ふるさと納税はまだ間に合う。岩崎のおすすめ。12月31日まで

まだ間に合うふるさと納税

 

岩崎せいきゅん
ヤス、今年の「ふるさと納税」やった?
ヤス彦
いや、まだ…… 今年こそは、早めにやろうと思っていたのに……。
せいきゅん
大丈夫、大丈夫。今年からポイント制を導入する自治体が増えたから、今からやってもまったく問題ない。
ヤス彦
そうなんだ。良かった。
慎平
せいじさん、うちの父がまったくふるさと納税をやろうとしないので、もう一度メリットを伝えてください!
せいきゅん
わかった。

今年のふるさと納税やった?

ふるさと納税は昨年ぐらいからブームになっているのだが、「私は関係ない」と思っている人がまだまだ多い。

年収150万円以上の人はふるさと納税を活用できる可能性が高い。

誤解を承知で言うと、2000円でカニや最高級牛肉などのカタログショッピングができる! という制度。

ふるさと納税の制度については、いろいろと問題点も指摘はされている(どこかの自治体の住民税が、違う場所の自治体に払われるだけであり、トータルの納税額は変わらない。しかし、返礼品の仕入れ代を使うことになるから、納税額の総額は減る)が、

各地方自治体が、自らの特産品や観光資源を使って全国民にアピールするという、今までなかった積極的な活動が行われている。これはふるさと納税だけにおさまらず、その後の波及効果もあるはずだ。

だから、僕らも各地方の返礼品をじっくりと選んで、その地方に触れることが重要だ。

今年分のふるさと納税は12月末までしかできないので今年のうちにやろう。

もちろん何もしないことに比べて「少し」だけメンドクサイことがあるが、この残酷な世界をサバイブすると決断した人は「メンドクサイ」という言葉を放送禁止用語にしていく必要がある。

せいきゅん
サバイブ人にとって「ふるさと納税」を避けて通ることはできないのだ!
慎平
はい!
せいきゅん
まだふるさと納税をやっていない人は、必ず12月末までにやろう。4649哀愁。

ふるさと納税をざっくり説明すると

ふるさと納税とは

1.自分の故郷(ふるさと)は関係ない。

2.納税ではない。

の2点に集約される(笑)

これネーミングしたの誰だ!?

あれほどネーミングは大切だということを語ってきたが、政府関係者には浸透していなかったようだ。

現在のふるさと納税の制度から考えると、最もピッタリくるネーミングは

「おいしい寄付」。

ネーミングの話をすると130万文字ぐらいになってしまい、読んでいる間に年が明けてしまうので本題に戻る。

ふるさと納税はとても楽しい制度になってきている。自分の選んだ地方自治体に「寄付」をすると、お肉や魚介類等の特産品や、旅行などのサービスが返礼品としてもらえる。

そして寄付したお金は、2000円を除いて全額が翌年の住民税から引かれる。総額3万円寄付したら翌年の住民税が2万8000円安くなるということ(確定申告をしている人は一部税金が還付され、残りは住民税が安くなる)。

つまり実質2000円で最高級の牛肉やカニ、伊勢エビ、イクラ、のどぐろ、キャビア、苺、桃などがもらえるのだ。

ではどれくらいの額まで寄付しても、お金が戻ってくるだろうか?

ざっとした目安がこれだ。

給与総額扶養なし扶養1人
(配偶者or高校生)
扶養1人
(大学生)
扶養2人
(配偶者と高校生)
扶養3人
(配、高、大)
150万円8000円メリットなしメリットなしメリットなしメリットなし
200万円1万5000円メリットなしメリットなしメリットなしメリットなし
300万円2万8000円1万9000円1万5000円1万1000円メリットなし
350万円3万4000円2万6000円2万2000円1万8000円5000円
400万円4万2000円3万3000円2万9000円2万5000円1万2000円
450万円5万2000円4万1000円3万7000円3万3000円2万円
500万円6万1000円4万9000円4万4000円4万円2万8000円
550万円6万9000円6万円5万7000円4万8000円3万5000円
600万円7万7000円6万9000円6万6000円6万円4万3000円
650万円9万7000円7万7000円7万4000円6万8000円5万3000円
700万円10万8000円8万6000円8万3000円7万8000円6万6000円
800万円12万9000円12万円11万6000円11万円8万5000円
900万円15万1000円14万1000円13万8000円13万2000円11万9000円
1000万円17万6000円16万6000円16万3000円15万7000円14万4000円
1200万円23万9000円22万9000円22万6000円21万9000円19万7000円
1500万円38万6000円37万4000円37万円36万2000円34万6000円
2000万円56万円54万8000円54万4000円53万7000円52万1000円
*中学生以下の子供は税法上、扶養控除されないので、扶養なしに当てはまる。

