2018年のIPOスケジュール一覧と勝率、利益額ランキング

2018年のIPOスケジュール一覧と勝率、利益額ランキング

 

IPO株を始めるための必須口座7社

証券会社名主幹事数
幹事数
特徴
SBI証券9社('20)
7社('19)
11社('18)
8社('17)
13社('16)
61社('20)
82社('19)
86社('18)
83社('17)
76社('16)
幹事数No.1!資金量が多いほど当選確率UP。落選でもポイント貯まり、いつかS級当選できる可能性大!
大和証券9社('20)
20社('19)
13社('18)
16社('17)
16社('16)
33社('20)
44社('19)
31社('18)
41社('17)
37社('16)
個人抽選15%、ポイント5%。大手対面型の中では当選しやすい。口座管理料(1620円)があるがeメンバー登録で無料。
SMBC日興証券14社('20)
20社('19)
21社('18)
11社('17)
15社('16)
39社('20)
61社('19)
64社('18)
73社('17)
72社('16)
主幹事も幹事も多い。資金の重複使用はできない。REITのIPOはかなり当たる。
野村證券15社('20)
17社('19)
23社('18)
27社('17)
18社('16)
26社('20)
36社('19)
37社('18)
38社('17)
30社('16)
資金0円で申込み可!主幹事数No.1。なかなか当たらないけど、必須。
みずほ証券15社('20)
12社('19)
22社('18)
14社('17)
20社('16)
44社('20)
55社('19)
70社('18)
62社('17)
60社('16)
主幹事も幹事も多い。
マネックス証券0社('20)
0社('19)
0社('18)
0社('17)
0社('16)
35社('20)
45社('19)
50社('18)
47社('17)
44社('16)
主幹事は0だが、個人抽選配分が100%なので平幹事でも当たることが多い!資金の重複使用はできない。
楽天証券0社('20)
0社('19)
0社('18)
0社('17)
0社('16)
26社('20)
25社('19)
11社('18)
6社('17)
8社('16)
再びIPOに力を入れ始めた楽天証券。個人抽選配分が100%。資金の重複使用はできない。
三菱UFJモルガン スタンレー証券1社('20)
4社('19)
6社('18)
4社('17)
2社('16)
11社('20)
26社('19)
23社('18)
29社('17)
23社('16)
主幹事の数は少ないが、主幹事や大規模IPOのときは、けっこう当たる。資金の重複使用はできない。
↓メンドクサイけど、もっと口座をつくって少しでも当選確率を上げたい人向け
東海東京証券0社('20)
4社('19)
1社('18)
3社('17)
5社('16)
13社('20)
27社('19)
21社('18)
11社('17)
15社('16)
数回ある主幹事案件は当選しやすい。口座管理料(3240円)があるが電子交付サービス利用で無料。
松井証券0社('20)
0社('19)
0社('18)
0社('17)
0社('16)
9社('20)
19社('19)
8社('18)
14社('17)
11社('16)
個人抽選配分70%!大型案件は大チャンス。
いちよし証券5社('20)
1社('19)
1社('18)
4社('17)
1社('16)
27社('20)
33社('19)
28社('18)
37社('17)
30社('16)
資金0円で申込み可! 年1~2回ある主幹事のときは大チャンス!
岡三オンライン証券0社('20)
0社('19)
0社('18)
0社('17)
0社('16)
27社('20)
34社('19)
47社('18)
23社('17)
6社('16)
資金0円で申込み可!当たらないけどコツコツいくだけ。岡三証券の委託幹事。
岩井コスモ証券0社('20)
0社('19)
0社('18)
0社('17)
0社('16)
30社('20)
36社('19)
33社('18)
39社('17)
25社('16)
幹事数は意外と多い。抽選後期型なので、資金入金はBB終わってからでOK。
エイチ・エス証券0社('20)
2社('19)
0社('18)
0社('17)
0社('16)
6社('20)
10社('19)
11社('18)
10社('17)
7社('16)
ときどき主幹事案件がある。そこが狙い目!
岡三証券1社('20)
0社('19)
1社('18)
4社('17)
0社('16)
29社('20)
34社('19)
47社('18)
36社('17)
30社('16)
たまにある主幹事のときが狙い目。穴場。
'20(2020年)は、10月23日上場承認分(11月30日上場予定)まで。さらにメンドクサイけど、もっと当選確率を上げたい人はこちらも>>

IPOの勝率(初値売却)

2018年 勝率88.9% 90社80勝10負1分(投資法人5社0勝5負)
2017年 勝率91.1% 90社82勝8負(投資法人4社2勝1負)
2016年 勝率80.7% 83社67勝13負1分(投資法人9社3勝6負)

2018年IPO初値利益額ランキング(主幹事:上場日)

1位 HEROZ +445万円(SMBC日興:4/20)
2位 アジャイルメディアNT +124.7万円(みずほ:3/28)
3位 RPA HD +107.1万円(SBI:3/27)
4位 ベストワンドットコム +105万円(SMBC日興:4/25)
5位 Kudan +102.8万円(SMBC日興:12/19)
6位 ビープラッツ +78万円(野村:4/4)
7位 ジェイテックCorp +74.5万円(SMBC日興:2/28)
8位 Mマート +41.4万円(みずほ:2/23)
9位 リンク +40.4万円(SBI:12/25)
10位 イーエムネットジャパン +40万円(みずほ:9/21)
11位 ZUU +39.5万円(野村:6/21)
12位 アズーム +34万円(みずほ:9/20)
13位 日本リビング保証+33.4万円(みずほ:3/30)
14位 GA technologies +32.7万円(SBI:7/25)
15位 テクノスデータサイエンス・E. +31.5万円(いちよし:12/18)
16位 霞ヶ関キャピタル +30万円(みずほ:11/28)
17位 プロレド・パートナーズ +29.2万円(みずほ:7/27)
18位 和心 +28.55万円(SMBC日興:3/29)
19位 ログリー +27.75万円(SMBC日興:6/20)
20位 アイ・ピー・エス +27.7万円(みずほ:6/27)
21位 フロンティア・マネジメント +27.4万円(みずほ:9/28)
22位 SIG +26.65万円(岡三:6/21)
23位 ブリッジInt’l +26.1万円(SMBC日興:10/4)
24位 アズ企画設計 +25.45万円(みずほ:3/29)
25位 エーアイ +25万円(SBI:6/27)
26位 ヒューマン・アソシエイツHD +24.3万円(大和・SMBC日興:4/10)
27位 ピアラ +24.8万円(SBI:12/11)
28位 VALUENEX +24.6万円(SBI:10/30)
29位 マネジメントソリューションズ +24万円(みずほ:7/23)
30位 イーソル +23.2万円(野村:10/12)
31位 プロパティデータバンク +23.2万円(三菱UFJMS:6/27)
32位 SERIO HD +23.2万円(野村:3/2)
33位 システムサポート +22.5万円(大和:8/2)
34位 アクセスグループHD +21.6万(大和:11/6)
35位 ディ・アイ・システム +20.2万円(SMBC日興:10/19)
36位 メルカリ +20万円(大和・三菱UFJMS:6/19)

