IPOスケジュール一覧と初値予想

IPOスケジュール IPO初値予想

 

ヤス石田
せいきゅん、今年のIPO株も、まだまだ儲かるかな!?
せいきゅん
コロナショックが落ち着かないと、上がるのはごく一部だろうね…

 

IPOの勝率(初値売却)

2020年 勝率32.1% 28社 9勝18負1分(投資法人1社1勝0負)
2019年 勝率88.4% 86社76勝9負1分(投資法人4社1勝3負)
2018年 勝率88.9% 90社80勝10負1分(投資法人5社0勝5負)

2020年IPO初値利益額ランキング(主幹事:上場日)

順位社名利益額/倍率主幹事:上場日
01
サイバーセキュリティクラウド
47.1万/2.1倍SBI:3/26
02
コンピューターマネージメント
16.1万/1.59倍SMBC日興:3/11
03
AHCグループ
13.5万/1.61倍みずほ:2/25
04
ジモティー
13万/2.3倍大和:2/7
05
アディッシュ
8.71万/1.7倍SBI:3/26
06
コーユーレンティア
6.2万円/1.33倍いちよし:2/7
07
関通
5.42万円/2.11倍みずほ:3/19
08
Macbee Planet
5.18万円/1.28倍SBI:3/31
09
Kids Smile Holdings
4.72万円/1.21倍いちよし:3/4

