失敗しない生命保険|専門家に聞いた、子を持つ親にオススメな死亡保険の選び方

失敗しない生命保険|専門家に聞いた、子を持つ親にオススメな死亡保険の選び方
保険とは(火災・家計を支える人の死など)めったにない経済的な大ダメージに備える【お金を用意する手段】。子どもがいる親の死亡リスクに備えるには、どんな保険がいい? 保険金はいくら必要? 生命保険の罠を告発してきた専門家 後田亨さんに「失敗しない生命保険の入り方」を聞く! 保険ショップのカモにされず、保険料を下げる方法とは?

専門家がぶっちゃける「失敗しない生命保険の入り方」

オフィスバトン代表。保険コンサルタント 後田享さん
後田亨さん
オフィスバトン「保険相談室」代表。大手保険会社や代理店で15年間営業職を勤める。
お金の勉強を進める中で「保険商品の手数料の高さや販売手法」に疑問を抱き、2012年に独立。
保険関連の執筆・有料相談・講演等を行う。『いらない保険(講談社)』ほか、著書・メディア掲載多数。
中島なかじ
後田さんの本を読んで「医療保険や貯蓄型の保険がいらないこと」に気づき、夫の余計な保険を解約できました。

今回は「子どもを持つ親の死亡リスクに備える保険」について教えていただきたいです。

そもそも、死亡保険って必要ですか?

後田さん
保険が必要かどうかは、歓迎できない事態が起きた時の「影響の大きさと必要な金額」で考えるようにしています。
「保険はあくまでもお金を用意する手段」と語る後田亨さん

子どものいる家庭で、家計を支える人が亡くなる影響はとても大きいです。

そこで保険が役に立ちます。国の遺族年金だけでは生活ができなくなる場合、いわゆる「掛け捨ての死亡保険」であれば、月々数千円で総額1000万円単位のお金を補てんできます。

保険のメリットは、自己資金では対応できない額のお金を、負担しやすい掛け金で用意できるところだと思います。

ただし、加入者が受け取るお金は、保険料から保険会社の経費や収益を引いた残りのお金です。加入者全体で見た収支は、原則、マイナスになります。

つまり、保険は「お金を失いやすいしくみ」でもあるわけです。

だから、必要最小限の利用にとどめたい。

そのためには、不足する金額だけを考えて、冷静に判断することが大切です。

保障額を「費目別」で計算してはいけない

こんな計算で死亡保障額を出すと、余計な保険に入りがち

こんな計算で死亡保障額を出すと、余計な保険に入りがち

中島なかじ
「金額だけ」というと、逆にどんなことを考慮しちゃダメなんでしょうか?
後田さん
入院費、通院費、教育費、老後資金など「お金の使い道や費目別」で考えると、より多くの保険に入ることになりやすいと思います。

普通は収入の範囲で、生活費や教育費をやりくりしますよね?

中島なかじ
たしかに!「教育費に1000万円、生活費にウン百万円」とかって費目別で足し算していくと、保険金がいくらあっても足りない気がします。

保険料が高くて家計が苦しいって本末転倒だし「働き続けるより、亡くなったほうが儲かる契約」を結ぶなんて、おかしいですよね。

後田さん
不足を補う保障額は、家族構成や貯蓄額などによって変わりますが

その方が亡くなったら、月々いくらくらい不足するか」と考えるほうが、現実的だと思うんです。

「月々いくら不足するか」考えて、保険金を決める

遺族保障の考え方

遺族を支える保障は、民間の保険だけじゃない

遺された家族を保障するのは、民間の生命保険だけではありません。
私たちが加入している国民年金や厚生年金(公的年金制度)には、遺族年金があります。

国民年金加入者:遺族基礎年金
厚生年金加入者:遺族基礎年金遺族厚生年金
遺族年金の受給資格要件

遺族基礎年金:18歳未満(または20歳未満で障害年金の障害等級が1級・2級)の子どもがいると受給できる

遺族厚生年金:18歳未満の子どもがいなくても(配偶者だけでも)受給できる

※ただし死亡当時の遺族の年収(前年分)が原則850万円未満(所得額で655万5000円未満)でないと受給できない

詳しい受給条件は下記をご参照ください
遺族年金|日本年金機構(電話での年金相談も受付中)

