iPhone SE3(第3世代)を安く買う方法。価格と性能比較

iPhone SE3(第3世代)を安く買う方法。価格と性能比較
【5月12日】キャンペーン情報に追記しました

iPhone SE(第3世代)実質最安値は、楽天モバイル!!

はじめての「Rakuten UN- LIMIT VI」申し込み、他社からの乗り換え(MNP)で

64GB:実質 3万2800円
128GB:実質 3万8800円
256GB:実質 5万1800円

※楽天カードの48回払いで24か月目に返却する「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」を利用すると、さらに5000円相当ポイント還元

楽天モバイル|公式サイト

2022年3月、新型iPhone SE(第3世代)が発売されました。

新型iPhone SE3(第3世代)のデザイン

画像出典:https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-se

※iPhone SE2(第2世代)は、Appleで終売

中島なかじ
こんにちは! iPhone歴10年以上(3GSから愛用)の中島なかじです。

現在は、2020年4月発売のiPhone SE2(第2世代)を使ってます。

充電が持たなくなってきたので、iPhone SE3(第3世代)に機種変するか、バッテリー交換で済ませるか迷ってます!

当記事では、Appleと各キャリア、サブブランドから発売されるSIMフリーのiPhone SE(第3世代)の価格を比較しつつ、一番安く買えるのはどこか第2世代と比較してどこがパワーアップしているのかを確認できます。

この記事を書いた、中島なかじのプロフィール



新型iPhone SE3(第3世代)の価格比較

iPhone SE(第3世代)は下記で購入できます。

・Apple Store(ネットや店舗での直販)
・ドコモ
・au
・ソフトバンク
・楽天モバイル
・UQモバイル
・ワイモバイル

※どこで買ってもSIMフリー

中島なかじ
まだ格安SIMサービス(MVNO)からの販売はありません。

各社の販売価格です↓↓

 64GB126GB256GB
Apple5万7800円6万3800円7万6800円
楽天モバイル
はじめての申込&MNPで
実質3万2800円

通常
5万7800円

24回払い後、返却する場合
実質2196円


はじめての申込&MNPで
実質3万8800円

通常
6万3800円

24回払い後、返却する場合
実質5196円


はじめての申込&MNPで
実質5万1800円

通常
7万6800円

24回払い後、返却する場合
実質1万1700円


ドコモ
MNP&オンラインショップでの購入で
4万3230円

通常
6万5230円

24回払い後、返却する場合
1万1310円
MNP&オンラインショップでの購入で
5万3097円

通常
7万5097円

24回払い後、返却する場合
1万6257円
MNP&オンラインショップでの購入で
7万2248円

通常
9万4248円

24回払い後、返却する場合
2万5688円
UQモバイル
MNP&オンラインストア購入+増額オプションⅡ(無料)加入で
4万3335円

通常
6万5335円
MNP&オンラインストア購入+増額オプションⅡ(無料)加入で
5万3190円

通常
7万5190円
MNP&オンラインストア購入+増額オプションⅡ(無料)加入で
7万1720円

通常
9万3720円
au
MNP&オンラインショップ購入で
4万3335円

通常
6万5335円

25か月目までに返却する場合
1万2615円
MNP&オンラインショップ購入で
5万3190円

通常
7万5190円

25か月目までに返却する場合
1万7790円
MNP&オンラインショップ購入で
7万1720円

通常
9万3720円

25か月目までに返却する場合
2万7680円
ワイモバイル
新規またはMNP&オンラインストア購入で
4万6080円

通常
6万7680円
新規またはMNP&オンラインストア購入で
5万3280円

通常
7万4880円
新規またはMNP&オンラインストア購入で
6万8400円

通常
9万円
ソフトバンク
通常
6万7680円

24回払い後、返却する場合
3万3840円
通常
7万4880円

24回払い後、返却する場合
3万7440円
通常
9万円

24回払い後、返却する場合
4万5000円
※2022年5月時点、税込
※楽天モバイルの24回払い後返却パターンには、事務手数料3300円含む
中島なかじ
やっぱり楽天モバイルが強かった!