2020年のIPOスケジュール一覧と初値予想

Code
日付
件数
銘柄名
株総数/公募/売出/O.R./売出比率
市場/株価/初値利益額(上昇率)
想定/吸収
時価 想定/公開
公開/吸収
*期待 当初→BB時
仮条件
初値予想
設立年月
BB申込期間
初値(時価総額)
↑事業内容
●岩崎コメント上場承認時 ▼BB後 ◇上場後
・幹事証券会社、(主)は主幹事
*期待→岩崎の初値利益期待値 ★★★=20万円以上、★★=5万以上~20万円未満、★=5万円未満
4051
4/30
031
GMOフィナンシャルゲート
384万/24万/21万:13%/47%
M/--/--
2420円/12.5億
92.8億/--
--/--
★→
--
--
1999年9月
4/14~4/20
--
↑クレジットカード、デビットカード、電子マネー、ポイント等の決済端末の提供、決済処理サービス
●今期予想の売上は32.1億、純利益は1.9億。GMOグループなので、今回もGMOクリック証券から申込み可になるか!? なればチャンス。コロナショックが少し落ち着いていれば、上がりそう。
大和(主)SMBC日興みずほいちよし丸三
2984
4/28
030
ヤマイチエステート
733万/200万/30万:36%/13%
東2/--/--
950円/25.1億
69.6億/--
--/--
見送り→
--
--
1989年6月
4/13~4/17
--
↑不動産の開発、売買、賃貸、管理、仲介業
●和歌山県が本社。コロナショック中の不動産業は厳しそう。今期予想の売上は139億、純利益は11.6億。
大和(主)SMBC日興SBIエース
6230
4/24
--
SANEI
222万/26万/20万:24%/26%
東2/上場中止
2200円/11.6億
48.8億/--
--/--
★→
--
--
1960年12月
4/9~4/15
上場中止
↑給排水器具等の製造販売
●今期予想の売上は213億、純利益は6.3億。 ◇新型コロナの感染拡大等の影響を理由に上場中止。
大和(主)野村三菱UFJMSSBISMBC日興
7097
4/24
029
さくらさくプラス
424万/46万/40万:23%/47%
M/--/--
2060円/20.4億
87.3億/--
--/--
★→見送り
1150~1430円
--
実質2009年8月
4/9~4/15
--
↑認可保育所を中心とした保育所等の運営
●今期予想の売上は74.1億、純利益は9.01億。
SMBC日興(主)大和SBI岩井コスモマネックス証券エース
6598
4/23
--
スマートソリューションtech.
119万/34万/4万:37%/59%
M/上場中止
1070円/4.68億
12.7億/--
--/--
★★→
--
--
2012年12月
4/7~4/13
上場中止
↑非接触ICカードリーダ端末の販売、O2Oサービス、独自音通信技術のライセンス・認証サービス
●売上は右肩上がり。利益も出ている。今期予想の売上は11.6億、純利益は1.55億。
・みずほ(主)、野村、いちよし、SBI、楽天
2983
4/22
--
アールプランナー
127万/27万/13万:36%/33%
M/上場中止
1680円/7.73億
21.3億/--
--/--
★→
--
--
2003年10月
4/6~4/10
上場中止
↑注文住宅の請負事業等の注文住宅事業、分譲住宅販売等の不動産事業
●今期予想の売上は230億、純利益は3.44億。 ◇新型コロナの感染拡大等の影響を理由に上場中止。
・野村(主)、三菱UFJMS、みずほ
4499
4/20
--
Speee
1151万/261万/20万:28%/7%
M/上場中止
2590円/83.5億
298億/--
--/--
★→
--
--
2007年11月
4/2~4/8
上場中止
↑データ資産を利活用したマーケティング活動支援、消費者と事業者を繋ぐプラットフォームサービス等
●今期予想の売上は87.5億、純利益は4.77億。 ◇新型コロナの感染拡大等の影響を理由に上場中止。
・野村(主)、SBI、みずほ、SMBC日興、大和、藍澤、いちよし、マネックス証券、楽天
4498
4/17
--
サイバートラスト
381万/15万/20万:11%/57%
M/上場中止
1150円/4.63億
43.8億/--
--/--
★★→
--
--
2000年6月
4/1~4/7
上場中止
↑トラストサービス事業
●今期予想の売上は44.3億、純利益は3.24億。 ◇新型コロナの感染拡大等の影響を理由に上場中止。
・みずほ(主)、SBI
7096
4/9
--
ステムセル研究所
512万/26万/57万:19%/69%
M/上場中止
2020円/19.3億
103億/--
--/--
★★★→
--
--
1999年8月
3/24~3/30
上場中止
↑再生医療を目的に、さい帯血の分離・保管を行う「細胞バンク事業」
●今期予想の売上は15.8億、純利益は2.34億。 ◇新型コロナの感染拡大等の影響を理由に上場中止。
・野村(主)、三菱UFJMS、SMBC日興、東洋、いちよし、エース、SBI
4496
4/9
--
コマースOne HD
385万/24万/38万:19%/62%
M/上場中止
1690円/13.2億
65.1億/--
--/--
★★★→★
1180~1350円
1350~2000円
2006年8月
3/24~3/30
上場中止
↑ECプラットフォーム関連事業
●各子会社がECのプラットフォーム、在庫一元管理システム、認証サービス&データ解析を提供。コロナショックでECがさらに増えそうだから、追い風か。社名もNice。売上は伸びてきている。利益率もいい。今期予想の売上は21.4億、純利益は2.52億。VCは3.6万株(LUは90日 or 1.5倍)、SOは0。コロナショックがなければ、初値は高騰していただろうに。 ▼仮条件を想定価格より大幅に引き下げ。まぁ、この相場では仕方なし。経営陣の保有株の売出し数も減少。 ◇新型コロナの感染拡大等の影響を理由に上場中止。
・大和(主)、みずほ、いちよし、松井、SBI
4497
4/9
--
ロコガイド
939万/235万/0:52%/99%
M/上場中止
2640円/68.4億
248億/--
--/--
★→
--
--
2016年7月
3/23~3/27
上場中止
↑チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」の運営
●穐田伝説続く。社長の穐田さんは、カカクコムの社長になり業績を爆上げし、次にクックパッドの代表になり、また業績を爆上げ。そしてポケットマネーで上場企業の「みんなのウェディング」と「オウチーノ」を買収。これを統合させ、くふうカンパニー(4399)をつくり、今は業績回復傾向。他にも投資家としてLITALICO(6187)をはじめ、多くの企業に出資をしている。クックパッドから買ったこのロコガイドを3年ちょいで上場。そして奥さまは菊川怜。強すぎる。 ◇新型コロナの感染拡大等の影響を理由に取下げ。
・みずほ(主)、クレディ・スイス、SBI、野村、SMBC日興、大和、マネックス証券、楽天、三田
4932
4/8
--
アルマード
1200万/5万/535万:52%/99%
M/上場中止
1620円/101億
194億/--
--/--
★→
--
--
2000年10月
3/23~3/27
上場中止
↑卵殻膜原料を活用した化粧品・健康食品の販売
●今期予想の売上は58.3億、純利益は6.16億。 ◇新型コロナの感染拡大の影響を理由に取下げ。
・野村(主)、みずほ、SMBC日興、SBI、マネックス証券、岡三、いちよし、エース、東海東京
4495
4/7
--
アイキューブドシステムズ
511万/10万/68万:18%/87%
M/上場中止
2990円/26.8億
