CATEGORY iDeCo

iDeCo(個人型確定拠出年金)は、大きな節税効果を得ながら、老後資金を積み立てられる年金で、資産運用の手段のひとつです。20歳以上~60歳未満なら、毎月5000円~コツコツお金を積み立て投資できて、老後資金を準備できます。

イデコは月5000円でも意味がある!すぐ始めたい理由

iDeCoは月5000円でも意味がある!すぐ始めたい理由
月5000円の掛け金だとイデコ(iDeCo)をやるのは、意味ない?損する? そんなことない!金融機関や商品をしっかり選べば、手数料負けせず、節税しながらお金を貯めて増やせる。早く始めたほうがいい3つの理由/100万円以上税金を安くする方法/失敗しないやり方をわかりやすく解説

ひふみ投信のトクする買い方|iDeCoなら節税もできる

ひふみ投信のベストな買い方|iDeCoやつみたてNISAでおトクに投資
メディアで「ひふみ投信」を知って、はじめて投資信託を買おうとしている方は、要チェック!手数料を最低限に抑え、節税までできる【iDeCoを利用して「ひふみ年金」を積み立て購入】がオススメ。つみたてNISAもいい。デメリットや投資信託のしくみをわかりやすく解説します

iDeCoの口座管理手数料が無料 金融機関10社のオススメ

iDeCoの金融機関と商品を比較!なかじのオススメなら損しない
【2021年8月 最新版】iDeCo歴4年の中島なかじが「条件ナシで運営管理機関手数料が無料の金融機関」と、そこで買える「広く分散投資できる、手数料の低いオススメの運用商品」を紹介。元本確保型商品をオススメしない理由。コロナショック後、資産はどうなった?

iDeCoやるならSBI証券のセレクトプランが最強【2020年版】オススメ商品&解説

iDeCoやるならSBI証券のセレクトプランが最強!オススメ商品&解説
SBI証券がiDeCoの新プラン「セレクトプラン」を導入。型破りな方法でiDeCo最強の金融機関に返り咲き! 長期運用に最適な投資信託が安くてお得に買えるので、これから始める人はセレクトプラン一択の状況です。すでに始めている人も乗り換えるべきか考えてみましょう。

SBI証券でiDeCoについて聞いてきた【教えて!えらいひと】

SBI証券でiDeCoについて聞いてきた【教えて!えらいひと】
SBI証券のえらいひと(執行役員)にiDeCoについて突撃取材。運営管理機関として多くの加入者に選ばれる3つの理由とは?なぜ商品数を増やし続けるか、運用商品選びのコツなど、答えにくい質問にもやさしく答えてもらえた!手数料や運用コストの安さだけじゃない、SBI証券でiDeCoをやるメリットをわかりやすく紹介

iDeCoのデメリット3つ!それでもおすすめできる人と、できない人

iDeCoのデメリットは3つある
iDeCo最大のデメリットは、60歳まで途中解約できず、満期まで一切換金できないこと。そんな厳しい金融商品聞いたことない! それでも「ほぼ確実に儲かる」ので、多くの方におすすめです。iDeCoに向かないのはどんな人なのか、その場合はどんな資産運用が良いのかまで考えてみました。

iDeCoの2018年制度改正|おすすめはeMAXIS Slim先進国

2018年5月、iDeCo(個人型確定拠出年金)に関する制度の一部に改正がありました。iDeCoは私が最もおすすめする資産運用方法です。今回の改正内容や各金融機関の対応、これからの運用すべき金融商品まで、改めて考えてみましょう。