CATEGORY 年金/老後資金

SBI証券でiDeCoについて聞いてきた【教えて!えらいひと】

SBI証券でiDeCoについて聞いてきた【教えて!えらいひと】
SBI証券のえらいひと(執行役員)にiDeCoについて突撃取材。運営管理機関として多くの加入者に選ばれる3つの理由とは?なぜ商品数を増やし続けるか、運用商品選びのコツなど、答えにくい質問にもやさしく答えてもらえた!手数料や運用コストの安さだけじゃない、SBI証券でiDeCoをやるメリットをわかりやすく紹介

ひふみ投信のベストな買い方|iDeCoやつみたてNISAでおトクに投資

ひふみ投信のベストな買い方|iDeCoやつみたてNISAでおトクに投資
テレビや本、メディアで「ひふみ投信」を知って、はじめて投資信託を買おうとしている人は、要チェック!ひふみ投信のベストな買い方は【iDeCoを利用してひふみ年金を積み立てる】やりかた。【つみたてNISAでひふみプラスを積み立てる】のもオススメ。 どこで買えばいいのか? おトクな買い方を解説。投資信託を買う前に知っておきたい3つのポイント、ひふみ投信のどこがスゴいのか?デメリットはなにか?コストを最小限におさえてひふみ投信を買う方法など、わかりやすく解説します

金融庁「年金以外に老後2000万」でも俺たちは全然大丈夫。誰も頼らない老後資金対策

老後資産の不足額、2000万円の備え方
金融庁が「年金だけだと老後2000万円足りなくなる」という試算を発表! 年金がいくら頼りなくても、ちょっとの資産と健康な身体があれば老後は意外と明るいかも。そんなに心配しないで大丈夫! 自分の収入や支出を計算しながら老後資金の対策を立ててみましょう。

iDeCoのデメリット3つ!それでもおすすめできる人と、できない人

iDeCoのデメリットは3つある
iDeCo最大のデメリットは、60歳まで途中解約できず、満期まで一切換金できないこと。そんな厳しい金融商品聞いたことない! それでも「ほぼ確実に儲かる」ので、多くの方におすすめです。iDeCoに向かないのはどんな人なのか、その場合はどんな資産運用が良いのかまで考えてみました。

iDeCoとは|個人型確定拠出年金のわかりやすい図解とおすすめ商品

iDeCoとは?いま最強の資産運用術、確定拠出年金
iDeCo(個人型確定拠出年金)は、2019年のいま最もおすすめできる資産運用術。投資信託や定期預金を積み立てるだけで、普段支払っている税金が大幅に安くなります。 つまり、実質的にやるだけで儲かるような状態!年間100万人以上がiDeCoを始めています。イラストや図解も使ってなるべくわかりやすく解説します!

iDeCoやるならSBI証券のセレクトプランが最強!オススメ商品&解説

iDeCoやるならSBI証券のセレクトプランが最強!オススメ商品&解説
SBI証券がiDeCoの新プラン「セレクトプラン」を導入。型破りな方法でiDeCo最強の金融機関に返り咲き! 長期運用に最適な投資信託が安くてお得に買えるので、これから始める人はセレクトプラン一択の状況です。すでに始めている人も乗り換えるべきか考えてみましょう。

iDeCoの2018年制度改正|おすすめはeMAXIS Slim先進国

2018年5月、iDeCo(個人型確定拠出年金)に関する制度の一部に改正がありました。iDeCoは私が最もおすすめする資産運用方法です。今回の改正内容や各金融機関の対応、これからの運用すべき金融商品まで、改めて考えてみましょう。