153億/--
--/--
★★→
--
--
2001年9月
3/19~3/26
上場中止
↑法人向けモバイルデバイス管理サービスの提供
●今期予想の売上は15.95億、純利益は2.54億。 ◇新型コロナウイルスの世界的な感染拡大及び原油価格の急落等を受けた最近の株式市場の動向等を勘案し中止、延期に。
・野村(主)、大和、三菱UFJMS、SBI、マネックス証券、西日本シティTT、岡三、岩井コスモ
7317
4/6
028
松屋アールアンドディ
253万/28万/34万:28%/55%
M/株価/-7200円(-7.9%)
960円/6.88億
24.3億/23.0億
910円/6.52億
★★→★
910~960円
750~1200円
1982年8月
3/18~3/25
838円/21.2億
↑自動車安全装置縫合システムの開発・製造・販売、レーザー裁断機の開発・製造・販売、血圧計腕帯の製造、カーシートカバーの生産等
●血圧計の腕帯の縫製受託、エアバッグやシートベルトも強い。裁断から縫製まで一貫で手掛ける独自技術。アパレルや航空機分野向けに電子プログラミングミシン開発・提供も。買収などで売上は増えているが利益は停滞。オムロングループが主要取引先で、株も10%所有する。今期予想の売上は81.4億、純利益は1.88億。VCは5.7万株(LUは90日 or 1.5倍)、SOは上場時は0。相場が相場なので、初値はかなり厳しそう。 ▼仮条件は下限で決まった。しばらくIPOも厳しい。 ◇う~ん、公募割れか…
・野村(主)、SBI、みずほ、岡三、東洋、岡三Online
7689
4/2
--
コパ・コーポレーション
290万/50万/35万:34%/41%
M/上場中止
2600円/25.4億
75.4億/--
--/--
★★→★
2350~2600円
2400~3400円
1998年10月
3/16~3/23
上場中止
↑実演販売を利用した卸売業
●「パルスイクロス」などで有名な実演販売のトップカンパニー。テレビでよく見るレジェンド松下氏は取締役。ジャパネットたかたを超えられるか。売上は増加傾向。利益も増えてきている。今期予想の売上は50.3億、純利益は4.73億。VCは0、SOは15万株。相場がこんなんじゃなければ、それなりに上がっただろうに… 
・野村(主)、大和、SBI、三菱UFJMS、SMBC日興、東海東京、マネックス証券、岡三にいがた、auカブコム
7095
3/31
027
Macbee Planet
301万/37万/63万:38%/63%
M/株価/+5.18万(+28.3%)
1860円/21.5億
56.0億/55.1億
1830円/21.1億
★★★→★★
1830~1990円
3000~4700円
2015年8月
3/12~3/18
2348円(70.7億)
↑データを活用したマーケティング分析サービスの提供
●アフィリエイトやアドテクを活用した広告運用、マーケティングデータ解析。成果報酬型が基本。設立5年で上場。社名もNice。売上急上昇中。利益も出ている。今期予想の売上は63.6億、純利益は2.11億。VCは0、SOは約27万株。コロナショックがなければ、初値は高騰していくだろうが、当日の相場しだいか。 ▼公開価格は仮条件の下限で決定。う~ん、当日の相場次第か。 ◇おぉお、なんとか初値プラス!
・SBI(主)、SMBC日興、みずほ、岩井コスモ、エース、極東、東海東京、マネックス証券、藍澤、エイチ・エス、東洋、むさし
1444
3/30
026
ニッソウ
46万/6万/1.5万:19%/20%
名セ/株価/-9.5万(-25.3%)
3750円/3.23億
17.3億/17.3億
3750円/3.23億
★→★
3400~3750円
3400~4000円
1988年9月
3/12~3/18
2800円(11.2億)
↑不動産物件のリフォーム工事
●名古屋セントレックス単独上場で注目度はイマイチ。リフォームは今後も需要が増えそう。売上・利益ともに右肩上がり。今期予想の売上は26.1億、純利益は1.32億。VCは0、SOも0。コロナショックがなければ、初値は普通にプラスだっただろうに。上場当日の相場次第か。 ◇初値マイナス25%… なんてことだ…
・岡三(主)、SBI、むさし、藍澤、エイチ・エス、エース、水戸、岡三Online
7094
3/30
025
NexTone
308万/38万/55万:35%/59%
M/株価/-4000円(-2.4%)
1880円/20.0億
57.9億/52.3億
1700円/18.1億
★★→★
1500~1700円
1700~2400円
2000年9月
3/10~3/16
1660円(51.1億)
↑著作権等管理、デジタルコンテンツディストリビューション、キャスティング・コンサルティング等
●音楽著作権市場に健全な競争原理を導入すべく、01年に新法施行で20社参入。残ったイーライセンスとジャパンライツクリアランスが16年にJASRACの対抗軸として統合。株主には、エイベックス26%、アミューズ10%、ソニー・ミュージック4%と、他の芸能事務所やレコード会社も入る。ジャニーズみたいな社名でNice。売上は右肩上がり、利益も出ている。今期予想の売上は43億、純利益は1.73億。VCは3.4万株(LUは90日 or 1.5倍)、SOは1.88万株。当面は配当を考えず。相場はコロナショックで、IPOも予想がつかない。 ◇いやはや、NexToneも初値が公募割れって…
・SMBC日興(主)、岡三、東海東京、SBI、マネックス証券、岡三Online
4494
3/30
--
バリオセキュア
373万/0/272万:84%/100%
東2/上場中止
2080円/65.1億
77.5億/--
--/--
★→見送り
1600~1700円
1400~1900円
実質2001年6月
3/11~3/17
上場中止
↑ネットワークセキュリティ機器と独自監視システムによる運用、監視、サポートサービス等
●ネットワークセキュリティはいいが、再上場案件でIPOでは不人気。ファンドのExit。リーマン・ショック後の売上低下から09年にファンドが買収、大証ヘラクレスを上場廃止。売上はやや増えている。利益は出ているが横ばい。今期予想の売上は24.6億、純利益は4.74億。VCが90%以上所有し約373万株(LUは90日 or 1.5倍)、SO約29万株。公募なく全部売出し。IPO投資家が、一番嫌うパターン。 ▼仮条件も下げてきて、相場も悪く、初値はかなり厳しい。 ◇新型コロナの感染拡大の影響を理由に取下げ。
・野村(主)、SMBC日興、大和、いちよし、みずほ、岡三、岩井コスモ、SBI、楽天、マネックス証券
4493
3/26
024
サイバーセキュリティC.
231万/7万/0:3%/0%
M/株価/+47.10万(+105%)
4010円/2.81億
92.4億/104億
4500円/3.15億
★★★→★★★
4240~4500円
10000~25000円
2010年8月
3/10~3/16
9210円(212億)
↑AI技術を活用したサイバーセキュリティサービスの開発・提供
●クラウド型のWAF(Web Application Firewall)「攻撃遮断くん」と、その攻撃遮断くんで培った攻撃パターンをAIで学習して自動運用するサービス「WafChatm」を提供。Webセキュリティメーカーとしては導入実績は国内No.1(1万超)。定額課金で、売上の95%は継続利用の顧客。海外向けも強化(50の国と地域で導入)。社員31名。社名はExcellent。売上は倍々ゲームで急上昇中。今期は売上が11.3億、純利益は1.4億と黒字化予想。VCは約55万株(LUは90日 or 1.5倍)、SO約6万株。株主には有名なエンジェル投資家やネット系事業会社がゾロゾロと並ぶ。AI案件で吸収金額が極小。とんでもないことになりそう。SBIチャレンジポイントのボーダーは500P以上か。当面は無配予定。 ◇キターーー! コロナショックでなければ、初値2万円超えてた!?