医療費控除や住宅ローン控除がある人、詳細な上限額を知りたい人は、ふるさとチョイスのシュミレーションをやってみるといい。

だいたい年収300万円の人なら2万8000円ぐらいまで寄付できる(寄付してもお金が返ってくる)。

ふるさと納税で、どんな物がもらえるのか?

では3万円寄付すると、どのようなものがもらえるのか?

静岡県焼津市に3万円寄付すると、この「かに三昧」がもらえる。
ふるさと納税かに(静岡県焼津市)
参照:http://item.rakuten.co.jp/f222127-yaizu/003-055/

 

北海道八雲町なら1万円の寄付で、この「北海道近海産毛ガニ」がもらえる。
ふるさと納税 毛ガニ
参照:https://www.satofull.jp/town-yakumo-hokkaido/products/detail.php?product_id=1000506

 

兵庫県太子町に3万円寄付すると、この「神戸ビーフ」がもらえる。
ふるさと納税 兵庫県神戸ビーフ
参照:https://www.satofull.jp/products/detail.php?product_id=1004440

 

宮崎県都農町に1万円寄付すると、この「宮崎県産豚 究極の焼肉セット」がもらえる。
ふるさと納税 究極の焼肉セット
参照:http://item.rakuten.co.jp/f454061-tsuno/5802-30002271/

 

長崎県佐世保市に1万円寄付すると、この「九十九島殻つきカキ」がもらえる。
長崎県佐世保市ふるさと納税
参照:https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/42202/214462

 

福岡県春日市に5000円だけ寄付でも、この「博多とんこつラーメン」がもらえる。
ふるさと納税 福岡県春日市
参照:https://www.satofull.jp/city-kasuga-fukuoka/products/detail.php?product_id=1008493

 

他にも「パソコン」や「ビデオカメラ」などの電化製品や

*長野県伊那市に10万円寄付すると、価格.comで最安値4万5700円の「ダイソン ヘアドライヤー」がもらえる。
ふるさと納税 長野県伊那市
参照:https://furunavi.jp/product_detail.aspx?pid=12610

 

「温泉旅行」や「Jリーグの観戦チケット」、「人間ドック」、「船釣り」、「1日町長体験」、「ニュースキャスターになれる券」などのサービスもある。

このように負担額2000円で「おいしい」商品がもらえるため、大ブームになっているのだ。

また商品だけじゃなく広島県神石高原町の「犬の殺処分ゼロに向けた活動」や(天才!志村どうぶつ園で、ぺことりゅうちぇるがこの団体を紹介し、すごい反響に)
広島県神石高原町ふるさと納税
参照:https://www.furusato-tax.jp/gcf/112

 

佐賀県の認定NPO法人の難病を治療する膵島(すいとう)移植の研究費など
佐賀県NPO支援ふるさと納税
参照:https://www.furusato-tax.jp/gcf/77

 

NPO 団体の支援にふるさと納税ができる、ガバメント・クラウドファンディングもある。

もちろん、ふるさと納税の本来の趣旨に戻って、自分の「地元」に寄付するのもありだよね。

現在住んでいるところだけでなく、自分が子供時代にお世話になった地域にも、住民税を振り分けるというのが本来のふるさと納税の趣旨なのだから。

僕も生まれてから29歳までずっと住んでいた東京都世田谷区と、子供の頃に毎年行っていた母の実家である岩手県北上市にふるさと納税をしている。

さらに、東日本大震災の被災地や、2016年4月に起きた熊本地震の被災地である熊本県や大分県、10月に起きた鳥取県中部地震の鳥取県に、少額でもいいから寄付をしたいところだ。

また、12月22日に新潟県の糸魚川市で発生した火災は約150棟に延焼し、約4万平方メートルにも被害が及んだ。この新潟県糸魚川市でも、ふるさと納税を募集している。

新潟県糸魚川市へふるさと納税(ふるさとチョイス)

東日本大震災の被災地へふるさと納税特集(ふるさとチョイス)

熊本地震被災地へふるさと納税(ふるさとチョイス)

熊本県へふるさと納税(ふるさとチョイス)

大分県へふるさと納税(ふるさとチョイス)

鳥取県へふるさと納税(ふるさとチョイス)

このようにふるさと納税はいろいろなことを考慮すると奥が深く、自分が払っている税金をどこに納めるべきか、じっくり考えるのも楽しい。

しかし!!!

