サバイブとは? 運営者情報、プライバシーポリシーなど

サバイブの目的(運営方針)

「インフレが来るぞ! 私たちも節約して、資産を買おう

編集長:せいきゅん岩崎
ついに日本にもインフレがやってきそう。

ドル/円は11月に115円を突破。円の実質実効為替レートは約50年ぶりの低水準(1972年並み)となり、日本円の価値はどんどん下がっていってます。

Covid-19対策で肥大化した政府支出、赤字国債発行額の拡大。日本政府が発行した2020年度の赤字国債額は89.9兆円、2021年度は37.2兆円*1。国債の残高は2021年度末に990兆円*2、地方公共団体の借金194兆円*3と合わせると、全体で約1184兆円の借金があります。

一部の学者や政治家が言う「日本の財政は破綻しません」という言葉。そりゃそうです、政府はいくらでも日本円を刷れるから、どんだけ借金をしようが破綻しません。

しかし私たちの生活はどうなるでしょうか。このまま日本円を刷り続ければ、さらに日本円の価値は減り、海外から輸入しているモノの価格が上がります。米ドルに対して円の価値が半分になれば、iPhoneの値段は2倍になりますよね。

すでに約10年前から株式や仮想通貨、一等地の不動産価格は上がり続けています。その結果、このような資産を持っている人の含み益がどんどん増えていき、増えたお金でまた資産を買っていく、そうすると資産の価格がさらに上がって…… というスパイラルが起こっています。

最近では高級時計や絶版になった古い車・バイク、希少性のある観葉植物やメダカといったものまでも、価格が高騰してきているんです。一部の人がCovid-19で使う機会が減ったお金をこういうモノに使っているからです。

そして、ここにきてガソリン(原油)の価格も上がりはじめました。原油価格が上がれば、燃料代や材料原価が上がるので、生活必需品の価格も値上げされます。

もはや世界中でインフレが起きており、アメリカでは2021年10月の消費者物価指数(商品価格の平均的な動き)は前年同月比で+6.2%と約31年ぶりの高い上昇率になりました。

輸入大国でもある日本で、インフレが起きないとは考えにくい状況です。

インフレとデフレのわかりやすい図解

 

私はインフレは真面目に貯金してきた人が割を食う最悪のことだと思っていますが、ここまできたら防ぐのは難しいとも思っています。

問題を先送りにして何も変えようとしない政府、超高齢社会による社会保障費の増大、その利権から多くの収益をあげる頭のいい人々。大きなショックが起きなければこの既得権でガッチガチの社会を修正するのは不可能なのかもしれません。

しかし私たちは今まで貯めてきたお金の価値が減っていくインフレの未来に不安になるより、もしかしたらチャンスがやって来ているのかもしれないと考え、この時代にあった行動をとることが求められているのではないでしょうか。

私たち個人でやれることはとてもシンプルです。なるべく給料の高い会社・産業・職種で働くこと、転職できるようにすること。特に若者はこれから伸びていく産業で働いたほうがいい

そして節約をして、資産を買う

ここで言う「資産」の定義は二つあり、一つはそれを持っていると収益が生み出されるモノ。例えば株式を持っていて配当を得る、アパートを持っていて家賃を得るなどです。

もう一つは長期的に価格が上がりそうな希少性と人気があるモノ。例えばビットコインなどの仮想通貨(暗号資産)、NFT、限定品の車や時計、アート作品等。希少性があり、ある一定の人が欲しいと思うモノならなんでも資産になり得ます。こういうモノにアンテナを張っておくことが大切です。

資本主義はいろいろな問題もありますが、真摯に努力している人がたくさんお金を稼ぎ、豊かになることができるというのは悪くない仕組みだと思っています。その結果、ある程度の格差が生じてしまうのは避けようがありません。

しかしこの格差がいき過ぎると社会が不安定になり、犯罪が増え、最悪暴動や内乱というカタチになるおそれもあります。

ですので私たちのような庶民も資産を増やしていかなければいけないと考えています。

国民一人ひとりが責任を持って、自分のお金を守り増やしていく

人類は弱肉強食の自然界に生きるのと同時に、多種多様な人間を増やすことで大きな変化が起きたときに「誰かが生き延びられるような生存戦略」をとっています。

隕石が地球に衝突して恐竜は絶滅してしまいましたが、ゴキブリは生きながらえ子孫を残しました。

強い者やお金持ちな者が生き残れるかどうかはわかりません。ですから一人でも多くの人がこの社会でサバイブすることが大切なのです。

編集長:せいきゅん岩崎
100歳まで楽しく生き抜くために、節約して資産を増やしていきたい。

特に今は黎明(れいめい)期の仮想通貨やNFTにチャンスがあると思っています。

なのでその情報を徹底的に追っていきます!