・SBI(主)、大和、みずほ、SMBC日興、あかつき、岩井コスモ、エース、岡三、香川、楽天、岡三Online
4432
3/26
--
ウイングアーク1st
3120万/0/1552万:54%/100%
東1 or 2/上場中止
1670円/281億
521億/--
--/--
★→
--
--
実質2004年3月
3/11~3/13
上場中止
↑企業の情報活用を促進するソフトウェア・クラウドサービスの提供
●IPOでは人気のない再上場、ファンドのExit案件。1stホールディングスとして2013年にMBOで上場廃止。さらに2019年3月に再上場の上場承認を受けたが、株式市場の動向等諸般の事情を勘案し上場申請を取下げ。そして今回、時価総額・吸収金額を下げて再上場申請。帳票ソフトでは国内で高シェア。海外売出し分あり。今期予想の売上は186億、親会社利益は38.7億。来期の予想も出ていて売上は203億、親会社利益は43.7億。 ◇再び上場申請取下げ。新型コロナウイルスの感染拡大や原油価格の急落を受けた株式市場の動向など、諸般の事情を総合的に勘案したそう。
・野村(主)、三菱UFJMS、メリルリンチ日本、みずほ、SMBC日興、大和、SBI、楽天
7093
3/26
023
アディッシュ
168万/28万/7万:20%/22%
M/株価/+8.71万(+70.8%)
1090円/3.65億
18.3億/20.6億
1230円/4.12億
★★★→★★★
1110~1230円
2800~4000円
2014年10月
3/9~3/13
2101円(35.2億)
↑ソーシャルアプリ向けサポート、ソーシャルリスク投稿モニタリングやネットいじめ対策など
●ソーシャルゲームのカスタマーサポート代行がメイン(好意的な書きこみについてもメッセージや販促などをする)。不適切投稿のモニタリング、スクールガーディアンも成長性はありそう。SNSだけじゃなく電話やメールの顧客対応も代行。ガイアックス(3775)の新規事業としてはじまり、14年に100%子会社として設立。売上は右肩上がり。利益も出ている。今期も売上が31.5億、純利益は1.08億と増収増益予想。VCは約30万株(約半分がLUなし、残り半分がLU 180日)、SOは約12万株。3社同日上場。時価総額・吸収金額とも極小案件。跳ねざるを得ない。SBIチャレンジポイントを、サイバーセキュリティクラウドに賭けるか、こちらに賭けるかが問題。当面は無配予定。 ◇やっと初値プラスに!
・SBI(主)、みずほ、岩井コスモ、SMBC日興、東海東京、エース、マネックス証券、藍澤、エイチ・エス、むさし
5071
3/25
022
ヴィス
815万/130万/65万:28%/33%
M/株価/-6600円(-8%)
820円/18.4億
66.8億/61.5億
820円/16.9億
★★→★
820~900円
1200~1700円
1998年4月
3/9~3/13
754円(123億)
↑オフィス空間の設計デザイン・施工を行うデザイナーズオフィス事業等
●3/17上場のドラフトに続きオフィスの空間デザイン。移転に伴う物件の選定や紹介、内装工事、引越し手配も請負う。さらに企業ロゴや会社案内のグラフィックデザイン、企業サイトのWebデザインも併せて提供できる。本店は大阪市。東京と名古屋にも拠点。社名もNice。売上は右肩上がり、利益も出ている。今期予想の売上は91.5億、純利益は5.37億と増収減益予想。VCは0、SO約28万株。配当性向は現在の20%を維持予定。 ▼公開価格は仮条件の下限で決定。 ◇う~ん、マイナス。相場は反発しているが…
・大和(主)、みずほ、三菱UFJMS、SBI、エース、SMBC日興、マネックス証券、岩井コスモ、auカブコム
5690
3/24
021
リバーHD
1713万/425万/58万:32%/12%
東2/株価/-2.4万(-25%)
920円/51.0億
158億/164億
960円/53.2億
★→★
920~960円
850~1100円
実質1904年2月
3/5~3/11
720円(123億)
↑資源リサイクル事業
●金属がメインのリサイクル事業大手。金属の他には自動車・家電リサイクル、産廃処理等。スクラップを破砕して金属原料として国内電炉メーカー等に売る。地味な東証2部上場。いろいろな会社を子会社化して拡大(連結子会社8社)。売上は減少傾向。利益も出ているが横ばい。社名はNice。今期予想の売上は303億、親会社利益は13.9億。初値は厳しそう。 ◇公募割れ-25%って…
・野村(主)、三菱UFJMS、SMBC日興、みずほ、いちよし、大和、楽天
4882
3/24
--
ペルセウスプロテオミクス
912万/297万/0:37%/0%
M/上場中止
960円/32.8億
87.5億/--
--/--
見送り→見送り
540~600円
400~650円
2001年2月
3/5~3/11
上場中止
↑医薬品等の研究開発、製造、販売
●ガンなどの治療用抗体医薬品の研究開発。社名はNice。売上は凸凹。赤字が続く。今期予想の売上は8000万、純利益は-9.05億と大赤字予想。VCは約260万株(LUは90日 or 1.5倍)、SOは上場時0。筆頭株主は富士フイルムで44%所有。売上が大幅に減り、赤字が拡大するこのタイミングで上場する必要があったのか。VCの持ち分は富士フィルムに買ってもらうとか、できなかったんか。市場はコロナショックで、泣きっ面に蜂。 ▼仮条件は大幅Down。厳しい。 ◇上場申請取下げ。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大や原油価格の急落等を受けた最近の株式市場の動向等諸般の事情を総合的に勘案したそう。
・みずほ(主)、SMBC日興、、三菱UFJMS、エース、いちよし
5368
3/19
020
日本インシュレーション
871万/105万/0:14%/0%
東2/株価/-7100円(-7.6%)
920円/11.1億
80.1億/81.8億
940円/11.3億
★→★
920~940円
900~1400円
1949年1月
3/4~3/10
869円(75.7億)
↑耐火性能を有する基材での耐火・断熱材料の製造・販売・施工、その他周辺工事
●創業106年の老舗。ゾノトライト系けい酸カルシウムをつかった保温材、防耐火建材の製造が中心。火力発電所などのプラント向けが売上の6割。今後は東南アジアなどに展開予定。社名は悪くない。地味だが安定性は抜群。IPOでは注目度が低い。上場で再成長を描けるか。売上は横ばい。利益も停滞気味。今期予想の売上は127億、純利益は11.1億。VCは約157万株(LUは180日がほとんど)、SOは0。売出が0はポジティブ。19年3月期の配当性向は25%、今後は30%が目標。IPOラッシュ・3社同日上場で、資金は集まりにくそう。 ◇公募割れが当たり前になってしまったIPO…
・大和(主)、三菱UFJMS、SBI、岩井コスモ
9326
3/19
019
関通
288万/60万/25万:34%/29%
M/株価/+5.42万(+111%)
470円/4.59億
13.5億/14.1億
490円/4.79億
★★→★★
470~490円
1000~2000円
1986年4月
3/3~3/9
1032円(29.7億)
↑主にEコマースを展開する顧客の配送センター業務を代行する「EC・通販物流支援サービス」等
●昨年、楽天と提携、楽天の倉庫業務を受託。関西に12拠点、関東に3拠点。まだまだEコマースの配送需要は増えそう。漢字社名はIPOではネガティブ。売上は右肩上がり。利益も出てきている。今期予想の売上は73.9億、純利益は1.34億。VCは1.5万、SOは14万株。3社同日上場の中では、注目度一番か。時価総額・吸収金額ともに極小で、3倍以上になる? 当面は物量施設のロボット化など設備投資を優先して、無配を続ける予定。 ◇久しぶりの初値プラス!