2018年のIPOスケジュール一覧と初値予想

Code
日付
件数
銘柄名
株総数/公募/売出株数:売出比率
市場/抽選結果/初値利益額
想定/吸収
時価 想定/公開
公開/吸収
*期待 当初→BB時
仮条件
初値予想
設立年月
BB申込期間
初値(騰落率)
↑事業内容
●岩崎コメント上場承認時 ▼BB後 ◇上場後
・幹事証券会社、(主)は主幹事
*期待→岩崎の初値利益期待値 ★★★=20万円以上、★★=5万以上~20万円未満、★=5万円未満
7330
12/25
--
レオス・キャピタルワークス
126.5万/63.2万/253万:80.0%
マザーズ/--/上場取りやめ
2010円/73.1億
254億/177億
1400円/50.9億
★★→★
1300~1400円
1500~2000円
2003年4月
12/6~12/12
上場取りやめ
↑投資信託の設定、運用ならびに販売業務・投資一任契約に基づく投資顧問業務
●日本で最も有名なファンドの1つ、ひふみ投信を運用する会社。テレビなどでお馴染みの藤野さんが社長。運用資産総額は右肩上がりで、それに比例して売上も右肩上がり。今期の予想売上は62.9億、利益は11億。利益率も高い。V.C.は全株公募売出し。S.O.は58万株。リーマンショックのときに助けたISホールディングスの遠藤社長が、法人、個人、資産管理会社でのEXIT。吸収金額と時価総額が大きく、注目銘柄と同じに日に上場で、初値は厳しそう。まぁでも、知名度もファンも多いので、公募割れはなさそう。▼大幅な仮条件DOWN。同業者の機関投資家には不人気? 上場によって、ファンドのパフォーマンスが下がる懸念が大きいか。◇この最悪な市況を考えての取りやめか。さすがの相場師。市況は関係なく、主幹事からの要請だったそう。どうなるんだ。レオス藤野氏激白「みずほ証券が上場延期要請」>>
・みずほ(主)、SBI、楽天、マネックス証券、資金0円でもIPOに参加できるライブスター証券
7048
12/25
090
ベルトラ
2811万/150万/162万:51.9%
マザーズ/株価/+1.3万
360円/12.9億
101億/108億
384円/13.8億
★★→★★
360~384円
700~950円
1991年11月
12/6~12/12
514円(+33.9%)
↑海外・国内の現地体験型オプショナルツアー専門のオンライン予約サイトの運営
●旅行のオンライン予約サイトはIPOで人気。さすがに増えすぎてきたが、現地のオプショナルツアー特化で独自性あり。社名はNice。売上は右肩上がりで利益も出始めてきた。今期の予想売上は33.4億、利益は1.41億。V.C.は129万株。S.O.は上場時は0。低位株なのでマネーゲーム化するかも。◇市況が悪すぎ。
・野村(主)、SMBC日興、SBI、みずほ、マネックス証券、松井
4428
12/25
089
リンク
99.2万/16万/8.8万:35.5%
マザーズ/株価/+40.4万
3110円/8.87億
35.8億/41.3億
3580円/10.2億
★★★→★★★
3380~3580円
9500~1.2万
1987年10月
12/6~12/12
7620円(+123%)
↑自動発注・在庫最適化ソフト「sinops」の開発・販売
●toBのパッケージソフトはIPOで大人気。人手不足の今、自動発注などの省人化はテーマ性抜群。創業31年と意外に社歴が長い会社だが、5年くらい前から売上と利益が右肩上がり。今期の予想売上は9.66億、利益は1.30億。V.C.が0、S.O.が4.7万株と、こちらも好印象。死角はなさそう。3社同時上場、今年最後のIPOで、さて、どこまで上げられるか? ガッキーのCMでおなじみGMOクリック証券からも申込み可に。▼SBIのCP当選ボーダーはやはり400P以上だった様子。◇最悪の市況の中、2倍以上の初値。上出来。
・SBI(主)、大和、みずほ、岩井コスモ、エース、藍澤、エイチ・エス、極東、東洋、むさし
7047
12/21
088
ポート
1148万/75万/244万:76.5%
マザーズ/株価/-5.5万
1450円/53.3億
166億/170億
1480円/54.4億
★→★
1420~1480円
1350~1600円
2011年4月
12/6~12/12
930円(-37.2%)
↑インターネットメディア事業
●自社サイトを見ても運営メディアが書いてない… 会員制就活転職サイト「キャリアパーク!」が収益源。社名はNice。売上は倍々ゲームだが、前期まで赤字。今期の予想売上が28.2億、利益は4.68億。V.C.が570万株以上と多い。S.O.が4万株。吸収金額も時価総額も大きい。4社同時上場で、公募割れもあり得る。◇なんと、公募価格より-25%になり、初日に値がつかず。こんなこともあるんか… IPO受難の時代。翌日、-37.2%で寄付き、反発しストップ高。激しい。
・大和(主)、SBI、野村、SMBC日興、みずほ、三菱UFJMS、岡三、いちよし、岩井コスモ、エース、丸三、エイチ・エス、カブドットコム、楽天、岡三Online
4427
12/21
087
EduLab(エデュラボ)
847万/93万/51万:35.3%
マザーズ/株価/+7000円
2800円/46.4億
237億/271億
3200円/53.0億
★★→★
2800~3200円
3300~4000円
2015年3月
12/6~12/12
3270円(+2.19%)
↑教育測定技術とAIを活用した次世代教育向けe-Testing/e-Learning、テスト運営・受託
●テーマ性あり。前々期は売上大幅減、利益は大幅増。上場に合わせて利益が出る体質に? 今期の予想売上は68.1億、利益は8.61億とすごい伸び。社名もExcellent。V.C.は上場時0、S.O.は約45万株。吸収金額、時価総額ともにやや大きいので、4社同時上場で、どれくらい上げられるか? ◇公募割れしなかっただけでも良かったか。IPO銘柄は総崩れ。
・SMBC日興(主)、みずほ、三菱UFJMS、マネックス証券、カブドットコム、楽天
7037
12/21
086
テノ.HD
146万/35万/0:0%
マザーズ/株価/+4.8万
1900円/7.65億
27.7億/28.0億
1920円/7.72億
★★→★★
1870~1920円
3000~4000円
実質1999年7月
12/5~12/11
2400円(+25.0%)
↑直営保育所・受託保育所の運営、保育士派遣、ベビーシッターサービス・ハウスサービス、保育士養成講座等の運営
●9/20の上場延期後、12月に再上場承認。異例の急再承認。待機児童問題のテーマ性あり。社名はNice。売上・利益共に順調に拡大。今期の予想売上が93.5億、利益は1.45億。V.C.は20万株でやや多い。S.O.は3.7万株。かなり時価総額を下げてきたので、けっこう上げそう。4社同時上場で、どうなるか。◇大荒れのIPO、予想よりは大幅に低い初値。
・野村(主)、三菱UFJMS、みずほ、FFG、西日本シティTT、岡三、SBI、マネックス証券、カブドットコム、岡三Online
6232
12/21
085
自律制御システム研究所
1015万/90万/168万:65.2%
マザーズ/株価/-5.7万
3380円/100億
343億/345億
3400円/101億
★→★
3000~3400円
3300~3900円
2013年11月
12/5~12/11
2830円(-16.8%)
↑商業用ドローンの製造販売、自律制御技術を用いた無人化・IoT化に係るソリューションサービス
●ドローンや無人化、IoTはテーマ性あり。社名も悪くない。創業以来、6期連続赤字。今期も赤字予想。売上もそれほど大きくないが、強気の時価総額。話題性先行か。今期の予想売上が8.03億、利益は-1.50億。V.C.が360万株、S.O.は上場時約60万株とかなり多い。赤字予想かつ4社同時上場で、初値は厳しそう。◇やってしまった-16.8%での初値。さらにそこから急落して、なんとストップ安。最後は少し戻した。市況が悪すぎたが、公募価格の値付けにも問題があったか。
・みずほ(主)、野村、大和、SBI、いちよし、岡三、水戸、楽天、マネックス証券、岡三Online
4424
12/20
084
Amazia(アメイジア)
325.8万/24万/5.5万:18.8%
マザーズ/株価/+4.36万
1270円/4.32億
41.4億/43.5億
1320円/4.49億
★★→★★★
1270~1320円
3000~4000円
2009年10月
12/5~12/11
1756円(+33.0%)
↑フリーミアム型マンガアプリ「マンガBANG!」等のサービス提供
●マンガアプリもかなり増えてきた印象。新規性はないが、売上は急上昇中。前期に黒転。今期の予想売上が24.8億、利益は1.81億と倍々ゲーム。まだまだ伸びしろあるのか? V.C.は約28万株。S.O.は上場時0。◇予想より、かなり安い初値。IPO市場はしばらく不調か。
・SMBC日興(主)、SBI、いちよし、岩井コスモ、エース、岡三、岡三Online
7671
12/20
083
AmidA(アミダ)HD
210万/10万/41.5万:80.6%
マザーズ/株価/+9200円
1440円/8.53億
30.2億/30.7億
1460円/8.65億
★★→★
1440~1460円
1600~2100円
2000年3月
12/4~12/10
1552円(+6.30%)
↑EC通販事業(印鑑・スタンプが中心)
●Bモデルに新規性はない。ハンコヤドットコム運営。売上は着実に増加中。今期の予想売上が29.9億、利益は1.84億と増収減益予想。3年連続減益か。社名はNice。V.C.は0、S.O.も0は好印象。IPOラッシュで、地味目の銘柄は見向きもされない危険性も。◇なんとかプラス。IPOの二極化顕著。
・野村(主)、三菱UFJMS、楽天、SBI、SMBC日興、岡三、エース、カブドットコム、岡三Online
4425
12/19
082
Kudan(クダン)
686.6万/12.3万/4.7万:28.0%
マザーズ/株価/+102.8万
3260円/6.41億
224億/255億
3720円/7.31億
★★★→★★★
3260~3720円
9000円~1.5万
2014年11月
12/4~12/10
14000円(+276%)
↑人工知覚技術の研究開発、ソフトウェアライセンスの提供
●ソフトバンクと重なったのが残念だが、初日は値が付かないだろうから実質翌日以降の上場。今、市場で最も熱いテーマ。超人気化すること間違いなし。今期の予想売上が3.63億、利益は1億。一気に利益が出るし、利益率が高い。V.C.は180日のL.U.なので問題なし。S.O.は約30万株と公募に対して多いが、人気過熱で問題なさそう。時価総額もすでにかなり高いが、もはやAIのテーマ性なら、どこまでも上げそう。◇市場全体が重苦しい中、初値利益100万円超え!
・SMBC日興(主)、みずほ、いちよし、大和、マネックス証券、エース、岡三、丸三
9434
12/19
081
ソフトバンク
47.87億/0/16.03億:100%
東証1/株価/-3700円
1500円/2.65兆
7.18兆/7.18兆
1500円/2.65兆
★→★
1500~1500円
1450~1600円
1986年12月
12/3~12/7
1463円(-2.5%)
↑移動・固定通信事業、ICTソリューションの提供
●ついにソフトバンクが上場! 史上、最大の規模&注目のメガIPO。祭りだ、祭りだ!▼日本初の仮条件「一本値」。BB終了直前の通信障害、HUAWEIショックは痛すぎる。BBキャンセルした人もいたらしい。なかなか厳しいが、どうなるか?◇痛すぎる公募割れ。そこからの大幅な下落は、今後のIPO市場、相場全体にも波及しそう。
・野村(主)、大和(主)、SMBC日興(主)、みずほ(主)、三菱UFJMS(主)、SBI(主)、岡三、東海東京 他8社
7046
12/18
080
テクノスデータサイエンス・E.
220万/19万/34.6万:64.6%
マザーズ/株価/+31.5万
2900円/17.9億
63.8億/70.4億
3200円/19.7億
★★★→★★★
2900~3200円
7500~1万円
2013年10月
12/3~12/7
6350円(+98.4%)
↑ビッグデータ・人工知能(AI)を活用したソリューション提供、AI製品(AIモジュールを含む)の提供