遺族年金の支給額の例

 自営業世帯
(国民年金)
会社員・公務員世帯
(厚生年金)
子ども1人年:100万4600円
月:8万3716円
年:136万4600円
月:11万3716円
子ども2人年:122万9100円
月:10万2415円
年:158万9100円
月:13万2425円
子ども3人年:130万3900円
月:10万8658円
年:166万3900円
月:13万8658円
※亡くなった人の年収が350万円、年金加入歴25年未満だった場合
※小数点以下は切り捨て
※2019年7月24日時点

世帯手取り30万円のAさんファミリーの例

死亡保障の例(30万円でやりくりするAさんファミリー)

上記のAさんファミリーの場合、下記の遺族年金が支払われます。

遺族基礎年金:月8万3716円
遺族厚生年金:月3万円
計:月11万3716円

Aさんが亡くなると「遺族年金:11万円3716円」と「妻のパート収入:7万円」を合わせて約18万円。

そこに、あとどれくらいのお金があればやっていけそうか、考えてみるわけです。

中島なかじ
え~と…… 子どもはまだ0歳だから、数年後から教育関連の出費が増えますよね。

それを想定しつつ「今くらいの収入は維持したい」と考えると……

最低でも 12万円 × 12か月 × 20年間=2880万円の保険金がおりる保険に入ればいいのか。

後田さん
死亡保険には、2種類あります。
一時金形式:一括で大きなお金が振り込まれる
年金形式:毎月決まった額が振り込まれる
後田さん
私は一時金よりも、分割で支払われる収入保障型の保険が利用しやすいと考えています。
収入保障保険の保障は、経過年数によって減るので保険料が安い

収入保障保険の保障は、経過年数によって減るので保険料が安い

(同じく掛け捨ての)定期保険より保険料が安くなりますし「月にいくらあればいいか」という考え方にも馴染むでしょう。

中島なかじ
保険金が一括で振り込まれたら、計画的にお金を使えるか(一気にドーンと使っちゃわないか)不安だったんです。

定額が振り込まれるなら、やりくりしやすそうですね。

でも実際にひとり親になってしまったら、ベビーシッターを雇ったり、自炊の回数が減ったりしていろんなお金がかかりそうです。

後田さん
ベビーシッター代などの出費が増えるというのは、保険会社のセールストークではないでしょうか。

言いにくい事実なんですが、家族の一員が亡くなるということは「一生分の生活費が減る」ということでもありますよね。

配偶者を失うことで、新たに生じる出費のことを想像しがちですが、実際は「1人分の生活費が減る」ということも考慮していただきたいです。

中島なかじ
これ以上ないくらい悲しい計算ですが、まぎれもない事実ですね。

保険は、いつからいつまで?

収入保障型の保険期間
中島なかじ
保険は、いつからいつまで入るのがいいのでしょうか?

ひとりっ子と兄弟がいる場合は、違いますよね?

生む前と後ではどっちがいいかとか、いろいろ気になります。

後田さん
保険期間は、末っ子が自立するまでと考えるといいでしょう。

2人以上子どもがいる場合、上の子が大きくなってきたら、保険金の額を減額するのもいいと思います。

ただし「いつ保険に入るのが最適か」という問いには、正解がありません。

例えば、Aさんファミリーが「2人目がほしいから、その分も保険に入っておいたほうがいいかな」と考えたとします。

でも、すぐ子どもができるかわかりませんし、出産後に体調を崩して同じ保険に入れなくなる可能性もあります。

保険に限らず、不確実な将来に備える対策に「100%の正解はない」という認識も必要なのではないかと思います。

中島なかじ
私だったら、2人目が生まれてから保険会社に相談すると思います。

妻にも死亡保険は必要?

