FTX Earnのやり方|入れとくだけで最大年8%の利回り

FTX Earnのやり方|入れとくだけで最大年8%の利回り

FTX Earnとは、FTX Japanに保有する残高から利回り(APY=利息のようなもの)を得られるサービス。国内のレンディングやステーキングサービスとの比較、コインチェックやビットフライヤーで買った仮想通貨を送金する方法など、画像つきでやり方を解説

【9月8日】取り扱い通貨にアバランチ【AVAX】を追加しました
※当サイトは、特定の仮想通貨への投資を推奨するものではありません
この記事の著者、中島なかじのプロフィール



FTX Earnとは

FTX Japanのロゴマーク

日本の仮想通貨取引所「FTX Japan」には「FTX Earn」というステーキング機能があります。

アプリからFTX Earnを有効化し、対象の仮想通貨をFTX Japanで購入したり、ほかのウォレットや取引所から入金すると、その残高(預けておくだけ)で最大年8%の利回りを獲得できます。

中島なかじ
仮想通貨を保有したり預けたりすることで報酬を得るサービスは、ほかにも存在します。

どのサービスを使おうか迷っていたのですが、ビットコインやイーサリアムに対応していて、利回りが高く、資金もロックされず、めちゃカンタンなので(口座に入れておくだけでいいので)ほかの取引所に放置していた仮想通貨をFTX Japanに集めたぐらいお得です。

ステーキングとは?

仮想通貨のステーキングとは

ステーキングのイメージ

ステーキングとは、保有する仮想通貨を使ってブロックチェーンの維持(セキュリティやデータの承認作業)に貢献することで、その報酬として利回りを得ることです。主に「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」の仮想通貨で利用できます。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは:コインをステークすることで取引の検証を行い新規ブロックを生成することができるコンセンサス・アルゴリズムのこと

特徴は「ユーザーが保有するコインをステークすること」=取引を検証するノードを立ち上げることになる点で、ステークするコインの数が多いほどマイニング報酬を獲得できる確率が上がる

※でも、FTX EarnはPoS以外の仮想通貨でも利用できる

ステーキングのメリット

・(銀行の預金よりはるかに)利率が高いので資産(仮想通貨)が増えやすい

・(サービスによるけど、だいたい)手続きがカンタン

・(サービスや仮想通貨によるけど)少額で、短期間からでもステーキング可能

・ステーキング中は動かせないので、ガチホにつながる

ステーキングのデメリット

・自分でやろうとしたら、技術的なハードルが高い
→ 取引所のサービスを利用すると、カンタンかつ安心

・ステーキング中は、その仮想通貨を動かせない
→ 解除(繰上償還)できるサービスもあるけど、条件つきのことが多い

・取引所が破たんしたり、ハッキングされたら、預けた仮想通貨を取り戻せなくなる可能性がある

・取引所によって、ステーキングの期間を終えて仮想通貨を受け取るまでに時間が(24時間以上)かかることがある

国内のレンディング・ステーキングサービスとの比較

サービス名FTX Japan「FTX Earn」LINE BITMAX「暗号通貨貸出サービス」HashHubレンディングGMOコイン「ステーキング」
取扱通貨ビットコイン【BTC】
イーサリアム【ETH】
リップル【XRP】
ソラナ【SOL】
ライトコイン【LTC】
ポルカドット【DOT】
ビットコインキャッシュ【BCH】
ベーシックアテンショントークン【BAT】
ステラルーメン【XLM】
FTXトークン【FTT】
DOGEコイン【DOGE】
オーエムジー【OMG】
エンジンコイン【ENJ】
アバランチ
【AVAX】
ビットコイン【BTC】
イーサリアム【ETH】
ビットコインキャッシュ【BCH】
ライトコイン【LTC】
リンク【LINK】
リップル【XRP】
ビットコイン【BTC】
イーサリアム【ETH】
ダイ【DAI】
USDコイン【USDC】
テゾス【XTZ】
シンボル【XYM】
カルダノ【ADA】
利回り年5% または 8%年3~8%年3~5%年2.1~4.7%
報酬の受取1時間ごと30日、60日、90日プランがある月1回毎月10日
(土日祝の場合は翌平日)
手数料解約手数料なしGMOコインに配分されたステーキング報酬の28%
備考期間の制限なし、いつでも売却や送付が可能。1000万米ドル相当まで原則途中解約はできない、利回りの高い(10~12%)のプランは受付停止中、枠が少ない1か月ごとの自動更新、いつでも売却や送付が可能保有数量や期間の制限なし、いつでも売却や送付が可能。分別管理の対象
2022年9月時点