●いちよし証券が、最後にテーマ性のある案件の主幹事を! 社名がExcellent。売上は右肩上がり。利益も出ている。今期の予想売上が13.5億、利益は1.05億。V.C.もS.O.もなし、跳ね上がること間違いなし。あえて懸念点をあげれば、初日に値はつかないだろうから、翌日ソフトバングの上場とバッティングすることか。◇初日に値がついてしまった。まぁ、それでもすごい初値だが。IPO市場は、しばらく不発か。
・いちよし(主)、大和、みずほ、SBI、極東、マネックス証券、エース
1450
12/18
079
田中建設工業
212.8万/15.5万/15.5万:50.0%
JASDAQ/株価/+1.7万
2210円/7.88億
47.0億/51.1億
2400円/8.56億
★★→★★
2210~2400円
3000~3720円
1982年2月
11/30~12/6
2570円(+7.1%)
↑建築構造物の解体工事、それに付随する各種工事の施工監理
●Bモデルに目新しいところはなさそうだが、堅実に実績を上げてきている。社名はネガティブ要素。売上、利益ともに右肩上がり。今期の予想売上は65億、利益は4.57億と減収減益予想はマイナス。配当70円はポジティブ。V.C.は0、S.O.も0。そこそこ上げそう。◇IPO市場は、まったく盛り上がらず。
・野村(主)、むさし、みずほ、ちばぎん、東海東京、岡三、極東、岡三Online
2970
12/17
078
グッドライフカンパニー
135万/25万/15万:37.5%
JASDAQ/株価/+3.51万
1590円/7.31億
21.5億/21.6億
1600円/7.36億
★★→★★
1550~1600円
2400~3200円
2008年6月
11/29~12/5
1951円(+21.9%)
↑投資用新築一棟賃貸マンションの用地仕入・企画設計・施工・監理・賃貸仲介・賃貸管理等
●本社が福岡。スルガ銀行問題以来、不動産投資系の会社には、逆風が吹いている。売上、利益ともに右肩上がり。今期の予想売上が29.4億、利益は3.67億と利益率高い。社名は普通。V.C.は0、S.O.も上場時は0。PERを考えるとかなり割安。逆風がなければ、2倍もあり得る。◇厳しぃ~。IPO市場も、しばらく疑心暗鬼。
・みずほ(主)、野村、SBI、岡三、エース、西日本シティTT、FFG、マネックス証券、岡三Online
7045
12/17
077
ツクイスタッフ
150万/10万/20万:66.7%
JASDAQ/株価/+14万
2580円/8.90億
38.7億/39.5億
2630円/9.07億
★★→★★★
2580~2630円
4500~5500円
2016年1月
11/29~12/5
4030円(+53.2%)
↑介護・医療に特化した人材サービス事業(人材派遣・人材紹介・教育研修等)
●介護・医療は人手不足が激しい業界。テーマ性あり。東証1部ツクイ(2398)の人材開発事業をスピンアウトしてできた会社。社名は普通。売上・利益ともに右肩上がり。今期の予想売上が83.8億、利益は2.89億の減益予想。親会社ツクイが約8割の株を所有。なのでV.C.はない。S.O.は13万株。吸収金額、時価総額ともに小さいのでけっこう上がりそう。◇ぬぬぬ。こちらも予想より低い初値。
・SMBC日興(主)、野村、みずほ、いちよし、SBI、マネックス証券
1449
12/13
076
FUJIジャパン
71万/6万/5万:45.5%
札幌ア/株価/+1.67万
730円/0.80億
5.18億/5.25億
740円/0.81億
★→★
720~740円
1000~1400円
2005年3月
11/26~11/30
907円(+22.6%)
↑リフォーム事業(外壁材の製造、販売、卸、施工、並びに総合リフォーム事業)
●札幌アンビシャス単独上場。地方単独上場は、注目度低く初値は上がりにくい。リフォーム事業は地味だが、今後の成長性はありそう。売上は横ばい気味。利益は右肩上がり。今期の予想売上が13.2億、利益は4345万。V.C.は0、S.O.も0はポジティブ。藍澤証券は、初主幹事。吸収金額・時価総額がともに極小なので、マネーゲーム化する可能性はゼロではない。◇IPOラッシュで、注目度が低いと無視される…
・藍澤(主)、岡三、SBI、エース、上光、マネックス証券、岡三Online
7670
12/13
075
オーウエル
1050万/162.8万/0:0%
東証2/株価/+1.05万
700円/14.0億
73.5億/78.8億
750円/9.26億
★→★
700~750円
950~1150円
1943年11月
11/28~12/4
855円(+14.0%)
↑塗料、表面処理剤、塗装関連機器・設備、意匠・保護フィルム等の販売、電気・電子部品等の販売等
●創業76年のold企業で、堅実な経営を継続。IPOでは、あまり人気の出ないタイプ。社名はNice。売上は横ばい傾向。利益は増えていっている。今期の予想売上が670億、利益は10億。売出なしは好感度高い。想定価格はかなり割安。◇IPO二極化。人気がないものは、まったく初値が上がらない。セカンダリーで入りたい。
・大和(主)、野村、三菱UFJMS、SMBC日興、みずほ、SBI、カブドットコム
4423
12/12
074
アルテリア・ネットワークス
5000万/0/1750万:100%
東証1/株価/-6000円
1400円/282億
700億/625億
1250円/252億
★→SBIのみ
1150~1500円
1050~1400円
実質1997年11月
11/28~12/3
1190円(-4.8%)
↑光インターネット接続サービス、ネットワークサービス(専用線サービス、VPN接続サービス等)等
●1997年に丸紅がつくった会社。その後海外のファンドも参画し、今回のそのファンドがExit。公募なしで、IPOでは嫌われる案件。売上・利益ともにゆっくり増加。利益はしっかり出ている。今期の予想売上が482.1億、利益は48億。▼仮条件は上限で決まらず。厳しい。◇やはり公募割れ。
・SMBC日興(主)、みずほ、UBS、大和、三菱UFJMS、野村、SBI、マネックス証券、岡三、東海東京 他4社
7043
12/11
073
アルー
246.6万/30万/28.75万:48.9%
マザーズ/株価/+6.4万
1300円/8.78億
32.1億/33.8億
1370円/9.26億
★★→★★
1300~1370円
3000~4000円
2003年10月
11/22~11/29
2010円(+46.7%)
↑人材育成データ・機械学習技術等を活用した社会人向け教育サービスの提供
●データ・機械学習とテーマ性あり。社員研修にどこまでテクノロジーを活用できているのか。社名はNice。売上はゆっくりと成長。利益も少しだが出ている。今期の予想売上が22.5億、利益は9000万。V.C.は0、S.O.も上場時0なのはポジティブ。吸収金額、時価総額とも小さいので、そこそこ上げそう。◇う~ん、相場が悪い。みんなSBのIPOに資金を入れている?
・野村(主)、SMBC日興、大和、岡三、いちよし、エース、水戸、SBI、マネックス証券、楽天、松井 他1社
7044
12/11
072
ピアラ
348.1万/35万/9万:20.5%
マザーズ/株価/+24.8万
2210円/10.7億
76.9億/88.8億
2550円/12.3億
★★★→★★★
2350~2550円
7000~9000円
2004年3月
11/22~11/29
5030円(+97.3%)
↑ECマーケティングテック、広告マーケティング
●BtoBのマーケティング支援。AIなども活用と、テーマ性あり。売上は右肩上がり。今期の予想売上が109.5億、利益は2.53億。社名もNice。V.C.が57万株でL.U.なしと、かなり大きい。売り圧力になりそう。S.O.は3.3万程度。どこまで上げられるか。SBI証券が主幹事なので、初値売りが予想以上に多いかも。IPOチャレンジポイントの当選ボーダーは370~400Pぐらいか?▼当選ボーダーは400P以上だった様子。◇う~ん、相場が悪い。12月のIPOは厳しいかも。
・SBI(主)、SMBC日興、みずほ、藍澤、岩井コスモ、むさし、楽天、極東、東洋
3498
11/28
071
霞ヶ関キャピタル
134.56万/13.5万/0:0%
マザーズ/株価/+30万
3660円/5.67億
49.2億/43.6億
3240円/5.02億
★★→★★
3000~3240円
4500~6000円
2011年9月
11/9~11/15
6240円(+92.6%)
↑太陽光発電施設の開発・販売・売電、不動産コンサルティング、ショッピングセンター運営
●東日本大震災で被災した宮城県のショッピングセンターを取得して開業。その屋上に太陽光パネルを設置し売電開始。その後太陽光発電施設を拡大。3年前からメガソーラーを次々と吸収合併し、売上が急増し倍々ゲーム。今期の予想売上が77億、利益は3.46億。社名は悪くない。VCは8.4万株でLUなし。SOも10万株あるので売り圧力になるか。太陽光発電は政府が買取コスト見直しを宣言しており、投資家には不人気。Bモデル的にも、今後の成長性は疑問符。ただし、吸収金額が極小で、時価総額も低いから、それなりに上げてしまうはず。◇上がったなー。結局、Bモデルより需給。枚数が少なければ上がってしまう。
・みずほ(主)、SMBC日興、いちよし、SBI、マネックス証券、松井
7042
11/6
070
アクセスグループHD
115.9万/24万/16万:33.8%
JASDAQ/株価/+21.6万
1240円/5.7億
14.4億/15.5億
1340円/6.16億
★★→★★★
1240~1340円
3200~5000円
実質1982年10月
10/22~10/26
3500円(+161%)
↑広告プロモーション、採用広報事業、学生・生徒募集、外国人留学生向け学校広報
●Bモデルに新規性はあまりない。売上げ、利益ともにやや上昇中。今期の予想売上が45.9億、利益は1.07億。減益予想。社名は悪くはない。VCは0、SOも0。吸収金額・時価総額とも極小。市場に出回る株が非常に少なく、マネーゲーム化する可能性あり。◇2.6倍。順当に上がった。
・大和(主)、みずほ、SMBC日興、岡三、SBI、岡三Online
4422
10/30
069
VALUENEX
274.6万/42万/2.5万:5.62%
マザーズ/株価/+24.6万
1520円/7.78億
41.7億/50.5億
1840円/9.42億
★★→★★★
1700~1840円
4300~5600円
2006年8月
10/12~10/18
4300円(+134%)
↑特許・文書解析ツールのASPライセンスサービスとそれを用いたコンサルティングサービス
●Bモデルは新規性あり。ホットなテーマであるデータ解析。取引先はトヨタやホンダ。社員18人でこの規模。売上は伸びている。前期に黒転。今期の予想売上が6.90億、利益は1.21億。利益率高し! 社名もGood。VCが135万株と多すぎ。LUもなしか1.5倍。SOも25万株とやや多い。しかし将来性は高そうなので人気化はしそう。◇値幅制限ギリギリ2.3倍で最後に寄付き。
・SBI(主)、みずほ、大和、岩井コスモ、藍澤、エース、エイチ・エス、極東、東洋、むさし
3497
10/23
068
リーガル不動産
274万/74万/27万:26.7%
マザーズ/株価/+5.92万
1360円/15.8億
37.3億/37.8億
1380円/16.0億
★★→★★
1360~1380円
2070~2720円
2000年9月
10/5~10/12
1972円(+42.9%)
↑不動産の開発、売買、賃貸、管理、仲介業、介護事業
●今年も不動産系が多い! スルガ銀問題から、不動産関連は市場で避けられ気味。ただし「法的側面から生じる問題がある不動産の課題解決」という明確な強みがあり、独自性はやや高い。売上・利益ともに右肩上がり。今期の予想売上が252億、利益は6.55億。社名もわかりやすくて、悪くはない。VCは0、SOも上場時は0。吸収金額はやや大きいが、時価総額が小さすぎるので、さすがに上がる。◇今日は市況が悪い。初値も控え気味。
・SMBC日興(主)、SBI、エース、東海東京、岩井コスモ、岡三、岡三Online
7805
10/19
067
ディ・アイ・システム
148万/30万/15.3万:33.8%
JASDAQ/株価/+20.2万
1220円/6.36億
18.1億/18.9億
1280円/6.67億
★★★→★★★
1220~1280円
2560~3840円
1997年11月
10/3~10/10
3300円(+158%)