とにかくもう時間がない。年末はあっという間に過ぎてしまう。

2016年中にふるさと納税をしないと、2016年分の住民税は控除はできない。

来年2017年こそは、1年を通してふるさと納税を楽しむことにして、今年はとにかく駆け込みふるさと納税をしよう。

まずは実際にやってみることが重要!

時間があまりない人向け、ふるさと納税攻略法

せいきゅん
どの特産品にしようか、迷っちゃう… という人は、とにかくお米お肉を選んでおく!

お米はすぐに腐らないし、生活必需品なので家計も助かる。

お肉も冷凍の物なら長期間保存できる。

お米とお肉を選ぶだけなら、すぐに終わる。

12月は人気の特産品(返礼品)が「品切れ」していることが多いが、お米とお肉は大丈夫。どうしても欲しい特産品がある場合は、ポイント制を採用している自治体に寄付をするのもありだ。

ポイント制を導入している自治体は、今年した寄付分のポイントをくれる。そのポイントを使って、来年、好きなタイミングで返礼品と交換すればいい。

ポイント制を採用している自治体は、返礼品のカタログを送付してくれる。こうなると、ほとんどカタログショッピングやお取り寄せグルメと同じだ。

さらに、ポイントの有効期限がない自治体(長崎県平戸市岐阜県大垣市鹿児島県南さつま市島根県浜田市等)や、有効期限が2~3年もある自治体(鹿児島県大崎町長崎県佐世保市福岡県久留米市北海道上士幌町)があるので、数年間分の寄付ポイントを貯めて、欲しい大型返礼品をもらうというような作戦も考えられる。

あとは、商品券も後でゆっくり使えばいいのでおすすめ。

温泉で有名な神奈川県湯河原町では、寄付額の50%相当(上限15万円)の宿泊ギフト券がもらえる。

静岡県小山町では、1万円の寄付で、サーティワンアイスクリーム商品券500円×8枚=4000円(有効期限なし)や、リンガーハットグループ共通商品券500円×8枚=4000円(有効期限なし)がもらえる。

年収が高い人は、大物の家電一発勝負という方法もある。

ふるさと納税ポータルサイトはどこがいい?

せいきゅん
ふるさと納税ができるポータルサイトも、年々数が増えてきた。下記のように使い分けるのがおすすめ。

1.ふるさとチョイス
ふるさとチョイスは情報収集のメインになる。他のポータルサイトは、掲載されている寄付可能自治体が、多くて110ぐらいなのに対して、ふるさとチョイスは1100以上もある。日本すべての自治体の約65%をカバーしているというからすごい。圧倒的な日本最大のふるさと納税ポータルサイトだ。

ふるさとチョイスに登録している約半数の自治体は、Yahoo!公金払いのクレジット払いに対応している。これらの自治体に寄付をするとTポイントが付与される。

じっくりと返礼品選びを楽しみたい人は、ふるさとチョイスを見るといい。膨大は返礼品が載っているので、長期間楽しめる。裏を返せば、情報量が多すぎるので、混乱してしまう可能性もある。

2.楽天ふるさと納税
楽天市場を使っている人は、「楽天ふるさと納税」で寄付するといい。

掲載されている自治体は約110。これだけあれば、一般的な特産品はすべてそろう。先ほどもいったが、ふるさとチョイスは選ぶのが大変になることもある。

楽天ふるさと納税は楽天市場と同じつくりなので、楽天を使っている人にはとても使いやすい。

返礼品ごとのレビューがあるので、返礼品をもらった人のリアルの声がわかる。

さらに楽天カードを使って寄付をすれば、楽天ポイントが3倍になる。

ちなみに今、楽天カードをつくると7000楽天スーパーポイントがもらえるから、楽天カードを持っていない人はつくったほうがいい>>■楽天カード入会で7000ポイント>>

そして年末は、ポイント10倍キャンペーンを多くの自治体がやっている。このポイント還元や使いやすさを考えると、楽天を使っている人は「楽天ふるさと納税」をメインに寄付すべし。