※コインチェックとビットフライヤーでは過去にリスク【LSK】のステーキングサービスを行っていたものの、現在は停止中

中島なかじ
FTX Earnは、ほかのサービスより利回り(APY)が高く、入出金も自由で手数料もかかりません。
APYとは:複利を含めて預けたお金から得られる年間収益率の予測値
中島なかじ
私は、世界最大の取引所「バイナンス」でもステーキングを利用していますが、バイナンスでは、ステーキング期間中は、その仮想通貨がロックされ動かせなくなります。

そう考えると、FTX JapanのFTX Earnは、貸仮想通貨(レンディング)セービングに近いのかも。

バイナンスのセービングについてはこちらの記事で紹介↓↓

バイナンスのフレキシブルセービングで仮想通貨を増やす方法
中島なかじ
FTX Japanに「FTX Earnのしくみを教えてほしい」と問い合わせたところ

・ロックはされないけど、ステーキングによる予測利回りが参照される
・海外サービス(FTX)のヘルプを参考にしてほしいが、日本のサービスと異なる部分もある
・詳しいしくみは開示できない

という回答が…… う~ん歯切れが悪い。

FTX Earnについて質問した回答

FTX Japanからの回答

※FTX Japanの公式Twitterでは「暗号資産レンディング」という言い方もしている

FTX Earnのデメリット

また「FTX Earnのデメリットについて教えてほしい」「(FTX Earnを利用せず)普通に口座に入れているほうが安全ですか?」と問い合わせたところ、海外サービス(FTX)のヘルプページの「Legal Disclaimers and Terms of Serviceの項が、免責事項です」という回答を得ました。

Legal Disclaimers and Terms of Service

Services are provided by FTX for its customers.

APY refers to projected yield by staking. This yield is not interest and is not guaranteed, and changes based upon terms of applicable staking programs. FTX transmits value from your account to staking program and ensures that the value is properly transmitted to and from the program. Your customer balance is not a bank account, and is not insured.

Only customers of FTX may be eligible to participate in the yield program. If a customer is eligible and opts into the program, then their assets will be used to generate a fixed yield for the user.

While FTX does not anticipate any problems, it does not guarantee the future or present yield payments in the case of malfunction, although it would not intend to claw back previously received yield. FTX does back the principal generating the yield with its own funds and equity. Nevertheless, users should exercise appropriate caution when deciding whether to enable yield for their accounts.

出典:https://help.blockfolio.com/hc/en-us/articles/4407082596891

DeepL.com/Translator(無料版)による翻訳

法的免責事項およびサービス条件
本サービスは、FTXがお客様に対して提供するものです。

APYは、ステーキングによる予想利回りを指します。この利回りは利息ではなく、保証もなく、適用されるステーキングプログラムの条件に基づいて変化します。FTX は、お客様のアカウントからステーキングプログラムに価値を送信し、価値がプログラムとの間で適切に送信されることを保証します。お客様の顧客残高は、銀行口座ではなく、保険にも加入していません。

FTX の顧客のみが、利回りプログラムに参加する資格がある場合があります。 顧客が適格であり、プログラムに参加することを選択した場合、顧客の資産はユーザーの固定利回りを生成するために使用されます。

FTXは問題を想定していないが、不具合が生じた場合、将来および現在の利回りの支払いを保証するものではないが、過去に受け取った利回りを取り戻すことは意図していない。 FTXは、利回りを生み出す元本を自己資金と自己資本でバックアップしています。 しかし、利用者は、自分の口座で利回りを有効にするかどうか、適切に判断する必要があります。

中島なかじ
「保険にも加入してありません」とありますが、そもそも仮想通貨取引所は日本の「預金保険制度」の対象外であり、預金保護のようなしくみ自体が存在しません。

取引所が破たんしたり、ハッキングの被害を受けたら、資産が手元に戻ってこない可能性があることは「FTX Earn」を利用してもしなくても変わらなそうです。

※2018年1月に起きた取引所「コインチェック」のネム【XEM】ハッキング事件では、顧客全員に返金が行われた

ほかにも、ひっかかるポイントとしては「FTX Earnは、FTX JapanではなくFTX.com(本家)によって提供されていて、日本の規制当局によって規制されていない」というところがあります。