【定価】Apple Store(直販)の販売価格

容量価格
64GB5万7800円
128GB6万3800円
256GB7万6800円
※すべてSIMフリー、2022年3月時点の税込価格

ちなみに第2世代は販売当初、64GB 4万4800円/128GB 4万9800円/256GB 6万800円でした。

中島なかじ
iPhone 13は128GB版で9万8800円もするので、SEは廉価版と言えます。

けどやっぱり高い! 128GB版で6万円以上しますものね……。

iPhone SE3(第3世代)を実質最安値で買えるのは、楽天モバイル

容量価格
64GB
はじめての申込&MNPで
実質3万2800円

通常
5万7800円

24回払い後、返却する場合
実質2196円


128GB
はじめての申込&MNPで
実質3万8800円

通常
6万3800円

24回払い後、返却する場合
実質5196円


256GB
はじめての申込&MNPで
実質5万1800円

通常
7万6800円

24回払い後、返却する場合
実質1万1700円


※すべてSIMフリー、2022年5月時点の税込価格
※24回払い後返却パターンには、事務手数料3300円含む

iPhone SE3(第3世代)を2年使う費用比較|キャリアとサブブランド

iPhone SE3(第3世代)の64GBをMNPと同時に購入して、毎月3GBで2年間使った場合の費用を比べてみました。

 楽天モバイルUQモバイルワイモバイルドコモauソフトバンク
機種代金
(24回払い)
はじめての申込&MNPで
実質3万2800円
MNP&オンラインストア購入+増額オプションⅡ(無料)加入で
4万3335円
新規またはMNP&オンラインストア購入で
4万6080円
MNP&オンラインストア購入で

4万3230円
MNP&オンラインショップ購入で
4万3335円
6万7680円
基本使用料
(24か月)
2万5872円3万9072円5万2272円10万9560円

※5Gギガライト
11万8272円

※auピタットプラン 5G(1GB超~4GBまで利用可)、2年定期契約あり

13万1472円

※ミニフィットプラン+
合計5万8672円8万2407円9万8352円15万2790円16万1607円19万9152円
※価格は税込
※2022年5月時点。3GB使った場合(通話料金は含まず)
中島なかじ
月額が全然違いますよね。

楽天モバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクに続く第4のキャリアです。

楽天モバイルの新プラン「UN-LIMIT Ⅵ(アンリミットシックス)」

引用:https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/

楽天モバイルは、通常の機種代金をほかのキャリアのように割高にせず、価格はApple Storeと同じにしています。

また、ポイントの大盤振る舞いを行っており、iPhone SE3(第3世代)も、最大3万円相当のポイント還元キャンペーンの対象商品となりました。

3万5000円相当のポイントをもらう条件

①他社からの乗り換え(MNP)で、はじめての「Rakuten UN- LIMIT VI」申し込みと同時にiPhone SE3(第3世代)を購入

②翌月末23:59までにRakuten Linkアプリから発信して10秒以上通話

2万5000円相当還元

③楽天カードの48回払いで購入し、24回払いしたあと返却=楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムを利用すると、5000円相当還元

※2年以上使いたい人は③と④を見送っていい(2万5000円相当還元になる)

楽天モバイル以外を使っている方は、楽天モバイルに乗り換える(MNPする)ことで、実質最安値でiPhone SE3(第3世代)を使えるようになります。

中島なかじ
楽天ポイントは、楽天市場や(街中で)楽天ペイとして使えるほか、毎月のスマホ料金の支払いにも使えます。

楽天モバイルの3つのメリットを紹介します。

メリット1.月額料金が安い

使ったデータ分だけ料金を払う、従量制のプランを採用しています。

画像出典:https://network.mobile.rakuten.co.jp

1GBまで:無料
3GBまで:1078円
20GBまで:2178円
20GB以上:どれだけ使っても3278円

iPhone SE3(第3世代)の5G回線も上記の料金で利用できます。

メリット2.専用アプリを使えば、国内通話が無料でかけ放題

楽天モバイルは、コミュニケーションアプリ「Rakuten Link」を経由することで、国内通話が無料かけ放題になります。また、SMSも無料で使えます。

※かける先によっては、通常の通話料(30秒/20円)が発生する場合がある

※アプリを使わない普通の電話のかけ放題サービス(月980円で、国内&世界66の国と地域にかけ放題)もある

メリット3.店舗でサービスを受けられる

楽天モバイルの店舗では「困ったときの相談」や「契約内容の変更」、「機種変更」など対面でサポートを受けることが可能です。

中島なかじ
ほかにも、下記のメリットがあります↓↓
  • 初期費用(SIM代金や事務手数料)が無料
  • 留守番電話や着信転送サービスが無料
  • 機種変したい人もスマホが安く買える
  • 楽天ポイントのSPUが+1倍になる
  • 海外でも月2GBまで使える
  • 追加料金なしで「テザリング」が使える
  • (物理的なSIMカードなしの)eSIMが使える
  • (乗り換えるときの)契約解除料やMNP番号取得手数料が無料
  • 使わなくなったスマホの下取りサービスあり(楽天キャッシュで受け取り)