3.さとふる
さとふるは、ふるさと納税サイトの知名度・利用意向アンケートでは、No.1を獲得している。

それは、さとふるが返礼品の在庫管理をしているため、品切れが少なく返礼品の発送も早いからだろう。

ふるさとチョイスにもない商品があるので、一度チェックしてみると素敵な物に出会えるかも>>さとふる

大森南朋と鈴木奈々のCM で認知されいる。

 

また、さとふると楽天ふるさと納税には、返礼品ごとのレビューがある。これをチェックすれば「失敗した」というようなことは起きにくい。掲載されている自治体も約110あるので、欲しいものはすべてそろう。

さらに12月13日~31日までに寄付をすると、総額1000万円のAmazon ギフト券が当たる。

楽天ポイントを貯めていない人は、さとふるとふるさとチョイスでいいだろう。

4.ふるぽ
最近は、ポイント制を導入する自治体も増えてきた。特に12月は人気の返礼品はほとんど「品切れ」している。ポイント制を導入している自治体は、今年した寄付分のポイントをくれる。そして来年、好きなタイミングで好きな返礼品をポイントと交換するシステムだ。

ふるさとチョイスの中にも、ポイント制を導入している自治体は入っているが、このポイント制を導入している自治体だけを集めたのが、JTBが運営している「ふるぽ」だ。

だから、このふるぽから選べば特産品の「品切れ」を考慮せずにすむ。年末ギリギリなので、ポイント制の自治体だけに申し込むと決めている人には、うってつけのサイトだ。

登録している自治体も約110あるので、欲しい特産品は見つかるはずだ。カードを使って寄付できる自治体は、Tポイントも付与される。

5.ANAのふるさと納税
ANAのマイルを貯めている人は、「ANAのふるさと納税」をチェックしてみるのもいい。寄付額100円当たり1マイルが付与される。

ただし自治体は40しか掲載されていないので、自分の欲しい特産品がすべてそろわないかもしれない。

6.ふるなび
ふるさと納税で、家電製品をもらう! と決めている人は、ふるなびがいい。

ふるさと納税でもらえる家電一覧>>は、家電好きにはたまらない。

また、ふるなびには年収2000万円以上の人に限り、専任のコンシェルジュが寄付プランを無料で提案・申込みしてくれるコンシェルジュサービスがある。年収2000万円以上で、寄付先を選ぶのがメンドクサイという人にはおすすめだ。

この5つの中から、自分にぴったりなところを選ぶといいと思う。

まとめ
楽天を使っている人は、楽天ふるさと納税が一番お得で便利。

ポイント制を採用している自治体があるのは、ふるさとチョイスふるぽだけ。ふるぽは、掲載されているすべての自治体がポイント制。

返礼品ごとのレビューがあるのは、楽天ふるさと納税とさとふる。通販サイトと同じように、このレビューは返礼品を選ぶ参考になる。

ふるさと納税をする注意点

せいきゅん
12月にふるさと納税をしようと決めた人は、しっかりと手続きをしよう。

手続きをしっかりとしないと、お金は戻ってこない!(来年の住民税が安くならない)

1.まずは、もう一度、ふるさと納税できる額(税金が戻ってくる最大の額)を確認しよう。

ふるさと納税ができる上限額の確認は「ふるさとチョイス」の下記のページでチェック。
税金控除になる金額(ふるさとチョイス)

特に、扶養家族が多い人や住宅ローン控除をやっている人は、税額控除できる金額が少なくなるのでしっかり調べよう。

正確な額を調べるのが大変だと思う人は、控除されるギリギリを狙わないで目安の上限より下にしておこう。

「メンドクサイ」から何もしないという選択より、2万円でもいいから寄付したほうがお得。お米とお肉だけもらおう!

2016年は練習の年にして、2017年に本気を出してもいい。

まずは1万円でもいいので寄付をして、おいしい物をゲット!

