ふるさと納税はまだ間に合う!10分で選べるおすすめ寄付先12月31日まで

まだ間に合うふるさと納税
年末、いろいろと忙しくて時間がない人に代わって、10分でふるさと納税の寄付先を選べるようにした!2018年12月31日までに今年分のふるさと納税をしないと、来年の住民税は安くならない今から10分で今年のふるさと納税を、ミッションコンプリートせよ

 

せいきゅん岩崎
タカシ、今年の「ふるさと納税」やった?
後輩タカシ
まだっすーー。今年こそは、やろうと思っていたんすけど。まだっすーすー。
せいきゅん
今年もスース―してんな。まぁでも、12月31日までにやれば間に合うから、大丈夫だよ。
後輩タカシ
そうなんすね。あー良かった。じゃー、年末の休みになったらやりますね!
せいきゅん
タカシ、そうやって毎年、ふるさと納税やらずに終わっているよね?
後輩タカシ
正直、めんどくさそうっすよね。よくわからないし。というか、ふるさと納税ってなんでしたっけ? メリットがいまいちわかんないんすよね。
せいきゅん
ぬぬ…… わかった、もう一度説明する。今やらなければ、きっとタカシは今年もやらないだろうから、10分でふるさと納税の寄付先まで選べるように、僕のおすすめも教えちゃう。

今年のふるさと納税やった?

ふるさと納税は3年ぐらい前からブームになっているけど、「私は関係ない」と思っている人がまだまだ多い。

年収200万円以上の人はふるさと納税を活用できる可能性が高い。

「ふるさと納税」を簡単にイメージしてもらうと、どこかの自治体に寄付して、そのお礼に地域の特産品、例えばカニ最高級牛肉などをプレゼントしてもらえる制度。

後輩タカシ
寄付する自治体って、自分のふるさと=生まれた場所じゃなくても、いいんですか?
せいきゅん
生まれた場所は、まったく関係ない(笑) どこの自治体にも寄付できる。

そして寄付した金額は、翌年の住民税などから引かれるから、実質2000円* でいろいろな特産品やサービスが受けられるんだ。

*例えば総額5万円の寄付をしたら、翌年の住民税が4万8000円安くなる(確定申告をする人は、所得税が一部還付され、残りは住民税が安くなる)。

後輩タカシ
めっちゃ、お得じゃないですか!
せいきゅん
だから、毎年そう言っているやん……

今年までは、商品券や電化製品も選べる。でも、今年分のふるさと納税は12月31日までしかできない。とにかく、今すぐ10分で寄付先を決めよう。

後輩タカシ
はい!

どのくらいの金額を、ふるさと納税できるい?

ではどれくらいの額まで寄付しても、お金が戻ってくるだろうか?

目安がこれだ。

ちなみに、中学生以下の子供(16歳未満)は税法上、扶養控除されないので、「扶養なし」に当てはまる。配偶者(妻または夫)や高校生の子供の扶養控除額は同じだが、大学生の子供(19歳以上23歳未満)は、扶養控除額が大きい(寄付できる金額が少なくなる)ということに注意して欲しい。

寄付する人の
給与総額
扶養なし扶養1人
*夫/妻
扶養1人
*高校生
扶養1人
*大学生
200万円1万5000円
300万円2万8000円1万9000円1万9000円1万5000円
350万円3万4000円2万6000円2万6000円2万2000円
400万円4万2000円3万3000円3万3000円2万9000円
450万円5万2000円4万1000円4万1000円3万7000円
500万円6万1000円4万9000円4万9000円4万4000円
550万円6万9000円6万円6万円5万7000円
600万円7万7000円6万9000円6万9000円6万6000円
650万円9万7000円7万7000円7万7000円7万4000円
700万円10万8000円8万6000円8万6000円8万3000円
800万円12万9000円12万円12万円11万6000円
900万円15万1000円14万1000円14万1000円13万8000円
1000万円17万6000円16万6000円16万6000円16万3000円
1200万円24万2000円23万9000円23万2000円22万9000円
1500万円38万9000円38万9000円37万7000円37万3000円
2000万円56万4000円56万4000円55万2000円54万8000円
寄付する人の
給与総額
扶養2人
*夫/妻+高校生
扶養2人
*高校生+大学生
扶養3人
夫/妻+高校+大学
300万円1万1000円7000円
350万円1万8000円1万3000円5000円
400万円2万5000円2万1000円1万2000円
450万円3万3000円2万8000円2万円
500万円4万円3万6000円2万8000円
550万円4万8000円4万4000円3万5000円
600万円6万円5万7000円4万3000円
650万円6万8000円6万5000円5万3000円
700万円7万8000円7万5000円6万6000円
800万円11万円10万7000円8万5000円
900万円13万2000円12万8000円11万9000円
1000万円15万7000円15万3000円14万4000円
1200万円22万9000円21万9000円20万6000円
1500万円37万7000円36万1000円36万1000円
2000万円55万2000円53万6000円53万6000円