中島なかじ
私はおトクだからFTX Earnを利用しますが、利用される場合は規約等を読んだうえで自己責任でお願いします。

FTX Earnの利回り、報酬が支払われるタイミング

FTX Earnの利益獲得合計画面

FTX Earnの利益獲得合計画面

FTX Earnでは、1時間ごとにステーキングした仮想通貨の利回り収益が計算され、アプリに保存されている投資ポートフォリオに入金されます。

※利回りは、獲得した元本と利回りに複利計算される

中島なかじ
本家「FTX」のFTX Earnの説明文では「仮想通貨および法定通貨」と書かれていますが、FTX Japan(日本版)で利回りを得られるのは、仮想通貨のみ(日本円とドルには利回りがつかない)。

FTX Earnの利回り

通貨の種類金額利回り(年間のAPY)
すべての暗号資産1万米ドル相当まで8%
1万1米ドル相当以上
1000万米ドル相当まで
5%
※2022年9月時点
例:イーサリアム【ETH】を5000米ドル相当、ソラナ【SOL】を1万米ドル相当持っている場合

イーサリアムとソラナの両方に対して、6.5%の収益が得られる(8% + 5% ÷ 2 = 6.5%)

※特定の仮想通貨を8%にして、別の仮想通貨を5%に指定する方法はなく、すべて同じAPYで報酬を得る

中島なかじ
説明はここまで。めちゃくちゃカンタンなので、早速やってみましょう↓↓

FTX Earnのやり方

1.FTX Japanに口座開設

FTX Japanの公式サイト

画像出典:https://ftx.com/jp

公式サイトを開き「無料アカウントの作成」をクリック。

スマホと本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード)で本人確認を完了させ、入出金ができる状態にする。

FTX Japanの詳細や口座開設方法を画像つきで紹介した記事はこちら↓↓

FTX Japanとは?メリット、口座開設→入金する方法

2.「FTX JP」アプリをダウンロード

FTX Japanのアプリをダウンロードする

サインイン(ログイン)する。

3.FTX Earnを有効化

アプリの画面にある「資産に対して最大8%の利益を獲得できます」ボタンをタップ。

FTX Japanのアプリで「資産に対して最大8%の利益を獲得できます」ボタンをタップ

詳細画面が出てくるので、内容を確認して利用規約などにチェックし「利益獲得を開始」ボタンをタップ。

FTX Earnの詳細画面

「あなたは今、自分の資産で利益を得ています」画面が表示されればOK(有効化された)。

FTX Japanの「あなたは今、自分の資産で利益を得ています」画面

※PCやスマホのブラウザ版で「P2P暗号資産貸借サービス」を有効にしている場合、FTX Earnを有効化できない。P2P暗号資産貸借サービスを有効にしている人は、ブラウザ版を開いて無効化(オフに)する必要がある

中島なかじ
私はそもそもP2P暗号資産貸借サービスを有効化していなかったので、オフにしないで大丈夫でした。

4.FTX Japanのメインアカウントに仮想通貨を入金する

FTX Earnで利回りを得るには、FTX Japanの口座(メインアカウント)に仮想通貨を入れておく必要があります。

※FTX Earnは、残高として保有している暗号資産が対象

口座に仮想通貨を入れる方法

①FTX Japanで仮想通貨を購入する

②ほかの取引所やウォレットにある仮想通貨をFTX Japanの口座に入金する

※入金先はメインアカウント(サブアカウントじゃダメ)

FTX Japanの取り扱い通貨

・ビットコイン【BTC】
・リップル【XRP】
・ソラナ【SOL】
・ライトコイン【LTC】
・イーサリアム【ETH】
・ポルカドット【DOT】
・ビットコインキャッシュ【BCH】
・ベーシックアテンショントークン【BAT】
・ステラルーメン【XLM】
・FTXトークン【FTT】
・DOGEコイン【DOGE】
・オーエムジー【OMG】
・エンジンコイン【ENJ】
・アバランチ【AVAX】

※パーペチュアル取引のみ対応しているネム【XEM】、クアンタム【QTUM】、アイオーエスティー【LOST】、テゾス【XTZ】は、入金できない

中島なかじ
私は以前、FTX Japanでソラナ【SOL】を購入していたので、すぐにソラナをステーキングできました。

そして、コインチェックとビットフライヤーに入れていたビットコインとイーサリアムも、FTX Japanに送金しました。

仮想通貨(ビットコインとイーサリアム)をコインチェックからFTX Japanに送金する方法

まず、FTX Japan側で、入金用のアドレスを各仮想通貨ごとにつくる必要があります。

FTX Japanで「ウォレット」を開き、残高の「ビットコイン(BTC)」欄にある「入金」ボタンをクリック。

FTX Japanにビットコインを入金する

ビットコインのウォレットアドレスが表示されるので「Copy」ボタンをクリックしてコピーする。

FTX Japanのビットコインのウォレットアドレス
中島なかじ
ビットコインのウォレットアドレスをコピーできました。

コピーしたまま、コインチェックの画面を開きます。

コインチェックにログインし、右カラムから「暗号資産の送金」をクリック。

コインチェックで暗号資産の送金

送金する通貨を「Bitcoin」に設定(デフォルト)し、「宛先を追加/編集」をクリック。

「新規追加」をクリックすると下記の画面が表示される。

ビットフライヤーからビットコインを送金(宛先の新規追加)