中島なかじ
子持ちの家庭は、ほとんどが共働きだと思います。

夫だけでなく妻も保険に入ったほうがいいのでしょうか?

働く妻が保険に入る例について語る後田亨さん
後田さん
その場合も、影響と金額で考えます。

どれだけ家計を支えているかによりますね。

2014年から、妻が亡くなった(父子家庭になる)場合も、遺族年金が支払われるようになりました。

先ほどのAさんファミリーの場合、妻のCさんは月7万円の収入がありましたが、遺族基礎年金で月8万程度支払われるので、保険に加入する必要性は少ないと思います。

  • 夫と同じまたはそれ以上、妻が家計を支えている
  • 夫の収入が不安定
  • (ひとり親になると)転職しなければならず、収入がかなり下がりそう

といった場合は、もう少し大きな影響が出ると考えて試算されるのがよいかと思います。

死亡保障のもう1つの考え「次の人生を歩み始めるまでの猶予」

もう一つの死亡リスクへの備え方パターンを語る後田亨さん
後田さん
実は、死亡リスクへの備えとしてもう1つ考え方があります。

家計を支える方が亡くなってから数年分のお金だけ用意するというパターンです。

この場合、死亡保険料は数百万円から1000万円くらいに設定できるので、保険料がぐっと安くなります。

例えば、年収300万円の人なら保険金1000万円で、3年以上の収入が確保できます。

次の人生を選ぶための猶予(時間)を与えるから、その間に婚活するなりなんなり、頑張ってくれ」という考え方で、収入の少ない世帯主の方には「それもありかもしれない」と、一考してもらえる提案です。

中島なかじ
そうなってくると「俺は死なないから、保険には入らない」って考え方もアリなのか……
後田さん
降水確率1%なら、傘を持ってでかける人は少ないですよね。

でも「1%の確率だが、巨大な隕石が降ってくる」と聞いたら、どうでしょうか。

たとえば、政府統計では、30歳男性が向こう20年間に死亡する確率は2%程度です。

(過去の傷病歴や現在の健康状態によっては、加入できない人もいるため)民間の保険に加入できる人の場合、死亡する確率はより低くなると考えられます。

確率論で見ると、保険に加入することが馬鹿馬鹿しく思える人もいるかもしれません。

しかし、家計を支えている人の死は大きな影響を与えます。

確率だけでなく影響を考えると、入っておくほうがよいと思いませんか?

中島なかじ
なるほど。確率の低い不利な賭けだからこそ、影響を考えつつ、最小の掛け金に抑えたほうがいいんですね。
後田さん
そうなんです。確率が低いからこそ、安い掛け金でも大きな保障が持てる。

不利な賭けであるほど、効率的な備えが可能になるわけです。

「保険ショップで〇千万円必要って言われたから、その通りにした」というより「ご自身の言葉で、家族に加入理由や保険の内容を伝えられる」ほうがいいと思います。

具体的に、どんな保険に入ればいい?

保険ショップの店頭にはたくさんのパンフレットが並ぶ

保険ショップの店頭にはたくさんのパンフレットが並ぶ

中島なかじ
オススメの保険会社や商品はありますか?
後田さん
特約などのオプションはつけず死亡保障にのみ絞ったプランで比べて、安いものを選ぶといいと思います。

最初のほうでお話ししたように、保険は「お金を失いやすいしくみ」なので、大金がかかる死亡時の保障のみに絞るんです。

中島なかじ
特約って「三大疾病にかかったら保険料は不要」とかってやつですよね?

安いなら、入っておいたほうが得なんじゃないかと思うのですが……

後田さん
保険料免除」と言われると、価値があると判断する方が多いです。

でも、特約をつけた保険料が5000円だとしたら「大きい病気になったら、毎月5000円あげるよ」ってことですよね。

仮に「病気になったら、日経新聞の購読料がゼロになります」みたいな保険があったら入りたいですか?