 

せいきゅん
この扶養人数に当てはまらない場合や、70歳以上の親を扶養している、医療費控除があるなど、詳細な寄付可能上限額を知りたい場合は、ふるなびの控除上限額シミュレーションをやってみるといい。

*さらに詳細な控除上限額シミュレーションは、ふるさとチョイスで調べられる。

ヤス石田
うちは、奥さんと子供3人。子供たちが全員高校生以上になったら、ふるさと納税できる額が減っちゃう……
せいきゅん
その分、税金が安くなるけどね(笑)

あんまり、上限額ギリギリを狙わないことも大切。上限額を超えた寄付は、単なる寄付(住民税は安くならない)になるから、気をつけて。

10分で決める、ふるさと納税攻略法

せいきゅん
さて、自分の寄付できる金額がわかったら、次はどこの自治体に寄付するかだ。

年末のふるさと納税先の決め方として、大きく2つに分かれる。

1.欲しいものをぱぱっと決めてしまう方法と、あとでじっくり選ぶために、2.ポイント制を採用している自治体に寄付をしておく方法だ。

欲しいものをぱぱっと決めてしまう方法のメリットは、あとで改めて商品を選ぶ時間をとらなくていいこと。

デメリットは、寄付は年末に集中するから(年間のふるさと納税の50%は12月に行われる)、欲しい返礼品が品切れを起こしている可能性があること。ただし、実際は品切れを起こしている返礼品は少ないし、代わりの商品がある。

ポイント制のメリットは、あとでじっくり欲しい返礼品を選ぶことができることや、季節モノの返礼品を選べること、さらには今年分のポイントと来年分のポイントを足して、高額な返礼品をもらうという技も使えることかな。

デメリットは、やはりまた選ばなければいけないこと。返礼品を用意してくれる自治体が増えたことは嬉しいけど、多くなり過ぎて、正直、どれをもらうか迷う。選ぶのが大変。そんなことしているうちに、また来年の年末になって、そのうちポイントは失効し… みたいな危険性がある。

それから、来年の通常国会でふるさと納税(地方税法)の法改正が行われる予定だ。この法改正で商品券や家電3割を超える返礼品は、2019年5月末までで禁止となりそうだから、できれば早めに、欲しいものをもらっておいたほうがいい。

せいきゅん
なので、めんどくさがり屋の人は、今、この場で決めちゃうことをおすすめする。

カタログショッピングが好きな人は、ポイント制を採用している自治体に寄付して、時間があるときにじっくり見ればいい。

後輩タカシ
自分は今、ぱぱっと決めないとずっとやらないと思うので、今、決めたいっす!
せいきゅん
そうだな、タカシはそのほうがいいな。

どの「ふるさと納税ポータルサイト」を使うか?

ふるさと納税ポータルサイトで、一番大きいのが「ふるさとチョイス」だ。しかし莫大な数の自治体が掲載されていて(1788団体)、眺めているだけで数時間たってしまう。だから、年末、一気に寄付先を決めるのには適していない。

年末のふるさと納税は、「ふるなび」がいい。12月31日までに、ふるなびを使って寄付をすると、寄付金額に対して2%のAmazonギフトコードがプレゼントされるんだ!

さらに、他のポータルサイトが自粛している商品券や家電をふるなびは扱っている。

なので、年末は、基本的に「ふるなび」一本でいい。掲載自治体数が225団体と少ないが、僕のおすすめはすべて扱っているので必要十分、ちょうどいいサイズだ。

ただ、楽天市場を頻繁に使っている人は、「楽天ふるさと納税」を使うのがいいと思う。

楽天ふるさと納税は、楽天市場と同じシステムを使っているので、使い慣れている人にとっては、一番わかりやすいはず。掲載されている自治体も540団体ある。

「ふるなび」と「楽天ふるさと納税」のいいところは、返礼品ごとのレビューがあること。返礼品をもらった人のリアルの声がわかるんだ。

さらに楽天ふるさと納税で寄付をすれば、返礼品と別に「楽天ポイント」がもらえる。そして楽天カードを使って寄付をすれば、楽天ポイントが3倍になる。

ちなみに楽天カードを持っていない人は、今、楽天カードをつくると7000楽天スーパーポイントがもらえる。■楽天カード入会で7000ポイント>>

なので、楽天カードを持っていて、楽天をよく使っている人には、「楽天ふるさと納税」はかなりお得だ。

 

まとめると、基本的にはふるなびをメインにする。

楽天カードを持っていて、楽天市場をよく人は、楽天ふるさと納税をメインに使う。

ただし、ふるなびと楽天ふるさと納税はポイント制を採用していないので、ポイント制を採用している自治体に寄付をして、来年ゆっくり選びたい人は「ふるさとチョイス」を使う、という作戦になる。

どこの自治体に寄付をするか?