ラベルに「FTX Japan」と記入(任意)、宛先に「さきほどコピーしたFTX Japanのビットコインのウォレットアドレス」をペーストし、SMS認証用コードを送信をクリック → SMSで受信した6桁の番号を入力すると、宛先を登録できる。

中島なかじ
これで宛先を登録できました。ここから実際に送金していきます。

暗号資産の送金画面で、送金する通貨を「Bitcoin」、宛先を先ほど登録した「FTX Japan(ウォレットアドレス)」、送金先サービス名を「その他」、詳しい名称を「FTX Japan」、受取人種別を「本人への送金」に設定する。

ビットフライヤーからビットコインを送金する画面
中島なかじ
私はコインチェックに入れていたビットコイン全額を送りたかったので、送金額の右上にある「全額入力する」ボタンをクリックしました。

※コインチェックの場合、ほかの取引所やウォレットに送金するのにビットコインだと「0.0005BTC」の手数料がかかる

「次へ」ボタンをクリックすると、下記の確認画面が表示される。

コインチェックからビットコインを送金する確認画面

内容を確認し、アプリに表示される2段階認証コードを入力して、下記事項に同意するにチェックを入れ「申込みを確定する」ボタンをクリックする。

これでコインチェックからFTX Japanにビットコインを送金手続きできました。

実際に入庫されるまでは15分くらいかかりました。

※送金手続き完了や入庫完了は、各取引所からメールでお知らせがくるので安心

中島なかじ
つぎは、コインチェックにあるイーサリアムをFTX Japanの口座に送金しました。

FTX Japanでイーサリアムのウォレットアドレスを作成しておきます。

FTX Japanのウォレットのイーサリアムの欄で「入金」をクリックする。

FTX Japanにイーサリアムを入金する

イーサリアムのウォレットアドレスが表示されるので「Copy」ボタンをクリックしてコピーする。

FTX Japanのイーサリアムのウォレットアドレス

この画面を開いたまま、コインチェックの画面を開く。

コインチェックからイーサリアムを送金する

右カラムから「暗号資産の送金」をクリックし、送金する通貨を「Ethereum」に設定、「宛先を追加/編集」をクリックし「新規追加」をクリックすると、下記の画面が表示される。

コインチェックのイーサリアムのウォレットアドレス追加画面

ラベルに「FTX Japan」と記入(任意)、宛先に「さきほどコピーしたFTX Japanのイーサリアムのウォレットアドレス」をペーストし、SMS認証用コードを送信をクリックしSMSで受信した6桁の番号を入力すると、宛先を登録できる。

中島なかじ
これで宛先を登録できました。ここから実際に送金していきます。

暗号資産の送金画面で、送金する通貨を「Ethereum」、宛先を先ほど登録した「FTX Japan(ウォレットアドレス)」、送金先サービス名を「その他」、詳しい名称を「FTX Japan」、受取人種別を「本人への送金」に設定します。

コインチェックのイーサリアム送金画面
中島なかじ
私はコインチェックに入れていたイーサリアム全額を送りたかったので、送金額の右上にある「全額入力する」ボタンをクリックしました。

※コインチェックの場合、ほかの取引所やウォレットに送金するのにイーサリアムだと「0.005ETH」の手数料がかかる

「次へ」ボタンをクリックすると、申請内容の確認画面が表示されるので、内容を確認し、アプリに表示される2段階認証コードを入力して、下記事項に同意するにチェックを入れ「申込みを確定する」ボタンをクリックする。

中島なかじ
これでコインチェックからFTX Japanにイーサリアムを送金手続きできました。

ビットコインは15分くらいかかりましたが、イーサリアムは即着金できました。

※送金手続き完了や入庫完了は、各取引所からメールでお知らせがくるので安心

 