中島なかじ
入りたくないです(笑)

「月5000円払わなくていい」って考えると、全然魅力的じゃないな。

後田さん
手術や入院など各種給付金が支払われる要件で考えると、正しい判断がしづらくなると思います。

費目別に保障を用意すると、保険料負担が増える一方です。

保険は、小さなお金(掛け金)で、大きなお金を用意するために使うもの。

「病気になったら月5000円、入院日額1万円、手術をしたら10万円」といった少額のお金を保険で用意しようとするのは、本筋ではないと思います。

いったん「いざというときに備える」という文脈から離れて、保険を「自己負担できない大金を用意する際、検討に値する方法」として、冷静に判断することが大事だと思います。

「ネット保険は安い」はダウト!

中島なかじ
保険会社のことはあまり知らないのですが、ネット専業の保険会社は安いイメージがあります。

厚切りジェイソンがCMをやってるネット保険で試算してみようかな。

後田さん
あの会社には、収入保障保険がありません。

そもそも「ネット保険=大手生保などよりは安い」くらいの認識が正しいです。

保険には、健康診断の結果が良かったり、非喫煙者だったりすると、保険料が安くなる商品があります。

保険の健康割引の条件の例

ネット生保では、健康状態による割引などを行っていないので、健康割引がある保険会社を選んだほうが、保険料が安くなる人も少なくないでしょう。

中島なかじ
なら、どこで試算すればいいのでしょうか?
後田さん

その試算結果を保険ショップに持っていって、複数社のプランから相見積もりしてもらうといいですよ。

中島なかじ
保険ショップ!? あんなところに行ったらカモにされるに決まってるじゃないですか?

昔、5社合わせて3万5000円の保険に加入させられそうになりました……

銀行や証券会社、保険会社も窓口に行ったらおしまいです!

それこそ売り手都合で、より販売手数料が高い商品へ誘導されますよ! そんなのイヤ~。

後田さん
中島さんは、どんなふうに相談にしたんですか?
中島なかじ
「保険の知識がないので、概要と私にオススメの保険を教えて」って感じでした。
後田さん
それはいけませんね。

経済評論家の山崎元さんが、金融機関や代理店の窓口の人に助言を求めることを「赤ずきんちゃんが、オオカミに道を尋ねるようなもの」とおっしゃっていました。

保険ショップには、使い方があるんです。

保険ショップ(代理店)をうまく使う方法

対面販売の保険ショップ

なかじが過去に訪れた保険ショップ

後田さん
保険に加入する人の性別、年齢、保険期間、健康状態などによって保険商品の優劣は変わります。

窓口やショップなど複数社の保険商品を扱う代理店で比較することをオススメします。

担当者に挨拶されたら、次のように話してください。

保険相談を受ける際、保険ショップのカモにされない魔法の呪文
中島なかじ
言えるかな~(汗)

でも、こう言えば余計な保険を勧められなくて済みそうです。

後田さん
1でプレッシャーをかけるのがポイントです。

日本語は便利で「私は……」と言わなければ、ウソになりません(笑)

それでも別の保険を勧めようとしてきたら「お互い、時間を大切にしましょうよ」と伝えてみましょう。

自分で試算するのが面倒だという人は

60歳まで毎月15万円出ればいい。その中でいちばん安い収入保障保険を見せて」というやり方もあります。

中島なかじ
なるほど、ちょっと行ってきます!!

「ほけんの窓口」で相見積もりをしてもらった結果……

――2時間後
相談中に飛び出した中島の帰りを待つ後田さん

中島なかじ
ただいま帰りました! 近くにあった「ほけんの窓口」で相見積もりを出してもらいました!

いちばん安かった保険はコレです↓↓

ほけんの窓口で勧められたパンフレット

中島なかじが勧められた保険

妻:30歳 夫:36歳(共に会社員)
来年子どもが生まれる設定で、保険料の安い収入保障保険を探してもらった結果……

FWD富士生命「FWD収入保険」
無解約返戻金型収入保障Ⅱ(非喫煙者優良体保険料率)

ほけんの窓口での試算結果

 
保険期間36~64歳30~50歳
保険金
(月額)
20万円15万円
月払保険料3836円1169円
※2019年6月時点での試算
※夫も妻も、設定できる最短の保険期間で試算したため年数が異なる
中島なかじ
こんな感じで試算結果が出たんですが、どうでしょう?
後田さん
保険期間や年金月額に検討の余地はあると思いますが、悪くないと思います。
中島なかじ
ただ富士生命は、香港に本社があるそうで「国内より倒産リスクが高いかも」という説明を受けました。

外資と日本の企業でそういった違いはありますか?