まず、とにかくすぐに決めたい人は、品切れがなくて、場所を取らない商品券がいい。

商品券や家電は、本来のふるさと納税の趣旨から反すると批判を受け、国から自粛するように言われている。

しかし国が要請する地元でとれる「地場産品」しか返礼品として認めないと、返礼品の三種の神器と言われているお肉お米カニがとれる地域だけが、突出して有利になってしまう。

せっかく各自治体が納税者のほうを向いて、創意工夫をして競争しているのに、それを制限する方向はどうなんだろう。

この創意工夫をして競争する姿勢こそが、地方分権を推進していく中で、一番必要なことなのではないか。これまで、納税者や観光客に目を向けてこなかった自治体が、自らのアイデアで納税者を獲得する競争はすごくいいと個人的には思う。

しかし、来年の通常国会でふるさと納税(地方税法)の法改正が行われる予定だ。この法改正で商品券や家電、3割を超える返礼品は、2019年5月末までで禁止となりそう。

なので、商品券や家電をもらいたいと思っている人は、今年の年末しかない

ということで、おすすめはこのへん。

サーティワン商品券500円×8枚
サーティワン商品券500円×8枚:寄付額1万円(静岡県小山町)

 

リンガーハット商品券500円×8枚
リンガーハット商品券500円×8枚:寄付額1万円(静岡県小山町)

 

せいきゅん
ちなみに、静岡県小山町には、サーティワンアイスクリームや、リンガーハットの工場がある。だから、これも地元のモノなんだ。地元で獲れるものが何もない自治体が創意工夫して考えた返礼品だが、来年はなくなってしまう可能性が高い。

ただし、Amazonギフト券はやりすぎ(笑) 地元とは、いっさい関係ない。

後輩タカシ
Amazonギフト券…… すごい(笑)

サーティワンも、リンガーハットも大好きなので、まずはこの2つをゲットします!

 

せいきゅん
旅行好きには、旅行券もある。

温泉で有名な群馬県草津町で使える旅行券↓

くさつ温泉感謝券
くさつ温泉感謝券

 

せいきゅん
スキー場で有名な新潟県湯沢町で使える旅行券↓

「ありがとう湯沢」応援感謝券

 

せいきゅん
そもそも日本旅行のギフトカードもある↓

日本旅行ギフトカード5万円分
日本旅行ギフトカード5万円分:寄付額10万円(大阪府岬町)

 

せいきゅん
他にも、航空会社peachの航空券が買えるポイント↓

ふるさとへ帰ろう!Peachセット
ふるさとへ帰ろう!Peachセット(大阪府泉佐野市)

後輩タカシ
旅行…… 一緒に行く相手がいないっす!

 

せいきゅん
寄付額が大きい人は、家電を狙ってもいい。家電に関しては、iPadをはじめ、ほぼ何でも揃う

iPad WiFi 32GB ゴールド
iPad WiFi 32GB ゴールド:寄付額12万円(福岡県行橋市)

 

せいきゅん
↓ここから、自分に必要な電化製品を選ぶといい。

電化製品の人気返礼品ランキング

後輩タカシ
寄付額が、足りないっす!

 

せいきゅん
生活必需品をもらって、生活費を節約したい場合は、お米とかティッシュがおすすめ。
後輩タカシ
お米はいいですね。洗うのがめんどくさいので、無洗米はありますか?
せいきゅん
もちろん、あるよ。秋田県大館市の秋田県産あきたこまち(無洗米) 10kg(5kg×2):寄付額1万円がおすすめだな。

ただし、確定申告をしないでふるさと納税をしたい場合、「5団体まで」しか寄付ができない。5回ではなく5団体までね(ワンストップ特例制度。詳しくは下を参照>>)。

となると、なるべく自治体をまとめることがBetter。

後輩タカシ
とにかく、お肉とカニ、イクラ、ウナギが食べたいっす!!

あー、ビールも飲みたいっす、今年も頑張った自分へのご褒美に!