続いて、ビットフライヤーに寝かせていたビットコインをFTX Japanに送金します。

仮想通貨(ビットコイン)をビットフライヤーからFTX Japanに送金する方法

コインチェックからビットコインを送る際に使用したビットコインのウォレットアドレスを利用します。

FTX Japanで「ウォレット」を開き、残高の「ビットコイン(BTC)」欄にある「入金」ボタンをクリック。

FTX Japanにビットコインを入金する

ビットコインのウォレットアドレスが表示されるので「Copy」ボタンをクリックしてコピーする。

FTX Japanのビットコインのウォレットアドレス
中島なかじ
これで、ビットコインのウォレットアドレスをコピーできました。

コピーしたまま、ビットフライヤーの画面を開きます。

ビットフライヤーにログインし、右カラムにある「入出金」をクリックし、「ビットコイン」を選択。

ビットフライヤーからビットコインを出金する

(デフォルトの預入ではなく)「送付」をクリックし「アドレスを登録する」ボタンをクリック。

※ログインから2分経つと出金等ができるようになる

中島なかじ
ビットフライヤーの場合、メールで送付先外部アドレスの登録を行います。

【bitFlyer】外部アドレス登録のお手続き」という件名のメールを開封し、URLをクリックする。

メール「【bitFlyer】外部アドレス登録のお手続き」

二段階認証を行うと、外部ビットコインアドレス登録画面が開く。

ラベルに「FTX Japan」と記入し(任意)、ビットコインアドレスに先ほどコピーしたFTX Japanのビットコインのウォレットアドレスをペーストし、「次へ」ボタンをクリックする。

ビットフライヤーの外部ビットコインアドレス登録画面

ビットコインアドレスを確認し、アドレス所有者を「お客様本人」、送付先を「国内取引所」、送付先取引所名を「その他」、具体的な取引所名に「FTX Japan」と記入し、同意にチェックして「追加する」ボタンをクリックする。

ビットコインアドレスが登録できたら、入出金画面に戻る。

ビットフライヤーから登録した外部ビットコインアドレスにビットコインを送金する

「送付」画面で、先ほど追加したビットコインアドレスをクリック。

詳細画面が開くので、送金したい分のビットコインを「送付数量」に入力する。

ビットフライヤーのビットコイン送付画面

※ビットフライヤーでは、ビットコインの送金に「0.0004BTC」の手数料がかかる

※優先度はデフォルト(普通)でよい

中島なかじ
全額入力ボタンがないので不便ですが、私の口座には「0.0200265 BTC」入っていたので、手数料「0.0004 BTC」を引いた「0.0196265 BTC」と入力し「送付する」ボタンをクリックしました。

確認画面が表示されるので、内容を確認し「送付を完了する」ボタンをクリックし、アプリに表示される6桁の認証コードを入力する。

中島なかじ
これで終わりかと思いきや「【bitFlyer】 仮想通貨ご送付に関する重要なお知らせ」という件名のメールが届きました。

メールにあるURLからもう1回二段階認証を終えると、やっと送金手続きが完了します。

メール「【bitFlyer】 仮想通貨ご送付に関する重要なお知らせ」

URLをタップし、ビットフライヤーの画面で二段階認証を行う。

※電話番号宛にSMSを送付し、6桁の数字を入力する

ビットフライヤーから送金手続きを行い、35分後にはFTX Japanの口座に入庫できました。

FTX Earnの利益獲得合計画面

FTX Earnの利益獲得合計画面

中島なかじ
これで、ただ寝かせていただけのビットコインとイーサリアムで最大年8%の利回りが得られるようになりました。

手数料も安いし、FTX Earnもあるので、今後仮想通貨を買い足すときも、FTX Japanを使っていこうと思います。

FTX Japan|公式サイト

【参考記事】FTX Earnについて|FTX Japan

FTX Japanの詳細や口座開設方法を画像つきで紹介した記事はこちら↓↓

FTX Japanとは?メリット、口座開設→入金する方法

FTX Japanでは仮想通貨の積立投資もカンタン! さらに、積立した仮想通貨でFTX Earnできます↓↓

仮想通貨の積立とは?メリット&圧倒的にオススメな取引所を紹介
※当サイトは、特定の仮想通貨への投資を推奨するものではありません

Can You Survive?

※記事で紹介したサービスや商品を購入すると、売上の一部がサバイブに還元されることがあります。

サバイブ運営方針はこちら

ABOUTこの記事を書いた人

Avatar photo

親の破産、多額の奨学金(740万円)、25万円貸したままフラれる……など【お金で悩む人生】から抜け出すため、お金の使い方や増やし方を勉強している。2級FP技能士。

格安SIMなどの生活インフラの乗り換えで、年間10万円以上の節約に成功。
iDeCoとつみたてNISAで資産運用、IPO株で投資中。【Twitter】@nakaji_55