・みずほ(主)、SBI、SMBC日興、エース、マネックス証券、岡三、極東、岩井コスモ、むさし
4492
3/19
018
ゼネテック
192万/31万/13万:26%/29%
JQ/株価/-8000円(-4.7%)
1700円/8.63億
32.6億/32.6億
1700円/8.63億
★★→★★
1600~1700円
2300~3000円
1985年7月
3/3~3/9
1620円(31.1億)
↑組込みソフトウェア・ハードウェアのシステム受託開発、エンジニアリングソリューション
●車や家電の組込みシステムがメイン。位置情報など外部データを処理しカーナビの表示したりする機能が強い。パナソニックが主要取引先。自動運転・デジタル家電の勃興で需要が上がるか。IoTモニタリングPFや、オフラインティーチングができるCAMが、今後の成長期待ビジネス。Bモデルの新規性は高くないが、IPOでは人気のある業種。社名もNice。売上はゆっくりと右肩上がり。利益率はよくないが利益も出ている。今期予想の売上は48.4億、純利益は1.9億。VCは0、SOは約11万株。IPOラッシュ・3社同日上場なので、そこまで高騰することはなさそうだが、上げる。配当性向は30%を目指す。 ◇くぅ~、ゼネテックでもマイナス… 厳しい~。
・みずほ(主)、岡三、いちよし、SBI、マネックス証券、岡三Online
7092
3/18
--
Fast Fitness Japan
1085万/160万/20万:19%/11%
M/上場中止
2470円/51.1億
268億/321億
2960円/61.3億
★→★
2560~2960円
2300~3500円
2010年5月
3/2~3/6
上場中止
↑24時間型フィットネスクラブ「エニタイムフィットネス」の日本のフランチャイズシステム運営
●Bモデルはフィットネスクラブのコンビニ化。米国が本部の24時間ジムで、日本のFC本部。パーソナルトレーニングとともに、伸びている印象。プールなどは作らずマシーンだけ。夜間はスタッフ不在。全国693店舗、直営店は119店舗。 昨年11月に上場した24/7Workoutが、上場直後に下方修正で暴落。フィットネスクラブの上場にマイナスイメージありか? 売上・利益ともに急上昇中。今期予想の売上は110億、純利益は15.1億。VCは0、SOは約103万株。 ▼新型コロナウイルス騒動で、カーブスは公募割れ。3/18の上場日までに市場が落ち着くかは未知数。もちろん影響は必ず残っているので、初値には大きなマイナス。仮条件が上限で決まるのかどうかが、人気の試金石。 ▼仮条件は上限で決定。しかしコロナショックで相場はヘロヘロ。感染者がスポーツジムに行ったりしてジムの休業が相次ぎ、逆風が強すぎる。 ◇土壇場で、上場中止して延期。苦渋の決断だが、賢明な判断だったのではないか。
・野村(主)、SMBC日興、SBI、むさし、マネックス証券、岡三、岡三Online
5070
3/17
017
ドラフト
447万/72万/46万:30%/39%
M/株価/-3.59万(-22.7%)
1520円/20.6億
67.9億/70.6億
1580円/21.4億
★★→★
1520~1580円
1700~2100円
2008年4月
3/2~3/6
1221円(54.6億)
↑空間(オフィス、商業施設、都市開発、環境設計、その他)の企画デザイン・設計・施工
●オフィス設計がメイン。社員の6割がデザイン部門に所属。社名はNice。Bモデルに目新しさはないが、売上・利益ともに増えてきている。今期予想の売上は59億、純利益は3.19億。IPOラッシュ、3社同日上場なので、普段より注目度はだいぶ目減りする。テーマ性もなく、多少あがれば御の字か。20年3月期の配当性向は10%の見込み。 ◇コロナショックの影響で、連続初値マイナス。しばらくは、難しいか…
SMBC日興(主)みずほSBI野村極東いちよし
7688
3/17
016
ミアヘルサ
224万/30万/30万:31%/43%
JQ/株価/-5.82万(-25.0%)
2330円/16.1億
52.2億/52.2億
2330円/16.1億
★★→★
2030~2330円
2330~2600円
1984年9月
2/28~3/5
1748円(39.1億)
↑調剤薬局、保育園、介護事業所の運営
●こちらも保育・介護事業が入っている。調剤薬局を41店舗運営、その売上が50%以上。介護施設は57拠点、保育所は23か所を運営。Bモデルに目新しさはなさそう。社名はNice。売上は横ばい傾向。利益率は低いが、利益も出ている。今期予想の売上は166億、純利益は4.69億。VCは0、SOは約27万株。21年3月期以降は、安定的な配当を実施している方針。IPOラッシュ、3社同日上場で、初値は伸びないか。 ◇コロナショックの影響で、IPO銘柄はすべて初値マイナス…
みずほ(主)SMBC日興大和SBIマネックス証券
7091
3/17
015
リビングプラットフォーム
153万/16万/14万:22%/47%
M/株価/-3.5万(-8.1%)
3340円/11.2億
51.2億/59.8億
3900円/13.0億
★★→★★
3530~3900円
4200~4700円
2011年6月
2/28~3/5
3550円(54.4億)
↑介護事業、保育事業、障がい者支援事業
●介護施設が43棟(20棟は新規、23棟は事業承継)、障がい者支援施設が13棟、保育所8棟を運営。介護、保育、障がい者支援系の上場が続く。IPOとしても人気は上々。しっかりビジネスにして永続性を持たせるのは良きこと。社名はExcellent。売上は右肩上がり。利益も出ている。今期予想の売上は75.6億、純利益は1.06億。VCは8万株(LUは90日)、SOは0。配当については未定。値がさ株なので、当たれば利益がそこそこ出る。 ◇コロナショックの影響で、IPO銘柄は初値マイナスが普通になってしまっている…
・野村(主)、大和、SBI、みずほ、エース、極東
7687
3/16
014
ミクリード
205万/5万/88万:52%/95%
M/株価/-7200円(-8.1%)
890円/9.54億
18.2億/18.2億
890円/9.54億
★★→★
790~890円
1000~1500円
2012年11月
2/27~3/4
818円(16.8億)
↑飲食店向け業務用食材等の企画・販売
●個人経営の居酒屋をメインとした業務用食材の通信販売。業務用食材通販のパイオニア。365日受注、翌日には届くのがウリ。日本全国で1万店が利用。これを社員15人でやっているのはすごい。ただ業務用食材通販も激戦区になってきた。2018年2月にはMマート(4380)も上場。 ミクリードは元々ミスミのフード事業をカクヤスが買収。その後分社化。今はカクヤスの大株主SKYグループHDが筆頭株主。売上は少しずつだが増えている。利益もなんとか出ている感じ。社名も悪くない。今期予想の売上は42億、純利益は1.18億。VCは0、SOは約8万株。上位の株主3社はSKYグループHD 47%、国分グループ本社36%、トーホー9%。この3社は180日のLU。成長期待はあまりないが、プラスにはなりそう。 ▼外食産業は新型コロナショックの影響を受けている。ミクリードにもマイナス。 ◇う~ん、やはりマイナス…
・みずほ(主)、大和、三菱UFJMS、SBI、マネックス証券、岡三、エース、auカブコム、岡三Online
7090
3/13
013
リグア
129万/28万/3万:27%/8%
M/株価/-4000円(-2.1%)
1850円/6.38億
23.8億/25.1億
1950円/6.73億
★★→★★