↑システムインテグレーション事業及び教育サービス事業
●SIerはIPOでは人気。売上・利益ともに緩やかだが右肩上がり。今期の予想売上が33.5億、利益は1.36億、来期予想は売上が39.1億、利益は1.35億。社名もgood。VCは0、SOも17500株と影響小さい。吸収金額・時価総額とも極小なので、上がらざるを得ない。◇初日は値が付かず(公開価格の2.3倍が上限価格)、素晴らしい初値。
・SMBC日興(主)、SBI、岡三、岡三Online
9279
10/19
066
ギフト
465.9万/60万/42.8万:41.6%
マザーズ/株価/+16.2万
1900円/22.5億
88.5億/97.4億
2090円/24.7億
★★→★★
1900~2090円
3300~4180円
2009年12月
10/2~10/9
3710円(+77.5%)
↑横浜家系ラーメンを主体としたラーメン店舗運営、食材提供、運営ノウハウ供与等
●ラーメン一風堂(力の源HD)のIPOは成功。横浜家系も人気になりそう。アメリカで2店舗、今後拡大予定。売上・利益ともに右肩上がり。今期の予想売上が69.3億、利益は4.34億。社名はgood。VCは0、SOも2万4000株とまったく問題ない。2017年3月に上場した一風堂(力の源HD)は初値でPER 100倍までいった。ギフトも、高騰するのか? ◇やはり人気は高かった!
・野村(主)、三菱モルガン、みずほ、岩井コスモ、むさし、SBI、カブドットコム、岡三Online
7805
10/18
065
プリントネット
522万/75万/85.6万:53.3%
JASDAQ/株価/+6.41万
1360円/25.1億
71.0億/73.1億
1400円/25.9億
★★→★★
1360~1400円
2000~2800円
実質1968年7月
10/1~10/5
2041円(+45.8%)
↑インターネットを用いた印刷物の受注販売
●会社のドメインが旧社名小田原印刷のodahara.jp。鹿児島県姶良市にあった小さな町の印刷屋さんが、ネットに対応して上場まで。素晴らしい。今年はラクスルも上場している。売上、利益は着々と増えて右肩上がり。今期の予想利益は4.8億。VCは0、SOも上場時0。ただし吸収金額と時価総額が大きいので、初値高騰はない。◇順当。市況が悪いので、上値が重い。セカンダリーでもエントリー。
・みずほ(主)、岡三、いちよし、東洋、SBI、マネックス証券、楽天、岡三Online
4420
10/12
064
イーソル
521万/85万/18.51万:17.9%
マザーズ/株価/+23.2万
1470円/17.5億
76.6億/87.5億
1680円/20.0億
★★→★★
1580~1680円
2300~3000円
1975年5月
9/25~10/1
4000円(+138%)
↑組込み機器向けのOS開発、組込みソフトウェアの受託開発等
●Bモデルに新規性はなさそうだが、IPOでは人気の業種。売上、利益ともにキレイな右肩上がり。今期の予想利益は3.4億。少し減益。なぜ? 社名はOK。VCは0、SOも0。吸収金額と時価総額が大きいので高騰は難しいか。◇どっひゃー! 跳ねたー。
・野村(主)、三菱モルガン、みずほ、岩井コスモ、むさし、SBI
4598
10/12
063
Delta-Fly Pharma
403.5万/70万/0:0%
マザーズ/株価/-3.85万
4670円/37.6億
201億/205億
4770円/38.4億
見送り→見送り
4570~4770円
4200~4770円
2010年12月
9/25~10/1
4385円(-8.1%)
↑医薬品等の研究開発、製造、販売
●患者にやさしい抗ガン剤の開発。創薬なので売上、利益ともにブレが大きい。今期は-7.41億の純損失予想。赤字の創薬会社は、最近のIPOでは人気なし。VCが179万株、ただしLUが1.5倍。SOが15万株。時価総額も大きく、やはり初値は厳しい。▼仮条件の上限で公開価格決定。プラスになる可能性も出てきた。◇残念ながら公募割れ。しかし初値後は反発。セカンダリーで入れなかった(涙)
・みずほ(主)、SMBC日興、三菱モルガン、SBI、いちよし、エース、岩井コスモ、藍澤、香川 他2社
7041
10/10
062
CRG HD
525万/55万/80万:59.3%
マザーズ/株価/+7.12万
1020円/15.8億
53.6億/58.8億
1120円/17.4億
★★→★★
1020~1120円
1850~2350円
実質1993年4月
9/21~9/28
1832円(+63.6%)
↑人材派遣紹介関連事業
●Bモデルに新規性はないが、空前の人手不足でテーマ性はある。売上、利益ともに上昇中。今期の予想利益は3.29億。社名も問題なし。VCは0、SOは20万株。吸収金額、時価総額も問題はないので、そこそこ上がりそう。◇順当。
・大和(主)、三菱モルガン、SBI、東海東京、エース、マネックス証券、水戸、みずほ
7039
10/3
061
ブリッジInt’l
166万/20.5万/10万:32.7%
マザーズ/株価/+26.1万
2090円/7.35億
34.7億/38.4億
2310円/8.12億
★★→★★★
2090~2310円
4200~5000円
2002年1月
9/14~9/21
4920円(+113%)
↑インサイドセールス(電話やWeb等の非対面営業)に関する受託業務を主軸にした法人営業改革支援
●事業内容に「AIの活用」や「マーケティングオートメーションの導入」などを入れれば、もっと新規性が創出できたような気がする。テレアポと理解されるとなかなか厳しい。売上・利益ともに右肩上がり。今期の予想利益は2億。社名も悪くはない。VCはなさそう。SOは18万株ぐらいあるが、10万は社長。吸収金額・時価総額ともに小さく、上がる。◇寄付いた後も急上昇し、5620円で何と売りが0枚。そのまま値がつかずで終了。IPOに、お金が大量に流れてきている。
・SMBC日興(主)、SBI、マネックス証券、エース
3612
9/28
060
ワールド
3620万/1485万/183万:11.0%
東証1/株価/-1.45万
3630円/671億
1314億/1050億
2900円/536億
見送り→見送り
2900~3200円
2700~3400円
1985年4月
9/11~9/14
2755円(-5%)
↑婦人・紳士・子供服等の企画販売等
●再上場案件はIPOでは全然人気なし。知名度は抜群だが、将来性を考えても厳しそう。売上は減少傾向だが、利益は回復傾向。今期の予想利益は82.4億。筆頭株主がVCで812万株もっている。LUなし。初値でどんだけ売ってくるのか。SOはなし。初値は筆頭株主の動きしだいになりそう。投資家もかなり警戒しているはず。▼仮条件は大幅ダウン。やはり初値は厳しい。◇予想通り、公募割れになってしまった。
・野村(主)、SMBC日興、三菱モルガン、みずほ、SBI、カブドットコム
7038
9/28
059
フロンティア・マネジメント
285.3万/27万/25万:48.1%
マザーズ/株価/+27.4万
2260円/13.5億
64.5億/64.5億
2260円/13.5億
★★→★★
2160~2260円
3400~4400円
2007年1月
9/10~9/14
5000円(+121%)
↑経営コンサルティング、M&Aアドバイザリー、経営執行支援、事業再生支援
●今年は経営コンサルの上場が多い。Bモデルに新規性はなさそうだが、IPOでは人気の業種。M&Aは後継者不足問題で市場のテーマ。コンサルの割には、売上と利益がキレイな右肩上がりじゃない。今期の予想利益は2.77億。社名はOK。VC、SOともに0はGood。上がるでしょう。◇跳ねたー。コンサルの初値は上がるね。
・みずほ(主)、SMBC日興、SBI、岡三、岩井コスモ、いちよし、丸三、マネックス証券、岡三Online
6233
9/27
058
極東産機(きょくとうさんき)
523.5万/100万/4万:3.9%
JASDAQ/株価/+2.91万
395円/4.72億
20.7億/21.2億
405円/4.84億
★→★
395~405円
410~510円
1948年10月
9/10~9/14
696円(+71.9%)
↑自動壁紙糊付機・畳製造装置等の自動化・省力化機器、産業機器、特殊機能畳等の開発・販売
●創業70年のOld企業。Bモデルに新規性はない。売上げは横ばい、利益は減少傾向。今期の予想利益は2.43億円。社名は漢字でIPOでは人気ない。VCはLUが180日なので問題なし、SOも0。成長期待性はほとんどないが、割安な価格になっているので、少し上げるか。人気のない低位株は、裁量配分で大量に獲得できるチャンス。▼裁量で獲得できず(T_T) ◇えっ、こんなに上がったの!? さらに上場翌日から、3日連続のストップ高! 低位株のIPOはマネーゲーム化する。
・SMBC日興(主)、岩井コスモ、エース、極東、SBI
9285
9/27
T05
東京インフラ・エネルギー
44700口/43400口/0:0%
東証I/株価/-4400円
10万/44.7億
45.6億/43.4億
9.7万/44.2億
見送り→見送り
9.7~10万
9.1~10.1万
2017年10月
9/10~9/13
9.26万(-4.5%)
↑*投資法人 再生可能エネルギー発電設備関連資産へ投資するインフラファンド
●約1年ぶりのインフラファンド上場。インフラファンドは不人気。初値は厳しい。
・野村(主)、SMBC日興
7326
9/27
057
SBIインシュアランスG
2282万/400万/171万:30.0%
マザーズ/株価/±0円
2160円/142億
493億/493億
2160円/142億
★→★
1800~2160円
1700~2300円
2016年12月
9/7~9/13
2160円(±0%)
↑損害保険業、生命保険業、少額短期保険業を営む子会社の経営管理とそれに付帯・関連する事業
●Bモデルに新規性はない。SBIは子会社を上場させる方針に転換。今後、数社上場する予定。子会社を増やすことで売上、利益はやや伸びている。今期の予想利益は7.7億円。VCやSOはなし。しかしマザーズとしては吸収金額が大きい。成長期待も高くない。初値は厳しいか。▼仮条件の上限できまった。ギリギリ公募を超えるか? ◇公募価格で寄付き。
・みずほ(主)、SBI
4398
9/26
056
ブロードバンドセキュリティ
385.5万/40万/30万:42.9%
JASDAQ/株価/+12.51万
800円/6.4億
30.9億/28.9億
750円/6.04億
★★★→★★
690~750円
1500~2250円
実質1999年12月
9/5~9/11
2001円(+169%)
↑セキュリティ監査・コンサルティングサービス、脆弱性診断サービス、情報漏洩IT対策サービス
●セキュリティサービスは、市場の人気テーマ。社名はドンピシャ。売上、利益ともに、キレイな右肩上がり。今期の予想利益は1.34億。SBI系の会社から出資を受け、現在はSBIのグループ傘下。VCはなく、SOは14.4万株(行使価格は800円)。吸収金額、時価総額ともにかなり小さいので、上げちゃう。▼仮条件を想定価格より下げてきた。あまり人気ないか。◇2000円超えた!
・みずほ(主)、SBI、マネックス証券
7325
9/25
055
アイリックCorp
404.6万/62万/10万:13.8%
マザーズ/株価/+4.56万
1410円/11.7億
57.0億/71.6億
1770円/14.7億
★★→★★
1600~1770円
2300~2800円
1995年7月
9/5~9/11
2226円(+25.8%)
↑保険販売、保険に関するソリューション提供、システム開発
●乱立している保険比較ショップ。BMに新規性はない。売上、利益ともに緩やかに上昇中。今期の予想利益は3.06億。社名はOK。VCはなさそう。SOは20万株だが社長が半数。それなりに上げそう。◇IPO銘柄の二極化が激しい。初値高騰する銘柄と、そうでもない銘柄の差が広がる。
・野村(主)、いちよし、藍澤、エース、水戸、むさし、マネックス証券、SBI
7036
9/21
054
イーエムネットジャパン
92万/5万/17.6万:77.9%
マザーズ/株価/+40万
2940円/7.64億
27.0億/27.6億
3000円/7.80億
★★★→★★★
2880~3000円
6000~7500円
2013年4月
9/4~9/10
7000円(+133%)
↑リスティング広告と運用型ディスプレイ広告を中心としたインターネット広告事業