楽天モバイル|公式サイト

「ほかのキャリアに比べて、屋内や地下などで電波が入りくい」といったクレームも聞きますが、最近はアンテナ工事が加速してどんどん改善されているそうです。

自分が使う場所が「楽天回線エリア」かチェックしたい方はこちら↓↓
通信・エリア|楽天モバイル 公式サイト

楽天は通話だけにして、つながりやすい&安い通信用のSIM(LINEMO)とデュアル使いする方法はこちら

ドコモの販売価格

ahamoの契約者も購入可能(けど、ahamoからではなくドコモオンラインショップから買うことになる)。

容量価格
64GB
MNP&オンラインショップでの購入で
4万3230円

通常
6万5230円

24回払い後、返却する場合
1万1310円
128GB
MNP&オンラインショップでの購入で
5万3097円

通常
7万5097円

24回払い後、返却する場合
1万6257円
256GB
MNP&オンラインショップでの購入で
7万2248円

通常
9万4248円

24回払い後、返却する場合
2万5688円
※すべてSIMフリー、2022年5月時点の税込価格

ドコモ|公式サイト

auの販売価格

容量価格
64GB
MNP&オンラインショップ購入で
4万3335円

通常
6万5335円

25か月目までに返却する場合
1万2615円
128GB
MNP&オンラインショップ購入で
5万3190円

通常
7万5190円

25か月目までに返却する場合
1万7790円
256GB
MNP&オンラインショップ購入で
7万1720円

通常
9万3720円

25か月目までに返却する場合
2万7680円
※すべてSIMフリー、2022年5月時点の税込価格

「5Gスマートフォンおトク割」を利用すると、他社からの乗り換え or 22歳以下の新規契約で、機種代金から最大2万2000円割引される。

au|公式サイト

ソフトバンクの販売価格

容量価格
64GB
通常
6万7680円

24回払い後、返却する場合
3万3840円
128GB
通常
7万4880円

24回払い後、返却する場合
3万7440円
256GB
通常
9万円

24回払い後、返却する場合
4万5000円
※すべてSIMフリー、2022年5月時点の税込価格

ソフトバンク|公式サイト

UQモバイルの販売価格

auのサブブランド、UQモバイルの販売価格はこちら。

容量価格
64GB
MNP&オンラインストア購入+増額オプションⅡ(無料)加入で
4万3335円

通常
6万5335円
128GB
MNP&オンラインストア購入+増額オプションⅡ(無料)加入で
5万3190円

通常
7万5190円
256GB
MNP&オンラインストア購入+増額オプションⅡ(無料)加入で
7万1720円

通常
9万3720円
※すべてSIMフリー、2022年5月時点の税込価格

UQモバイルでは、他社からMNPして、1年間無料の「増量オプションⅡ」に加入し、オンラインショップで購入すれば(UQモバイルの)最安値になります。

※povo2.0からのMNPも対象(povo1.0またはauからのMNPは対象外)

UQモバイル|公式サイト

ワイモバイルの販売価格

ソフトバンクのサブブランド、ワイモバイルの販売価格はこちら。

容量価格
64GB
新規またはMNP&オンラインストア購入で
4万6080円

通常
6万7680円
128GB
新規またはMNP&オンラインストア購入で
5万3280円

通常
7万4880円
256GB
新規またはMNP&オンラインストア購入で
6万8400円

通常
9万円
※すべてSIMフリー、2022年5月時点の税込価格

ワイモバイルの場合、新規またはMNPで、オンラインストアで購入すると(ワイモバイルの)最安値で購入できる。

※ソフトバンクやLINEMO、ソフトバンク回線の格安SIMからのMNPを除く

ワイモバイル|公式サイト

今使っているスマホを売れば、iPhone SE3(第3世代)を安く買える

スマートフォンは、リセールバリュー(再販売価格)が高いです(特にiPhoneは高く売れる)。

今使っているスマホを売ったり、下取りに出すことで、iPhone SE3(第3世代)をより安く購入することができます。

中島なかじ
ちなみに私はiPhone SE2(第2世代)を購入する際、それまで使っていた iPhone 7 32GBを9000円で買い取ってもらいました。

3年半毎日ゴリゴリ使っていたので、細かいキズがたくさんあって付属品もなかったのに、結構なお金になって嬉しかった。

みなさんがお使いのスマホも、iPhone SE3(第3世代)購入の足しになると思います。

じゃんぱら(買取業者)の買取伝票

大手買取サービスの買取価格比較(iPhone 7 32GB/2020年4月時点)

業者最大買取額
Apple(公式)8000円
じゃんぱら1万6000円
GEO1万4520円
TSUTAYA1万3000円
イオシス1万円
ネットオフ5000円
(定額)
※2020年4月時点、各社サイトのHP調べ

 
ここからは、iPhone SE第2世代と第3世代を比較して、どこがパワーアップしているのか、スペックを見ていきましょう↓↓

新型iPhone SE3(第3世代)とiPhone SE2(第2世代)を比較

iPhone SE2(第2世代)とiPhone SE3(第3世代)のスペックを比較

画像出典:https://www.apple.com/jp/iphone/compare

中島なかじ
iPhone SE2(第2世代)は、外側は「iPhone 8」中身は「iPhone 11」でした。

新型iPhone SE3(第3世代)は、外側は「iPhone SE(第2世代)」中身は「iPhone 13」って感じです。

ついに、5G対応!