1850~1950円
2500~3500円
2004年10月
2/27~3/4
1910円(24.6億)
↑接骨院などの経営支援を行う接骨院ソリューション、保険代理店や金融商品仲介業を行う金融サービス
●接骨院向けに顧客や施術履歴の管理、健保への療養費申請システムの開発。1244院が導入、410万人の患者データを保有。鍼灸院やあん摩にも広げられる? 大阪市が本店。売上の6割は西日本。システム開発の他にも、施術で使う電気刺激装置や施術台の開発、研修や経営コンサルなどもやる。2014年12月に上場したアトラ(6029)は鍼灸接骨院の開業支援。社名は悪くない。売上は右肩上がり。利益も出ている。今期予想の売上は21億、純利益は1.24億。VCは約18万株(LUは90日 or 1.5倍)、SOは11万株。時価総額・吸収金額ともに小さく、初値は上がりそう。 ◇コロナショックで一時、日経平均17000円割れ。こうなると、IPO銘柄もすべて割高に見えてしまう…
・SMBC日興(主)、SBI、エース
7089
3/13
012
フォースタートアップス
313万/20万/60万:29%/75%
M/株価/-1.42万(-8.0%)
1520円/14.0億
47.6億/55.5億
1770円/16.3億
★★→★★
1700~1770円
2300~3000円
2016年9月
2/26~3/3
1628円(51.0億)
↑スタートアップ企業の人材支援、オープンイノベーションサービス等を中心とした成長産業支援
●スタートアップ(ベンチャー企業)向けの転職エージェント。ウィルグループ(6089)の子会社。人材関係の上場は本当に多いが、スタートアップに特化し、1万社以上の情報を持っていることが強み。設立3年で上場と勢いはある。社名はExcellent。今期予想の売上は12.7億、純利益は1.98億。VCは0、SOは47万とやや多い。 ◇コロナショックで一時、日経平均17000円割れ。こうなると、IPO銘柄もすべて割高に見えてしまう…
・野村(主)、SBI、マネックス証券、丸三、岩井コスモ、極東、いちよし、岡三、エース、岡三Online
6231
3/13
011
木村工機
385万/25万/10万:10%/29%
東2/株価/-3.5万(-14.6%)
2340円/9.36億
90.1億/92.4億
2400円/9.6億
★★→★★
2300~2400円
2700~3200円
1947年8月
2/26~3/3
2050円(78.9億)
↑空調システム機器の開発・製造・販売
●中堅エアコンメーカー。工場用が5割、オフィス用が2割。地味な事業で注目度はイマイチの中、3社同日上場はつらい。73期目。漢字社名。環境負荷が少ない冷温水式エアコンが成長の種。売上は右肩上がり。利益も前々期あたりから、かなり増えている。前期の売上が111億、純利益が10億。今期第3四半期までの売上が85億、純利益は9.34億。VCは30万株(LUは180日)、SOは0。20年3月期は年25円の配当。吸収金額も少なく、想定価格も割安に設定されていて、そこそこ上げそう。 ◇コロナショックで一時、日経平均17000円割れ。こうなると、IPO銘柄もすべて割高に見えてしまう…
・みずほ(主)、SMBC日興、SBI、マネックス証券
4491
3/11
010
コンピューターMgt.
97万/19万/18万:43%/49%
JQ/株価/+16.1万(+58.5%)
2630円/11.1億
25.6億/26.8億
2750円/11.6億
★★★→★★★
2630~2750円
5300~6300円
1981年11月
2/25~3/2
4360円(42.4億)
↑システムの受託開発等
●システム開発・コンサル。大阪市で創業、顧客の半数は西日本。Bモデルに新規性はなさそう。ただIPOでは人気のある業種。売上・利益ともに右肩上がり。今期予想の売上は61.3億、純利益は1.85億。VCは0、SOも上場時は0。今後はERPの導入支援も。配当性向は20~30%を目指す。時価総額が低く、割安感あり。2倍ぐらいになっちゃうか。 ◇コロナショックの中、大幅プラスに!
・SMBC日興(主)、SBI、岩井コスモ、岡三、むさし、岡三Online
4490
3/10
009
ビザスク
819万/50万/172万:31%/77%
M/株価/-1.9万(-12.7%)
2100円/53.6億
172億/123億
1500円/38.3億
★→★
1300~1500円
1700~2200円
2012年3月
2/20~2/27
1310円(107億)
↑ビジネス分野に特化したナレッジシェアリングプラットフォームの運営
●各業界の実務経験豊かな人(アドバイザー)から、スポットのコンサルを受けられるサービス(マッチング)。アドバイザーは10万人が登録。1回1時間という手軽さが、企業にもウケけている。個人の複業化や、企業の人手不足を追い風に成長中。売上は右肩上がりで、利益も出てきた。今期予想の売上は9.6億、純利益は5300万。VCは約290万株(LUは1.5倍 or 90日が多め)、SOは約55万株とかなり多い。 ▼仮条件を大幅ダウン。想定価格はちょっと強気すぎたか。それを受けてVCからの売出しも50万株減。それでも吸収金額が大きい。マイナスにはならなさそうだが。 ◇コロナショックで、日経平均は一時19000円割れ。相場がこれじゃ、IPOもどうにもならん。
・みずほ(主)、大和、SMBC日興、野村、東海東京、SBI、マネックス証券
7088
3/9
008
フォーラムエンジニアリング
2663万/0/967万:39%/100%
東1/株価/-2.8万(-21%)
1310円/136億
349億/349億
1310円/136億
★→★
1310~1400円
1200~1500円
1981年4月
2/25~2/27
1030円(274億)
↑エンジニア人材の派遣・紹介
●こちらも人材業。機械・電気系に特化、自動車や家電メーカーにエンジニアを派遣(全国3000か所)。人手不足は続く。売上はここ近年微増のみ。今期予想の売上は319億、純利益は19.8億と、減収と大幅な減益予想。VCは0、SOは83万株。創業者の売出しがメイン。吸収金額は約140億円と大きいが、半分強が海外売出し分。「AIを活用した人材マッチングプラットフォーム」に、投資家が食いつくか。初値はトントンくらいかな。 ▼仮条件を上げてきた。海外分も順調そうなので、ちょい上げそう。⇒あらっ、仮条件の下限で決定。これはマイナスの可能性も。 ◇コロナショックで日経平均2万割れ。相場が悪すぎた…
・野村(主)、みずほ、SBI
7087
3/6
007
ウイルテック
606万/89万/90万:34%/50%
東2/株価/0円(0%)
1280円/26.3億
77.5億/72.7億
1200円/24.7億
★→★
1100~1200円
1200~1700円
1992年4月
2/19~2/26
1200円(72.7億)
↑製造請負・製造派遣、機電系・建設系技術者派遣、受託製造
●メーカーや建設業向けに技術者を派遣。顧客の工場の一部を借りて製品をつくる「製造請負」と、スタッフを取引先に派遣する「製造派遣」で売上の7割。今後は建設業向けの派遣や電子機器生産、食品メーカーの加工請負などに進出予定。東証2部上場は注目度低い。2社同日上場もマイナス。少しずつだが、売上は右肩上がり。人手不足は今後も続くので、成長は続きそう。社名もNice。今期予想の売上は250億、純利益は7.58億。VCは0、SOは26万株。配当性向は30%を目標。 ▼仮条件を想定価格より安く。厳しいか? ◇コロナショックの影響もあり、公募価格で初値。
・SMBC日興(主)、SBI、野村、大和、みずほ、岩井コスモ
7086
3/6
006
きずなHD
344万/5万/170万:58%/97%
M/株価/-1万円(-4.3%)
2200円/44.2億