●Bモデルに新規性はない。韓国の親会社EMNET INC.が80%以上の株を所有。売上、利益ともに緩やかに上昇中。今期の予想利益は1.3億。社名はOK。VCが0。SOも0。吸収金額も時価総額も小さいので、上がらざるを得ない。◇いや~、強かった。
・みずほ(主)、SBI、エイチ・エス、いちよし、岩井コスモ、東洋、マネックス証券、エース、東海東京 他2社
7037
9/20
--
テノ.HD
146万/35万/5万:12.5%
マザーズ/--/上場承認取消
4440円/20.4億
64.8億/67.2億
4600円/21.2億
★★→★★
4440~4600円
5500~6900円
実質1999年7月
9/3~9/7
上場承認取消
↑保育所の運営、保育士派遣、ベビーシッターサービス・ハウスサービス、保育士養成講座等の運営
●待機児童問題のテーマ性あり。社名Good。売上・利益共に順調に拡大。今期の予想利益は1.86億。VCは20万株で17%とやや多い。LUは1.5倍。SOは3.7万株。LUの公募価格1.5倍が限界か。◇抽選してからの、東証上場承認取消。外部からの情報提供があったか。当選されていた方は、残念。
・野村(主)、三菱モルガン、みずほ、FFG、西日本シティTT、岡三、SBI、マネックス証券
3496
9/20
053
アズーム
145.3万/25万/2.5万:9.1%
マザーズ/株価/+34万
2900円/9.17億
42.1億/43.6億
3000円/9.49億
★★→★★★
2900~3000円
4800~6000円
2009年10月
9/3~9/7
6400円(+113%)
↑月極駐車場紹介サービス、月極駐車場サブリースサービス
●不動産×ITという認識をされるなら、高騰のチャンスあり。IPOでは人気。社名もGood。売上の伸びはすごい。利益も前期に黒転して、今期の利益は1.35億の予想。VCは5.5万株で4.37%、LUはなし。SOは約3.5万株。もしかしたら、2倍ぐらいいくかも。◇あっぱれ、2倍以上!
・みずほ(主)、SBI、東海東京、マネックス証券、エース、極東
3495
9/13
052
香陵(こうりょう)住販
124.8万/26万/10.9万:29.5%
JASDAQ/株価/+2.7万
1700円/7.21億
21.2億/21.2億
1700円/7.21億
★★→★★
1600~1700円
2000~2700円
1981年10月
8/28~9/3
1970円(+15.9%)
↑不動産の売買、賃貸、仲介、管理等
●茨城県に本社がある不動産会社。賃貸仲介件数が茨城県でトップ。Bモデルに目新しさはないが、地域密着で独占。社名はIPOでは人気のない漢字。売上・利益共に、緩やかだが成長。今期の予想利益は2.85億。VCはなし、SOも上場時はなし。今期の利益が3億円以上出ているのに、時価総額が約21億と極小なので、さすがに上げるでしょう。◇う~ん、イマイチな初値。不動産関連はスルガ銀問題やTATERU問題で厳しめサバ。
・みずほ(主)、水戸(副)、マネックス証券、野村、大和、SMBC日興、岡三、いちよし
3494
9/13
051
マリオン
157万/24.3万/0:0%
JASDAQ/株価/+14.2万
2170円/6.07億
34.0億/37.3億
2380円/6.65億
★★→★★
2200~2380円
3800~4760円
1986年11月
8/27~8/31
3800円(+59.7%)
↑賃貸用不動産の運営と管理、不動産賃料収入に基づく不動産証券化商品の組成と販売
●不動産の証券化は新規性も少なく、IPOではあまり人気がない。社名にハイテク感もない。売上は横ばい傾向、利益は増加傾向。今期の予想利益は2.23億。VC、SOともに上場時0、売出しも0は好印象。吸収金額、時価総額も小さく、初値はそれなりに上がりそう。◇堅い数字。初値後は急落。今、不動産関連はスルガ銀問題やTATERU問題で厳しい。
・SBI(主)、SMBC日興、エース、極東、東海東京、むさし、藍澤、岩井コスモ
3493
9/7
T04
伊藤忠アドバンスロジ
35.7万口/35.6万口/0:0%
東証R/株価/-3700円
10万/372億
357億/368億
10.3万/383億
見送り→見送り
10~10.3万
9.5~10.8万
2018年5月
8/23~8/29
9.93万(-3.6%)
↑*投資法人 物流施設、物流インプラに投資する特化型REIT
●最近、REITの新規上場は不人気。物流施設はテーマ性あり。伊藤忠というブランドがあるが、やはり初値は厳しそう。▼仮条件は想定価格以上。これで公募を上回る可能性が出てきた。が、やはり公募よりセカンダリー狙い。◇くゎ~、マイナス。そして初値後も売られて一時94500円まで下落。セカンダリーで入った。今年のREITは4戦全敗。
・SMBC日興(主)、三菱モルガン、大和、みずほ、野村
9275
9/6
050
ナルミヤ Int’l
991万/28万/518万:94.8%
東2/株価/-5900円
1770円/106億
175億/155億
1560円/93.5億
見送り→見送り
1540~1560円
1450~1650円
実質1995年8月
8/22~8/28
1501円(-3.8%)
↑ベビー・子供服の企画販売
●上場廃止後、改革を実行し再上場。再上場までこられたのは素晴らしいが、再上場でファンドEXIT案件は、IPOでは不人気。Bモデルも、新規性には乏しい。売上や利益は増えてきており復活を予感させるが、全ファンドが保有株の50%以上を売却するインパクトは大きすぎる。ロックアップも1.5倍で解除なので、上値が怖い。初値は厳しそう。▼想定価格を大幅に下回る仮条件価格。やはり初値は厳しい。◇3/23のQBハウス以来の公募価格割れ。連勝記録は37でSTOP。セカンダリーで入る。
・SMBC日興(主)、大和(主)、野村、みずほ、東海東京、SBI
7035
9/6
049
and factory
464万/43万/31万:41.9%
マザーズ/株価/+14.4万
2470円/21.0億
115億/119億
2570円/21.9億
★★★→★★★
2470~2570円
4200~5140円
2014年9月
8/21~8/27
4010円(+56%)
↑広告を掲載した無料スマフアプリ提供、IoT技術を導入したスマートホステル「&ANDHOSTEL」共同運営
●スマホゲーム攻略アプリと漫画アプリが主力だが、IoT技術を導入した宿泊施設のスマートホステルは新しい。社名もGood。売上も倍々ゲーム、利益も出ている。吸収金額、時価総額はやや大きいが許容範囲。イグニスと資本提携し株主にも入っている。VCは0。SOは約29万株あり、やや気になる。しかし、かなりの人気になるのは必至。◇う~ん、初値はイマイチ。IPO市場は冷静。
・みずほ(主)、大和、SBI、エース、岩井コスモ、いちよし
4397
8/22
048
チームスピリット
731万/40万/8万:16.7%
マザーズ/株価/+12.17万
1000円/5.52億
73.1億/87.7億
1200円/6.62億
★★→★★
1000~1200円
1700~2200円
1996年11月
8/6~8/10
2417円(+101%)
↑勤怠管理、経費精算、工数管理等を一体化したクラウドサービス「TeamSpirit」等の提供
●IPOでは人気の企業向け&クラウドソフトウェア(SaaS)。社名にハイテク感は少ない。社歴は意外と長いが(22年目)、売上はここ5年で急上昇。ずっと赤字だったが今期は黒字予想。VCが289万株と多くLUも1.5倍と緩い。SOも76万株あり、初値がつくと売りが大量に降ってくる可能性あり。時価総額も大きい。吸収金額は小さいので、それなりには上げそう。◇2倍達成! ボロボロになった新興市場が、再び活性化されるか?
・野村(主)、SMBC日興、三菱モルガン、SBI、カブドットコム
4396
8/2
047
システムサポート
242万/54万/11万:16.9%
マザーズ/株価/+22.5万
1650円/12.3億
39.9億/42.4億
1750円/13.1億
★★→★★
1650~1750円
2500~3500円
1980年1月
7/18~7/24
4000円(+119%)
↑ITシステム開発、データベースやクラウドの移行、データセンター運営、自社パッケージソフト開発
●システム開発はIPOでは人気。社名は悪くない。本店は石川県金沢市。社歴38年とけっこう歴史あり。ここまで堅実に売上を増やしてきたJASDAQ寄りの会社。VC、SO共に0。公募売出数がやや多いが、問題なさそう。1.5倍以上狙えるか。◇初値は約2.2倍!素晴らしい。
・大和(主)、野村、今村、SBI
5699
8/2
046
イボキン
162万/48.4万/14万:22.4%
JASDAQ/株価/+3.8万
1760円/12.6億
28.5億/31.3億
1930円/13.9億
★★→★★
1760~1930円
2500~3500円
1984年8月
7/17~7/23
2310円(+19.7%)
↑解体事業、環境事業、金属事業による総合リサイクル事業
●事業に新規性はなさそう。兵庫県が本社で、事業内容も地味なので、IPOではあまり人気がないタイプ。社名も人気のハイテク感はない。売上もここ数年は頭打ち。利益は伸びている。VC、SOなしで、吸収金額がそこまで高くないのはGood。公募は超えそう。セカンダリーも熱い。◇う~ん、やはり人気があまりなかった。今後、伸びていくか。
・東海東京(主)、SBI、SMBC日興、エース、岩井コスモ
3492
7/27
T03
タカラレーベン不動産
34.5万口/34.4万口/0:0%
東証R/株価/-6000円
10万/361億
346億/332億
9.6万/347億
見送り→見送り
9.6~10万
9.2~10.2万
2017年9月
7/11~7/18
9.2万(-4.2%)
↑*投資法人 オフィス、住宅、ホテル、ホテル、商業施設その他に投資する複合REIT
●最近、REITの新規上場は不人気。セカンダリー狙い。スポンサーは、タカラレーベン、PAG、共立メンテナンス、ヤマダ電機。▼BB下限で決定。初値割れは濃厚か。セカンダリーchance!◇予想通りの公募割れ。アムロ、セカンダリーいっきまーす(した)!
・SMBC日興(主)、野村、みずほ
7034
7/27
045
プロレド・パートナーズ
246.5万/46.5万/15.5万:25.0%
マザーズ/株価/+29.2万
4100円/29.2億
101億/105億
4250円/30.3億
★★→★★★
4100~4250円
6900~8500円
2008年4月
7/10~7/17
7170円(+68.7%)
↑成果報酬型の経営コンサルティングの提供
●成果報酬型のコンサル。新規性があるビジネスではないが、売上・利益ともに急成長中。何か強みがありそう。社名はGood。VCは0、SOも上場時0。吸収金額がやや大きいが、問題なさそう。値嵩株なので当たれば利益が大きい。◇IPO初値の高値警戒感満載の中、いい初値がついた!
・みずほ(主)、SMBC日興、SBI、東海東京、岡三、岩井コスモ、マネックス証券、楽天、いちよし 他2社
4395
7/26
044
アクリート
530万/54万/38万:41.3%
マザーズ/株価/+7.72万
690円/6.35億
36.6億/40.8億
770円/8.15億
★★★→★★
690~770円
1540~2100円
2014年5月
7/10~7/17
1542円(+100%)
↑個人認証、マーケティング、コミュニケーション等を目的としたSMS(ショートメッセージ)配信サービス
●SMSでの個人認証がメイン。独自性はそれなりにある。社員10人。前期に売上が急上昇。今期はそれを上回る予想。社名はgood。14万株のVCは1.5倍のLU。筆頭株主の事業組合は親会社のインディゴ?SOは上場時ゼロ。吸収金額が小さく、低位株なので数倍にはなりそう。▼SMSは携帯番号を持っている全員が使えるので、今後ニーズは増えそう。将来も楽しみ。◇う~ん、OKでしょ。
・SMBC日興(主)、みずほ、SBI、岩井コスモ、エース、マネックス証券
4394
7/26
043
エクスモーション
125万/20万/16.4万:45.1%
マザーズ/株価/+16.6万
3200円/13.4億
40.0億/41.7億
3340円/14.0億
★★★→★★★
3140~3340円
5340~6680円
2008年9月
7/9~7/13
5000円(+49.7%)