ただ2000円は戻ってこないので、2000円以上の価値がないと思うならやめておこう。

2.お金が戻ってくる手続きを、しっかりしよう。

確定申告をしている人は、確定申告のときに、「寄付金税額控除」の欄に、ふるさと納税の寄付金額を書く。意外と忘れてしまう人がいるので、注意が必要だ。

確定申告をしていない人(一般的な会社員の方)は、確定申告をしなくて済む、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を使う。

これを使う場合は、2017年1月10日までにふるさと納税をした団体へ「寄付金税額控除に係る申告特例申告書」を提出する必要がある。

上記で紹介したふるさと納税ポータルサイトを使えば、寄付をするときに「寄付金税額控除に係る申告特例申告書の要望」欄にチェックをつけることができる。

寄付をすると、返礼品とは別に、この「寄付金税額控除に係る申告特例申告書」がすぐ送られてくるので、早急に返送しよう。

12月末に寄付をした人は、2017年1月10日まで時間がない。郵送で送られてくるのを待つのではなく、下記の総務省のサイトからダウンロードしてすぐに送ろう。

総務省「寄付金税額控除に係る申告特例申告書」>>

寄付金税額控除に係る申告特例申告書の記入例(ふるさとチョイス)>>

注意点として、ふるさと納税ワンストップ特例制度は「5自治体まで」の寄付でないといけない。5回ではなく5自治体まで。寄付した自治体が5つまでならこの制度が使える。

詳細はこちら>>ワンストップ特例の注意点(ふるさとチョイス)

このふるさと納税ワンストップ特例制度を使うと、来年の住民税が安くなる。

確定申告をした場合は、一部税金が還付され、残りは来年の住民税が安くなる。

多くの人には関係ないが、返礼品も一時所得になる。だから返礼品が「50万円」の特別控除を超えると、返礼品も確定申告が必要になる。

3.2016年分の寄付になるかを確認しよう。

通常、クレジットカードで寄付をすれば、その決済した日が寄付日になる自治体が多い。しかし、ごく一部、決済日ではなく自治体への入金があった日を寄付日とする自治体がある。この場合、来年分の寄付になってしまうので、注意が必要だ。

年末ギリギリの場合は、しっかりと自治体のWebサイトで寄付日がいつになるのかを確認してから、寄付をしよう。

岩崎おすすめ「ふるさと納税攻略法」

せいきゅん
12月はじっくり特産品を選ぶ時間がないし、寄付金税額控除に係る申告特例申告書もすぐに返送しないといけない。となると、1つか2つの自治体でまとめる作戦がbetter。

つまり、寄付する自治体を先に選んで、そこから自分の欲しいものを見つける。先ほども書いた通り、お米とお肉を選んでおけば失敗はない。あとは返礼品のコスパがいい自治体を選べばいい。

または、欲しい家電があるなら高額寄付で一発家電勝負もありだ。

お米ならここ。品切れになっていないお米のおすすめ

せいきゅん
やはり、お米はもらっておこうと思っているなら、下記の自治体がいい。すべて1万円の寄付でもらえる。

茨城県城里町の「 城里産米(コシヒカリ)」5kg×4=20kg

または

茨城県河内町の「河内産 特産品コシヒカリ」10kg×2=20kg

・玄米がいい人は
茨城県石岡市の「つくば山麓厳選こしひかり(恋瀬姫の舞)」玄米20kg

・無洗米がいい人は
鳥取県北栄町の「日置さん家のお米(コシヒカリ)」3kg×4=12kg

という感じ。

20キロもいらない人は、5000円の寄付で8キロのお米
茨城県城里町の「城里産米(コシヒカリ)」4kg×2=8kg

コスパがいい、おすすめの自治体

せいきゅん
ここに書いてある自治体は、返礼品のコスパがとてもいい。ここから1つか2つの自治体を選んで、上限まで寄付するのもありだ。

★1:2015年寄付額日本一の宮崎県都城市
ふるさとチョイスふるぽ(ポイント制)

宮崎県都城市は、お米からお肉、スイーツまで何でもそろう。そしてコスパがいい! 時間がない人は、宮崎県都城市で全部決めてしまえばOK。

1万円の寄付で「お米」15kg
「ぼんちそだち・西岳米セット」

1万円の寄付で「豚肉(ロース、バラ、ハンバーグ等)4kg
「おさつポーク」スペシャルセット

1万円の寄付で「宮崎銘菓 詰め合わせセット」
ちーずまんじゅう、チーズケーキ、シフォンケーキ等

さらに、寄付金50万円などの高額返礼品や定期便(毎月お肉が届く!)などもあるから、高額納税者の人にも便利。

宮崎県都城市
ふるさとチョイスふるぽ(ポイント制)


★2:魚介類なら静岡県焼津市
楽天ふるさと納税ふるさとチョイスふるぽ(ポイント制)

1万円の寄付で「いくら醤油漬」500g
北海道産イクラ醤油漬500g(楽天ポイント10倍)

1万円の寄付で「ずわいがに爪」1kg
極上ボイルずわいがに爪3Lサイズ1kg(楽天ポイント10倍)

1万円の寄付で「国産うなぎ串蒲焼き」4串
国産うなぎ串蒲焼き4串詰合せ

特産品をつまみに、上質なビールを飲みたい! そんなときも、焼津市は頼りになる!