75.8億/79.9億
2320円/46.6億
★→★
2200~2320円
2200~2600円
実質2000年7月
2/18~2/25
2220円(76.5億)
↑葬儀施行、葬儀付帯業務を提供する葬儀施行業等
●メインは家族葬。9都道府県に80の直営葬儀場。Bモデルは地味だが、家族層は増える傾向にあり今後も安定的に成長しそう。ただ株式の95%以上がファンド所有で、売却額も大きい。2社同日上場もマイナス。売上は増加傾向。今期予想の売上は80.2億、純利益は3.71億と、増収減益予想。VCは約340万株(LUは1.5倍 or 90日)、SOは7.5万株。事業はゆっくり成長していきそうだが、いかんせんVCの所有が多すぎなので、初値は期待できなさそう。 ◇コロナショックで相場が良くなかった。
・野村(主)、みずほ、SBI、マネックス証券、楽天、いちよし
7084
3/4
005
Kids Smile Holdings
315万/45万/35万:29%/44%
M/株価/+4.72万(+20.9%)
2260円/20.8億
71.2億/71.2億
2260円/20.8億
★★→★★
2160~2260円
3000~4000円
実質2008年12月
2/14~2/20
2732円(86.1億)
↑認可保育所・認可外保育施設の運営(東京都/神奈川・愛知県)、幼児教育に関する事業
●保育系事業の上場も続く(19年12月に6557、18年12月に7037、18年3月に6567)。国が後押ししているものは、やはり伸びる。テストでは測れない「非認知能力」を重視する保育所。認可保育所(46か所)の他に、世帯収入の高い地域に、英語やダンス、絵画などの新しい教育分野を導入したプレスクール保育園(認可外:4か所)も運営。売上・利益ともに右肩上がり。今期予想の売上は70.5億、純利益は9.1億。幼保無償化で、さらなる成長は堅そう。VCは0、SOは14.5万株。時価総額(PER)がやや低く、初値はそこそこ上がりそう。
・いちよし(主)、野村、岩井コスモ、エース、極東、東洋、マネックス証券、SBI、岡三、東海東京、岡三Online
7085
3/2
004
カーブスHD
8471万/242万/0:3%/0%
東1/株価/-8000円(-10.7%)
720円/20.0億
610億/635億
750円/20.8億
★★→★
720~750円
750~1100円
2008年10月
2/13~2/19
670円(568億)
↑女性向けフィットネス施設「カーブス」の運営等
●カーブスは中高年女性には知名度あり。筋トレと有酸素運動を交互に30分行うプログラム。国内に2008店舗、会員数86.4万人。2018年3月には米Curves本社を買収し、カーブスジャパンがにグローバルフランチャイザーになり、ロイヤリティ収入を全世界から得る立場に。元々カーブスジャパンは、コシダカHD(2157)の子会社であり、今回資本関係のない独立した会社にするために「スピンオフ」という制度を利用(日本初)。コシダカHDの株主は、今回のスピンオフで自動的にカーブスHDの株式をもらえる(現物配当)。売上・利益ともに頭打ち傾向。今期予想の売上は292億、純利益は39.1億。VCは0、SOも0。現物配当を受けた株主が、初値で売ってくるか? 20年8月期の期末配当は10円/1株を予定。配当性向は50%が目標。500円のクオカードの株主優待も決定済み。 ◇初値は公募割れ。新型コロナウイルス騒動が続いている中、スポーツジムの上場は時期が悪すぎた…
・三菱UFJMS(主)、野村、SMBC日興、いちよし、丸三、岡三、auカブコム、岡三Online
7083
2/25
003
AHCグループ
206万/46万/10万:31%/18%
M/株価/+13.5万(+61.4%)
1990円/12.8億
41.0億/45.3億
2200円/14.2億
★★→★★
2000~2200円
2700~3300円
2010年1月
2/5~2/12
3550円(73.1億)
↑障害福祉事業(放課後等デイサービス等)、介護事業、外食事業等
●障害福祉や介護事業系の上場は近年増えている。未就学児向けの発達支援や成人向けの就労支援(41か所)と、高齢者向け通所介護(33か所)。新しさはないが、過当競争にもなっておらず、まだ安定的に成長できそう。社長を含め、役員にワタミ出身者4名。社名はNice。売上は右肩上がり。今期予想の売上は46億、純利益は2.06億。VCは0、SOは9.4万株。そこそこ上げそう。 ◇日経平均暴落日に、かなり高い初値!
・みずほ(主)、SMBC日興、SBI、マネックス証券、いちよし、エース、岩井コスモ、ちばぎん、東洋
9287
2/20
I01
ジャパン・インフラ
7.17万口/7.05万口/0
東I/株価/+6000円(+6.3%)
10万/72.9億
71.7億/68.1億
9.5万/69.3
見送り→見送り
9.3~9.5万
9.1~9.6万
2019年10月
2/4~2/10
10.1万(72.4億)
↑*投資法人 再生可能エネルギー発電設備へ投資するインフラファンド
●スポンサーは総合商社の丸紅。7社目のインフラファンド。第1号のタカラレーベン・インフラ以外(2016年6月上場)、5社連続でインフラファンドは初値が公募割れ。全6社すべてメガソーラー事業で、今回も同じくメガソーラーで難しそう。 ◇キター! ついに、インフラファンドがプラス!
・みずほ(主)、SMBC日興
7082
2/7
002
ジモティー
564万/5万/122万:23%/96%
M/株価/+13万(+130%)
960円/14億
54.2億/56.4億
1000円/14.6億
★★→★★
960~1000円
2000~3000円
2011年2月
1/23~1/27
2300円(130億)
↑クラシファイドサイト「ジモティー」の企画・開発・運営
●クラシファイドサイト=地域の無料広告掲示板。処分したいものを「無料で譲る」で、欲しい人を見つける使い方が多い。月間のべ1000万人が投稿。PVは月6億弱。売上の8割はディスプレイ広告等、2割は投稿型の広告。今期予想の売上は12億、利益は6100万。来期予想の売上は14.3億、純利益は2.12億。VCは144万株(1.5倍のLU)、SOは約47万株。上位の株主は事業会社(オプト30%、NTTドコモ16%、プロトコーポレーション10%)。LU外れる公開価格の1.5倍=1500円超えると、大きな売り玉が出るか。2社同日上場だが、新年一発目のIPOは注目度が必然と上がる。 ◇上場当日は値がつかず。本日開場直後に初値。悪くない初値。
・大和(主)、みずほ、SBI、藍澤、岩井コスモ、松井、いちよし
7081
2/7
001
コーユーレンティア
530万/80万/20万:19%/20%
JQ/株価/+6.2万(+32.8%)
1890円/21.7億
100億/100億
1890円/21.7億
★★→★★
1740~1890円
3000~4200円
1970年10月
1/22~1/28
2510円(133億)
↑家具、什器・備品(FF&E)、OA機器のレンタル及び付帯するサービス等
●新年一発目のIPOは、2社同日上場。Bモデルに目新しさはないが、堅実に事業を拡大。工事現場や仮設事務所への貸出しが多い。式典やイベントも対応。東京オリパラ用のレンタル品を仕入れるための資金調達は好感度高い。今期予想の売上は220億、利益は9億。来期予想の売上は216億、純利益は8億。VCは0、SOも上場時は0。吸収金額もギリギリこなせる範囲。安定企業だが、五輪がある今年は予想より決算がよくなるかも。そういう期待感で買われる? 21年12月期から配当を出す予定。 ◇予想より低い初値。昨年12月のIPO市場の勢いは戻らないか。
・いちよし(主)、三菱UFJMS、みずほ、岩井コスモ、極東、東洋、マネックス証券、水戸、東海東京、丸三、カブコム