せいきゅん
(毎年たいして頑張ってないだろ)

お肉やビール、ティッシュは、2017年ふるさと納税の寄付額No.1の大阪府泉佐野市で選んでおけば間違いない。

 

黒毛和牛小間切れ切落し2.2kg
黒毛和牛小間切れ切落し2.2kg:寄付額1万円

 

アサヒスーパードライ市制70周年記念 350ml×1ケース
アサヒスーパードライ市制70周年記念 350ml×1ケース:寄付額1万円

 

よなよなエール 350ml×1ケース
よなよなエール 350ml×1ケース:寄付額1万円

後輩タカシ
よなよなエール! 大好きっす。自分のご褒美に、これいっちゃいます!

 

エリエールティッシュ5箱×12P
エリエールティッシュ5箱×12P:寄付額1万円

 

せいきゅん
ウナギなら、コスパ最強の自治体、宮崎県都農町(つのちょう)だな。僕も3か月に一度は、都農町にふるさと納税をして、このウナギをもらっている。子供たちにも大人気だよ。お肉も、ボリューム満点のものが多い。

 

うなぎ蒲焼(長焼5尾入)
うなぎ蒲焼(長焼5尾入):寄付額2万円

 

宮崎ブランドポーク「愛豚隊」しゃぶしゃぶセット
宮崎ブランドポーク「愛豚隊」しゃぶしゃぶセット:寄付額1万円

 

せいきゅん
魚介類は毎年、年末年始に自分の実家に送ったり妻の実家に送ったり、自宅でも食べちゃったりしている。魚介類は、すべて北海道の根室市でもらっているよ。カニイクラも、ホタテウニも、どれもホントに絶品
後輩タカシ
自分も、田舎の母に…… いや、自分で食べたいっす!
せいきゅん
カニは、ずわいがにカットしてある棒肉が、一番美味しくて食べやすいから好き。毎年これ。

お刺身用ずわいがに棒肉500g
お刺身用ずわいがに棒肉500g:寄付額1万円

 

せいきゅん
イクラは、小分けになっているやつ。これなら一気に食べなくても大丈夫だから、年末に毎日チビチビ幸せを噛みしめながら食べている。

いくら醤油漬50g×4
いくら醤油漬50g×4:寄付額1万円

後輩たかし
いっ、イクラ!

 

せいきゅん
ホタテは、マビで柔らかいんだよ。

天然ほたて貝柱1.1kg(56~66玉)
天然ほたて貝柱1.1kg(56~66玉):寄付額1万円

 

せいきゅん
ウニは、臭みがまったくない!

エゾバフンウニ90g×1折
エゾバフンウニ90g×1折:寄付額1万円

後輩たかし
これ、一箱全部ご飯に乗せたいっす!

 

せいきゅん
来年、じっくり選ぶために、ポイント制を採用している自治体に寄付をしておく場合は

ポイントの有効期限がない自治体(長崎県平戸市岐阜県大垣市鹿児島県南さつま市島根県浜田市等)や

有効期限が2~3年もある自治体(鹿児島県大崎町長崎県佐世保市北海道上士幌町)から、寄付をするといいね。

ポイント制のおすすめ自治体一覧(ふるさとチョイス)

後輩たかし
自分はもう、ほとんど決まりました!
せいきゅん
タカシ、イクラもいいけど、ふるさと納税の本来の趣旨に戻って、自分の「地元」に寄付するのもありだよね。

僕も生まれてから29歳まで、ずっと育ててもらった東京都世田谷区と、子供の頃に毎年行っていた母の実家である岩手県北上市に、毎年ふるさと納税をしている。

より多くの子供たちが世界を体験するために(世田谷区:ふるさとチョイス)

後輩タカシ
ぬぬぬ。イクラをあきらめて……
せいきゅん
また今年は9月6日に北海道胆振(いぶり)東部地震が起きた。このような災害地域に寄付をするのもいい。

北海道胆振東部地震へふるさと納税(ふるさとチョイス)

後輩タカシ
ぐぐぐ。さらにウナギをあきらめて……
せいきゅん
最近では、自治体が抱える問題解決のプロジェクトに対して、返礼品なしで「ふるさと納税」をする「ガバメントクラウドファンディング」も活発化してきた。

東京都文京区からはじめった、ふるさと納税を活用した「こども宅食(生活の厳しい子供の家に、定期的に食品を届けるプロジェクト)」は、全国に広がりはじめている。

命をつなぐ「こども宅食」を全国へ(佐賀県:ふるさとチョイス)

