TAG iDeCo

iDeCoとは|1万人にiDeCoを始めさせた男【イラストで解説】

idecoとは
iDeCo(個人型確定拠出年金)は、2018年のいま最もおすすめできる資産運用術。当サイトからだけでも、1万人以上がiDeCoを始めています。 iDeCoは、投資信託や定期預金を積み立てるだけで、普段支払っている税金が大幅に安くなります。つまり、実質的にやるだけで儲かるような状態!なるべくわかりやすく解説します!

iDeCo比較|はじめての資産運用はiDeCo!女性にもオススメ

iDeCo比較|はじめての資産運用はiDeCo!女性にもオススメ
月5000円から始められて、失敗しない資産運用。iDeCoの3つのメリット【節税効果バツグン、定期預金よりおトク&かんたん&リスクほぼなし】&やり方をわかりやすく解説。手数料や商品数で金融機関を18社比較。オススメの商品、やり方(画像大量)、体験談など。iDeCoの運営管理機関(口座をつくる金融機関)は、手数料ゼロ円のところを選ぼう。信託報酬の低いファンド紹介。人気の外国株式インデックス投信で信託報酬が一番低いのは、マネックス証券で買えるeMAXIS Slim先進国株式インデックス

中島なかじがiDeCoやIPOで愛用するマネックス証券のイベントに参加

中島なかじがiDeCoとIPO株で愛用するマネックス証券のよさを語る
投資初心者の中島なかじがIPO株やiDeCoで愛用しているマネックス証券のよさを紹介。iDeCoの運用管理機関にマネックス証券をオススメする2つの理由、IPO株の抽選がどの証券会社より公平! マネックス証券主催のイベントで松本大社長にムチャぶりをした結果…… iDeCoでひふみ年金が買えるようになりました! 信託報酬が最安のインデックスファンドや人気のアクティブファンドが運用できて、運営管理手数料が無料。iDeCoで失敗したくないならマネックス証券がおすすめ

iDeCoの2018年制度改正|おすすめはeMAXIS Slim先進国

2018年5月、iDeCo(個人型確定拠出年金)に関する制度の一部に改正がありました。iDeCoは私が最もおすすめする資産運用方法です。今回の改正内容や各金融機関の対応、これからの運用すべき金融商品まで、改めて考えてみましょう。

SBI証券でiDeCoについて聞いてきた【教えて!えらいひと】

SBI証券でiDeCoについて聞いてきた【教えて!えらいひと】
SBI証券のえらいひと(執行役員)にiDeCoについて突撃取材。運営管理機関として多くの加入者に選ばれる3つの理由とは?なぜ商品数を増やし続けるか、運用商品選びのコツなど、答えにくい質問にもやさしく答えてもらえた!手数料や運用コストの安さだけじゃない、SBI証券のメリットに迫る

老後資金いくら必要?30歳から始める”非エリート的”備え方

老後資産
なんとなく不安な老後資金。たしかに老後破産は最も避けたいことの一つです。ただし、見えないものに怯えて必要以上に貯蓄に走ってしまうと、チャンスを逃してしまうことにもつながります。ということで、今回は老後資金について具体的に考えてみましょう。