1万円の寄付で「プレミアム ヱビスビール」500ml×6本+350ml×6本=12本
サッポロビール焼津工場生産・ヱビスビールセット(楽天ポイント10倍)

静岡県焼津市
楽天ふるさと納税ふるさとチョイスふるぽ(ポイント制)


★3:ポイント10倍の宮崎県都農町
楽天ふるさと納税ふるさとチョイス

1万円の寄付で「宮崎和牛・宮崎県産豚 焼肉セット」1.1kg
宮崎和牛・宮崎県産豚 焼肉セット(楽天ポイント10倍)

1万円の寄付で「ハム・ソーセージ等の詰め合わせ」
PREMIUM PORK 尾鈴豚ハム・ソーセージ等(楽天ポイント10倍)

宮崎県都農町
楽天ふるさと納税ふるさとチョイス


★4:毛がになら北海道八雲町
さとふるふるさとチョイス

1万円の寄付で「特特特(さんとく)毛ガニ」2匹
【厳選三特品】北海道近海産毛ガニ

1万円の寄付で「ベーコン、生ハム、ロースハム、ウンナー等10点詰合せ」
美ノ国10点詰合せ

宮崎県北海道八雲町
さとふるふるさとチョイス


★5:甘いものなら静岡県藤枝市
ふるさとチョイス

1万円の寄付で「世界一濃い抹茶ジェラートのプレミアムセット(7つ入り)」
いちごとプレミアム抹茶ジェラート

1万円の寄付で「濃い抹茶ロールケーキと生クリーム大福セット」
濃い抹茶ロールケーキと生クリーム大福のセット

1万円の寄付で「フルーツアイス」12個
南国白くまファミリーセット

1万円の寄付で「イチゴ」300g×8パック
一番美味しいイチゴ2種類

静岡県藤枝市
ふるさとチョイス


★6:豚肉と鶏肉なら佐賀県上峰町
ふるさとチョイス

1万円の寄付で「佐賀県産有明鶏」4kg
佐賀県産有明鶏メガ盛4000g

1万円の寄付で「九州産豚」4kg
九州産豚モモしゃぶしゃぶ用4000g

佐賀県上峰町
ふるさとチョイス


★7:干物とカキなら長崎県佐世保市
ふるさとチョイス

1万円の寄付で「農林水産大臣賞受賞ひもの」8種
プレミアムひものセレクト「極」

1万円の寄付で「九十九島殻つきカキ」3kg
九十九島殻つきカキ

長崎県佐世保市
ふるさとチョイス


★8:フルーツなら山形県天童市
ふるさとチョイス

1万円の寄付で「さくらんぼ(佐藤錦)」500g×2
さくらんぼ(佐藤錦)

1万円の寄付で「ラ・フランス&りんご(サンふじ)詰合せ」10kg
ラ・フランス&サンふじ詰合せ

山形県天童市
ふるさとチョイス

 

高額寄付で家電一発勝負

せいきゅん
高額家電なら、一発で勝負がつく。特に年収が高い人は、特産品を一つずつ選ぶのは大変なので、高額な家電を1つ選んでもいいかもしれない。

茨城県日立市に3万円で寄付で、「HITACHIの5.5合炊き炊飯器」

長野県伊那市に15万円寄付で「ダイソンの空気清浄機能付ファンヒーター」

山形県米沢市に16万円寄付で「NECの15.6型ノートパソコン」

神奈川県綾瀬市に30万円の寄付で「Canonの一眼デジタルカメラ レンズキット」

宮城県多賀城市に38万円の寄付で「ソニーの4Kテレビ49型」

 

「お金」はメンドクサイことを厭わない人に集まる習性がある。

メンドクサイことをドンドンやる2017年へ向けて、2016年の締めは「ふるさと納税」で!

来年に向けて勢いつけていこう。

慎平
はい!

 

Can you survive?

サバイブ運営方針はこちら