後輩タカシ
よよよ。よなよなエールも……
せいきゅん
まぁ、今年は美味しいモノをもらうことをモチベーションにやればいいよ。

来年以降、自分が払っている税金をどこに納めるべきか、返礼品ありきじゃなく、じっくり考えて「ふるさと納税」をするのも楽しい。

ふるさと納税をする注意点

せいきゅん
最後に、12月にふるさと納税をした人は、しっかりと手続きをしよう。

手続きをしっかりとしないと、お金は戻ってこない!(来年の住民税が安くならない)

注意点は、下記の3つ。

1.上限額ギリギリを狙いすぎない

まずはもう一度、ふるさと納税できる額(税金が戻ってくる最大の額)を確認しよう。

全額控除されるふるさと納税額の目安(総務省)

控除上限額シミュレーション(ふるさとチョイス)

扶養家族が多い人や、住宅ローン控除をやっている人は、税額控除できる金額が少なくなるのでしっかり調べよう。

正確な額を調べるのが大変だと思う人は、控除されるギリギリを狙わないで目安の上限より、少な目にしておこう。

「めんどくさい」から何もしないという選択より、2万円だけでもいいから寄付したほうが断然お得という発想のもと、お肉とお米だけでも、もらおう!

2018年は練習の年にして、2019年に本気を出してもいい。まずは2万円でもいいので寄付をして、おいしい物をゲット!

ただ2000円は戻ってこないので、2000円以上の価値がないと思うならやめておこう

2.お金が戻ってくる手続きを、しっかりしよう。

確定申告をしている人は、確定申告のときに「寄付金税額控除」の欄に、ふるさと納税の寄付金額を書く。意外と忘れてしまう人がいるので、注意が必要だ。

確定申告をしていない人(大多数の会社員)は、確定申告をしなくて済むふるさと納税ワンストップ特例制度」を使う。

これを使う場合は、2019年1月10日までにふるさと納税をした団体へ「寄付金税額控除に係る申告特例申告書」を提出する必要がある。

上記で紹介したふるさと納税ポータルサイトを使えば、寄付をするときに「寄付金税額控除に係る申告特例申告書の要望」の欄にチェックをつけることができる。

この欄にチェックをして寄付をすると、返礼品とは別に、「寄付金税額控除に係る申告特例申告書」がすぐ送られてくるので、早急に返送しよう。

12月末に寄付をした人は、2019年1月10日まで時間がない。郵送で送られてくるのを待つのではなく、下記ふるさとチョイスから用紙をダウンロードして、すぐに送ろう。

寄付金税額控除に係る申告特例申告書>>

寄付金税額控除に係る申告特例申告書の記入例>>

注意点として、ふるさと納税ワンストップ特例制度は「5団体まで」の寄付でないといけない。5回ではなく5団体まで。寄付した自治体が5つまでならこの制度が使える。

詳細はこちら>>ワンストップ特例の注意点

このふるさと納税ワンストップ特例制度を使うと、来年の住民税が安くなる。

確定申告をした場合は、一部所得税が還付され、残りは来年の住民税が安くなる。

多くの人には関係ないが、返礼品も一時所得になる。だから返礼品が「50万円」の特別控除を超えると、返礼品も確定申告が必要になる。

3.2018年分の寄付になるかを確認しよう。

通常、クレジットカードで寄付をすれば、その決済した日が寄付日になる自治体がほとんどだ。しかし、ごく一部、決済日ではなく自治体への入金があった日を寄付日とする自治体がある。この場合、来年分の寄付になってしまうこともあるので、注意が必要だ。

年末ギリギリの場合は、寄付日がいつになるのかをしっかり確認してから、寄付をしよう。

 

せいきゅん
「お金」はめんどくさいことをいとわない人に集まる習性がある。

めんどくさいことをやる2019年へ向けて、2018年の締めは「ふるさと納税」で!

来年に向けて勢いつけていこう。

後輩たかし
はい!
せいきゅん
それでは
Can you survive?

 

※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。
サバイブ運営方針はこちら

 

ABOUTこの記事を書いた人

岩崎 聖二

元公務員(裁判所勤務)。父が残した大借金を金銭的・精神的に解決するために起業して、はや12年(本当は彼女にフラれて起業)。

転職や投資、複業を駆使して、お金なんかで人生を悲観する人をなくしたい。

人生は、逃げても攻めても辛いことだらけ。だから、くだらない見栄や常識を捨てて、辛いこともなるべく楽しみ、小さなことに感謝して生きる。これが僕のサバイブ術。

岩崎のもう少し長い自己紹介はこちら>>

Twitterで、転職や投資、複業のサバイブ術を発信>>

Facebookでも>>