田
本日は、よろしくお願いいたします!(山田さんは、何度かメディアで拝見したことがあるので、なんだか芸能人に会ったような気分…)
山田さん
こちらこそよろしくお願いいたします。
ヤス石田
それでは、早速質問に入らせていただきます。

現在のエンジニアの転職状況を教えてください。

山田さん
エンジニアに対する企業側のニーズは非常に高く、求人数は多い状況です。エンジニア向けのスクールなども盛んで、その卒業生が転職するケースも多いですね。

年齢層としては、20代後半~30代前半の方が多いです。

ヤス石田
レバテックキャリアさんが他の転職エージェントと違うところを教えてください。
山田さん
弊社には2つの強みがあります。

1つ目は、エンジニアやWebディレクター、Webデザイナーなどの職種に特化した求人の提案を行っていること。

2つ目は、実際に現場に足を運んで、※PM(プロジェクトマネージャー)などとの接点を持つことで、人事の担当者の情報だけでなく、現場の生の声をお届けできる点です。

※PMとは、プロジェクトの管理者のこと。目標を達成するために、人材・資金・スケジュールなどを調整し、全体の進捗状況を管理する責任者。

ヤス石田
対応エリアを教えてください。
山田さん
※関東圏中心です。エリアの拡大も考えてはいますが、IT業界は本社を都内近辺に構えている企業が多いので、まずは、関東圏を中心に頑張っていこうと考えています。

※2018年7月末現在は、関東、関西、九州地方に対応しています。

ヤス石田
登録する転職希望者の年齢の割合を教えてください。
山田さん
年齢層は、結構バラバラです。20代後半が30%、30代前半が40%、30代後半が20%、その他の年齢の方が10%くらいですね。
ヤス石田
やはり、40代からの転職は難しいのでしょうか?
山田さん
40代だから駄目というわけではなく、その方のキャリアによるところが大きいですね。例えば、PM経験者などは40代の方でも企業側からのニーズがあるケースも多いです。
ヤス石田
転職希望者が、登録をしてから転職するまでの流れを教えてください。
山田さん
まずは、弊社のサイトに登録していただきます。登録は項目数が少ないので30秒ほどで完了できると思います。

その後、履歴書や職務経歴書をいただいたうえで、転職希望者の強みを発見するためのヒアリングを行い、求人紹介と併せて転職戦略のご提案をいたします。そして、企業への推薦、面接対策などを経て、面接、内定、入社となります。

ヤス石田
入社後も利用者の方と会う機会などあるのでしょうか?
山田さん
入社から約3か月後にフォローを兼ねてランチにお誘いします。その後も食事や飲みに行ったりするケースもあり、その席で、利用者の方からご紹介をいただけることもあります。
ヤス石田
転職希望者は、平均何社くらいの転職エージェントに登録しているのでしょうか?
山田さん
まずは、大手の転職エージェントさんを2社ほど、そして、弊社のような専門的な求人を扱っているエージェントという感じで、計3社くらいに登録されている方が多いようです。
ヤス石田
山田さんは、何社くらい登録した方が良いとお考えでしょうか?
山田さん
まずは、総合系のエージェントと専門性の高いエージェント、さらに小規模でやってるエージェントと、やはり3社くらいに絞り、それぞれの強みを見て活用するといいのかなと思います。
ヤス石田
利用者の男女比を教えてください。
山田さん
エンジニアの特性でしょうか、8対2で男性が多いです。女性の利用者はデザイナーの方が多いですね。
ヤス石田
転職について、女性特有のハードルなどはあるのでしょうか?
山田さん
女性には、結婚、出産という大きなターニングポイントがありますよね。結婚適齢期の方には、企業さんから「ご結婚はされてますか?」と聞かれることもあります。しかし、中には女性の比率を上げたいという企業もあり、求めるスキルを満たしていなくても、採用されるケースがあります。
ですので、一概に女性の転職が難しいとは言えないと思います。また、出産後に時短勤務を希望されて転職し、活躍されている方もいらっしゃいます。
ヤス石田
転職の理由で多いものを教えてください。
山田さん
さまざまな理由がありますが、今後のキャリアに不安を感じて…… という方が多いですね。上司の姿を見て「数年後こうなるのか」と、未来像に疑問を感じるようです。