↑システムおよびソフトウェアに対するテクニカルコンサルティングおよびエデュケーションサービス
●主に車のソフトウエアの開発・運用のコンサル。ここにFocusしているのは独自性があるし、IPOでは人気のタイプ。今後、車には複雑なソフトウエアがたくさん載るので、将来性も高い。売上は堅実に増えていて、利益も出ている。親会社が70%以上の株を所有。VCはゼロ、SOは約1万、吸収金額も大きくなく2倍以上を狙えるか。◇これまたイマイチ初値が上がらず。しばらくはこんな感じか。
・SBI(主)、みずほ、SMBC日興、岡三、マネックス証券、藍澤、岩井コスモ、東洋、極東 他3社
3491
7/25
042
GA technologies
425.1万/60万/0:0%
マザーズ/株価/+32.7万
2130円/12.7億
90.6億/107億
2510円/15.1億
★★★→★★★
2310~2510円
4520~5500円
2013年3月
7/6~7/12
5780円(+130%)
↑中古不動産流通プラットフォーム「リノシー」の運営、中古不動産の売買仲介、リノベーション事業
●事業の新規性は強くないが、中古不動産というテーマ性あり。社名もGood。売上は倍々ゲーム。利益も伸びている。社長は元サッカー選手で情熱家。アパート×IoTのTATERUや、プレステの生みの親と言われている久多良木(くたらぎ)健氏が株主。今後の成長も楽しみ。VCは約15万株、SOも14万株で、やや多い。時価総額もすでに大きい。ただ吸収金額は大きくなく、2倍以上が狙えそう。◇IPO高値警戒注意報が出ている中で、公募の2倍を超えた!素晴らしい。
・SBI(主)、大和、みずほ、SMBC日興、岡三、東海東京、藍澤、岩井コスモ
4393
7/24
041
バンク・オブ・イノベーション
386.2万/13.05万/10万:43.4%
マザーズ/株価/+10.4万
870円/2.3億
33.6億/37.1億
960円/2.5億
★★★→★★
870~960円
2400~2880円
2006年1月
7/6~7/12
2000円(+108%)
↑スマートフォンゲームアプリの開発・運営
●事業の新規性は低い。スマホゲームは過当競争になり、利益率が低くなってしまっている。ただ、吸収金額が極小なので上がってしまう。社名はgood。VCは91万株(LU1.5倍)もあり、初値ついたら一気に降ってきそう。SOは1.5万株。低位株なので数倍になりそう。枚数が少なく、当選は困難。◇う~ん、最近はIPO銘柄の高値警戒感が強い。まぁ、異常な高値がつくより良い。
・大和(主)、SBI
7033
7/23
040
マネジメントソリューションズ
171.8万/40万/5万:11.1%
マザーズ/株価/+24万
2010円/10.4億
34.5億/36.1億
2100円/10.9億
★★★→★★★
2000~2100円
4410~6000円
2005年7月
7/4~7/10
4500円(+114%)
↑マネジメントコンサルティング、プロジェクトマネジメント実行支援、マネジメントトレーニング
●PMO、プロジェクトをマネージメントするコンサルティング。ここに特化することで強みになっている。売上と利益はグイグイ伸びている。社名もGood。VCはロックアップありで影響なし、SOは5万株ぐらい。少し間が空いてのIPOは注目度UP。吸収金額も大きくなく、初値は上がる。◇最近の初値は、Curazyな高騰がなくなった。
・みずほ(主)、東海東京、エース、いちよし、SBI、岡三、マネックス証券、岡三Online
7806
7/10
039
MTG
3865万/590万/100万:14.5%
マザーズ/株価/+12.5万
5290円/420億
2044億/2241億
5800円/460億
★★→★★
5290~5800円
6500~7540円
1996年1月
6/22~6/28
7050円(+21.6%)
↑美容機器、健康機器、化粧品等の企画開発及び製造販売
●メルカリに続きユニコーン企業(未上場で時価総額1000億円以上の企業)の上場。MDNA SKINではマドンナ、SIXPADではクリスティアーノ・ロナウドが商品開発とブランド立ち上げから携わる。日本企業には少ないマーケティングが強い会社。売上と利益もグイグイ伸びている。VCは2.73%、1.5倍でロックアップ解除。SOは1.7%程度で問題なさそう。マザーズにしては吸収金額は大きいが、知名度で超えていけるはず。▼仮条件が大幅上振れ。機関投資家にはかなりの人気。◇メルカリに続き、大成功だった。
・野村(主)、大和、三菱モルガン、東海東京、SMBC日興、SBI、みずほ、楽天、いちよし、岡三 他5社
1446
7/5
038
キャンディル
500万/20万/95万:82.6%
マザーズ/株価/+6.2万
1160円/15.3億
58.0億/59.0億
1180円/15.6億
★★→★★
1160~1180円
2000~2600円
実質1995年8月
6/19~6/25
1800円(+52.5%)
↑建築サービス関連事業(リペアサービス、住環境向け建築サービス、商環境向け建築サービス、商材販売)
●リフォームと違って、住宅関連の傷の修復サービスは独自性あり。売上と利益も伸びている。筆頭株主がVCで、VC合計約67%とかなり大きいが90日のロックアップありなので影響少ないか。SOは7%。吸収金額も大きくなく、初値は上がりそう。◇相場が悪いので、予想より安く寄付き。その後も下落。なのでここもセカンダリーで入った。
・野村(主)、SBI、みずほ、SMBC日興、いちよし、岡三、岡三Online
4391
7/4
037
ロジザード
306.2万/40万/43万:51.8%
マザーズ/株価/+16万
770円/7.35億
23.6億/27.6億
900円/8.59億
★★→★★★
800~900円
2700~3600円
2001年7月
6/18~6/22
2500円(+178%)
↑在庫管理システムのクラウドサービスによる提供
●在庫管理をクラウドでやるのはテーマ性高い。法人向けASPはIPOで人気が高い。売上と利益も伸びている。VCは0、SOもロックアップで上場時0。吸収金額も小さく、こりゃ跳ねそう。◇相場が悪いので、予想よりやや安く寄付き。セカンダリーで入った。
・野村(主)、SMBC日興、みずほ、SBI、岡三、岡三Online
7030
6/29
036
スプリックス
1630万/41.25万/511.97万:92.5%
東証1/株価/+1.87万
2180円/139億
355億/391億
2400円/153億
★→★★
2180~2400円
2600~3120円
1997年1月
6/12~6/18
2587円(+7.8%)
↑個別指導学習塾の運営を中心とした、教育サービス事業
●事業の新規性はない。社名はGood。売上と利益も伸びている。VCは極小、SOはロックアップありで上場時0。吸収金額も東証1部としては大きくなく、公募よりは上がりそう。売出しが多いのは気になるが、全数創業者の社長。売却額約122億。新潟で塾をはじめて20年でここまで成長。これぐらいのリターンは得るべきだし、まだ過半数以上を保有しているので問題なしか。◇なぜかかなり低い初値。セカンダリーで入った。
・野村(主)、大和、SMBC日興、みずほ、極東、SBI、エース、岩井コスモ
7032
6/28
--
パデコ
20万/15.5万:43.7%
JASDAQ/--/上場取下げ
1660円/6.78億
17.7億/--
--
★→
--
--
1983年1月
6/12~6/18
上場取下げ
↑国際開発コンサルティング事業
●ODAによる途上国の公共事業のコンサルティングがメイン。事業の独自性はある。売上と利益はやや伸びている。VCはなし、SOは12.1%とやや多い。公共性が高い事業を行っており、上場に適しているのか評価が難しい。やや上げるのか。
・SBI(主)、SMBC日興、藍澤、岡三、みずほ、岩井コスモ、エイチ・エス、極東、東洋、むさし
7031
6/27
--
インバウンドテック
13.5万/6.44万:32.3%
マザーズ/落選/上場取下げ
3810円/8.74億
30.4億/31.8億
3980円/9.13億
★★→★★
3810~3980円
6000~8000円
2015年4月
6/12~6/18
上場取下げ
↑24時間365日・多言語対応コンタクトセンター運営事業、セールスアウトソーシング事業
●事業の新規性はあまりないが、社名はGood。売上と利益もいい感じで伸びている。VCは7.8%、SOは6.95%でそれほど高くない。吸収金額が小さいので上がっちゃう。4社同時上場はマイナス。値がさ株なので当たると利益がデカい。東海東京で当たれ。▼抽選終わってからの上場取りやめ。当選された方は、残念すぎます。
・東海東京(主)、SBI、香川、エイチ・エス、むさし、エース、マネックス証券
4390
6/27
035
アイ・ピー・エス(IPS)
231.8万/32万/0:0%
マザーズ/株価/+27.7万
3730円/13.7億
86.5億/90.4億
3900円/14.4億
★★→★★
3730~3900円
5850~7000円
1991年10月
6/11~6/15
6670円(+71.0%)
↑フィリピンでの国際通信サービスの卸とISPの提供、日本国内でのコールセンターを対象とした通信事業、在留外国人の人材紹介・人材派遣と求人広告等、フィリピンでの眼科等のクリニック運営
●事業は独自性あり。社名もGood。売上と利益は伸びている。VCは約44万、SOは約17万と多め。吸収金額も大きくなく、そこそこ上げそう。4社同時上場はマイナス。◇3社同時上場をものともせず、いい初値をつけた!
・みずほ(主)、SBI、SMBC日興、マネックス証券、岡三、むさし
4389
6/27
034
プロパティデータバンク
188.7万/21万/16.8万:44.4%
マザーズ/株価/+23.2万
1660円/7.22億
31.3億/33.6億
1780円/7.74億
★★★→★★★
1660~1780円
3560~4600円
2000年10月
6/11~6/15
4100円(+130%)
↑不動産・施設等の運用管理に関するクラウドサービスの提供
●ビジネスモデルに新規性はあり。クラウドサービスはIPOでは大人気。社名もGood。売上は伸びていない。利益は増えていきそう。VCは約27万、SOは3.4万株でそれほど多くない。吸収金額は小さく、上がる。▼3社同時上場で初値は厳しそう。◇順当な初値。
・三菱モルガン(主)、みずほ、SMBC日興、SBI、極東、カブドットコム
4388
6/27
033
エーアイ
484.1万/18.7万/38万:67.0%
マザーズ/株価/+25万
800円/5.22億
38.7億/48.4億
1000円/6.52億
★★★→★★★
900~1000円
3000~4000円
2003年4月
6/11~6/15
3500円(+250%)
↑音声合成エンジン及び音声合成に関連するソリューションの提供
●音声合成とはテキスト情報を音声に変換する技術。ビジネスモデルの新規性あり。テーマ性も抜群。社名も最高。売上・利益はあまり伸びていない。VCは0、SOは3.2%でGood。吸収金額も極小で文句なしの三ツ星。◇3.5倍!素晴らしい。
・SBI(主)、SMBC日興、みずほ、東海東京、藍澤、岩井コスモ、エイチ・エス、エース、極東、東洋 他2社
9274
6/26
032
国際紙パルプ商事
700万/0:0%
東証1/株価/+1.06万
344円/27.7億
255億/255億
344円/27.7億
見送り→★
314~344円
335~370円
1924年11月
6/7~6/13
450円(+30.8%)
↑国内外における紙パルプ卸売業
●子会社20社(国内8社、海外12社)と関連会社12社より構成。設立から93年経つオールド企業で、売上と利益が横ばい。漢字社名はIPO人気ない。VCは2.3%、SOも0.5%と少ないし、売出しも0なのはプラス材料だが、いかんせんIPOでは人気のないタイプ。初値は期待できない。初値が公募割れしたら、セカンダリーで狙いたい。◇主幹事のみずほ証券がシステム障害で、ネットからの売買ができず!それでこんなに初値上がった!?裁量で大量獲得の方、おめでとうございます!
・みずほ(主)、三菱モルガン、SMBC日興、岡三、いちよし、SBI、カブドットコム、岡三Online
6580
6/22
031
ライトアップ
15万/56万:78.9%
マザーズ/株価/+9.05万
2570円/20.1億
72.8億/79.9億
2820円/22.0億
