サバイブとは? サバイブの目的・運営方針

サバイブ

サバイブの目的

岩崎せいきゅん
サバイブは、お金の情報格差をなくしていきたいと思っています。

世界はいま「激動の時代」を迎えました。

イギリスやアメリカ、イタリアで、ポピュリズムといわれる「大衆迎合主義」の政治や政治家が、国民からの支持を得ています。

これは経済の金融至上主義化やグローバル化などで、富を持つ者と持たざる者の格差が広がり、現状に不満を持つ者が、安易に、刹那的にムシのいい話に乗っかってしまっている結果だと考えています。

短期的な快楽を追い求めて、長期的に苦痛が増大してしまっては、問題はより大きなものになってしまいます。

2017年には、オランダやフランス、ドイツでも選挙が行われます。この流れだと、EUが崩壊していってしまうかもしれません。

これは、けっして対岸の火事ではなく、日本でも起こり得ることです。

日本でこの流れを防ぐためには、社会に大きな格差をつくらないことであり、格差を固定化させないことです。

そのためには、名の知れた大企業の手数料が高いサービスより、ベンチャー企業のITを駆使した手数料が安いサービスを使う。

ギャンブルやソーシャルゲームに使っている時間やお金を、自分のスキルアップや趣味、国内旅行に使う。

ブラック企業に勤めているなら、自分にとって良い会社に転職できるようにし、給料が少ないならば副業をする。

健康に気を配り、倹約して質素な生活をおくる。

「そんなじいさんみたいな生活、できねーよ!」と思われる方がいるかもしれませんが、もう日本には余裕がないのです。

平均寿命が90歳近くになり、社会保障費が膨らみ続け、国の借金は1000兆円以上あります。財政が逼迫しているので、子育てに予算が振り分けられず、さらに少子化が進み、高齢化が加速するという悪循環が起きています。

この悪循環こそが、大きな格差や、格差の固定化を生む原因になります。

このような状況では、年金に頼るのではなく、80歳まで健康に働かなければいけないのです。

国民一人ひとりが責任を持って、自分の健康とお金を守る。

それでも運が悪く、病気にかかってしまった人や、失業をしてしまった人にも、補償が継続できるようにするためにも。

より機会の格差が少ない日本社会をつくるために、多くの人に知ってもらいたい「お金の情報」や「社会を生き抜く方法」を、発信していきます。

私たちは弱肉強食の自然界に生きるのと同時に、多種多様な人間を増やすことで、大きな変化が起きたときに、誰かが生き延びられるような戦術をとっています。

隕石が地球に衝突して、恐竜は絶滅してしまいましたが、ゴキブリは生きながらえ、子孫を残しました。

強い者、大きな者が生き残れるかどうかはわかりません。ですから、一人でも多くの人が、存在することが大切なのです。

この激動の時代を、一緒にサバイブしていきましょう!

運営方針

サバイブは、アフィリエイトプログラムという広告を活用して運営しています。ですので、記事中に広告が入ることも多々あります。

しかし、私たちは常に自分たちで調べて、本当にいいと思ったサービスや商品しかおすすめしません。それを担保するために、全員が顔を出し、名前を名乗って記事を書いています。

もちろん、伝えなければいけない情報や、いい商品ならば、広告がなくても紹介しています。

せいきゅん
今は、ほとんどのサービスや商品にアフィリエイトプログラムがあるので、有り難いです。

私たちは体験至上主義をポリシーとし、まずは自分たちで使ってみて、おすすめできるかどうかを検討してから、記事を書きます。

いずれは記事自体を有料にすることも考えていますが、現時点では、このアフィリエイトプログラムを使い、多くの人にお金の情報を届けることが、サバイブの目的を達成する手段として最善ではないかと考えています。

最後に

現在、サバイブは5人のメンバーで運営しています。

私たちは実家や賃貸マンションに住み、700円のお弁当で「ちょっと高いなあ」と思ってしまう、東京に住む一般的な方々と同じような生活をおくっています。

そんな私たちが、みなさまと同じ目線で体験し、検証することで、経済評論家の意見よりも役に立つ情報を提供できると信じています。

日本は高度成長期を終えて、堅実かつ誠実な成熟期を迎えていかなければいけません。

「人との比較」の世界に生き、高い年収や大きな家、高価なブランド品を追い求めても、幸せになることはできません。なぜならば、必ず世の中には、自分より経済的に裕福な人たちがいるからです。

生活できる年収があれば、家族や友人と、毎日小さなことに感謝して生きていくのが、一番幸せを感じられます。

生活できる給料をもらっていなければ、成長産業に転職するためのスキルを磨くことを推奨します。

もう少しだけ収入を増やしたいならば、副業をやるのがいいと思っています。今は、会社員でもできる副業が、たくさんあります。

また、年収を増やすより、倹約して支出を減らすことのほうが断然手っ取り早いですし、持続可能性があります。

激動の時代をサバイブするには、これらの情報が必要なのです。

このような情報を発信し、一人でも多くの人が幸せを感じ、笑顔になってくれるのが、私たちのやりがいであり、大きな夢です。

せいきゅん
セクシーな消費者、国民になるために、今日もいろいろな情報を調べ、現場に赴き、ときには大きな矛盾に絶望しながらも、一歩ずつ前に進みたいと思っています。
2017年1月1日
Teamサバイブ代表 岩崎 聖二

 

運営者情報

運営者 Teamサバイブ
運営管理者 セクシーモ株式会社 代表取締役 岩崎聖二
所在地 東京都渋谷区神宮前6-25-8 神宮前コーポラス710
連絡先 こちらのメールフォームよりお問い合わせください。

免責事項

サバイブでは、できる限り正しい情報を掲載し、最新の情報に更新するよう心がけていますが、その正確性や適切性に問題がある場合、告知なしに情報を変更・削除する事があります。

また、商品の購入やサービスの契約の詳細な情報、購入方法、その他お問い合わせはリンク先の各店舗にてご確認ください。

当サイトの情報を用いて行う一切の行為、被った損害・損失に対しては、責任を負いかねます。ご了承ください。

Teamサバイブ メンバー

メンバー紹介