後田さん
向こう20年くらいともなると、破たんリスクはどの会社にもそれなりにあるかと思います。

破たんの影響を受けやすいのは資産性がある保険です。

収入保障保険など、定期の死亡保険なら、あらかじめ死亡率を高めに見込んでおくことで、利益が出やすいので、保障内容を変えたりしないで別の会社が引き継ぐ可能性が高いのではないでしょうか。

貯蓄性のある保険は、手数料が高すぎる!

中島なかじ
「他の商品は検討しません」と言い切れず、貯蓄性のある終身保険のセールスも軽く受けました。

「収入保障保険と合わせるのもいい」って言われたんですけど……

ほけんの窓口で勧められた終身保険のパンフレット
後田さん
終身保険にドル建ての貯蓄型保険……

まだこんなものを勧めてるんですね。

「終身保険は貯蓄性もある」「高金利の外貨で資産形成を」などというと聞こえはいいかもしれませんが、貯蓄性が語られる保険については、保険会社を介した「不利な債券投資」だと思っていたほうが現実的でしょう。

投信信託で運用する保険でも「不利な条件が付いている投資信託」に近いと見るわけです。

まず、大半の契約で長い元本割れ期間があるのは、契約の初期に営業担当者や代理店に支払う手数料が多いからです。

それに、通常、保険に加入してから10年は「解約控除」といって初期費用の未回収部分を積み立て金から差し引いて「解約返戻金」が払い戻されます。

携帯電話の2年縛りが、かわいく見えてきますよね。

中島なかじ
10年縛り……

初期費用の未回収分ってなんですか?

後田さん
一般に、代理店などが保険会社から受け取る手数料は、契約から5~10年くらいの間に支払われることが多いんです。

特に、初年度に多額の手数料を払う会社が多い。営業部門の動機づけを強化するためでしょう。

保険料払い込み期間などに応じて、均等割りで手数料を払うのではないんです。

そのため、会社に利益が残るようになるまで時間がかかります。

そこで、短期で解約された場合、まだ手数料も回収できていないということで、お客さんの積立金から未回収分を引くのです。迷惑なことですよね。

保険の手数料のしくみに苦言を呈する後田亨さん

お金を増やしたい人が「(手数料が高いために)積み立てや運用に回るお金が少なく、(保険会社の都合で)解約時には別途手数料がかかる」ようなしくみを利用するのは、賢明ではありません。

同じ債券にお金を使うのであれば、金融機関から直接「個人向け国債(変動10)」を買ったほうが賢いと思います。

こちらは金利の上昇にも対応できます。1万円から購入可能で、発行して1年経てばいつでも途中で換金できるので、保険より便利です。

債券 個人向け国債とは|マネックス証券

個人向け国債「変動10年」は金融商品として完璧だけど今は買わない

2018.06.19
中島なかじ
お金を貯めるなら、iDeCoつみたてNISAっておトクなやり方もありますもんね。

わざわざクソ高い手数料払って保険会社に任せるって、もったいないな。

窓口で勧められたドル建ての貯蓄型保険は「積み立て利率年3%を最低保証」らしいんですが、私がiDeCoで積み立ててる投資信託(外国株式のインデックスファンド)は、手数料(信託報酬)0.1%5%以上の利益を出してますよ!