また、残業やハードワークで心身ともに限界という方や、結婚を機にベンチャーから安定を求めて大手企業へ行きたいという方、スキルアップやキャリアチェンジ目的で転職される方も結構いらっしゃいますね。

ヤス石田
年収に関する理由が出ていないようですが、年収アップを目的に転職される方はあまり多くないのでしょうか?
山田さん
意外かもしれませんが、年収アップだけを目的としている方はあまりいません。ただ、すでに高年収の方から現在の年収を維持したいという要望はありますね。
ヤス石田
年収アップをされる方はどれくらいの割合でいるのでしょうか?
山田さん
50%くらいですね。下がる方、現状維持の方がそれぞれ25%ずつです。
ヤス石田
平均でどれくらいの年収アップをしているのでしょうか?
山田さん
20~50万円くらいアップされる方が多いですね。
ヤス石田
転職希望者が実際に転職するまでに要する平均的な期間を教えてください。
山田さん
早い方だと、1か月~1か月半くらいですね。離職中の方だと1か月くらいで転職される方もいらっしゃいます。
ヤス石田
在職中の方と離職されている方、どちらが多いですか?
山田さん
離職されてから登録される方は少ないです。在職しながら平行して転職活動をされる方が多い印象ですね。
ヤス石田
どのような方に登録して欲しいですか?
山田さん
IT業界自体がまだ成熟していないので、これからのIT業界を盛り上げてくれるような若い方に登録して欲しいという気持ちはあります。挑戦心や向上心が強い、前のめりな方は個人的にも応援したくなりますし、転職後の成長を見ると嬉しくなりますね。
ヤス石田
転職エージェントのサービスは、基本的に転職希望者の採用が決まった場合に、入社した方の年収額を元に、企業から転職エージェントに報酬が支払われます。

そう考えると、やはりできる限り年収の高い方に登録してもらいたいのではないか?と思うのですが、そのあたりはいかがでしょうか?

山田さん
弊社としましては、年収の高い方にたくさん来て欲しいというよりも、やはり多くの若い方に利用していただきたいですね。
ヤス石田
利用者の方は、どれくらい転職先のイメージを固めてくるものなのでしょうか?
山田さん
しっかりと希望の転職先を固めてくる方は、全体の2~3割くらいです。希望の社名が出てこない方も多いですし、要望が絞れていない方も多いです。

面談の内容によっては、「転職しない方がいいですよ」と回答する場合もあります。若干名ながら、「○○社に入りたい!」と指名でいらっしゃる方もいらっしゃいます。

ヤス石田
転職しない方がいい場合というのは、どういったケースですか?
山田さん
開発言語が、所属している会社特有の言語だったり、応用しにくい言語を使用されている方で、より高い年収や現状維持を希望される方には、転職をお勧めしないケースもあります。
ヤス石田
カウンセリングのときに困ってしまうことなどはありますか?
山田さん
カウンセリングの際に職務経歴と転職理由を教えていただくのですが、転職理由が漠然としている場合は、少し困ってしまいますね。

例えば「人間関係が良くない」と言っている人でも、原因を深掘りしていくと、「自分は新しい技術を導入したいのに、上司は現状維持を求めているから」というように、実は技術の嗜好性が合わないことが原因だったりするんです。

ヤス石田
では、カウンセリングの前に事前に準備しておいた方がいいことなどはありますか?
山田さん
職務経歴書をベースに企業を検討したり深掘りしていくので、できる限り職務経歴書を作り込んで来て欲しいです。
ヤス石田
企業側が必要としている人材に共通点などがあったら教えてください。
山田さん
スキルがあることはもちろんですが、コミュニケーション能力が高い方は評価される傾向にあります。

