キッズ携帯よりスマホ!子供におすすめの格安スマホはこれ

我が家は小4の娘のスマホに楽天モバイルを持たせています。楽天モバイルならデータ使用量1GBまでなら国内かけ放題がついて月額0円。しかも今なら実質0円でスマホをゲットできる。子供に最適なスマホやお得な申込み方法も紹介。

ブロックチェーンEXPO【秋】の感想と出展社リスト

ブロックチェーンEXPO【秋】の感想と出展社リスト

2021年10月27~29日に行われた「第2回 ブロックチェーンEXPO【秋】」に参加。来場者側のコメントが書かれた記事があまり見当たらなかったので、出展社リスト(リンク集)と合わせてまとめてみました。出展・参加を検討している方に雰囲気が伝わりますように

メタバースは流行るのか?

メタバースは流行るのか?Facebookが社名をMetaに変更

今後10年はメタバースに注力すると宣言したFacebook社が、社名を「Meta」に変更。本当にメタバースは流行るのか? 間違いなくメタバースは流行ると思います。なぜなら、メタバースの中でお金を稼ぐことができるようになるから。まったく新しい経済圏にメタバースの中にできあがります。

在宅勤務で増えた電気代を安くしたい!電気代はかんたんに安くなる

新コロナウイルスの影響で在宅勤務が増えて、電気代が高くなってお困りの方、電気代を安くする方法は2つ。①電力会社を乗り換える。②リビング照明を蛍光灯からLEDシーリングライトに交換する。これだけで毎月の電気代がグッと安くなります。ヤス石田がおすすめの3社とおすすめのLEDシーリングライトを選びました。

仮想通貨と暗号資産の違いとは?呼び方が統一された理由

仮想通貨と暗号資産の違いとは?呼び方が統一された理由

仮想通貨と暗号資産は同じもの。どちらも紙幣やコインのないデジタル通貨のひとつで、特定の国や金融機関によって管理されておらず、ブロックチェーン(分散型台帳)技術が使われている。「仮想通貨」と呼ばれるようになった由来、国が「暗号資産」に呼称変更した理由を解説

仮想通貨の取引所と販売所の違いは?初心者にわかりやすく解説

仮想通貨は、仮想通貨取引所で購入することができますが、「取引所」と「販売所」の2種類があり、取引き相手や手数料、取扱い通貨が異なります。「取引所」と「販売所」の特徴やメリット、デメリットを初心者にわかりやすく解説します。

Coincheck NFT(β版)でMeebitsを買う方法

Coincheck NFT(β版)でMeebitsを買う方法

2021年11月16日、Coincheck NFT(β版)で『CryptoPunks』をつくったLarva Labs社が手がける『Meebits』が販売される。メタバース上でアバターとしても利用できるMeebitsを手に入れる方法を画像付きでわかりやすく解説

国内のNFTマーケットプレイス比較|日本円で買える?手数料は

国内のNFTマーケットプレイス比較|日本円で買える?手数料は

日本のNFTマーケットプレイスを取扱商品のカテゴリ(デジタルアートやトレカ、ゲーム内アイテムなど)/代表的なIPやクリエイター/手数料(ガス代かかる?)/決算可能な仮想通貨(日本円で買える?)などで比較しました。手数料がかかりにくく、暗号資産ナシで購入できるサービスもある

仮想通貨・暗号資産取引所比較|初心者はどこがいい?

仮想通貨(暗号資産)を購入するには、仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。取引所によって、セキュリティ対応や取扱う仮想通貨の種類、手数料、最低取引き額などが異なります。仮想通貨初心者はどこがいいのか、各仮想通貨取引所の特徴をまとめました。

日本のBNPL(後払い)企業・サービスまとめ【2021年版】

日本のBNPL(後払い)企業・サービスまとめ【2021年版】

Paidy(ペイディ)やNP後払い、メルペイスマート払いなど「後払い」の決済サービス=BNPLの利用者が増えています。市場規模が拡大している、日本の個人向けBNPLサービス&企業の情報をまとめました。BNPL業界に転職するなら/投資したいならどうする?

スポンサーリンク