画像出典:https://www.apple.com/jp/apple-events/march-2022

第2世代にはなかった、5Gに対応しています。

高速大容量 × 低遅延かつ信頼性が高い × 同時多数接続が可能になります。

中島なかじ
より高速なダウンロードが可能になり、ライブストリーミングやオンラインで多人数でプレイするゲームもスピードアップ。

5Gが必要ないときは「スマートデータモード」にシフトしてバッテリーを節約してくれるそうです!

A13 → A15 Bionic搭載へ

画像出典:https://www.apple.com/jp/apple-events/march-2022

第2世代ではA13 Bionicが搭載されていましたが、第3世代ではiPhone13と同じ「A15 Bionic」チップに進化します。

アプリの読み込み速度がよりスムーズになり、第2世代に比べ、最大1.2倍速いグラフィック性能になるそうです。

カメラ機能の進化

画像出典:https://www.apple.com/jp/apple-events/march-2022

第2世代と同じく、広角レンズ1つ(単眼)。インカメラやビデオ撮影機能に大きな変化はありません。

※iPhone 13に搭載されている超広角レンズやシネマティックモード、ドルビービジョン対応のHDRビデオ撮影などは非対応

しかし、第3世代には、iPhone 13に搭載されている新しい機能がついてきます。

・暗い場面でも「Deep Fusion」がディティールを捉えた写真に仕上げてくれる

・トーンや暖かみなどを調整し、写りを事前にカスタマイズできる「フォトグラフスタイル

・「HDR 4」撮影後に被写体を自動認識して写りを最適化してくれる。より立体的で鮮やかになる

中島なかじ
難しい調整をしなくても、iPhoneにお任せすればキレイな写真が撮れる。

レンズが単眼な(超広角レンズがない)のは残念だけど、チップの進化でカメラ機能が向上したって言われるとほしくなっちゃう~。

バッテリーはより長持ちに

画像出典:https://www.apple.com/jp/apple-events/march-2022

第2世代に引き続き、ワイヤレス充電対応、高速充電(20W以上のアダプタに繋ぐと、30分で0%から50%まで充電できる)に対応。

バッテリーの駆動時間が向上しました。
第2世代に比べ、最大2時間長いビデオ再生時間=最大15時間再生可能。
オーディオ再生時間は10時間伸びた=最大50時間。

デザインはほぼ変わらず

画像出典:https://www.apple.com/jp/apple-events/march-2022

第2世代と同じ、4.7インチのRetina HDディスプレイ。
前面にも背面にも、スマホ史上最も頑丈なガラスとアルミを使用しているので割れにくいです。

中島なかじ
2年近く使っていますが、iPhone SEにはヒビもキズも見当たりません。

色は「ミッドナイト(黒)」、「スターライト(白)」、「(PRODUCT)RED(赤)」の3色。

耐水・防塵性能も第2世代と同じで、水深1mで最大30分間耐えられるそうです。

中島なかじ
高さ、幅、厚さは第2世代と変わらないけど、重さは4g軽くなっているそう。

第2世代と同じケースやアクセサリが使えてよかった!

ただ、またしてもベゼル(枠)が黒いのが気に入らない。
私は、ベゼル部分が白い保護フィルムを貼って対応します……。

ベゼル部分が白く塗られている保護フィルムを貼ったiPhone SE2

ホームボタンは続投

画像出典:https://www.apple.com/jp/apple-events/march-2022

iPhone 13や12などには、ホームボタンがありません。

マスクをしているとFace IDが面倒(アップデートすればマスク姿でも解除できる)という声もあります。

しかし、iPhone SEにはホームボタンがあり、ロック解除や支払い、サインインにTouch IDが使えます。

中島なかじ
iPhone13にある「デュアルeSIM」には非対応。

第2世代と同じLightning端子で、イヤホンジャックもなし。

参考資料

より詳しくiPhone SE3(第3世代)のスペックを知りたい方はこちら
Appleのイベント – 2022年3月 – Apple(日本)
→ フランチェスカが動画で教えてくれる。5:39からiPhoneの紹介

iPhone SE(第3世代)|Apple(日本)

Can You Survive?

※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。

サバイブ運営方針はこちら

ABOUTこの記事を書いた人

親の破産、多額の奨学金(740万円)、25万円貸したままフラれる……など【お金で悩む人生】から抜け出すため、お金の使い方や増やし方を勉強している。2級FP技能士。

格安SIMなどの生活インフラの乗り換えで、年間10万円以上の節約に成功。
iDeCoとつみたてNISAで資産運用、IPO株で投資中。【Twitter】@nakaji_55