 

せいきゅん
昨年のIPOスケジュールはここからチェック↓

2019年のIPOスケジュール一覧と勝率、利益額ランキング

2019.12.11

 

ヤス石田
IPO株の当選確率を上げるには、どうしたらいいの!?
せいきゅん
うん、まずは ↓下記のIPO株を始めるための必須7社の口座を開設すること。

IPO株を始めるための必須口座7社

証券会社名主幹事数
幹事数
特徴
SBI証券3社('20)
7社('19)
11社('18)
8社('17)
13社('16)
31社('20)
82社('19)
86社('18)
83社('17)
76社('16)
幹事数No.1!資金量が多いほど当選確率UP。落選でもポイント貯まり、いつかS級当選できる可能性大!
大和証券7社('20)
20社('19)
13社('18)
16社('17)
16社('16)
16社('20)
44社('19)
31社('18)
41社('17)
37社('16)
個人抽選15%、ポイント5%。大手対面型の中では当選しやすい。口座管理料(1620円)があるがeメンバー登録で無料。
SMBC日興証券6社('20)
20社('19)
21社('18)
11社('17)
15社('16)
21社('20)
61社('19)
64社('18)
73社('17)
72社('16)
主幹事も幹事も多い。資金の重複使用はできない。REITのIPOはかなり当たる。
野村證券8社('20)
17社('19)
23社('18)
27社('17)
18社('16)
15社('20)
36社('19)
37社('18)
38社('17)
30社('16)
資金0円で申込み可!主幹事数No.1。なかなか当たらないけど、必須。
みずほ証券8社('20)
12社('19)
22社('18)
14社('17)
20社('16)
25社('20)
55社('19)
70社('18)
62社('17)
60社('16)
主幹事も幹事も多い。
マネックス証券0社('20)
0社('19)
0社('18)
0社('17)
0社('16)
17社('20)
45社('19)
50社('18)
47社('17)
44社('16)
主幹事は0だが、個人抽選配分が100%なので平幹事でも当たることが多い!資金の重複使用はできない。
三菱UFJモルガン スタンレー証券1社('20)
4社('19)
6社('18)
4社('17)
2社('16)
8社('20)
27社('19)
23社('18)
29社('17)
23社('16)
主幹事の数は少ないが、主幹事や大規模IPOのときは、けっこう当たる。資金の重複使用はできない。
↓メンドクサイけど、もっと口座をつくって少しでも当選確率を上げたい人向け
東海東京証券0社('20)
4社('19)
1社('18)
3社('17)
5社('16)
6社('20)
27社('19)
21社('18)
11社('17)
15社('16)
数回ある主幹事案件は当選しやすい。口座管理料(3240円)があるが電子交付サービス利用で無料。
岡三オンライン証券0社('20)
0社('19)
0社('18)
0社('17)
0社('16)
9社('20)
34社('19)
47社('18)
23社('17)
6社('16)
資金0円で申込み可!当たらないけどコツコツいくだけ。岡三証券の委託幹事。
au カブコム証券0社('20)
0社('19)
0社('18)
0社('17)
0社('16)
2社('20)
24社('19)
21社('18)
27社('17)
19社('16)
ほぼ個人抽選配分!三菱モルガン 証券の委託幹事。三菱モルガンが主幹事のときは大チャンス。
楽天証券0社('20)
0社('19)
0社('18)
0社('17)
0社('16)
5社('20)
25社('19)
11社('18)
6社('17)
8社('16)
再びIPOに力を入れ始めた楽天証券。個人抽選配分が100%。資金の重複使用はできない。
松井証券0社('20)
0社('19)
0社('18)
0社('17)
0社('16)
2社('20)
19社('19)
8社('18)
14社('17)
11社('16)
個人抽選配分70%!大型案件は大チャンス。
岩井コスモ証券0社('20)
0社('19)
0社('18)
0社('17)
0社('16)
14社('20)
36社('19)
33社('18)
39社('17)
25社('16)
幹事数は意外と多い。抽選後期型なので、資金入金はBB終わってからでOK。
いちよし証券2社('20)
1社('19)
1社('18)
4社('17)
1社('16)
14社('20)
33社('19)
28社('18)
37社('17)
30社('16)
資金0円で申込み可! 年1~2回ある主幹事のときは大チャンス!
エイチ・エス証券0社('20)
2社('19)
0社('18)
0社('17)
0社('16)
3社('20)
10社('19)
11社('18)
10社('17)
7社('16)
ときどき主幹事案件がある。そこが狙い目!
岡三証券1社('20)
0社('19)
1社('18)
4社('17)
0社('16)
11社('20)
34社('19)
47社('18)
36社('17)
30社('16)
たまにある主幹事のときが狙い目。穴場。
ライブスター証券0社('20)
0社('19)
0社('18)
0社('17)
-社('16)
0社('20)
5社('19)
3社('18)
7社('17)
-社('16)
資金0円で申込み可! 個人抽選配分100%。2017年からIPO幹事開始。
'20(2020年)は、3月25日上場承認分(4月30日上場予定)まで。さらにメンドクサイけど、もっと当選確率を上げたい人はこちらの18位以降も>>

 

せいきゅん
さらに具体的な方法は ↓この記事を読んでみて!
ヤス石田
了解!

IPOとは?|IPO株の当選確率を上げる買い方とは?

2019.01.03

 

せいきゅん
僕らの当選成績は ↓こっち。

IPOの当選成績4人分|IPOの勝率、利益額ランキング

2020.02.03

 

Can you survive?

※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。
サバイブ運営方針はこちら

 

ABOUTこの記事を書いた人

岩崎 聖二

「お金なんかで人生悲観する人をなくしたい」をテーマに、100歳までサバイブする稼ぎ方・投資・子育てを研究。

人生は、逃げても攻めても辛いことだらけ。だから、くだらない見栄や常識を捨てて、辛いこともなるべく楽しみ、小さなことに感謝して生きる。これが僕のサバイブ術。

1級FP技能士。元裁判所職員。裁判所入所後、父が残した大借金を金銭的・精神的に解決するために起業して、はや13年(本当は彼女にフラれて起業)。岩崎のもう少し長い自己紹介はこちら>>

Twitterで、稼ぎ方・投資・子育てのサバイブ術を発信>> Facebookでも>>