type転職エージェント取材【諸星 陽美さま】

諸星さま
慎平
本日はよろしくお願い致します。

主に販売、サービス関連の職種の方を担当させていただいています。諸星です。職業柄、20代〜30代前半の女性の方を担当することが多いです。

よろしくお願いします。

 

――諸星さんはお若く見えますが、typeには新卒採用でご入社されたんですか?

いえ、二社目です。

typeのキャリアアドバイザーはほぼ全員が転職経験者です。より転職者の目線に立った提案を行うために、原則転職経験者のみの採用となっています。

 

――なるほど、言われてみればそれが適切なように思いますね。

では、前職は何をされていたんですか?

前職はブライダルジュエリーの販売と、広報業務にも携わっていました。

転職理由ですが、元々キャリアドバイザーに興味があったんです。社会を広く見たい、そのためにも色々な企業を知りたかったんです。

なので転職したいなと思ったときに、真っ先にキャリアアドバイザーを検討しました。

 

――すると多くの転職エージェントを比較検討されたかと思いますが、入社の決め手になったtype転職エージェントの独自性や優位性は何でしょうか?

「エージェントが介在することの価値」に重きを置いていることです。エージェント一人ひとりにプロ意識があって……。

私自身、そんなプロのキャリアアドバイザーになりたかったので、会社の求めることと自分のやりたいことが合致したと思い入社を決めました。

 

――実際に転職エージェントになられてどうですか? どんなときにやりがいを感じられますか?

ご提案する企業選びがうまくいったときや、転職希望者の方に喜ばれたときはやりがいを感じますね。企業選びはキャリアアドバイザー個々人の真価が問われますので……。

 

――え? 転職希望者に紹介する企業って、データやシステムで一括して出しているんじゃないんですか?

いえ、そう思われがちなんですが、typeでは一社一社キャリアアドバイザーが選定しています。それゆえに、転職希望者の方の経験から想定できるような業界・職種だけではなく、異なった角度から選定した求人をご提案することもあります。

このような企業や求人となると、お一人の転職活動では絶対に出会えないと思いますし、type転職エージェントを利用する価値の一つだと自負しています。

私が提案した企業を気に入ってくださり、「諸星さんから提案されなかったら絶対に出会えなかったよ!」と言っていただけること、また、その企業でご転職を決定されるのは本当に嬉しいです。

諸星さま02

 

――たしかにその通りですね。

では、転職希望者の方をサポートする上での、諸星さんのモットーはなんでしょうか?

アドバイザーという立場をわきまえた上でのアドバイスを心がけています。ご紹介する企業側の立場や、特定の職種に従事する方の目線にならないように。あくまで中立な立場で意見をお伝えするように注意しています。

 

――プロ意識ですね……。

ではこれまでのご経験の中で、特に印象に残っている転職希望者の方はいますか?

離職中にもかかわらず、なかなか転職が決まらず、3か月以上かけて転職活動をされていた方です。その方には週に何度もオフィスに通っていただいて、面接対策なども重点的に行いました。

最終的には志望していた2社から内定をもらうことができました。自分が介在することの価値を強く感じましたし、他のエージェント会社でなく、type転職エージェントだからこそ決定できたのだと自信を持って言えます。

内定が出たときは転職者の方も泣いて喜ばれていて、思わず私も一緒に泣いてしまいました。(笑)

 

――それほどコミットされていたんですね。離職中で数か月転職活動が終わらない心労は想像を絶すると思います。

逆に、比較的短期間で内定が取れる方の特徴はありますか?

そうですね、とにかくスピード感が大切だと思っています。メールひとつをとってもそうですが、即座にレスポンスがある方は内定をもらいやすいです。

「現職が嫌・・・。」と思いつつも活動に移せず、転職活動が長引いてしまう方も多くいらっしゃいます。

気持ちと行動が一致していないと、転職はうまくいかないんでしょうね。

 

――では最後に「ぜひ自分のいるtype転職エージェントを利用して欲しい」という想いがあれば、転職希望者の方にお伝えいただければと思います。

転職に対する意欲はあるけれど、実現方法がわからない方。特に企業の選び方がわからない方には利用してもらいたいと思います。

私たちは多くの情報を持っていますので、それらを利用するような気持ちで気軽に足を運んでもらいたいですね。ぜひ皆さんの転職活動をサポートできればと思います!

慎平
本日はありがとうございました!
【取材後記】

前職が高額商品の販売ということで、丁寧さやきめ細やかさが印象的な方でした。とにかく情熱を感じられる方でしたので、こちら(転職希望者側)も頑張らなければという気持ちになると思います。

女性を担当されることが多いそうなので、一緒に並走してくれるエージェントを利用したい女性の方にはうってつけだと感じました。

今回取材させていただいた『type転職エージェント』総評

type転職エージェントのキャリアアドバイザー(エージェント)は、エージェントの原点とも言える「転職希望者と企業のあいだに立つ意味」を念頭に置き、日々業務にあたられていました。

今回の取材で分かったことは在籍されているアドバイザー一人ひとりのプロ意識が非常に高く、転職希望者に対するコミット(関与度)がハンパではないということ。

だからといって堅苦しく腕を組んでいるわけではありません。取材に応じてくださったアドバイザーは皆気さくで、親しみ易い方ばかりでした。

type転職エージェント

type転職エージェントでは、システムではなくアドバイザーの手作業で企業選びが行われます。一社一社、転職希望者に合わせて企業を選定するtypeだからこそ、「自分に向いている企業(仕事)」を一緒に見つけることができるのではないでしょうか?

自分のやりたいことが決まっている方はもちろんのこと、そうでない、自分に合ったやりがいのある仕事を見つけたい方も、一度type転職エージェントの門を叩いてもらいたいと思います。

チームサバイブ、松本のイチ推しです!

それでは、Can you survive?

サバイブの運営方針はこちら

ABOUTこの記事を書いた人

松本 慎平

編集者/新卒でITコンサル会社に就職。ある朝「もうすぐ30歳だけど、ちゃんと将来設計あるの?」と自問自答を始めて嘔吐・下痢を繰り返す。その後、経済的自立を求め、実学を会得する記事を書くためサバイブにジョイン(ジョインって使いたがる輩にろくな奴はいない)。尊敬する作家は金城一紀。ファイナンシャルプランナーで弓道初段です。

▼詳しいプロフィール

▼過去に書いた記事

▼フォローすると気取った文章が読めるFacebook