仮想通貨「ASTR(アスター)」の買い方|日本の取引所で買う方法

仮想通貨「ASTR(アスター)」の買い方|日本の取引所で買う方法
【9月26日】祝上場! bitbankでの購入画面&NFTのもらい方を追記しました

日本初のブロックチェーンプロジェクト「Astar Network」の仮想通貨(独自トークン)「ASTR(アスター)」が、9月26日(月)国内の仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」から購入できるようになりました!

当日、日経新聞の朝刊には(ビックカメラのショッパーを彷彿とさせる)でっかい広告が掲載されました。

9月26日日経新聞に掲載されたASTRの広告

画像出典:日本経済新聞 2022/9/26 朝刊(紙面ビューアーで表示)

中島なかじ
口座開設 → 入金 → 仮想通貨の購入方法、これからASTRを買う人に嬉しいキャンペーン情報をお伝えします。

実際の画像(画面キャプチャ)つきで解説しているので、仮想通貨をはじめて買う方(初心者さん)にもわかりやすいです。

この記事の著者、中島なかじのプロフィール



Astar NetworkとASTR

27歳のWeb3起業家 渡辺創太さんが創業したStake Technologiesが開発する「Astar Network」は、異なるブロックチェーン同士を繋ぎ、相互運用することを目的としたプロジェクトです。

画像出典:https://astar.network

中島なかじ
今のブロックチェーンはバラバラに開発が進んでおり、Web3を実現するには、ブロックチェーンを繋げることが非常に重要なんだそう。

ほかにもいろいろ特徴があるのですが、難しい&解説がいろいろ出てるので下記を参考に……。

2022年1月に海外でローンチ後、Binance、Huobi、OKX、KuCoin、Kraken、Gateなどの海外取引所で上場しましたが、税制の問題上、国内の取引所で取引することはできませんでした。

渡辺創太さんは、日本ブロックチェーン協会の理事や内閣官房のタスクフォースメンバーを務め、税制の改善などについて金融庁や自民党に提言を行ってきました。

そんな中、9月26日(月)国内の仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」から購入できるようになりました!

画像出典:https://blog.bitbank.cc/349559937

しかも(手数料の高い)販売所ではなく取引所形式で購入でき「暗号資産を貸して増やす」サービスを利用すれば、購入したASTRを預けて、最大年率3%のASTRを1年後に受け取ることができます(枠が空いていれば&募集数量を満たせば)。

2022年9月22日時点(bitbank上場前)では、ASTRの時価総額は197億円超。価格は1ASTR=5.49円でした。

ASTRの現在の価格(リアルタイム)

bitbankでのASTR現物取引所の取引ルール

通貨ペアASTR/JPY
最小注文数量
/取引単位
0.0001ASTR
最大注文数量
(指値の場合)
2000万ASTR
呼値0.001JPY
bitbankでの対応チェーンAstar Network(Native)
→ 預入や引出はNativeアドレスのみ。EVMアドレスは非対応

【参考記事】日本初!アスター(ASTR)取扱い開始のお知らせ|bitbankのブログ

bitbankでASTRを購入する方法

1.bitbankに口座を開設する

bitbankの公式サイトにメールアドレスを登録

bitbankの口座開設画面

メールに届いた認証用メールのURLをタップ

※メールの件名:【bitbank.cc】新規口座開設を申し込み頂きありがとうございます

bitbankの口座開設のために届くメール

・表示された画面で、パスワードを入力し(2回)、確認事項を確認して同意にチェックを入れて「登録」ボタンをタップ

・基本情報の登録ページが開くので、氏名とフリガナ、生年月日や国籍、住所など基本情報を入力して「次に進」ボタンをタップ

・取引の目的、職業、年収、自己資産、利用の動機、電話番号、海外の重要な公人地位ではないこと、反社ではないことにチェックして「確認」ボタンをタップ

※氏名のフリガナを間違えると日本円の出金ができなくなるので注意

・確認画面が表示されるので、入力内容に間違いがなければ「登録」ボタンをタップ

bitbankで基本情報の登録完了画面
中島なかじ
この画面が表示されたら、基本情報の登録は完了。
次は、本人確認書類をアップロードします。

bitbankは、スマホで本人確認ができるので便利。

※郵便で本人確認もある

bitbankに本人確認書類のアップロード

本人確認書類は、運転免許証マイナンバーカードから選べます。

どちらかを選んで「撮影するボタン」をタップ

bitbankで本人確認書類の選択画面

・カメラが起動するので、本人確認書類を撮影。文字が読み取れるか、顔写真が反射していないか確認したら「決定」ボタンをタップ

・ふたたびカメラが起動するので、本人確認書類を持った自撮り(セルフィー)を撮影。本人の顔と顔写真がきちんと写っていること、本人確認書類が指で隠れていないか確認し「決定」ボタンをタップ

bitbankに本人確認書類のアップロード完了

この画面が表示されたらアップロード完了です。

中島なかじ
私は2021年の11月にbitbankの口座を開設したのですが、本人確認書類アップロードの翌日には、本人確認が完了し取引できるようになりました。

ASTR(アスター)目的で口座開設する人が増えそうなので、本人確認に時間がかかるかもしれません。

スマホでかんたんに口座開設できるので、時間がある方はすぐやっておくとよいかと。

bitbank(ビットバンク)|口座開設

また、口座開設できたら、かならず二段階認証を設定しておきましょう。

二段階認証の設定方法はこちら:iPhoneの場合Androidの場合

2.日本円を入金する

bitbankでは、24時間365日いつでも仮想通貨の売買ができます。

ASTRの購入には日本円が必要になるので、入金しておきましょう。

ログインしたら、下記の画面が開きます。右上の「入金」ボタンをクリックしましょう。

bitbankにログインした画面。入金ボタンをクリック

入金画面が開いたら、日本円の「入金」ボタンをクリックします。

bitbankの入金画面
中島なかじ
GMOあおぞらネット銀行の振込先情報が表示されるので、スクショやメモして入金を行います。

入金手数料は無料です(振込手数料は自己負担。GMOあおぞらネット銀行に口座があれば無料)。

bitbankに日本円を3000円入金できた
中島なかじ
ASTR上場日のランチタイムに入金しましたが、12:40に銀行から入金して12:56には着金できました。まあまあ早いほうかな。