また、ブログなどでノウハウをアウトプットしている方、勉強会を開いている方や積極的に参加している方など、勉強熱心な方は高く評価されますね。

ヤス石田
エンジニアの方でも、コミュニケーション能力は求められるのですね。ちょっと意外です。
山田さん
必ずしも、というわけではないのですが、最近では、単純に「つくれる」というだけでは厳しいのかもしれません。
ヤス石田
企業側が求めない(欲しくない)人材はどのようなタイプでしょうか?
山田さん
どんなことに対しても他責な方というのは、評価されにくいと思います。
ヤス石田
エンジニアは、勤務時間が長くてハードなイメージがあるのですが、実際はどうなのでしょうか?
山田さん
その企業の体制によるところが大きいですね。エンジニア=ハードということではないと思います。
ヤス石田
エンジニアの転職回数にリミットはあるのでしょうか?
山田さん
企業によりけりですが、20代で10回以上の転職回数などは厳しい場合もあります。また、早期退職が多い方もスキルやコミュニケーション能力が低いと判断されてしまう可能性があります。
ヤス石田
エンジニアが転職しやすい時期などはあるのでしょうか?
山田さん
プロジェクトに取り組む時期やリリースの時期は各企業によるので、確実に求人が増えるという時期はないのですが、4月~6月までは新卒の教育や採用活動などで忙しい企業が多いと思います。そこを過ぎた夏~年末くらいまでは求人数も伸びる傾向にあります。
ヤス石田
レバテックキャリアさんの登録者が増える時期はありますか?
山田さん
弊社に限ったことではないと思いますが、やはりボーナス時期、年度末やお盆の長期休暇の前後が増える傾向にあります。
ヤス石田
フリーランスの方でもサービスを利用することはできますか?
山田さん
是非利用していただきたいです! 意外とフリーランスの方の利用者が少なく、全体の1割もいない状況です。企業側としては、組織に入っても大丈夫なのかという懸念は少なからずあると思いますが、それ以上に「1人でやってきた責任感」など、プラス評価される部分も多いと思います。
ヤス石田
エンジニア未経験の方がエンジニアに転職するのは、やはり厳しいのでしょうか?
山田さん
実務経験がなくても自分で簡単なアプリを作ったことがあるなど、目に見える成果物があれば可能性はあると思います。
ヤス石田
意外と知られていないサービスなどあったら教えてください。
山田さん
実は、出張ヒアリングサービスを実施しています。リリース前後で忙しい方など、どうしても時間がとれない方を対象に、東京23区内の方限定となってはしまいますが、こちらから出向いて30分~1時間くらいお話しをお伺いすることもできます。また、土日の面談も可能ですし、平日は21時くらいまで対応することができます。
ヤス石田
最後に、今後の展望やビジョンなどがあれば教えてください。
山田さん
「IT・Webエンジニアの転職エージェントならレバテックキャリア」というイメージを広めていきたいです。「レバテックキャリアのエージェントに任せておけば間違いない!」と思ってもらえるよう頑張っていきたいですね。

 

突然浮かんだ質問に対してもしっかりと回答していただけました。頼り甲斐があります!山田さん、佐々木さん、竹森さん、ありがとうございました!

レバテックキャリアの公式サイトを見る>>

 

"レバレジーズさんは若い方々の転職支援に力を入れている夢のある会社!かっこいいなぁ

それでは
Can you survive?

※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。
サバイブ運営方針はこちら

 

転職エージェントの比較は無意味。おすすめの選び方&活用方法

2018.09.02

 

ABOUTこの記事を書いた人

岩崎 聖二

元公務員(裁判所勤務)。父が残した大借金を金銭的・精神的に解決するために起業して、はや12年(本当は彼女にフラれて起業)。

転職や投資、複業を駆使して、お金なんかで人生を悲観する人をなくしたい。

人生は、逃げても攻めても辛いことだらけ。だから、くだらない見栄や常識を捨てて、辛いこともなるべく楽しみ、小さなことに感謝して生きる。これが僕のサバイブ術。

岩崎のもう少し長い自己紹介はこちら>>

Twitterで、転職や投資、複業のサバイブ術を発信>>

Facebookでも>>