CATEGORY 仮想通貨

仮想通貨(暗号資産)とは、紙幣やコインが存在しないデジタル通貨のひとつ。インターネットを通じて、商品やサービスの代金支払いに利用できるほか、取引所や交換所(暗号資産交換業者)で日本円やドルなどの法定通貨と交換できる。 法定通貨のように特定の国や金融機関によって発行や管理がされているわけではなく、ブロックチェーン(分散型台帳)技術を使い、利用者同士の信用にもとづいて価値が担保されている。 海外に送金する場合も手数料が安い、24時間いつでも取引ができるといったメリットがあるものの、価格変動が激しく、ハッキングや詐欺被害に遭う可能性があるなどのデメリットも数多くある。 ビットコイン【BTC】のほか、イーサリアム【ETH】やリップル【XRP】、ネム【XEM】など機能や特徴が異なる「アルトコイン」も無数に存在する。

日本円のステーブルコイン比較|JPYCとJPYTの違い

日本円のステーブルコイン比較|JPYCとJPYTの違い
前払式支払手段という形式の「仮想通貨ではない」日本円ステーブルコイン【JPYC】と、2022年春発行予定だった(延期決定)の【JPYT】の共通点と、違い(チェーン)を解説。両コインが目指す「”第三者型”前払式支払手段」とは? 日本円ステーブルコインに対する規制やほかのコインも紹介

JPYCとは?実際に使ってわかったメリットと使い道

JPYC(JPYコイン)とは?使ってわかったメリット
JPYCは、ブロックチェーン技術を活用した、日本円に連動するプリペイド型のデジタルコイン。仮想通貨じゃないけど、二次流通市場で同じERC-20の仮想通貨と交換したり、1JPYC=1円で決済も可能。1万JPYC買ってPayPay&Amazonギフト券で使うまでの流れを画像つきで紹介

コインチェック電気とガスに乗り換えるとビットコインがもらえる

コインチェック電気とガスに乗り換えれば、電気やガスの品質は変わらずに、電気代とガス代の1~7%がビットコインとしてもらえます。将来、ビットコインが高騰したときに思わぬ利益が出る可能\性があります。コインチェック電気とコインチェックガスの特徴とキャンペーンの詳細。

柴犬コイン・SHIBA INU「SHIB」とは?価格と特徴

柴犬のイラストが特徴的なSHIBA INU「SHIB」は、ドージコイン「DOGE」のライバル的な存在として、ある意味ネタ的に作られたトークンですが、2021年に爆上がりしました。「SHIB」の価格と特徴をまとめました。