3.取引所(ASTR/JPY)でASTRを購入する

入金が完了したら「取引所」からASTR(アスター)を購入します。

bitbankの取引ペア一覧

左上の「取引所」をクリックすると、仮想通貨/JPYのペアが並ぶので「ASTR/JPY」をクリックします。

bitbankの取引所から「ASTR/JPY」を選ぶ

「ASTR/JPY」の取引所画面が開きます。

bitbankの「ASTR/JPY」の取引画面
中島なかじ
トレード画面に慣れていないと(私はずっと慣れない)どこ見りゃいいのか拒否反応が出るのですが、注目すべきは右上の赤くマークした部分です。

bitbankでは「成行注文」「指値注文」「逆指値」の3種類の注文をすることができます。

※bitbankの場合、成行の買い注文は資産の70%まで

中島なかじ
今回は、指値注文で3000円分のASTRを買ってみます。

注文画面の右に「売り板・買い板情報」が出ているので、ここを見て希望のレートを入力します。

bitbankのASTRの板
中島なかじ
買い板(緑色の数字)の一番下が「買い注文のうち、最も低い金額」です。

できるだけ安く買いたいので、一番下の数字をクリックしました。

すると、注文画面の「指値価格」の欄に価格(タップした、買い板の一番低い価格)が反映されます。

次に、「予想」の部分に「いくら分ビットコインがほしいか」を入力し、注文ボタンを押します。

bitbankの取引所でASTRを指値注文 bitbankのASTR注文画面
中島なかじ
注文価格5.95円で、約504ASTRの買い注文を入れて10分後くらいには約定しました(買えました)!
bitbankでASTR(アスター)が買えました

ざっくりかんたんな買い方はこんな感じです。

手数料無料! bitbankのASTR取り扱い記念キャンペーン

画像出典:https://blog.bitbank.cc/349559937

ASTR取り扱いを祝して、bitbankでは取引手数料無料キャンペーンが行われます!

期間中(2022年10月25日 午前11:59まで)は、ASTR/JPYの取引所で、売買手数料(取引手数料)が0%になります。

bitbank(ビットバンク)|公式サイト

中島なかじ
仮想通貨取引所で仮想通貨を購入する場合、bitbankのような取引所と取引する「販売所形式」と、ユーザー(顧客)同士が取引する「取引所形式」があります。

「取引所形式」で仮想通貨を売買する場合、仮想通貨を売る(流動性をつくる)「メイカー」と仮想通貨を買う(流動性を取る)「テイカー」に分かれて、それぞれ手数料が発生します。

※メイカーは流動性をつくるので、テイカーよりも手数料が低く設定される

メイカー・テイカー手数料は、仮想通貨取引所に払う売買手数料(取引手数料)で、取引所によって異なります。bitbankの場合、メイカー手数料は-0.02%、テイカー手数料は0.12%。

中島なかじ
「手数料がマイナスってどういうことよ?」って思いますよね。

bitbankでは、メイカーになると(仮想通貨を売ると)手数料を受け取れるんです。ありがたや!

例:ビットコインが270万円のときに、0.01BTC売ろうとして約定すると、メイカーは5.4円受け取れる。テイカー(買う側)の場合32.4円の手数料がかかる

キャンペーン中(2022年10月25日 午前11:59まで)は、メイカー手数料も0%になってしまうのですが、これからASTR(アスター)を買う人には嬉しいキャンペーン!

ほかにも、bitbankには仮想通貨を「貸して増やす」というサービスがあり、暗号資産貸借取引契約を結ぶことで最大年率3%の(預けた)仮想通貨を受け取れます。

※2022年9月度の「貸して増やす」では、最低でも700ASTR以上が必要

アスター日本上場記念NFTをもらう方法

また、Astarのキャンペーンページに行くと、無料でNFTがもらえます。

アスター日本上場記念NFT
中島なかじ
仮想通貨のウォレットがなくても入手できるので、記念にもらっておくといいかも。

私はガチホ派なので、ASTR(アスター)を寝かせ玄米します!

あと、渡辺創太さんのあゆみ(SNSでの発信)を見ると前向きな気持ちになれるのでオススメ。すごい。がんばってほしい。

bitbank(ビットバンク)|公式サイト

※当記事は、特定の仮想通貨の購入を推奨するものではありません

Can You Survive?

※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。

サバイブ運営方針はこちら

ABOUTこの記事を書いた人

Avatar photo

親の破産、多額の奨学金(740万円)、25万円貸したままフラれる……など【お金で悩む人生】から抜け出すため、お金の使い方や増やし方を勉強している。2級FP技能士。

格安SIMなどの生活インフラの乗り換えで、年間10万円以上の節約に成功。
iDeCoとつみたてNISAで資産運用、IPO株で投資中。【Twitter】@nakaji_55