後田さん
「予定利率3%」は、あくまで、保険料から手数料をはじめとする経費等を引かれた残りのお金に適用される利率です。

経費が大きいので、契約当初はマイナス金利が保証されているようなものです。

誤解されやすい数字を「最低保証」と打ち出すのはどうかと感じます。

手数料について言うと、個人向け国債(変動10年)の場合、金融機関の取り分は0.4%(100円あたり40銭)ですが、外貨建ての保険の場合、1年目の代理店手数料が年間保険料の40%なんてこともあります。

保険相談を受ける中で「1年後に解約しても払戻金はゼロ」というような保険証券も飽きるくらい見てきました。

中島なかじ
ひでぇ話だ!

同じ「お金を用意する手段」でも、別の世界みたいですね……

学資保険ってどうなの?

中島なかじ
子どもの教育資金を貯める学資保険ってどうなんでしょうか?
後田さん
学資保険も貯蓄型の保険のひとつです。

ただ、教育資金を貯めるのに「学資保険を使わなければならない」という理由はないと思います。

そもそも、進学資金が必要になる時期や、老後資金が必要になる年齢までに「最も有利にお金がふやせる方法」など、誰も知らないはずですよね?

保険会社も国債を買ったりしてお金を運用しているのですから、個人向け国債(変動10)を利用するといいと思います。

また学資保険に加入するデメリットは、他の保険商品の営業を受けることです。

中島なかじ
そうか。学資保険はドアノック商品ってことか!

学資保険だけじゃ儲からないから、そこから信用や関係性を築いて、最終的には終身保険とか個人年金みたいな余計な保険に加入させられるんだ。くっそ~。

2018年4月より前に死亡保険に加入した人は、見直すと安くなるかも!

余計な保険を斬り捨てる後田さん
後田さん
保険ショップで相見積もりをするメリットは、もう1つあります。

11年ぶりに『標準生命表』が改定されて、各社の死亡保険が値下がりしたんです。

日本人10万人あたりの死亡率の変化

年齢2007年の死亡率2018年の死亡率
30歳男:0.86%
女:0.49%
男:0.68%
女:0.37%
40歳男:1.48%
女:0.98%
男:1.18%
女:0.88%
60歳男:8.34%
女:3.79%
男:6.53%
女:3.63%
※出典:日本アクチュアリー会『標準生命表2018』作成概要

死亡率が下がったので、死亡保険の保険料を値下げする会社が続出しました。

2018年4月より前に「死亡保障のある保険」に加入した人は、今見直すと保険料が安くなる可能性があります。

子どもが成長しているぶん、必要な保障を持つべき期間が短くなることもあって「33歳で入った保険に、40歳で入り直したら、保険料が安くなった」といった例もあるんです。

既に加入している人も、保険ショップなどで見直してみるといいと思います。

ただし、その際は魔法の呪文を忘れずに。

保険相談を受ける際、保険ショップのカモにされない魔法の呪文

「影響と金額」だけを考えて、個人年金や貯蓄性のある保険など、他のセールスは聞き流してください。

保険の無料相談や見直し・比較|ほけんの窓口【公式】

中島なかじ
上司にも見直しを勧めてみます!

めちゃくちゃ参考になりました!! ありがとうございます。

まとめ「子を持つ親の死亡に備える保険」の正しい入り方

  • 保険とは、めったにない経済的大ダメージに備える【お金を用意する手段】
  • 遺族年金などで補えない【不足する金額】と【影響の大きさ】だけで判断すべし
  • 【月々、いくらくらいでやっていけるか】を計算して、保険金を決める
  • 保険金が分割で支払われて保険料が安い【収入保障保険】がオススメ
  • 保険期間の目安は末っ子が自立するまで
  • 働く妻は【どれだけ家計を支えているか】によって加入を検討しよう
  • 特約はつけない。死亡保障にしぼったプランを比較して、安い保険を選ぶ
  • 試算結果と魔法の呪文をたずさえて【保険ショップで相見積もり】
  • 貯蓄性のある保険、終身保険などは、手数料が高すぎ。やめよう
  • 2018年3月以前に死亡保険に加入した人は、見直しすると保険料が安くなるかも