★★→★★
2660~2820円
4000~4800円
2002年4月
6/6~6/12
3725円(+32.1%)
↑コンサルティング・研修サービスの提供、ITツール等の商材の卸売、Webコンテンツ制作
●中小企業支援。ビジネスモデルに新規性はない。社名はプラス。これといった強みはないが、手広くやって売上を着実に積み増している印象。IT支援事業と社名はGood。売上・利益ともに伸びている。VC6.4%、SOはなし。上がるでしょう。◇う~ん、IPOラッシュで、もう一つ上りが弱かった。
・SBI(主)、SMBC日興、藍澤、エース、水戸、岩井コスモ、東洋、松井、マネックス証券
9273
6/21
030
コーア商事HD
18万/18.96万:51.3%
東証2/株価/+13.3万
2590円/11.0億
85.5億/88.2億
2670円/11.3億
★★→★
2590~2670円
2700~3200円
実質1991年2月
6/5~6/11
4000円(+49.8%)
↑ジェネリック医薬品原薬の仕入販売、製剤の製造販売、仕入販売、製剤に係る製造受託
●事業に新規性はないが、今後、日本は医療費削減を本気で取り組まなければならないのでジェネリックの将来性はある。上場調達資金を使って自社品生産や受託製造を増やしていく。あまり人気のない東証2部だが、VCやSOがないのはプラス。ただし売上・利益ともに減少傾向。漢字社名もIPOには不人気。社長が71歳なので承継を進めるための上場か?新しいビジョンを見たい。公募価格は割安に設定されるだろうから、公募よりは上がるはず。▼3社同時上場で初値は厳しそう。その代わり、セカンダリーが狙い目。◇予想より遥かに高い初値!おかげで、セカンダリーは断念(T_T)
・三菱モルガン(主)、みずほ、SBI、いちよし、カブドットコム
4387
6/21
029
ZUU(ズー)
15万/10万:40.0%
マザーズ/株価/+39.5万
1370円/3.94億
27.9億/32.6億
1600円/4.6億
★★★→★★★
1440~1600円
4800~6400円
2013年4月
6/4~6/8
5550円(+247%)
↑「ZUUonline」を中心とした金融商品やフィンテックサービス、フィンテック・プラットフォーム
●「フィンテック」というバズワードを入れているが実際はメディア事業。金融経済メディアに新規性はない。しかしメディアはIPOでは人気。フィンテック事業も社名もGood。まだ設立5年で勢いがすごい。VCは10%弱、SOは1.4%ぐらい。売上、利益ともに急成長。吸収金額極小で、間違いなく上がる。ただし枚数少なく当たらない… ◇公募の3.5倍。お見事。
・野村(主)、SBI、みずほ、マネックス証券、松井、岡三、岡三Online
4386
6/21
028
SIG
15万/14.8万:49.7%
JASDAQ/株価/+26.65万
2000円/6.85億
35.9億/35.9億
2000円/6.85億
★★→★★★
1600~2000円
4000~5500円
1991年12月
6/4~6/8
4665円(+133%)
↑システム開発及びインフラ・セキュリティサービスの提供
●ビジネスに新規性はないがIPOでは人気のジャンル。セキュリティサービスはテーマ性あり。社名もGood。売上の伸びや利益率は小さいが、社歴27年目で着実に積み上げてきた安定性。VC、SOはゼロ。それなりに上げそう。◇順当な初値!
・岡三(主)、SBI、SMBC日興、みずほ、いちよし、極東、東洋、岡三Online
6579
6/20
027
ログリー
36万/8.9万:19.8%
マザーズ/株価/+27.75万
1680円/8.67億
31.9億/35.3億
1860円/9.6億
★★★→★★★
1680~1860円
4650~6510円
2006年5月
6/5~6/11
4635円(+149%)
↑ネイティブ広告に特化したインターネット広告配信プラットフォーム「loglylift」の提供
●ネイティブ広告プラットフォームは新規性あり。IPOでも人気のタイプ。社名もGood。大手ネット広告系数社も株主。VCの割合は約14%、SOは4.7%。売上は倍々ゲームで利益も出ている。吸収金額小さく、文句なし。◇思ったよりも跳ねずに寄付き。セカンダリーで入った。
・SMBC日興(主)、SBI、みずほ、岡三、丸三、極東
4385
6/19
026
メルカリ>>当選!
1815万/2255万:55.4%
マザーズ/株価/+20万
2450円/1067億
3316億/4060億
3000円/1307億
★★→★★
2700~3000円
5000~6500円
2013年2月
6/4~6/8
5000円(+66.7%)
↑C to Cマーケットプレイス「メルカリ」その他のマーケットプレイス関連事業の開発・運営等
●今年前半IPOの目玉、メルカリがついに上場! マザーズとしては吸収金額大きすぎ、VC&SO多すぎで敬遠されてもおかしくないが、これだけの知名度と、国内&海外を含め、まだまだのびしろがある期待感で突破。LINEのときより初値高騰しそうな予感。▼かなり強気の仮条件。やはり上がりそう。◇初値5000円で時価総額6700億!アメリカでも勝ってほしい!
・大和(主)、三菱モルガン(主)、SMBC日興、みずほ、野村、マネックス証券、SBI、岩井コスモ、極東 他1社
4384
5/31
025
ラクスル
250万/845万:77.2%
マザーズ/株価/+1.45万
1400円/176億
385億/413億
1500円/189億
★→SBIのみ
1300~1500円
1300~1850円
2009年9月
5/16~5/22
1645円(+9.7%)
↑印刷事業「ラクスル」、運送事業「ハコベル」等、産業毎のシェアリングプラットフォームの創出
●印刷事業のシェアリングは新規性あり。知名度もそこそこあるが、VC多くて、吸収金額が大きすぎる。大きな赤字が続いているのも初値にはネガティブ。ただ売上げはグングン伸びているし、印刷業界を変えてきた実績もある。今後は「ハコベル」も可能性があり、長期的にはとても面白い会社。初値に関しては公募価格前後で寄り付きそう。▼メルカリと主幹事がかぶるので、ラクスルは見送りメルカリに集中。◇ちょいあげ。寄付きセカンダリーのほうが利益が出た。
・大和(主)、三菱モルガン(主)、みずほ、SBI、SMBC日興、マネックス証券、カブドットコム、松井
4/27
024
エヌリンクス6578
JASDAQ/株価/+19.7万
1620円(7.60億)
1810円(8.49億)
★★(普通)
3500~5000円
4/11~4/17
3780円(+109%)
↑営業代行事業(NHKの契約・収納代行)、メディア事業(不動産仲介、ゲーム攻略サイトの運営)
●売上の8割がNHKの契約・収納代行によるもの。なかなかリスクが大きい。ただIPOとしては、吸収金額も大きくなく、公募は超えるはず。◇2倍超え。HEROZストップ安ショックは落ち着いてきた。
・SBI(主)、みずほ、岡三、極東、藍澤、岩井コスモ、エイチ・エス、東洋、岡三Online
4/25
023
アイペット損害保険7323
マザーズ/株価/+16.5万
2600円(20.5億)
2850円(22.4億)
★★(普通)
5300~6500円
4/10~4/16
4500円(+57.9%)
↑ペット保険事業
●ペット保険市場は拡大。アニコム(シェア約6割)に次ぐ規模のアイペット(シェア約2割)。人気は出そうだが、吸収金額が大きい。そこそこ上げるか。◇予想より低い初値。HEROZが公募価格10倍の初値をつけた後、連日ストップ安が続き、IPOの高値警戒感が出た?
・大和(主)、SMBC日興、マネックス証券、岡三、いちよし、SBI、岡三Online
4/25
022
ベストワンドットコム6577
マザーズ/落選/+105万
4130円(5.18億)
4330円(5.43億)
★★★(全力)
12000~16000円
4/10~4/16
14830円(+243%)
↑クルーズ旅行に特化したオンライン旅行予約サイト「ベストワンクルーズ」の運営等
●旅行サイトはIPOで人気。クルーズ旅行に特化の独自性も◎。売上・利益も急上昇で、これは跳ねる! 社長の澤田氏は、あのHIS 澤田会長のご子息。◇今年4社目の初値利益100万円超え… 今年はすっごい!
・SMBC日興(主)、みずほ、SBI、岩井コスモ、マネックス証券、エース
4/20
021
HEROZ(ヒーローズ)4382
マザーズ/落選/+445万
3640円(7.21億)
4500円(8.91億)
★★★(全力)
2~2.5万円
4/5~4/11
4.9万円(+989%)
↑人工知能(AI)を活用したインターネットサービスの企画・開発・運営
●将棋の人工知能ソフトで有名な会社。AIは市場の最強テーマなので、とんでもなく上がってしまうと思う。▼仮条件メッチャ上げてきた。株価2万円超えの利益200万円超えか!?◇公募の10.9倍は1999年のバブル期に上場したエムティーアイの9.1倍を超えて史上最大。初値利益445万円… いや~、とんでもないもん見た。
・SMBC日興(主)、マネックス証券(副)、みずほ、大和、三菱モルガン、SBI、いちよし、岩井コスモ 他6社
4/11
020
コンヴァノ6574
マザーズ/落選/+12.59万
890円(8.49億)
930円(8.88億)
★★★(全力)
2330~2790円
3/23~3/29
2189円(+135%)
↑ネイルサロン「FASTNAIL」等の運営
●信和、QBハウスに続きPEファンドのインテグラル案件。素晴らしい。ファンドのEXIT案件ではあるが、吸収金額的にはいけそう。売上げ、利益もOK。男性の爪磨きなんかも、市場としては伸びるのか?◇う~ん、そこまで人気は出なかった。
・野村(主)、みずほ、大和、SMBC日興、いちよし、東海東京、SBI、マネックス証券
4/10
019
ヒューマン アソシエイツHD
(6575) マザーズ/落選/+24.3万
1040円(11.8億)
1170円(13.2億)
★★★(全力)
3510~4680円
3/26~3/30
3600円(+208%)
↑人材紹介、メンタルヘルスケア
●人手不足が超追い風。売上げ、利益ともに順調に拡大。人気になりそう。大和とSMBC日興の共同主幹事。◇しっかり3倍!
・大和(主)、SMBC日興(主)、みずほ、SBI、いちよし、岩井コスモ、岡三、東海東京、東洋、岡三online
4/4
018
ビープラッツ4381
マザーズ/落選/+78万
1860円(3.21億)
2200円(3.80億)
★★★(全力)
6600~8800円
3/15~3/22
10000円(+355%)
↑継続課金の販売・管理プラットフォームの提供
●サブスクリプションのプラットフォームを提供。前期は赤字。今期(3月期)は黒字予想。吸収金額極小で、あがってまう案件。◇わぁーー、また1万円の大台! 今年は、早くも3社目!
・野村(主)、みずほ、SMBC日興、SBI、マネックス証券、いちよし、エース、丸三
4/3
017
ブティックス9272
マザーズ/落選/+18.6万
1270円(6.05億)
1350円(6.43億)
★★★(全力)
2700~3300円
3/14~3/20
3210円(+138%)
↑介護業界の商談型展示会の開催、介護事業者等のM&A仲介サービス、eコマースでの介護用品の販売等
●介護というテーマ性あり。M&A仲介サービス、eコマース事業は人気。今期は第3四半期まで赤字だが黒字予想。吸収金額も小さく、固くあげそう。◇順当にアゲアゲ!
・野村(主)、SBI、SMBC日興、藍澤、マネックス証券
3/30
016
日本リビング保証7320
マザーズ/落選/+33.4万
1700円(3.14億)
1760円(3.25億)
★★★(全力)
5280~6160円
3/13~3/19
5100円(+190%)
↑住宅設備の保証サービス、中古不動産の検査補修サービス、おうちのトータルメンテナンス、BPO事業
●政府は中古不動産の流通を増やしたい。今年の4月からは中古住宅売買にインスペクション強化。テーマ性のある事業。吸収金額も極小なので、初値は上がる。◇3倍はいかず。ふむふむ。
・みずほ(主)、SMBC日興、SBI、岡三、エース、丸三、水戸、マネックス証券、岡三online
3/29
015
和心9271
マザーズ/落選/+28.55万
1620円(7.53億)
1700円(7.90億)
★★★(全力)
3400~4250円
3/13~3/19
4555円(+168%)