2021年11月25日更新
サバイブ編集部 編集長 岩崎 聖二

 

*1 令和2・3年度国債発行予定額:財務省 PDF参照
*2 財政に関する資料:財務省サイト参照
*3 地方の借入金残高:総務省サイト参照

広告に対する考え方

サバイブは

ディスプレイ広告(「スポンサーリンク」と表記してあるバナー広告)
アフィリエイト広告(読者の方が当社記事のリンクから商品紹介ページに行き、購入などをした場合に成果報酬が発生する広告)

という2種類の広告を掲載し収益を得て、サイト運営資金にしています。

ですので、記事中に広告が入ることも多々あります。

ただし当然ですが、私たちは常に自分たちで調べて本当に自分たちがいいと思ったサービスや使っている商品しかおすすめしません。もちろん伝えなければいけない情報や、いい商品ならば広告がなくても紹介しています。

編集長:せいきゅん岩崎
今は、ほとんどのサービスや商品にアフィリエイト広告があるので、有り難いです。

 

ディスプレイ広告に関しては記事に適した広告が配信会社のプログラムで表示されます。ユーザーが過去に訪問したサイトの広告が出ることもあります。この広告は表示の下に「スポンサーリンク」と表記しています。

このような広告収入によってサイトを運営することがサバイブの目的を達成する手段として現状は最善ではないかと考えています。

プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

当サイトでは「お問い合わせフォーム」以外に、読者の方に個人情報を入力していただくことはありません。

問い合わせフォームに氏名(仮名でけっこうです)やメールアドレスをご入力いただいた場合でも、当サイトは「SSL(Secure Socket Layer)」に対応していますので、情報が暗号化されて送受信され、万が一、データを傍受された場合でも、第三者に内容を盗み見られる心配はありません(お使いのブラウザがセキュリティ機能に対応している必要があります)。

いただいた情報は、問い合わせの返信のためのみに使わせていただきます。

Web解析ツール

当サイトで個人情報を収集しませんが、「どのような記事がみなさまに人気か?」「どんな検索キーワードで当サイトに来てくださったのか?」などを分析し、新しい記事作成に役立てるためにWeb解析ツールである「Googleアナリティクス」と「Microsoft Clarity」を利用しています。

このGoogleアナリティクスやMicrosoft Clarityで収集しているデータはもちろん匿名であり個人を特定することはできません。ブラウザから「Cookieを無効」に設定することでデータ収集を拒否することも可能です。お使いのブラウザ設定をご確認ください。

一度見た商品の広告が違うサイトの広告に出てくるのは、この「Cookie」の働きによるものです。しかし「Cookie」はWebからのアクセスがあったというデータだけであり、住所や氏名、アドレスや電話番号などが知られてしまうことはありません。ご安心ください。

運営者情報

運営者 サバイブ編集部
運営管理者 セクシーモ株式会社
代表取締役 岩崎 聖二
所在地 東京都世田谷区新町2-22-15
連絡先 こちらのメールフォームよりお問い合わせください。

免責事項

当サイト(以下、サバイブ)に掲載されている内容はサバイブ編集部のメンバーが信頼できると判断した情報を元に作成したものですが、その内容や正確性、完全性や有用性を保証することはできません。

サバイブではできる限り正しい情報を掲載するよう心がけています。しかしその正確性や適切性に問題がある場合、告知なしに情報を変更・削除することがあります。

記事の内容は公開時に作成されたものであり、法律や制度、商品の内容などが予告なく変更される可能性があります。

商品の購入やサービスの契約の詳細情報、購入方法、その他お問い合わせはリンク先の各事業者にてご確認ください。

サバイブの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては責任を負いかねますので、ご了承ください。

商品やサービスの選択はご自身の判断でなさるようお願いいたします。

2021年11月25日改訂
サバイブ編集部

 

スポンサーリンク