なかじの感想

後田さんは怖くないよ

本だと厳しい印象があったけど、やさしく丁寧に話してくれた後田さん

中島なかじ
後田さんの話を聞く前は「教育費や生活費など、いくら備えれば足りるのか」という部分が大きな疑問でした。

でも「普通は収入の範囲でやりくりするもの。必要保障額を費目別で考えちゃダメ」というひと言で、目からウロコが落ちました。

30歳を過ぎてから、友達がどんどん赤ちゃんを産みはじめたので、みんなにこの記事を送りつけたいです。

友達以外でも、記事を読んでくれた方が

  • 遺族年金や保険で備えられる保障を知って、お金の不安をなくし
  • 医療保険や貯蓄型の保険など「余計な保険」にお金を落とさず
  • (必要だと思った人が)必要な分だけ、自分に合った保険に加入
できることを願っています。

今回の記事ではあまり触れませんでしたが、医療保険やがん保険、貯蓄性のある保険が不要な理由は、こちらの本に詳しく書かれています↓↓

後田さんが出されている本の中でも「素人と専門家の対話形式」でわかりやすく、検討に値する商品名も紹介されています。一家に一冊置きたいレベル。

対面型の保険ショップは、ほけんの窓口がよかったです。以前行った別のショップより対応や説明が親切で、来店後のしつこい営業もありませんでした。

ただし、私が窓口に行ったとき「老後2000万円問題」に絡めて、貯蓄性のある商品を勧めてきたので、そういうのはスルーしてください。

31歳に入った保険を43歳で見直したら、5000円以上保険料が下がった

せいきゅん
この記事を読んで、僕もほけんの窓口に行ってきました。

見直しを依頼したところ……

保険料が月5444円も安くなった!!

保険を見直した結果①(収入保障保険A 受取人:母)

 見直し前見直し後
保険期間31~60歳43~60歳
保障額
(月額)
15万円15万円
月払保険料3795円2506円

保険を見直した結果②(収入保障保険B 受取人:妻)

 見直し前見直し後
保険期間31~60歳43~55歳
保障額
(月額)
20万円10万円
月払保険料5400円1245円
中島なかじ
せいきゅんは受取人を、奥さんとお母さんをにしてるんですね。
サバイブ編集長 せいきゅん
僕が死んだら、僕の財産は妻と子どもにいく。

でも、ひとりで暮らす母親には1円もいかない。

妻は働けるし、僕が55歳になるころには、子どもも独立するから、母親が受け取れる保険金を多めに設定してるんだ。

中島なかじ
なるほど~。
せいきゅん
(担当者にもよるだろうけど)魔法の呪文を使ったら、余計な勧誘も受けなかった。

保険ショップのイメージが変わったよ。ほけんの窓口、僕もオススメできるな~。

中島なかじ
老後資金を貯めるならiDeCoつみたてNISAといった、国が用意してくれたおトクなお金置き場があります。

日ごろ払っている税金まで安くなる、最強の積み立て手段「iDeCo」↓↓

iDeCoとは|個人型確定拠出年金のわかりやすい図解とおすすめ商品

2019.05.01

少額から始められて、いつでも取り崩せる(老後資金だけでなく、教育資金や結婚資金などにも使える)「つみたてNISA」↓↓

つみたてNISAとNISAとiDeCoを比較した男|つみたてNISAを徹底評価

2019.05.29

「将来のお金に対して漠然とした不安がある」「そもそも貯金ができない」という人はこの記事を見てください。私もそうでした↓↓

不安がなくなる【お金の正解】3ステップで誰でも簡単に貯める・増やす方法

2019.04.05

後田さんの本を読んで、医療保険やがん保険がいらない理由をまとめた記事はこれ↓↓

保険を見直すより、解約しよう!今すぐ生命保険をやめたくなる3つの理由

2019.07.26

参考サイト

後田亨 オフィシャルサイト(後田さんの有料保険相談を受けられる)

遺族保障ガイド|公益財団法人 生命保険文化センター(生命保険の解説や必要保障額の事例などわかりやすい)

Can You Survive?

※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。

サバイブ運営方針はこちら