↑和装小物の販売及び着物レンタル
●京都をはじめ観光地に実店舗を置きインバウンド需要。売上・利益ともに伸びている。オリンピックに向けてさらにニーズは高まる。上げるでしょう。◇いや~、どの銘柄も予想より高い初値。強いぞIPO!
・SMBC日興(主)、SBI、野村、極東、マネックス証券、エース、エイチ・エス
3/29
014
アズ企画設計3490
JASDAQ/落選/+25.45万
2160円(6.71億)
2160円(6.71億)
★★(普通)
3240~4320円
3/12~3/16
4705円(+118%)
↑不動産の売買、賃貸借、管理
●特に変わった強みがあるわけではないが、売上は伸びている。好景気の余波。多少、初値よりは上げそう。◇IPOラッシュに入っても、強い。絶好調。
・みずほ(主)、野村、SBI、岡三、東海東京、丸三、水戸、マネックス証券、岡三online
3/28
013
アジャイルメディアNT
(6573) マザーズ/落選/+124.7万
2640円(3.77億)
3000円(4.28億)
★★★(全力)
9900~11400円
3/9~3/15
15470円(+416%)
↑ソーシャルメディアや体験を通じたファン発見・活性化・分析サービス「アンバサダープログラム」の提供
●今後の事業の成長性、スケール化が不透明だが、SNS系&吸収金額が極小というだけで、初値は高騰しそう。◇どっっしぇーー! 5倍。初値利益124万円! 今年は利益100万円超えが、すでに2件。
・みずほ(主)、岡三、SBI、SMBC日興、エース、極東、マネックス証券、岡三online
3/27
012
RPA HD6572
マザーズ/落選/+107.1万
3200円(19.2億)
3570円(21.4億)
★★★(全力)
10710~12500円
3/8~3/14
14280円(+300%)
↑事務作業代行ソフトウェアの販売等を行うロボットアウトソーシング事業、アドネットワーク事業等
●RPA(Robotic Process Automation)とは、認知技術(AIやルールエンジン、機械学習等)を活用し、ホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組み。これから大きく期待される分野のトップランナー。売上・利益ともに急上昇。ただ、調達はほぼなし。なぜ? まぁ上げるでしょう。◇ちょうど4倍に! 寄付き後も上昇で、一時PERは300倍超え! すごー
・SBI(主)、大和、SMBC日興、エース、マネックス証券、岡三、極東、藍澤、東洋、岩井コスモ 他2社
3/23
011
ファイバーゲート9450
マザーズ/落選/+13.38万
910円(10.5億)
1050円(12.1億)
★★★(全力)
2200~2700円
3/7~3/13
2388円(+127%)
↑集合住宅及び商業施設などにおけるWi-Fiサービスの提供
●売上、利益ともに急拡大。吸収金額がやや大きいが、問題なさそう。◇2倍以上! いいね。
・SMBC日興(主)、上光、みずほ、SBI、東洋、岡三、岡三online
3/23
010
キュービーネットHD6571
東証1/当選/-1.35万
2250円(253億)
2250円(253億)
★(軽く)
2200~2700円
3/7~3/13
2115円(-6%)
↑ヘアカット専門店「QBハウス」等を運営するキュービーネットなど、グループ会社の経営管理
●1000円カットのQBハウス。知名度は十分だが、3/20上場の信和に続きPEファンド「インテグラル」のEXIT案件。ファンドのEXIT案件は、公募前後で寄付く可能性大。◇日経平均の大幅下落のあおりを受けてマイナス… 仕方ない。
・大和(主)、三菱モルガン(主)、みずほ、SMBC日興、東海東京、岡三、岩井コスモ、マネックス証券 他3社
3/22
009
SOU(ソウ)9270
マザーズ/当選/+8万
3090円(52.5億)
3300円(56.0億)
★★(普通)
3500~4000円
3/6~3/12
4100円(+24%)
↑ブランド・貴金属・骨董品等の買取及び販売
●メルカリの急成長でリユース企業の成長が鈍化している。ここも売上・利益ともに伸びが鈍化。しかし前期の利益でも11億以上は出ている。吸収金額が大きいが、時価総額的には問題ない。初値を超えるか。◇いやった~。けっこう上がった!
・SMBC日興(主)、みずほ、SBI、三菱モルガン、岩井コスモ、岡三、いちよし、カブドットコム、岡三online
3/20
008
信和3447
東2/落選/-4400円
1380円(190億)
1150円(159億)
不参加(SBIのみ)
1100~1450円
3/2~3/8
1106円(-3.8%)
↑主に仮設資材、物流機器を中心とした金属製品の製造販売
●過去数回、ファンドが株式取得、売却を繰り返す。事業は創業時から仮設資材の製造と販売。くさび緊結式足場の市場シェアは1位で利益率も高い。全数売出し。ファンドのExit案件はIPOでは人気がない。▼仮条件引き下げ。厳しー。◇やはりマイナス…
・野村(主)、みずほ、大和、SMBC日興、東海東京、岡三、岩井コスモ、SBI、岡三online
3/19
007
共和Corp6570
東2/落選/+9.21万
1430円(10.7億)
1590円(11.9億)
★★(普通)
1800~2300円
3/1~3/7
2511円(+58%)
↑アミューズメント施設運営及びアミューズメント機器販売
●本社が長野のゲームセンター・バッティングセンター運営。売上げは横ばいだが、ここ数年M&Aで拡大。人気がない東証2部。ギリギリ公募より上か。▼割安感があったのか、仮条件の価格をあげてきた。なかなかいいかも。◇上がるねー
・野村(主)、みずほ、SMBC日興、SBI、八十二
3/16
006
フェイスNT3489
マザーズ/落選/+18万
1340円(18.5億)
1400円(19.3億)
★★(普通)
1800~2300円
2/28~3/6
3200円(+129%)
↑投資用不動産の企画・開発・建築請負・販売及び管理等
●新築一棟不動産投資物件を販売。いつまで続くか、不動産投資ブーム。業績はものすごい伸びているので、公募よりは上げそう。◇ここも予想より遥かに高い初値。社名がIT系を連想させて吉と出た。
・野村(主)、SMBC日興、SBI、岡三、エース、むさし、藍澤、マネックス証券、岡三online
3/16
005
日総工産6569
東証1/落選/+7.7万
3570円(112億)
3250円(102億)
★★(普通)
3300~3900円
2/28~3/6
4020円(+24%)
↑製造派遣・製造請負、一般事務派遣・BPO、施設介護・在宅介護
●製造業の人材派遣がメイン。人手不足が業績後押し。今期は、売上も利益も急上昇。大丈夫でしょう。▼仮条件を想定価格より大幅ダウン。機関投資家の人気はイマイチか… ◇仮条件を引き下げてきたのに、この強さ。IPO市場は強い。
・みずほ(主)、三菱モルガン、いちよし、岡三、岩井コスモ、エース、マネックス証券、SBI 他2社
3/15
004
神戸天然物化学6568
マザーズ/落選/+13.25万
2340円(61.0億)
2340円(61.0億)
★★(普通)
3000~3510円
2/28~3/6
3665円(+57%)
↑有機化合物の受託研究、受託製造・分離精製及び技術開発
●吸収金額61億と大きめ。成長率は高くないが、堅実。やや上げそう。▼おぉ! 久しぶりのIPOとあって、絶好調。
・SMBC日興(主)、SBI、野村、エース
3/2
003
SERIO HD6567
マザーズ/落選/+23.2万
1780円(14.7億)
1780円(14.7億)
★★(普通)
2850~3560円
2/14~2/20
4100円(+130%)
↑就労支援、放課後事業、保育事業を行う子会社の経営管理
●子育て中の女性に特化した人材派遣や認可保育園の運営。時代にマッチしている。高騰はなさそうだが、固く上げそう。◇強いー。今年もIPO市場は絶好調。
・野村(主)、大和、SMBC日興、みずほ、SBI、エース、岡三、岡三Online
2/28
002
ジェイテックCorp3446
マザーズ/落選/+74.5万
2170円(24.9億)
2250円(25.9億)
★★★(全力)
4500~6750円
2/13~2/19
9700円(+331%)
↑大型放射光施設で使われるX線ナノ集光ミラーの開発・製造・販売、各種自動細胞培養装置等の開発・販売
●精密実験装置に使う高密度集光ミラーが売上の9割。ニッチで強い技術を持つ。世界で放射光施設の建設が続き、売上、利益が拡大。初値は上げる。◇なぬー、爆上げじゃ!
・SMBC日興(主)、野村、SBI、みずほ、エース、東洋、岡三、エイチ・エス、マネックス証券、岡三Online
2/23
001
Mマート4380
マザーズ/当選/+41.4万
1190円(8.0億)
1240円(8.4億)
★★★(全力)
3720~4960円
2/6~2/13
5380円(+334%)
↑B to B に特化したインターネットマーケットプレイス事業
●業務用食材の卸売市場サイト。食材卸業界では有名。社長は64歳で起業、81歳で上場!素晴らしい! IPOでは人気の業種。吸収金額小さく、上げそう。▼世紀が上場取下げで、1発目のIPOに昇格。上げるで!◇やっぱり上げた!
・みずほ(主)、大和、SMBC日興、岡三、マネックス証券、SBI、岡三Online
2/15
T02
ザイマックスR3488
東証R/不参加/-1000円
10.0万(220億)
10.5万(231億)
不参加
9.8~11万
1/30~2/5
10.4万(-1%)
↑*投資法人 オフィスと商業施設、ホテルを中心に運用するREIT
●PM受託数No.1のザイマックスGのノウハウを活用した複合REIT。今、REIT の初値は、なかなか厳しそう。◇やはり厳しかった…
・SMBC日興(主)、みずほ、野村
2/8
--
世紀(6234)
マザーズ/--/上場取下げ
5190円(27.2億)
--
★★★(全力予定)
--
1/23~1/29
上場取下げ
↑射出成型合理化機器「ランナーレスシステム」の製造販売
●マザーズっぽくない、ニッチを攻める歴史のある山形県の企業。吸収金額も多く、普通ならあまり人気にならないが、なにせ1発目の通常IPO。必然と注目が集まり、ご祝儀的に上がるか。値がさだし、全力でいきたい。▼社内規程に照らして確認すべき事項が発生。縁起のいい1発目が…
・野村(主)、SMBC日興、みずほ、三菱モルガン、SBI、岡三、極東、岡三Online
2/7
T01
CREロジスティクスF
(3487) 東証R/忘れた/-5500円
10.8万(230億)
11.0万(235億)
★★(普通)
11.4~12.4万
1/24~1/29
10.45万(-5%)
↑*投資法人 首都圏を中心とする物流関連施設を投資対象とするREIT
●最近、不人気のREITだが、1発目のIPOなので注目は集まる。ネット通販市場は年々拡大し、先進的物流施設の需要も高まる。公募割れはないでしょう。◇まさかの公募割れ… 一昨日のNY市場暴落が響いたか。
・SMBC日興(主)、野村、大和、みずほ、三菱モルガン、カブドットコム

 

せいきゅん
最新のIPOスケジュールはここからチェック↓

IPOスケジュール一覧と初値予想

2020.10.10

 

せいきゅん
↓IPO株の当選確率を上げるには!?

IPOとは?|IPO株の当選確率を上げる買い方とは?

2020.10.15

 

せいきゅん
僕らの当選成績は ↓こっち。

IPOの当選成績4人分|IPOの勝率、利益額ランキング

2020.10.10

 

Can you survive?

※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。
サバイブ運営方針はこちら

 

ABOUTこの記事を書いた人

「お金なんかで人生悲観する人をなくしたい」をテーマに、100歳までサバイブする稼ぎ方・投資・子育てを研究。

人生は、逃げても攻めても辛いことだらけ。だから、くだらない見栄や常識を捨てて、辛いこともなるべく楽しみ、小さなことに感謝して生きる。これが僕のサバイブ術。

1級FP技能士。元裁判所職員。裁判所入所後、父が残した大借金を金銭的・精神的に解決するために起業して、はや13年(本当は彼女にフラれて起業)。岩崎のもう少し長い自己紹介はこちら>>

Twitterで、稼ぎ方・投資・子育てのサバイブ術を発信>> Facebookでも>>